クアイバーンのディスクワールド

変なタイトルで失敬。

BBCのラジオドラマ
を聞いてびっくり。
ナレーションがアントン・レッサーです。
彼は(なぜかウィキペディアに日本語版がないのですが)ゲーム・オブ・スローンズで愛らしいマッドサイエンティスト、クアイバーンを演じている俳優さん。



d0127061_00052139.png
(参考画像:王の手バッジの斜めあしらいがおしゃれなクアイバーンさん)


BBCのラジオドラマや朗読にもよく登場してます。しかしディスクワールドのナレーターとは意外です。声も普通な感じで(クアイバーンとかブライト警視正は甲高い声だから)すぐには気づかなかった。


ディスクワールドシリーズの原作を読んだことがないので詳しいことは分からなかったのですが、Small Godsはオムという世界神が変身しようとして亀になってしまい、神殿の見習い僧に拾われて旅する浦島太郎みたいなお話。

そしてこういう成長小説にはつきものの邪悪な高僧も出てくるのですが、この悪い坊さんがアレックス・ジェニングス。この人もウィキペディアに日本語版がない(どうなっとるんだ)のですが、最近ではザ・クラウンでエリザベス女王の悪い伯父さんを演じている演技派。ヴィクトリアでヴィクトリア女王の悪いおじさんを演じてた気もする。
Small Godsでも悪い権力者をとっても端正な声で演じていて邪悪さがにじみだしています。


Small Godsはラジオドラマとしてもすごく面白くて、オムを演じてるPatrick Barlow(当然のようにwikiの日本語版がない)のコミカルな演技も楽しい。

Set in a complex state of beliefs, Great God Om appears before a novice monk
There are gods everywhere on Discworld - you can't swing a simian librarian without hitting one - except, of course, only a few people can see them. Each small god lies in wait, desperately seeking to make someone believe in him. On Discworld, gods need people more than people need gods, for belief is the food of the gods.
Terry Pratchett's comic fantasy stars Carl Prekopp as Brutha, Patrick Barlow as Om and Alex Jennings as Vorbis. With Anton Lesser as the Narrator.

BBCラジオのディスクワールドシリーズではアントン・レッサーがナレーターをつとめてるようなのですが、CDなどは発売されてないらしく地道にラジオを聴き続けるしかないみたい。

ところでオムが亀に変身してるのでtortoiseという単語が頻発します。
たいがいの登場人物は/ˈtɔː·təs/トータスと発音してるのですけど、主役の見習い僧と他数人がトートイスと言ってる気がする。なぜ人によって発音が違うのか。

あと主役はnovice(新参者)と呼ばれてて、悪役のお坊さんはVorbisという名前なので紛らわしい。


[PR]
by xiaoq | 2018-05-02 16:43 | ■英語学習■

A Random Walk Down Dragonstone


by A Random Walk Down Dragonstone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31