タグ:outlander ( 35 ) タグの人気記事
|
|
2016年 06月 20日 |
アウトランダー シーズン2もいよいよ佳境。

以下遠慮なくネタバレしています。各自回避お願いします。
あとクレアとジェイミーの話はないのでそこはご理解の上お読みください。


画像も勝手にアップしています。おとがめがないといいですね。



■アウトランダー S2 
第9話 "Je Suis Prest"


ブログ主がどれほどエキサイトしているかご覧いただけないのが残念です。

先週クレアとジェイミーがコラムに会ったボウフォート・キャッスルというのはジェイミーの父方の祖父であるLord Lovatのお屋敷だったようです。そこでクランの代表者たちがスチュワート家を支持するかどうか決めたのですね。
フレイザーは支持、マッケンジーは不支持の結果に終わりました。

いま調べて知りましたが、Lord Lovatことサイモン・フレイザーを演じているクライヴ・ラッセルさんはゲーム・オブ・スローンズでブリンデン・タリーを演じている。
ケイトリン・タリーの叔父ブラックフィッシュです。そしてブリンデンの甥エドミュアを演じているのはトバイアス・メンジースさん。愛憎の錯綜するハイランド(とウェスタロス)。
これでもしサムがレンリーのオーディションに受かってたらリバーランドとストームズエンドで大恋愛になって収集がつかなかったかも(想像


話がそれました。
ボウフォート・キャッスルを出発したフレイザー夫妻は、フレイザー一族が結集する野営地へ。
しかしそこにはアンガスとルパートもいたのです。クレアにキスをねだって拒否される可愛いアンガス。


そして、もちろんドゥガルも登場。


マッケンジー一族は戦いに参加しないはずではといぶかるジェイミーに
「コラムと自分の考えは違う」
と簡潔に説明するドゥガル。
兄ちゃんを裏切ったのか・・・マッケンジーの守備は誰がやってるんだろう。



クランから離れてはぐれ狼となったドゥガルとアン&ルパはジェイミーの指揮下に入ります。
ドゥガルが素直に甥の采配に従うのか心配ですね。


ジェイミーは野生児ハイランダーたちを近代的な軍隊に育てようと一生懸命ですが、なかなかうまくいきません。
そこへアパッチ(古語)まで攻め込んできて大混乱。


・・・あの半裸一族は練習の邪魔をするいたずらっ子ドゥガルだったのですね・・・
脚本家はドゥガルをどうしたいのか?


あんのじょう甥っ子に叱られるドゥガル叔父さん。



グレアムさんの色白ぶりにびっくりですが、よく見るとウェストはさらに白いですね。
どんだけ美白なのでしょうか。



指揮官に怒られて反省したのかと思ったらドゥガルは今度はクレアにちょっかいを出しています。
もうみんな忘れてると思うけどシーズン1の最後のほうでクレアにプロポーズしたことを蒸し返すドゥガル。



クレアがジェイミーに話したかどうか探りをいれに来たようです。




クレアにあなたが愛してるのは自分だけでしょ、となじられてしょんぼりするドゥガル。
自分は確かに池に映った己の姿に恋しているが、スコットランドのことはもっと愛している。
正当な王を復位させるためならなんでもすると言い放つドゥガル。




ドゥガルはこのあとどうなっちゃうのかなあ。
原作通りなのか、それともドラマのオリジナル運命が待ち受けているのか。

来週も楽しみです。



[PR]
2016年 06月 16日 |
今日の夜中の放送からドゥガルが登場するので慌てて8話までを見ています。すまぬジェイミーよ。

以下遠慮なくネタバレしています。各自回避お願いします。
あとクレアとジェイミーの話はないのでそこはご理解の上お読みください。

■アウトランダー S2 
第6話 "Best Laid Schemes..."

第7話 "Faith"

第8話 "The Fox's Lair"

言うまでもないことですが結論を述べると、ここまで

ドゥーガルが出なかった

だって次から出るんだもん。と思えばつらい別れも耐えられる。


7話まではパリでいろんなことが起きました。
大変だったね主役のお二人。

そして8話でハイランドへ戻ってきています。
ここはフレイザーの館かな。ジェイミーのお姉ちゃん一家もいて楽しいハイランド。


そしてあと2時間でドゥガルと再会できるブログ主ですが、見たら眠れなくなるから明日の夜に見ようかなー。
今日はゲームズオブスローンズのスラッシュでもよんで早めに休むか。


