タグ:The hobbit ( 201 ) タグの人気記事
|
|
2015年 08月 16日 |
(Qちゃんからのお願い)

・紹介しているのはファンフィクション/スラッシュ小説です。お嫌いな方はこの記事は飛ばしてください。
・海外の小説を無断で勝手に紹介しています。作者の方とは縁もゆかりもありません。国際紛争にならないことを祈りつつ書いている気の小さいブログ主です。よそでちくったりしないでね・・・
・作品はすべてAO3掲載作です。リスク回避(・・・)のためタイトルを適当に和訳しています。
・私もいちばん最初はバギンシールドからこの世界に入ったのでThilboの尊さはよく理解しています。でもアタシはDworinなの、ごめん怒らないで。


Dwalinが騎士道のお手本のように節度ある態度で護衛してくれるので、やむなくThorinが実力行使に出る楽しい作品を集めてみました。


太陽が回るのをやめるまで

エレボールの王子は連日の受験勉強で苦労している。
苺が大好きなThorinのために友人Dwalinが温室栽培の苺を差し入れしてくれる。
試験に合格した王子は忠実な友にご褒美を与えるのだった・・・

苺をテーマに少年時代から老年までのDworinを描く作品群。
どれもキュートで感動的でドワトリのお手本。



我が王

ブリーに出稼ぎに来ているThorinとDwalin。
出稼ぎ期間中に成人の日を迎えるThorin。
DwalinはThorinの髪を大人の形に結ってやり、Thorinを二人だけの王国の王と呼んで忠誠を誓う。

ドワーフの成人の儀式は他にも大人が手ほどきしてやることがあるようなのです。
大人はDwalinしかいないので王子は超期待しているが、Dwalinは王子の孤独につけこみたくないとためらう。

ブリーで出会った女性ホビットにシャイアのお祭りに招待されて、ドワーフの剣舞を披露する場面が美しい。
荒々しい踊りにびっくりしてる善良なホビットたちを見て、自分たちは異質なのだと痛感するDwalin。
流浪の辛さが身にしみる作品。


マスティフ
fem!Thorin(Thorin女性化)。
バグ・エンドでひとり屋外で眠ろうとするDwalin。探索の旅を早くも後悔しはじめている。
アザヌルビザルを語るプリンセスの雄雄しさと美しさに、自分の思いを抑えられなくなりそうだから。

しかしThorinも野営することに決めてしまい、姫君をそっと見守ろうとするDwalinのけなげな決心はもろくも崩れてしまう。

この作者はキャラクターの女性化が好きなようで、
エレボールを奪還した日の女王様Thorin/Dwalin作品
やすり
とか
Female Legolas/Dwalin作品
泥棒
とかあるんです。どれも面白い。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 08月 14日 |
HULUに「コロンビアーナ」があるのに気づいて見てみました。
美貌の女性アサシンが家族の仇をつぎつぎに血祭りにあげるアクション映画です。


(映画自体とはあまり関係のない記事です。恒例画像勝手に)



ヒロインは美しくミステリアスで目の保養でしたが、私のおめあてはHead Marshal Warren, a U.S. Marshalを演じるグレアム・マクタヴィッシュさん。


悪人を移送してきた連邦保安官。
(って何?)





悪人を留置場へ入れてお仕事終了、かと思ったらそのあとも居残っていた。



犯人を見張るように言いつけられた部下のジョーは当然ヘマをするのです。



密室のはずの独房で悪人が殺された!
走るグレアムさん(いつも通り)。



悪人は死んでいて、独房を見張っていたはずの部下のジョーが銃を手に呆然としている。





真犯人はもちろんヒロインなのです。
グレアムさんはしばらく捜査に協力してましたがFBIに引き継いで退場されました。

アメリカ映画に出演しているときのグレアムさんは、スコットランド訛りはまったく使わないようです。
いかにもイングランド人って発音でもなく(英国訛りは不得手なのかも)、といってアメリカンな感じでもなく、いったいどこの発音を使っているのか?
私に分からないだけでアメリカ人が聞けば「スコットランド移民だな」とかすぐ分かるものなのだろうか?


