タグ:The hobbit ( 201 ) タグの人気記事
|
|
2015年 07月 26日 |
来たよついにこの日が!










久しぶり(一ヶ月ぶり・・・)にハンニバルを見たら放送日が土曜の夜に変ってました。
日本では日曜の朝?時差が分からない。


第8話 THE GREAT RED DRAGON


(ネタバレすんません)


しばらく見ないうちにハンニバルは逮捕されてアメリカに帰って来てました。刑務所にいるハンニバルに歯の妖精について聞くジャック捜査官。原作通りの展開に戻ったようです。

ハンニバルのところへはアラーナとかチルトンとか訪問客が多くて客みんなに飯を食わせないといけない(脳内で)ハンニバルは忙しい。


リチャード氏が大熱演というのは聞いていたのですが、予想以上の役作り。
パンツ一丁でヨガの練習をしています。
トーリンの黄金病なんてこれに比べればまともだった。

歯の妖精に感心するのは中国人の牙医にかかったりする勇気ですね。俺不敢・・・
入れ墨もきっと華人の店だよね、感染症とか怖くないのかな。

しかしダラハイドがドラゴンに変貌して苦しむ場面で
「トーリン、あなたは変ってしまった」
とビルボちゃんのかすれ声の幻聴が聞こえて困る。


リチャード氏があまりに怖いのでハンニバルが出てくるとホッとする自分がどうしてしまったのかと思います。


ウィルのワンコ可愛いな~。
ウィルは結婚してこどももいて幸せに暮らしているようです、しかし途中見てないので奥さんが誰かわからない。

ジャック捜査官にハンニバルに会ってほしいと依頼されるが断るウィル。
いつも通りの筋書きで安心感さえ覚えます。

うわハンニバルからラブレター来てたんだ。暖炉で燃やされちゃった。

歯の妖精は満月の夜に活動するのでしょうか。

ひさびさにウィルの「ディス・イズ・マイ・でじゃいん」が出たよ。やっぱり犯罪再現シーンはスピード感があって面白い。
シーズン1からすぐレッド・ドラゴンをやれば打ち切りにならなかったかもしれないのに・・・


このエピソードを見ていちばん思ったことは、ビルボになじられたくらいで治った黄金病ってじつはたいしたことなかったんじゃないのという見当違いの感想です。




公式サイトの解説。あとで読むので貼り付けさせてください。

It takes one look at the William Blake painting "The Great Red Dragon and the Woman Clothed with the Sun" for Francis Dolarhyde to become the Red Dragon. He gets the creature tattooed on his backside and purchases a set of fake teeth perfect for biting. In his home, he frames a replica of the painting and worships it. But at the same time the Red Dragon is born, Hannibal is caged. He is moved into a room at the Baltimore State Hospital for the Criminally Insane, complete with drawing and dining tables and a wall of glass that separates him from visitors.

Three years after his surrender, Hannibal still resides there, having pled insanity and avoided the needle, according to Alana. When she, now the director of the hospital, visits with Hannibal, he reiterates his promise to kill her. Sometime after, Hannibal gets another visitor, Dr. Chilton. They sit on the same side of the glass, at Hannibal's dining table, and enjoy the Italian dessert sanguinaccio dolce while Chilton attempts to gauge Hannibal's feelings about the new serial killer in town. The Red Dragon, whom the press has taken to calling the Tooth Fairy, murders entire families in their homes. Hannibal tells Chilton he doubts the Tooth Fairy enjoys being called that.

When Alana walks into her office, Chilton is sitting at her desk. She reveals that Hannibal wrote a piece for the American Journal of Psychiatry that contradicts everything Chilton described in his book about him. Chilton is not overly concerned with being discredited, though Alana believes he could be. What's more pressing to him is that the Red Dragon could inspire Hannibal to get up to his old tricks.

While watching a film on a projector, Francis' head begins pounding, and the Red Dragon takes over. He cuts articles written about him from a newspaper and hastily glues them into a scrapbook. At the same time, Hannibal, much more precisely, does the same. Hannibal's fascination with the Red Dragon turns out to be reciprocated. Francis' scrapbook contains clippings of articles about Hannibal and Will, too. But just as Hannibal predicted, the Tooth Fairy moniker makes Francis upset. He crosses it out with a black marker.