ぎゃーーーコラム兄ちゃん!(実況
素敵な声。白髪も素敵。


ジェイミーが私の代わりに
ドゥガルは来てるのか
と聞いてくれた。俺の心の声が聞こえるジェイミー。
ドゥガルは来ていなかった。

ドゥガルは自分の領地で謹慎中みたい。

戦闘になったらドゥガルが隊長じゃないのか聞いてくれるクレア。
俺の心の声が聞こえる若夫婦ありがとう。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 06月 01日 |
なかなか追いつけないアウトランダー シーズン2のレビューです。

以下遠慮なくネタバレしています。各自回避お願いします。
あとクレアとジェイミーの話はないのでそこはご理解の上お読みください。

■アウトランダー S2 
第3話 "Useful Occupations and Deceptions"
第4話 "La Dame Blanche"
第5話 "Untimely Resurrection"

言うまでもないことですが結論を述べると、ここまで

ドゥーガルが出なかった



パリ篇はすごく面白いです。
マータフにガールフレンドもできて目出度い。

原作を読んでる方は当然ご存知でしょうが第5話であの人物が戻ってきます。
戻ってくるのは分かってるのですが、再登場の場面ドキドキしたわ~。
ジェイミーがぜったいにそちらを見ないので、もしかして誰か分かってないの?ジェイミーうしろ~!と叫んでしまいそう。(というかむしろランちゃんうしろ~)

そんで二人で目をあわせずに社交的な会話してるところ堪らんかったな皆の衆!!

もうトバイアスさんはどうしてこんなに演技が上手いのか顔地味なのに。
面白かったなあ早く続き見たいといいながらまたも一週遅れているブログ主なのでした。

第8話でスコットランドへ帰るようなのでさっさと追いつかないと。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 04月 30日 |
今日4/30はサム・ヒューアンさんのお誕生日だそうです。
おめでとうございます。

日本でもついに放映のはじまったアウトランダー シーズン2、毎週金曜は真夜中にパソコンにかじりついて見ています!


というのはもちろん大嘘で、まだドゥガルが登場しないので余裕をかましすぎてすでに出遅れているブログ主。


以下遠慮なくネタバレしています。各自回避お願いします。
あとクレアとジェイミーの話はないのでそこはご理解の上お読みください。



■アウトランダー S2 第1話 "Through a Glass, Darkly"

言うまでもないことですが結論を述べると、この回と次の回は

ドゥーガルが出なかった

ああ懐かしいなあこのデカ文字↑


シーズン2はクレアが20世紀へ戻った場面から開始。
未来パートは退屈なんじゃないかと危惧していましたが、もうぜんぜんそんなことなくって、トバイアス・メンジーズさんの人間離れした演技力!もうなんなのこの人!

ブラック・ジャックの変態ぶりもすごかったけど、フランクの善人ぶりもとても同じ人が演じていると思えない。
クレアが妊娠したと知ったときの嬉しそうな顔と、次の瞬間真相に気づいた表情の落差。

過去パートもスコットランドの荒涼とした美しさからうってかわって人工的なヨーロッパの華麗美。

マータフの毒舌がいいなあ、この人第二部では大活躍しそう。



■アウトランダー S2 第2話 "Not in Scotland Anymore"


お待ちかね(私だけか)ボニー・プリンスが登場。
しかし原作よりさらにダメ王子で、このあとドゥガルはこのプリンスをどうするんだろうか。

マータフはすでにハイランドが恋しいらしく、ルパートとアンガスを懐かしがっています。
ドゥガルのことも思い出してあげて。

サンドリンガム公爵も再登場して、驚くべきニュースをもたらします。
サイモン・カーロウ相変わらず上手いなあ。
このドラマ脇役の演技力が驚異的で、キャスティング担当の豪腕ぶりにうならされます。


ドラマとは関係ないですが、マータフちゃんはグレアムさんのチャリティTシャツを注文した模様。
俺マータフとペアルック(照
ついでにジェドさんともおそろいなの。


ドゥガルに早く会いたいが、どのエピソードで出るかは知りたくないのでネタバレできるだけ避けているのですが、ご本人がツイッターでばらしてしまうかも知れん。



運悪く最後まで読んでしまったクレアとジェイミーファンの方は
公式サイト(たぶん)
へ行かれるとお口直しになるかも知れません。


[PR]
2015年 07月 11日 |
「アウトランダー」を見てるけど、イケメンハイランダーとロマンチックな恋の話のはずなのに、誰が誰かわからん髭面すね毛もじゃもじゃばっかりでガッカリ・・・


と思っている貴女にアンガスとルパートの見分け方をご教授いたします。
(恒例画像勝手に)