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 08月 10日 |
2014年10月にBBC Oneで放送されたジェームズ・ネスビット主演のサスペンスドラマ。ケン・ストットさん共演作品。

公式サイト
The Missing


(とてもネタバレしています、この記事を読んでもドラマの内容は理解できませんので念のため)


最後まで見たのですが、衝撃的な結末だったうえに途中が時間も人間も入り乱れていてあまりよく理解できなかった・・・。ケンさんだけ追っかけてリキャップしてみます。

キャプチャが取れることに気づいたので恒例勝手に。


第3話 The Meeting
第4話 Gone Fishing


ここまでのイアンちゃん。
建築コンサルタントのイアン。フランスの古い建築をリノベーションして大もうけしている。



トニー夫妻にオリヴァー発見の報奨金提供を申し出るイアン。


オリヴァー誘拐の第一容疑者ボルグと知り合いだったイアン。


かわいいメニュー画面



トニー・ヒューズ(ジェームズ・ネスビット)はジャーナリストを名乗る男Malik Suriから警察の容疑者リストを手渡される。
このスリってジャーナリストが中東っぽい容貌で怪しさ満載。モロッコ系らしく、トニーを助けるのには裏があるようです。

ボルグが容疑者と知ったトニーは怒りを抑えられず、アパートへ乗り込んで暴行してしまう。トニーはかっとなると過剰な暴力を振るう性格で、過去にも事件を起こしてるようです。


イアン・ガレット(ケン・ストット)は引き続きトニーに支援しようとする。押されてついに受けてしまうトニー。
イアンの事務所で契約書にサインするトニー。この金に何か裏が?と思ったのですが、そうでもなかったみた。

このポーズ好きやなケンさん。



ボルグのアパートに忍び込んだと告白するトニー。
トニーはイアンとボルグが知り合いだと知らないんですね。イアンはボルグはアリバイがあるんだからもうほうっておけとアドバイス(このアリバイはイアンが作ってやったみたい)。騙されてるトニーが可哀想。






ここで突然のフランス語講座。
新聞を買ったトニーはJe ne dirai rien.というフレーズを耳にします。意味をたずねると「何も言わないぞ」。
ボルグが同じことを言っていたことを思い出したトニーはまたもボルグのところへ。
「何も言わない」ってことは何か隠してるってことだもんね。しかしボルグは黙秘。




なんか分からんがイアンを訪ねるトニー。
「お客は予期してなかったよ」「ごめん急に来て」ってホビットの冒頭みたい。




ここでイアンは海辺に建設中の自宅の写真を見せてくれる。これであとで大変なことに・・・

真剣はビールのつぎかたが可愛過ぎるケンさん。



トニーはイアンが事件の担当判事(?)ジョージの知り合いと知って、ジョージにボルグと会ってもらえないかと頼みに来たのです。

びっくりするイアン。
後ろに鍋がたくさんあるが自分で料理するんだろうか。イアンの奥さんは英国に残って暮らしてるようだ。



ここでイアンにはモリーという娘がいたがこどものころに行方不明になったと分かる。
夜中に家からいなくなったモリー。警察の結論は家出だが、イアンはいまも自分を責めている。
イアンの
「後悔は癌のようなものだ。症状には対処はできるが、原因をなくすことはできない」
という台詞が哀しい。

行方不明の娘の話をする場面のスコットランドVSアイルランド演技対決






ステキなクレジット




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 08月 09日 |
第10話 And the Woman Clothed in Sun

あれ?タイトル前回と一緒???


(ネタバレすんません。そして本当に支離滅裂です)



冒頭でダラハイドが「Red Dragon」のエコーかかった発音練習する場面があるんですけど、タンブラーのBOFAネタでトーリンが「ウェルカム・ツー・えれぼぉぉぉぉ」のエコーを三日練習したというネタがあったのを思い出した。


そしてハンニバルに無料脳内セラピーをしてもらうダラハイド。
ハンニバルに診断してもらっても治りませんで。

虎デートのところすごく良かったわ。
Rebaさんが虎の口を触るのを見て興奮しているダラハイドを見るのが恥ずかしい・・・
ダラハイドの場面は比喩が比較的分かりやすいのではないでしょうか。

しかしカクテルグラスが割れるくらいびっくりしてるダラハイドはちょっとおおげさなのでは・・・
と思ってたら、そのあとの姫だっこ→ベッドルームへ突進にはびっくり。すばやいなフランシス。