With two families now having been slaughtered, Jack has no choice but to pay Will a visit. He asks Will how much he knows about the Tooth Fairy and if he's ever considered giving him a call. Will emphatically says no. He doesn't think that way anymore. Jack pulls out photos of the crime scenes to try to sway Will and shares that he believes the killer is in phase with the moon, which means they have little more than three weeks before he strikes again. Before Will can respond, Molly, his wife, and Walter, her son, arrive and cut the conversation short.

While picking out firewood, Molly confides in Will that Jack stopped by to see her at the shop first and that she purposely gave him wrong directions to the cabin. She asks Will if he's going to help him. Will answers that helping Jack is bad for him. Over dinner, Jack marvels at the life Will has made for himself with his family and growing brood of strays. When Walter takes the dogs outside for a walk, Will goes with him. Molly turns to Jack; she knows Jack will take Will with him no matter what. That night, Will awakes in the middle of the night and pulls out an envelope from a dresser drawer. He opens it by the fire and reads a letter from Hannibal. Along with the letter is the clipping about the Tooth Fairy Hannibal set aside. Hannibal warns Will that Jack will come knocking on his door soon and that he shouldn't go with him. Without a second thought, Will tosses the letter into the fire.

Will visits the home of the second murdered family, the Leeds. He explores the first floor, discovering a half-eaten piece of cheese in the fridge. Following a blood trail upstairs, Will enters the kids' room, where blood splatter on the wall and the floor helps him envision how the two boys were killed. In the hallway, a mirror is smashed and a large pool of blood indicates where Mr. Leeds was killed. Entering the master bedroom, Will sees one wall and the bed are covered in blood as well. He flips through the case file and forces himself to once again enter a killer's mind. It comes back to him like riding a bike.

Retracing the killer's steps, Will learns that the Red Dragon slit Mr. Leeds' throat then shot Mrs. Leeds. The bullet didn't kill her, so he later strangled her. When the killer saw Mr. Leeds trying to make his way to the door, he realized he was trying to protect the children. After throwing Mr. Leeds to the ground, the Red Dragon shot one boy while he slept in bed and pulled out the other, who was trying to hide, from under the bed and shot him on the floor. Returning to the hallway, he discovered Mr. Leeds crawling along the floor. The Red Dragon next smashed mirrors in the home and placed the shards on the bodies' eyes and mouths. He propped up the family in the master bedroom like a tableau before returning the bodies to the places where they were killed. Talcum powder on Mrs. Leeds' body shows Will that before the killer left, he removed his glove to touch her body.

Jimmy Price and Brian Zeller are brought in to inspect Mrs. Leeds' body. Brian creates a replica of the Red Dragon's teeth from bite marks he left on his female victims and the piece of cheese. Jimmy discovers a partial print on Mrs. Leeds' hemorrhaged eyeball and smudged prints on the shard of glass placed in her labia. Will explains that the killer polished the shards after placing them so he could see himself reflected in them. Despite how naturally profiling comes to him, Will is no happier on the job than he was working alongside Hannibal. He pours himself a drink and calls Molly that night. She doesn't answer.

The next day, Will speaks with Jack and says there's one other thing he could be doing to help. Jack knows where this is headed and isn't pleased, but Will sees no other option. Later that day, he visits Hannibal.


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 25日 |
(Qちゃんからのお願い)

・紹介しているのはファンフィクション/スラッシュ小説です。お嫌いな方はこの記事は飛ばしてください。
・海外の小説を無断で勝手に紹介しています。作者の方とは縁もゆかりもありません。国際紛争にならないことを祈りつつ書いている気の小さいブログ主です。よそでちくったりしないでね・・・
・作品はすべてAO3掲載作です。リスク回避(・・・)のためタイトルを適当に和訳しています。
・私もいちばん最初はバギンシールドからこの世界に入ったのでThilboの尊さはよく理解しています。でもアタシはDworinなの、ごめん怒らないで。


わがままな王子様と方向音痴な王様のお話を収集してみました。

このブログこんな砂漠にあるのにけっこう読んでくださる方もいるのでなんとか面白い記事をと思っているのですが、自分が何をしたいのか分からないのです、もっと上手にご紹介できればいいのに自分の力量のなさが歯がゆい。