<ルパート>



前髪をセンターで分けている。
やや無口。
酒好き女好き。
どっちかというと兄貴分。


<アンガス>



がに股。
前髪ポンパドール。
下品。
アホ。
難しい単語はすべてスペイン語だと思っている。イタリアとフランスの区別がつかない。


ルパ♥ドゥガ♥



アン♥ドゥガ♥



こんな小汚いハイランダーたちですが、慣れるとむちゃくちゃ可愛い気がしてくるので、途中で投げ出さずぜひ最後まで見てやってください。
最終回のアンルパにはじーんと来ますよ。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 06月 04日 |
ついに最終回。

(ややネタバレしています)



ブラックジャック役のトバイアス・メンジズ氏のインタビューがネットに出てました。
彼のジャックの解釈は素晴らしい。

‘Outlander’ Q. and A.: Tobias Menzies on Playing the Brutal Black Jack


とくにここを楽しみにしてたのですが

Out of that came the idea that he embodies Claire in a way, especially in that last sequence where he undoes his hair and gets Jamie to say Claire’s name and almost puts on this feminine voice. He is being Claire so that Claire would never be the same for Jamie again. Which is sort of the ultimate defeat.


・・・隣国では削除されていたようです。朝チュンでした・・・・・・・・
でも髪をおろしたジャックにはちょっとドキドキしちゃった。


牢獄のシーンは来週の葫蘆を楽しみにするとして、ハイランダーたちは最後まで個性的ですごく良かった。

アンガスとルパートの漫才コンビが大好きで、このふたりって「ロード・オブ・ザ・リング」のピピンとメリーを毛むくじゃらにして下品にした感じ。
最終回でアンガスがクレアにお別れのキッスをせがむシーンは、クレアじゃなくても即拒否したくなる名場面でした。


なお、大多数の方にはどうでもいい情報ですが、16話には


ドゥーガルが出なかった

ことをお伝えして終わります。


[PR]
2015年 05月 29日 |
やっと隣国サイトで見ました。
ここまで遅れたらもう葫蘆で見ても同じかも、と思いつつもちょっと先行。


(ややネタバレしています)



■アウトランダー 第15集 "Wentworth Prison"



隣国では家庭向きでない場面はばっさりカットされたりするのですが、このエピソードは削除されてたかどうかよく分かりませんでした。
暴力的な場面はOKだったらしく、けっこう血みどろでした。


ブラック・ジャックが戻ってきたというのでネットでは盛り上がっていたようです。
この俳優さん本当に演技が上手いというか、演技と思えない気持ち悪さ。この人と未来の夫が同一人物というのが信じられない。

後半は暗くて痛い場面の連続でしたが、前半はけっこう楽しい話でした。
ルパートとアンガスのお笑いコンビが最高なの。
あ~アンガス可愛い。


原作者のダイアナ・ガバルドンは「ドクター・フー」からヒントを得てアウトランダーを書いたと先日初めて知って意外でした。
二代目ドクターのコンパニオンがハイランダーだったんですって。
えええ、ダイアナさんそんな昔からドクター・フー見てたの?ドクター・マニア!?とすごく驚いたんですけど、考えてみればアメリカでも再放送されてたんでしょうね。

そのハイランダー・コンパニオン、ジェイミーを演じてたスコットランド人俳優がSir Fletcher Gordon役で15話に登場されているそうです。

‘Doctor Who’ and ‘Outlander’ crossover this week

ダイアナさんのサイト




wikiのJamie McCrimmonの項目にはこんなことが


Jamie first appears in The Highlanders, encountering the Doctor, Ben and Polly in the aftermath of the Battle of Culloden in 1746. At the end of the story, Polly suggests that the Doctor take Jamie along with them. Jamie continues to travel with the Doctor


ドクターとジェイミーはカロデンの戦いのときに出あったのですね。



[PR]
2015年 05月 11日 |
日本のテレビで紹介されたせいか「アウトランダー」の検索ワードできてくださる方が多いのですが、たぶん貴女がおさがしの内容ではないと思います。先におわびしておきます。

そういえば先日ドクター・フーのパンドリカの回をみてたらネッド弁護士役のBill Patersonさんがチャーチルの科学者役で再登場してて嬉しかった。


(ネタバレしています)



■アウトランダー 第13集 "The Watch"

結論から言いますと、この回は

ドゥーガルが出なかった

ジェイミーが領主として辣腕をふるうも、またもイングランド軍にさらわれるという内容だったかと。
この夫婦順繰りにイングランド兵士に誘拐されてますな。
ドゥーガルもたまにはさらわれてみたらいいのに。


■アウトランダー 第14集 "The Search"