ブルックリン美術館で絵をごちそうになるシーンまであった。今回は盛りだくさんだなー。毎回このくらいのスピードで進んでくれたらいいのに。

あっ、ウィルがダラハイドに!
ここはエレボールのテーマを使ってほしかった。



公式サイトの解説。あとで読むので貼り付けさせてください。


While looking at himself in a broken mirror, Francis contorts his voice until he embodies the Red Dragon. He then gets in his car and drives to a building, where he opens the circuit breaker and reconnects some wires. When Francis goes upstairs, we see he is in Hannibal's office. Using a laptop to trick the caller ID at the Baltimore State Hospital for the Criminally Insane, Francis poses as Hannibal's lawyer. This is how Francis managed to make contact with Hannibal. He explains that he's a big fan of Hannibal and knew Hannibal would understand him. After hanging up, Francis imagines himself seated across from Hannibal during a therapy session. He admits that he wants to stand before Hannibal as the Red Dragon and that he wants Hannibal to meld into him.

Bedelia is lecturing about her time spent with Hannibal in Florence when Will walks into the room and takes a seat. After everyone leaves, he confronts her about the story she's been spinning: that she lost herself under Hannibal's manipulation. Will knows that's not true, but he is curious how Bedelia managed to survive Hannibal without any scars. Bedelia explains that she was never herself with Hannibal; Will was. When Will asks if she's gone to see him, Bedelia responds she doesn't need to because she's seen enough of him. When she was with Hannibal, she saw him behind the veil. Will, however, was always on the other side.

Francis and Reba's relationship grows stronger when he takes her to the zoo to see a tiger that has been put under while its tooth is being worked on. Reba asks Francis to describe the tiger to her before she strokes its fur, even feeling its mouth and teeth. Francis watches anxiously, but when he sees Reba is fine, he relaxes. As she lies on top of the tiger and hugs its body, Reba softly cries. Afterward, at Francis' house, Reba makes martinis for them both and remarks that Francis is full of surprises, and no one at their place of work knows anything about him. Concerned that their co-workers told Reba what he looks like, Francis retreats into a corner. She finds him and assures him she is not bothered by his appearance, first by caressing his cleft lip and kissing him and later, by initiating an intimate relationship.

The next morning, Francis admires Reba in her sleep and caresses his face with her hand. But when he falls back to sleep, it's the Red Dragon's consciousness that takes over. When Francis awakes with a start, he sees that Reba is not next to him. He races to the Red Dragon shrine in the attic. Reba is not there, but the Red Dragon tries to overtake him. Francis shrugs it off and returns downstairs, where he finds Reba waiting for him in the living room. She's ready for him to take her home.

When Hannibal asks to call his lawyer's office, he's handed a rotary phone and an operator informs him the call will be connected directly. But Hannibal has other plans. He unscrews the receiver and uses a gum wrapper to disconnect the call. An operator then picks up and asks whom Hannibal was trying to reach. He asks to be connected to Dr. Chilton's office. When Chilton's secretary answers, Hannibal poses as someone from Chilton's publisher and asks for the address of someone he needs to send a copy of Chilton's book to: Will Graham.

Will makes an appointment with Bedelia to speak to her further. He still believes she and Hannibal were working together, but Bedelia argues that Hannibal was still her patient in Florence. However, she admits she lost professional objectivity with him and began to care. Will questions whether Bedelia ever wanted to kill Hannibal. She counters that her and Hannibal's relationship isn't as passionate as Will's and Hannibal's. Bedelia then asks Will what he would do if he saw an injured bird on the street. Will says his first thought would be that it's vulnerable, and he'd want to help it. In contrast, Bedelia says she would also perceive it as vulnerable, but she'd want to crush it.

Her instincts are shown in action during a flashback with Neal, the patient Bedelia killed. Neal believes Hannibal ended their professional relationship because he figured out Hannibal wasn't helping him but further hurting him. He also believes Hannibal referred him to Bedelia because they're the same twisted person. Bedelia, who listens to Neal grow more and more paranoid over several sessions, assures Neal she would've prescribed the same treatment Hannibal did but that only agitates Neal further. He stands up and begins yelling at Bedelia but seizes and begins to choke on his tongue. Bedelia rushes over to help, but Neal won't let her. He falls on a table and breaks the glass. As blood pours out of his mouth, Bedelia thrusts her hand down his throat to clear the blockage. But in the moment, she has a change of heart and finishes Neal off instead. Back in the present with Will, she tells Will the next time he has the urge to save someone, he should consider crushing them instead.