わがもの

これはワガママ。あまりの自分勝手さにあきれてしまいます。
パーティでDwalinが女性ドワーフと仲良くお話をしているととつぜんジェラシーにかられて女性を追い払ってしまうThorin王子。それまではDwalinにあんまり興味なかったくせに我儘ですね。そして可愛くて萌える。



景観のいい経路をとっただけ

方向音痴とワガママの両方が楽しめるお徳な作品。
ThorinとDwalinは休暇を取って徒歩旅行に出かけるが、みなの予想どおりすぐに道に迷ってしまう。「迷ったんじゃない、景色の良いルートを通って遠回りしてるだけだ」と言い訳しながら。
ドワーフがアホすぎて愛しい。
荷物に救命用発炎筒をしのばせてくれてるDis姫はよくできた妹。



就業機会

Dwalinは友人であるFrerin王子に仕えることを希望していた。しかしThrainはThorin王子の護衛役を命じる。

護衛について1年たってもプライドが高いThorinとうちとけられずにいるDwalin。
デイルへお供した帰り、Thorinの方向音痴のせいで道に迷ってしまう(谷から山へまっすぐ帰ってきたら着くんじゃないのか)。
Thorinはがんとして間違いを認めず、DwalinはフラストレーションのあまりThorinを泥水につきおとして取っ組み合いになってしまう。

・・・こんな紹介のしかたでは面白さがまったく伝わらないですが、とてもよくできた作品です。
Thrainの親心がありがたい。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 24日 |
日本人でこれからこのドラマを見る人はあまりいないかと思いますが、ネタバレしているのでお気をつけください。

BBCサイト
Takin' Over the Asylum


たった6話しかないので、あっという間に終わってしまうんですよ。
各エピソードの内容が濃いのでゆっくり見てたのですが(さっと飛ばしながら見るとか無理なの)、それでも300分しかないもんな・・・終わってしまってさびしい。

第4話
Fool on the Hill


ラジオ局の電気系統を担当してるファーガス(Angus Macfadyen)という青年患者がいます。
天才エンジニアリングで学位も持ってるが、ストレスで幻聴が聞こえるらしい。
彼は最近だいぶ良くなったので、社会に復帰しようとしています。精神病院の入院歴のあるファーガスを雇ってくれる会社はなかなかないのですが、やっと採用が決まって、本人もほかの患者たちも大喜び。

でもファーガスの主治医は彼を手放したがらず(自分の論文に使いたいから)、絶望したファーガスはまた症状がぶりかえしてしまう。
この話は本当に悲しかった。


世間から異常だと見なされてる患者たちは繊細で傷つきやすく思いやりがあるのに、「まとも」な人間たちは貪欲で自分の出世しか考えていない。
エディーの営業成績しか頭にない上司や同僚も本当に醜い。

基本的に若い美男美女は登場せず(テナントが唯一のイケメン)、くたびれた中年男女ばかりのドラマなのですが、そこがリアリティがあってスコットランド人も生きるのは大変なんだなあと共感させられます。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 21日 |

(Qちゃんからのお願い)

・紹介しているのはファンフィクション/スラッシュ小説です。お嫌いな方はこの記事は飛ばしてください。
・海外の小説を無断で勝手に紹介しています。作者の方とは縁もゆかりもありません。国際紛争にならないことを祈りつつ書いている気の小さいブログ主です。よそでちくったりしないでね・・・
・作品はすべてAO3掲載作です。リスク回避(・・・)のためタイトルを適当に和訳しています。
・私もいちばん最初はバギンシールドからこの世界に入ったのでThilboの尊さはよく理解しています。でもアタシはDworinなの、ごめん怒らないで。



今日は舞踏会をテーマにした作品を集めてみました。


汝が瞳の奥に

バギンシールド&Dwori設定(だと思う)。
ハーフリングとダンスしたいというThorinにDwalinが踊り方を教える。
相手の瞳を見つめるうちに若いころを思い出すThorin。
べつに何も起こらないただのお友達同士の話なのですが、Dwalinのほうがワルツが上手いというのが意外で楽しい。


花崗岩

エレボールの戦勝祝賀会。ThorinはDáinが連れてきた優雅な女性ドワーフたちに囲まれている。
バルコニーでひとり自分の無骨な醜さを嘆くDwalin(女性)。
そこへ宴会をぬけだしたThorinが来て、自分が魅力のかぎりをつくしてもどうしても落とせない女性がいるとDwalinに語る。
Thorinが愛する女性が誰かは読者にはもちろん分かっているのですが(タグがDworinだから)、鈍いDwalinは「あなたのようなハンサムで強い王を愛さない女性がいるはずがない」とか噛み合わなくて可愛い。