誘拐された夫を探して旅するヒロイン。
深刻な内容のはずなのですが、けっこう楽しめるエピソードでした。
風景も音楽も美しい。

ジェイミーの消息を得るためにわざと目立とうと男装して歌を売るクレアと、変なダンスで注目をあつめるマータフ。
この回はマータフが男をあげました。泣かせる男気。

ウィリーも視聴者の高感度アップしたと思いますが、わたしにはやはりアンガスが可愛い。この子の先祖はきっとピクト人だろう(独断)。
ドゥーガル10人も部下を連れてきたのに、メンバーはいつもと同じだった。


ジェイミーがやっとみつかったと思ったら・・・


ドゥーガルでした。がっかりするクレア。
「がっかりさせてすまんな」分かってるドゥーガル。



ドゥーガルはドラマではだいぶ良い人にアレンジしてもらってたのですが、ここに来て原作通りのゲス野郎に返り咲きました。
グレアムさんが楽しそうに悪役を演じています。

ジェイミーまだ生きてるのにヒロインに再婚をせまるドゥーガル。



あと2話。
もうコラムは出ないのかな。


[PR]
2015年 05月 10日 |
隣国のサイトで14話が更新されないので待ってるあいだに動画まとめ。



先日「アウトランダー」のプレミアにめずらしくゲアリー・ルイスさんが参加しておられました。すっごく可愛いの。

'Outlander': Which Season 1 Costume Did You Most Want To Keep?

自分の衣装で持ち帰りたいのは?という質問。
ゲアリーさんはサンドリンガム公爵を接待したときの襟付きのジャケット。「ゴージャスであったかくて着心地がよかった」・・・あったかかったって・・・(笑)
グレアムさんは黒のベルベットのコート(ギャザリングで着てたやつと思う)。しかし重かったらしい。天然素材は重いよね。
それを着たドゥーガルは輝いていたそうな(笑)
このインタビュー全員面白いです。












Graham McTavish and Gary Lewis Dougal and Colum McKenzie Outlander Premiere NYC April 2015



ゲアリーさんは普段もスコットランド訛り。Rの発音がすごい。


Graham McTavish & Gary Lewis at the "Outlander" Mid-Season Premiere @BTVRtv with @ArthurKade



マッケンジー兄弟の関係について。
ゲアリーさんが真剣に説明してる。
コラムの問題は「怒りだ」と言うゲアリーさんに「いや自分よりもうまく怒りに対処してますよ」と褒めるグレアムさん。
かわいいマッケンジー兄弟。



Graham McTavish and Gary Lewis - Outlander Midseason Premiere



二人とも喋りすぎで何言ってるか分からない・・・
最後に「でもわたしたちはお互いに愛し合ってるからね」とフォローしてるコラム兄ちゃんが優しい。



Outlander Producer Ron Moore and Gary Lewis (Colum MacKenzie)



ゲアリーさんとプロデューサーのインタビュー。
なぜコラムがジャコバイトを支持しないかを真剣に語るゲアリーさん。
コラムはリアリストなのでドゥーガルみたいな単細胞とは違うみたい。


と言ってるうちに14話の更新来てました。
見てきます。


[PR]
2015年 04月 28日 |
「スクリーン」を立ち読みしたら、マーティン・フリーマンさんがまたグレアムさんに泣かされかけた話をしていた。
いつもグレアムさんの話をしてくれるマーティンは世界一良い人。



さて第12集ですが、結論から言いますと、この回は

ドゥーガルが出なかった


今週も環境フレンドリーな構成でお送りします。


■アウトランダー 第12集 "Lallybroch"

クレアを連れて故郷に戻ったジェイミー。
ものすごい美女が登場したと思ったらジェイミーのお姉ちゃんだった。
お母さんが美人だったのかな。マッケンジー一族はどういう遺伝子なのか。
(中国語字幕では「妹」になってたけど姉だったおぼろな記憶が・・・)

ジェニーはランダルを撃退した武勇伝を披露。さすがハイランダー。
ランダルって毎回あわやという場面があるのに毎回失敗してすごく可哀想・・・(ランダルは可哀想じゃないけど俳優さんが)


例の場面が意外に早く出てきたのですが、こんなところだっけ?

12話はフレイザー姉弟がランダルにいたぶられた回想を代わる代わる語る回だった。ランダルものすごいヘンタイみたい。


今回はさりげない演技力が要求されるジェイミー。がんばれ。












怖いランダル。
「ハンニバル」みたいだった。二人の髪型もちょっと似通ってる。



珍しくストレートな中文訳



今週のドゥーガル。これだけ。







また来週。


[PR]