Despite Bedelia's warnings, Will again goes to see Hannibal and shows him the carving found by the Jacobis' house. He explains that it appears on a mahjong tile that represents the red dragon. Hannibal asks Will if he's ever seen the William Blake painting of that name, in which a dragon stands over a pleading woman caught in his tail. He describes it as one of the few pieces of Western art that radiates a unique and nightmarish charge of demonic sexuality. Will again tries to get Hannibal to pin down the common factor between the victims, but Hannibal will only say that he doesn't believe the Red Dragon to be insane. In fact, he likes him.

Francis arrives at the Brooklyn Museum and signs in with a fake name. He has an appointment to see the William Blake painting in person. After being escorted to the storage area where the painting is kept, Francis knocks the museum employee unconscious and retrieves the painting from its plastic cover. He caresses the painting and sniffs it before revealing he's wearing his prosthetic sharpened teeth. Francis takes a bite out of the painting and continues eating it at the same time Will arrives for his own appointment to see the Blake. When Will's escort goes inside the storage area to confer with his colleague, Francis sneaks into the elevator behind Will. Sensing something, Will heads back to the elevator and spies a foot. When he hears his escort calling out for his colleague, Will shoves his arm into the elevator to keep the doors from closing. There, he comes face-to-face with Francis. Recognizing Will from the newspaper, Francis grabs him, throws him against the wall and flings him from the elevator. Will scrambles to his feet and races down the stairs in an attempt to beat the elevator, but when he reaches the first floor, Francis is gone.


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 08月 02日 |

第9話 AND THE WOMAN CLOTHED WITH THE SUN…


(ネタバレすんません。そして本当に支離滅裂です)


ウィルとハンニバルが再開というのでファンは盛り上がっていたようです。別れて2週間しかたってないけどな。

収監されてるハンニバルを訪問したウィルは二人で歯の妖精さん事件の捜査を開始。
ハンニバルはパジャマで接客かと思ったらこれは囚人服なんでしょうか?
お洒落なハンニバルはこんな格好で客に会うの嫌だろうな。
でも次にウィルが来たときにはスーツ姿だったので、ハンニバル本人の心の中ではパリっとした格好でお洒落な応接間で応対してることになってるのかも。


アビゲイルはなんで出てきたの?
この山小屋みたいなのはハンニバルの記憶の宮殿の一角なのか?分からない・・・


アラーナがど派手になっている。
捕まったハンニバルの管理は彼女が担当してるのだろうか。分からない・・・

ハンニバルによると歯の妖精さんはシャイボーイらしい。
ウィルとハンニバルが事件の話をしてるところは普通の探偵ドラマみたい。


またもアビゲイルが出てきて目隠しして匂いをかぐ訓練をしている。
こういうよく分からない場面が苦手。


年寄りがおおぜい食事しているところに同席する少年。
ダラハイドの少年時代なの?分からない・・・

ダラハイドが爬虫類に変身する場面のリチャード氏が本当に怖い。
これに比べればトーリンはきさくな近所のおじさんだった。


歯の妖精さんは「中」の字が上手だと思いました。
フレディ生きてたのか。
このドラマの女の人は最初は素朴そうなのに、ハンニバルのせいでどぎつい女に変っていくような気が。
(フレディは最初からどぎつかったけど)


記事のウィルの写真を触ってその指をなめる歯の妖精さんが気持ち悪い。


ダラハイドの同僚の女性がとても感じが良い。
これが殺人鬼のドラマじゃなかったら不器用な中年の初恋ドラマで楽しめたかもしれない。
けっこう可愛いダラハイド。

ウィルの奥さんも感じの良い女性。
しかしウィルが爬虫類に変身する場面が怖い。こんなに怖くなくていい。

ダラハイドがハンニバルに電話かけてきたよ、ここ外部と連絡できるのか。
ハンニバルに「何に変身してるとこ?」と聞かれてダラハイドが

「ぐれいと・れっど・どらああごぉぉん」

と答えるところは笑うところではないのは分かっているが笑ってしまう。



公式サイトの解説。あとで読むので貼り付けさせてください。

Hannibal immediately attempts to reassert control the second he lays eyes on Will, quickly deducing that he's a family man now. Will, in contrast, tries his hardest to keep the wall up between them, addressing Hannibal only as Dr. Lecter and refusing to discuss anything but the Tooth Fairy. After Hannibal refuses to stop toying with him, Will turns to leave. Hannibal finally gives in and asks to see the file.