この作者はThorinが女王設定の作品も書いているので、よほど女性化が好きなのでしょうか。


深夜の自由

エレド・ルインの舞踏会。
Thorinには花嫁候補の女性ドワーフたちとダンスする義務がある。
大広間の向こう側で踊りの申し込みを断り続けているDwalinを遠目に見ながら近づくこともできない。

Dwalinは誰とも踊れなくてかわいそうだなーと思いながら読んでいるとDis姫(ご懐妊中)がお相手してくれた。「Dwalinとアタシはスキャンダルになっちゃうわね」と体を張って兄を守ってくれるDis姫は男前なドワーフ王女です。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 20日 |
日本人でこれからこのドラマを見る人はあまりいないかと思いますが、ネタバレしているのでお気をつけください。

BBCサイト
Takin' Over the Asylum

第三話 You Always Hurt the One You Love

ケン・ストット(Ken Stott)さん演じるエディーの本業はセールスマンで double glazingという商品を売っています。日本では複層ガラスというらしい。
さぼってばかりで成績も上がらないのですが、喫茶店で朝食をたかってきた老女に親切にしてやると、彼女がじつは豪邸の主人で大きな注文をくれたので、今月のトップ・セールスマンとして表彰されます。
しかし老女は同僚(すげーヤな奴)の見込み客だったので、同僚に恨まれる結果に。

いっぽう夜DJをつとめている精神病院St Jude's Asylumのラジオ局は当初約束されてた予算がもらえず、存続の危機に。
患者たちは自分たちでお金を集めて運営しようと計画します。

キャンベル(デイヴィッド・テナント)は「どっちがルーニーでしょう」クイズで賭け金を集めようと提案。
ルール説明はあまりに早口だったのでぜんぜん分からなかったが、二人の人物のうちルーニーを当てたらお金がもらえるらしい。
さらにスパイク・ミリガンを呼べば盛り上がるとか言い出すキャンベル。スパイク・ミリガンの顔はみんなが知ってるからルーニーかどうかすぐバレだろとみんなあきれ顔。

病院の入院患者たちがどうしてここにいるのかははっきり語られず、いくつかのエピソードでだんだん明らかになっていく仕掛けのようです。
エディーは自傷癖のある女性フランシーン(Katy Murphy)と親しくなっていきます。フランシーンは普通っぽく見えるのですが、割れたガラスの上をはだしで歩いたり、タバコの火を自分の腕で消したり、ときどき夜中に悲痛な叫び声をあげたりして痛ましい。
近所にマクタヴィッシュという猫がいて、フランシーンは「あの太ったオス猫」と言うのですがエディーは「太ってるんじゃなくて妊娠したメス猫だよ」と笑います。
フランシーンは「妊娠」という単語を聞くと悲鳴を上げ始める。

そのあともマクタヴィッシュの話題が出るのですが、ケンさんが「マクタヴィッシュは妊娠してる」とかいうと微妙な気分になってしまう・・・


ラジオ局のマネージャーをつとめているロザリー(Ruth McCabe)は潔癖症。
つねにゴム手袋をして、あちこちを消毒している。息子を亡くしたことが精神病の原因らしい。
症状がだいぶ落ち着いてきたので、退院して薬物治療を受けながら夫と暮らす予定。しかしロザリーはラジオ局の募金イベントが終わるまでは薬物治療を延期してほしいと医師に申し出る。

ロザリーの夫は消毒行為をやめさせようと彼女にお金を渡さないので、消毒液が買えないロザリーはストレスがたまっています。エディーが誤って最後の消毒液をこぼしてしまい、ロザリーはパニックに。エディーたちが消毒液を買いに走るあいだ、キャンベルがロザリーをなだめます。

ロザリーは息子が病気になったときに、夫から「お前の掃除の仕方が悪いからばい菌が入った」となじられ、あらゆるところを消毒したのですが、それでも息子は治らずとうとう死んでしまったと語ります。どうしてもばい菌を全部やっつけられない、消毒しつづけなければならないというロザリー。