A flashback to a scene of Abigail and Hannibal in her kitchen explains how Hannibal kept Abigail alive in secret. He drew blood from her arm to stage her death. He also requested some flesh - her ear - to sell her demise. Abigail, very much an active participant in her faked death, sprayed the collected blood herself.

While Hannibal reads up on the Tooth Fairy, Will and Alana catch up in her office. She's not happy to see Will back on the job and working with Hannibal. Will admits seeing Hannibal again made him feel as though Hannibal was inside his skull. Alana reveals she and Margot are still together and they're raising a son - a Verger heir - that Alana carried. Will asks why then Alana is working at the Baltimore State Hospital for the Criminally Insane. "There are only five doors between Hannibal and the outside," she answers, "and I have the keys to all of them."

Hannibal deduces from the case file that the Tooth Fairy is disfigured, but he knows Will already knows this. Together, they delve further into the killer's psyche and Hannibal explains that the Tooth Fairy, much like Will, needs a family to escape what's inside of him. He also selects homes with a big backyard because he needs privacy to properly pay naked tribute to the moon. After Will leaves, Alana orders an inspection of Hannibal's cell. She reminds him that his niceties - the books, the drawings, the toilet - can all be taken away if he doesn't behave.

Another flashback shows Hannibal and Abigail in his office. He's helping her come to terms with her father. To aid the process, Hannibal gives Abigail a knife her father carved out of bone, and makes her confront her father's corpse face-to-face. Abigail rushes the dead body and slits its throat, just as her dad slit hers. Hannibal, satisfied, holds her and says, "Never be ashamed of who you are, Abigail."

Will inspects the Jacobi family's home and watches an iPad video of a birthday party. His search leads to the discovery of the family's murdered cat, stuffed inside the same box used to give the Jacobis' daughter her birthday present. Jack explains that the killer murders pets first because they serve as an early detection system. But he's still confused as to what the families have in common. Will can only offer that the families were both happy.

The hunt for the Tooth Fairy is further complicated by the return of Freddie Lounds. She catches Will searching the Jacobis' home, where he discovers a tree carved with symbols. The viewpoint from it offers a direct eye-line to the house. Freddie corners Will about visiting Hannibal. He avoids her questions, so she tries to convince him to work with her by assuring that the Tooth Fairy is a narcissist and will read anything written about him. Freddie is proven correct when we see Francis next, reading about Will turning to Hannibal for help.

In need of a specific type of film, Francis visits the film developing room at his place of work and meets Reba McClane, a blind woman who recently started working there. She explains that the film he wants to shoot with is very sensitive and hard to develop and offers to develop it for him. Clearly uncomfortable, Francis abruptly leaves, thanking Reba on his way out. After work, while parked across the street, he watches Reba wait for the bus for a while before finally offering her a lift.

Reba invites Francis into her home, then opens up about her life. She used to train newly blind people but decided she was sheltering herself and wasn't living in the sighted world. Her job developing film is a step in that direction. Reba also reveals that her original plan was to work in speech therapy with kids. This revelation makes Francis clam up. Noticing his reaction, Reba encourages him to speak and says that she likes that he doesn't feel sympathy for her. She asks to touch his face, but Francis grabs her wrist before she can feel his cleft palate. He promises he's smiling.

Jack pays Hannibal a visit and reveals that he read his letter to Will before forwarding it onto Will himself. After all, Will is at his most effective with Hannibal in his head. Hannibal warns Jack that the Toothy Fairy definitely knows about Will and knows what he looks like. He wonders whether Jack brought Will out of retirement to bait the Tooth Fairy.

The final flashback of the episode reveals what transpired after Will called Hannibal to warn him. After hanging up, Hannibal shares the warning with Abigail. She wants to leave but Hannibal says they have to wait for Will and orders her to go upstairs. "Hunting with your father was the best time you've ever had," he says. "Now you're going to hunt with me."

At the BSHCI, Hannibal receives a call from his attorney - except it's actually Francis on the line. He's delighted Hannibal has taken an interest in him and says that Hannibal is the only person who can understand what he's becoming: the great Red Dragon.


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 31日 |
ドイツから「ホビットコン3」のDVDが飛んできてくれました。
8時間もあるのでどこから手をつければいいのやら。
とりあえずケンさんとグレアムさんのQ&Aを見てみました。

Q&Aはどうやら2日分収録されているようです。
舞台にあがった俳優さんに客席のファンが質問して、おふたりが答える進行。

サイズの違うケンさんとグレアムさんが並んでるところを見てるだけで嬉しさがこみあげてくるのですが、話の内容も面白くて良いDVDです。

一番笑ったのが、トーリンのコスプレをした女性ファンからの質問。
低~い声で質問する女性トーリン。
グレアムさんが
「声がよく似てるね」
と褒めると(気遣い)、ケンさんが間髪いれずに
「私の母にそっくりな声だ」
などと言い出して、グレアムさんも「ママぼく悪いことした?」と悪乗りしはじめたので女性トーリンはちょっと動揺してしまったのではないかと思います。
たぶん英語ネイティブではないらしく、質問がちょっとよく分からないことになっていた。しかし笑っちゃ悪いけど大爆笑だったのでここに勝手にご紹介する。

質問はケンさんに向かって
「もし王であり友である私がドワーリンの娘の一人に求愛したらどうするか?」
というものだった(たぶん)のですが、ケンさんもグレアムさんも
「は?娘とは?」
って顔になってしまい、女性トーリンは
「ファンフィクションではドワーリンはオビワンケノビと同じように娘が3000人いることになっている」
と説明していました。

(私スターウォーズ見たことないのですが、オビワンケノビってそんなに子だくさんなんですか?)


それで質問は「バーリンよ、私がドワーリンの娘の一人に求婚するのを許してくれるか」ってことだったようなのですが(舞台の上も下も大爆笑でよく聞き取れない)、ケンさんの最初の返事が
"How dare you!"
だったので大笑い。
グレアムさんが横で「3000人のうちどれを選べばいいかって質問なの?」とか言ってた気がしますが笑いすぎててよく思い出せない。

グレアムさんは
「それは疲れるよね(←自分が)」
とか、
「ドワーリンはビルボが去ったあとすぐに「じゃ、これで!」って山を降りたんだろうね」
と女性トーリンのフォローをしてあげてたのですが、ケンさんは司会者に
「これってQ&Aじゃなかったの?」
と普通のボリュームで聞いててさらに笑える。
司会者も「普通はQ&Aなんですけど、時々別の世界へ入ってしまうんですよ」とこれまた普通のボリュームで答えてました。

女性トーリンはさすがトーリンのコスプレイヤーでガッツがあり
「トーリンかフィリキリが求婚したら・・・」とさらにハードルをあげた質問をスマッシュヒット。

ケンさんは
"Over my dead body!"(わが屍を越えてからにしろ!)
とお怒りになってました。
グレアムさんはフィリキリをこうしてやるとすごい勢いで蹴りつけるポーズをしてて、ケンさんもグレアムさんもドゥリンの一族と姻戚になるのはイヤなのがよく分かりました。
夜中に笑いすぎて呼吸困難で苦しかった。

ケンさんはよほど印象深かったのか、あとでぼそっと「3000人だと!」とつぶやいてるし、司会者は「ファンフィクションってやつは」とぼやいてるし、可笑しかった。


この調子で8時間もあると思うと自分の体力が心配です。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 30日 |
(Qちゃんからのお願い)

・紹介しているのはファンフィクション/スラッシュ小説です。お嫌いな方はこの記事は飛ばしてください。
・海外の小説を無断で勝手に紹介しています。作者の方とは縁もゆかりもありません。国際紛争にならないことを祈りつつ書いている気の小さいブログ主です。よそでちくったりしないでね・・・
・作品はすべてAO3掲載作です。リスク回避(・・・)のためタイトルを適当に和訳しています。
・私もいちばん最初はバギンシールドからこの世界に入ったのでThilboの尊さはよく理解しています。でもアタシはDworinなの、ごめん怒らないで。



sparringって何度タイプしても綴りが覚えられない単語ナンバーワン。
辞書によると
spar/spɑː/
Make the motions of boxing without landing heavy blows, as a form of training