キャンベルが何の病気だったのかと聞くと、ロザリーは
"Leukemia(白血病)"
キャンベルはロザリーを黙って抱きしめる。

あれ、何を長々と筋書きを書いてるんだろう?
俳優さんがみんなしみじみ上手いのです。そして脚本がすごく良い。
募金イベントに向けてみんなで団結してがんばりながらも、それぞれ他人が踏み込めない領域を持っている。エディーもアルコール依存症で立派な人生とはいえない。
みんなでお祭り騒ぎでもりあがる場面と、孤独な蔭の部分が絶妙に混ざり合ってて、安易な解決をしないところがいい。


イベントは大成功、お金もたくさん集まってラジオ局は無事に続けられることに。
スパイク・ミリガン(本人)も来てくれて、キャンベルと舞台にあがって「どっちがルーニー?クイズ」を盛り上げてくれました。

ロザリーは名マネージャーぶりを発揮して、てきぱきと仕事を進め、スポンサー(「平民の精神異常者に優しくしてあげているアタクシ」に酔ってるっぽい優しい笑顔のわざとらしい貴族女)にもお褒めの言葉をいただく。
迎えに来た夫に帰らないと告げるロザリー。


本当に良いドラマで、出演してる俳優さんたちはほぼスコットランド人だと思うのですが、地元の役者を使って地方のドラマを作れるっていいなあと思いました。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 19日 |
ファンフィクションは読むのも楽しいけど、世界観を解説するのもとても楽しい。
自分がどうしてその作品が好きなのか、解説してみるとよく分かる、のでだらだら続いているシリーズです。
スルーしてください。



(Qちゃんからのお願い)

・紹介しているのはファンフィクション/スラッシュ小説です。お嫌いな方はこの記事は飛ばしてください。
・海外の小説を無断で勝手に紹介しています。作者の方とは縁もゆかりもありません。国際紛争にならないことを祈りつつ書いている気の小さいブログ主です。よそでちくったりしないでね・・・
・作品はすべてAO3掲載作です。リスク回避(・・・)のためタイトルを適当に和訳しています。
・私もいちばん最初はバギンシールドからこの世界に入ったのでThilboの尊さはよく理解しています。でもアタシはDworinなの、ごめん怒らないで。



原作全編を通じて名前の出てくるドワーフ女性はThorinの妹Dísひとり、それもFiliとKiliの母として家系図に登場するだけです。

しかしThe Hobbitのファンフィクションの世界では、Dísの登場する作品は数多く、読者にとても愛されているキャラクターです。
作者によって多少違いますが、多くの作品で共通する設定は

・髪と目はThorinと同じ色。容貌はThorinの美少女版。
・性格は果断で豪快、兄より統治者に向いているかも。彼女が青の山脈やエレボールの女王としてドワーフを治める作品もけっこうある。
・夫(名前不明)は身分が低く、Dísはひとめぼれして駆け落ち同然に結婚するが、こどもが二人生まれたあと若くして未亡人となる。

原作者の設定ではドワーフは生涯に一度しか結婚しないので、DísとDwalinを恋愛させようとすると、こどものころか、不倫か、後家の火遊びになってしまう。
しかしそんな過酷な条件下でも楽しい作品がうみだされています。

なにより、どうしてもDísとDwalinをくっつけたいという人が世界にこんなにいるのかと感動します。



あったかい

天体観測キャンプに来たエレボールの王子様お姫様たち。
山の外は小さいドワーフリングには暗くて恐ろしいところ。
Thorinの弟Frerinはお化けが怖くてDwalinの隣にもぐりこむ。
「Thorinと寝ればいいだろう」と不機嫌なDwalinに「だってあったかいから」と言い訳するFrerin。
そこへお化けが追いかけてきた・・・!

お化けの正体はDís姫だったのですが(ネタバレごめん)、Dísも「だってDwalがいちばんあったかいんだもん」

DwalinがDwalと愛称で呼ばれてるとほのぼのする。


人間たちはどうやるの

ドワーフはキスするとき額をあわせるが、人間はちがうらしい。幼いDwalinは人間の男女が口をくっつけているのを見て、Dísと試してみる。
何度も練習して上手になった二人は大人たちの前で「人間たちのやりかた」を披露する。

結果は怒った親たちに「小さいドワーフリングがこんなことをしてはいかん!」と引き離されてしまう。

Dísの積極的な反応に圧倒されるDwalinが可愛い。



そして秋の月は輝き

もともとは「Thorinが狼男になってしまったら」という構想で書き始められた作品だと思うのですが、どんどん違う方向に進んでしまい、途中からDwalinとDísのロマンス小説になってます。Thorinほぼ背景。

夫を失ったDísはDwalinになぐさめを求めるうち、彼のこどもをみごもってしまう。
ドワーフ社会では未亡人が愛人を持つことは不道徳と考えられているが、じっさいには不倫(ドワーフの考えでは)の子を産むドワーフ女性は多い。
Dísは堂々とDwalinと同居し、男の子をもうける。

ママに赤ちゃんが生まれると知ったFiliは「ぼくとKiliはいらない子になっちゃうの?」と心配する。
Dwalin殿が引っ越してくるとママのベッドから追い出されてしまうので、「Dwalin殿は伯父上のベッドで寝ればいいよ」とナイスすぎる提案をするFiliも可愛い。伯父上は内心「それじゃDwalinが引っ越してくる意味がないだろう」とつっこんでみたりして。


ディス×ドワは他にも名作がたくさんあります。
やはり男女のロマンスは安心して読めるので良い。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 18日 |
先日発作のようにケン・ストット(Ken Stott)さんのDVDを買い込んでしまっていま粛々と消化しています。

今日ご紹介するのはBBCスコットランド製作のドラマTakin' Over the Asylum。
スコットランドの精神病院のラジオ局を舞台にした作品です。

BBCのサイト
Takin' Over the Asylum





ネットでジャケ買いしてしまった。
ケンさんとデイヴィッド・テナント(David Tennant)の共演ですよ!夢のようなドラマがUKには存在していたのですね。

タイトルの意味が分からないのですが、精神病院に隠れる?ってこと?
それとも精神病院乗っ取り?


(ネタバレしています。英語字幕ついてたけどすごい早口のスコットランド英語だったのでほとんど理解できてません。間違ってたらごめんなさい)


第一話 Hey Jude
第二話 Fly Like an Eagle

ケンさんが演じるのは主役のエディー(Eddie McKenna)。
本業は窓のセールスマンだが、夜はアマチュアDJに変身する。
営業もからきしだけど、DJもあまり上手くないらしく、出演させてもらってたラジオ局から「新しくできるSt Jude's Asylumという病院内のラジオ局の責任者になってくれ」と通告される。ようするにていよく追い出されたんですね。

病院といっても小さな精神病院で、アットホームだが誰がスタッフで患者か分からないような混乱した施設。ラジオ放送も設備はあるが古くて使い物にならない。

エディーは元気いっぱいで人懐こい青年患者キャンベル(Campbell)と仲良くなる。
キャンベルはDJにあこがれていて、見習いとしてエディーに弟子入り。ふたりはコンビを組んでラジオ局を開局させようとする。

最初はラジオよりテレビが見たいと非協力的だった患者たちだが、しだいにキャンベルの熱意あふれるおしゃべりと音楽を楽しみにするように・・・。


ヘンなTシャツにヘンなサスペンダーが可愛いケンさん



患者たちはたいていフレンドリーで普通そうに見えるのですが、ときどきヘンな言動をとってエディーを驚かせる。そういうときの決まり文句は「だって俺たちloonyなんだもん」。
みんな平気でルーニールーニー言ってて、ぜったい日本で放送できないな・・・と思った。


ヘンな服では負けていないテナント



世界唯一の精神病院ラジオ局をやってやろうぜ!とはりきる二人だが、これからというときにキャンベルの父が来て息子を退院させようとする。

キャンベルは仲間と別れるのを惜しみながら最後のDJをつとめる。
喋りまくっているうちにどんどんスピードアップして止まらなくなり、ついには興奮して大暴れ、薬で無理やり眠らされてしまう。

DJなんてさせるのではなかったと後悔しながら見舞うエディー。
暗い表情のエディーに「いい演技だっただろ?」とウィンクするキャンベル。
あれ演技やったんか!!

キャンベルは(ビョーキが再発したから)退院できず、ラジオ局はぶじに続くことに。



ケンさんは目と鼻とぼさぼさの眉毛が愛くるしい。しょっちゅう変る表情もすごくチャーミング。喋り方はあまり特徴が感じられなかった。そんなに訛ってないような?(スコットランド訛りに慣れたのか?)

しかしこのドラマでいちばん驚くのはテレビのレギュラー出演が初めてだったというテナントです。
すんごいハイテンションで喋りまくります。英語(スコットランド訛りだが)ってこんなハイスピードでこんなに激しいアップダウンで喋れるのかと感心させられる。
そして顔がむちゃくちゃ可愛い。スコットランド男はなぜこんなに顔が可愛いのだろう。


ネットでの評価がとても高いドラマなのですが、それも納得の質の高い作品です。



BBCの説明コピペ

Hey Jude
Takin' Over the AsylumEpisode 1 of 6
First in a six-part drama serial, set in a psychiatric hospital. Eddie McKenna has a dream - to become a professional DJ. Sacked from his slot on Hospital Radio Glasgow and bored of his day job as a double glazing salesman, he agrees to resurrect the radio station at St Jude's Mental Hospital. Gradually he becomes involved in the lives of the patients and realises that not all the 'lunatics' are on the inside.

Fly Like an Eagle
Takin' Over the AsylumEpisode 2 of 6
Second of a six-part drama set in psychiatric hospital. The hospital radio station is in full swing, Eddie is in danger of losing his job, and hypomaniac Campbell, about to be discharged, plans to become a DJ.




Takin' Over the Asylum - trailer
テナントも訛っているが最後のBBCのアナウンサーも訛っている・・・




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 17日 |
(Qちゃんからのお願い)

・紹介しているのはファンフィクション/スラッシュ小説です。お嫌いな方はこの記事は飛ばしてください。
・海外の小説を無断で勝手に紹介しています。作者の方とは縁もゆかりもありません。国際紛争にならないことを祈りつつ書いている気の小さいブログ主です。よそでちくったりしないでね・・・
・作品はすべてAO3掲載作です。リスク回避(・・・)のためタイトルを適当に和訳しています。
・私もいちばん最初はバギンシールドからこの世界に入ったのでThilboの尊さはよく理解しています。でもアタシはDworinなの、ごめん怒らないで。


今日ご紹介する作品はどういう区分にすればいいのかよく分からないのですが、自分の記憶の宮殿では「プラトン的愛」の部屋に置かれている感じ。
しかし読み返してみたらぜんぜんプラトニックじゃなかったりして、選択に悩みました(→自分のためだけに書いてる記事ですので)。



あこがれ

こども時代の遊び友だちからThorinの護衛に成長したDwalin。
友に対する心のうちを口に出せないまま、数々の悲劇をともに乗り越える。

モリアの後Dwalinは数週間姿を消す。
頭を剃り、全身に入れ墨をして戻ってきたDwalinを青の山脈のふもとで迎えるThorin。
疲れきった戦士を自分の部屋に連れ帰り休ませてやる。

自分が戻ってくる日に門にいたなんて奇遇だなとDwalinは言うのですが、本当はThorinはずっと山のふもとで待っていた。たまには可愛いところもあるThorin。



失言

エレボールを取り戻したあとのエピソード。
若い恋人たちを見て「自分もあのくらいの年で自分のOneに出会った」とDwalinに語るThorin。
王にはOneがいたのかと驚くDwalin。

「王座を奪還するまでは求愛しないと決めていた」というThorinに「王であろうとなかろうと、あなたに求愛できるドワーフは幸運だ」とつい本音をもらしてしまうDwalin。


Oneというのは、ファンフィクションだけの設定なのか、原作にある設定なのか分かりませんが、ドワーフにとっての「運命の恋人」のようなものらしいです。ドワーフは一生に一度しか恋をしないので、自分のOneを見つけるのは生涯の大事業ということになっています。



アガーニス

Dwalinの家を訪れて、魔法使いと出会ったことを話し、探索の旅に誘うThorin。
Dwalinはモリアだろうとドラゴンの巣だろうと、どこまでもついていくと誓いを立てる。

自分のOneは傲慢で頑固だが偉大なドワーフで、彼に仕えることができる自分は幸運だと幸せをかみしめるDwalin。

「ときどきおまえを解放し、家庭を持たせてやるべきではないかと思う」などと心にもないことを言ってみるThorinはけっこう愛らしい。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 16日 |


しばらく前から見ていたのですが、内容がすさまじくてなかなか進みませんでした。やっと完了。

最初に「これは実話です。人物は仮名です」と出るのでずっとノンフィクションかと思っていたらフィクションだそうです。よかった。

マーティン・フリーマンが事件に巻き込まれるしょぼいセールスマンを演じています。このひと巻き込まれ型ヒーローが本当にうまい。


同僚からも同級生からも妻からも親族からもバカにされきっているうだつのあがらないレスター・ナイガード(マーティン・フリーマン)。
いじめっ子だった元同級生に大人になってもいじめられるレスターは、元同級生のせいで怪我をして病院の外来へ行くが、病院でもないがしろにされる。
待合室でプロの殺人鬼ローン・マルヴォと知り合い、元同級生の殺しを依頼してしまう(本人はそんなつもりではなかったが)レスター。

連鎖的に人がどんどん死んでいくドラマです。
マーティンのパート以外はあまり見てなかったので全体の話はよく分かりませんでしたが(←いつも通り)、面白かった。

愛妻(しかしガミガミ女)を失ったあとレスターがやぶれかぶれで暴力的な態度を取ると、みんなに尊敬の目で見られるようになる。これまで礼儀正しくふるまうほどいじめられたのに、怒鳴ったり殴ったりすると他人が従うと気づいて、俺様キャラに転換するレスター。
変身後のマーティンがすごくかっこいい。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 14日 |
(Qちゃんからのお願い)

・紹介しているのはファンフィクション/スラッシュ小説です。お嫌いな方はこの記事は飛ばしてください。
・海外の小説を無断で勝手に紹介しています。作者の方とは縁もゆかりもありません。国際紛争にならないことを祈りつつ書いている気の小さいブログ主です。よそでちくったりしないでね・・・
・作品はすべてAO3掲載作です。リスク回避(・・・)のためタイトルを適当に和訳しています。
・私もいちばん最初はバギンシールドからこの世界に入ったのでThilboの尊さはよく理解しています。でもアタシはDworinなの、ごめん怒らないで。


先日のご本人ツイッター転生劇場の衝撃がまだあとを引いていて、あまり頭が働きません(頭は普段も働いていないが)


スラッシュ・ノベルの世界にはhurt/comfortというジャンルがあるのは私などが説明しなくてもみなさん(誰)ご存知ですね。
カップルの片方が傷つき、もう片方が慰めるパターンの展開です。

Dworinの場合は比喩ではなく文字通り死ぬほどの大怪我をすることになってるようです。
ドワーフは体が丈夫なので、瀕死の状態でも最後はちゃんとそういうことになるのがすごいなと感心させられる。


カロックのあとで

怪我をして寝てるThorinの横でDwalinが武器の手入れをする。
砥石で斧をとぐDwalinを見ているうちに妙な気分になってくるThorin。
イラっとしたDwalinが何を見てるんだと顔をしかめると、お前を見るのが好きなんだ、近くへ来てもっとよく見せろとわがままなThorin。

ファンフィクションのDwalinはちょっとでも時間があると仕事道具の手入れをしていて勤勉です。
これ読んだあとでアウト●ンダーでナイフを研ぐドゥガルちゃんを見たら胸がいっぱいになる。


約束

仲間たちにも怪我を隠してリヴェンデルへ着いたThorin。
エルフの泉に治癒力があると気づいたThorinは皆が寝静まったあとひとりで湯治。
けっきょくDwalinに見つかって「そのプライドがいつか命取りになるぞ」と叱られる。

作者はPWPを多く書いているのですが、この作品は精神的なつながりを描いていてとてもロマンチック(とはいえやることはきっちりやる読者の期待を裏切らないドワーフたち)。


真冬の幽霊

エレド・ルイン時代のお話。
冬の食糧を補うため雪の中を狩に出かけるドワーフ一行。
野獣に襲われ、部下をかばって重傷を追うThorin。
テントを見舞ったDwalinは王をゆっくり休ませようと立ち去りかける。しかしThorinには別の考えがあった・・・

翌朝、テントの入り口で雪だるまになっているBalinを見つけて、見張ってくれていた兄に感謝するDwalin。
お兄ちゃん優しい。

作者はバギンシールドの人なのでDworinは余技のようです。
が、どの作品も面白くてユニークで、なにより文章が上手い。宝石のように大切に大切に読み返しています。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]