Dworinといえばスパーリング・パートナー。たぶんこの動画の発言のせいでしょう。

ドワーフはボクシング(素手での殴りあい)に限らず、剣術とか相撲とかいろいろ練習するようです。そして戦っているうちに別方向へヒートアップというのが定型パターン。

たまたまスパーリングものが3作品集まったのでご紹介します。(トランプみたい。絵札がそろったら紹介)
サマリーをそのまま訳してみました。


離れられない

若いThorinは親友への感情をどうしていいかわからない。幸いDwalinはそれほど内気ではなかった。


ぶつかりあい

Moriaの戦いのあとThorinはDwalinにストレスと悲哀を哀しみから解放させるよう命じる。


蛋白質

ThorinとDwalinは訓練でハイになる。

この作者は文章がとっても洒脱。
どちらがスパーリングで勝ったか風呂場で喧嘩になる王と戦士。
終わったあとThorinが「自分のほうが耐えた、だから私の優勝だ」と内心勝ち誇る場面がアホで可愛い。



追記
記事アップしてから気づいたのですが一番目の作品にはスパーリング場面はなかった。次の作品と混同していたようです(設定が似てるから)。相変わらず自分以外にはどうでもいい記事です。

支配権をめぐる王と忠臣の争い

ThorinとDwalinはどちらも秘密を抱えている。
それがついに表面化する。
剣の遊びが起こる。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 29日 |
2014年10月にBBC Oneで放送されたジェームズ・ネスビット主演のサスペンスドラマ。
ボフールちゃんとバーリンさんが共演しているのでとても楽しみにしてた作品のDVDが届きました。


公式サイト
The Missing


(とてもネタバレしています、英語の解釈まちがってるかもしれません)


第1話 Eden

2006年。
トニー・ヒューズ(ジェームズ・ネスビット)は妻エミリー、5歳の息子オリヴァーとともにフランスで休暇中。
車が故障したため小さな町 Chalons De Boisで足止めされるヒューズ一家。
トニーはオリヴァーと近くのプールへ行き、サッカー・ワールドカップの試合に気を取られているうち息子を見失ってしまう。

フランス警察はインターポールと協力して捜査するがオリヴァーの手がかりはない。


8年後、トニーはフランスへ戻ってきてひとりで事件を再調査している。
エミリーとは離婚したらしく、彼女は子持ちの男性と再婚しているようだ。

トニーが何の仕事をしているのか、オリヴァーの事件はどうして迷宮入りになったのかなどいろいろ謎です。
これから徐々に解き明かされていくのでしょう。
子煩悩な父を演じるネズビットがとてもいいお父さんっぽい。



第2話 Pray for Me

聞き覚えのあるRがごろごろ言う声が聞こえてきたわーと思ったらケンさんがさっそく登場してました。

2006年。
イアン・ガレット(ケン・ストット)はフランスで古い建物を再生する仕事をしているようです。なぜスコットランド人がフランスで建築業をいとなんでいるのか?よく分かりません。
なぜかクルーザーに住んでいるらしいイアンはテレビで息子を返してほしいと訴えるトニーとエミリーを見る。

ケンさんは冒頭でちょっと登場してすぐ引っ込んでしまいました。
このあともっと活躍してくれるのだろうか・・・


事件の容疑者としてVincent Bourgという前科者の青年が浮かび上がってきます。名前はボルグでいいのだろうか。そしてこの青年がなんとなくフィーリちゃんに似ているのです。フィーリだけどボルグ・・・
しかし決定的な証拠がなくボルグは釈放されてしまう。

トニーのところへイアン・ガレットが来ました。アット・ユア・サービス~
イアンはオリヴァーを探すため多額の懸賞金を提供しようと申し出る。なぜ縁もゆかりもないスコットランド人がとつぜん助けてくれるのか?怪しすぎます。
親切そうに見えるけどすごく裏のありそうな笑顔のイアン。

ケンさんステキ・・・と心の中でつぶやいていると、なんとイアンは第一容疑者ボルグと知り合いのようなのです。どうなってるんだ。


現在のフランスではトニーが新しい証拠をつかんで、警察に事件の再調査をさせるところまでこぎつけました。

怪しげな人物が次々登場するし、8年前と現在までに複雑な事情が発生したらしく、ちょっと目をはなすと話が分からなくなってしまう難しいドラマ。
続きも期待できそうです。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 28日 |
日本人でこれからこのドラマを見る人はあまりいないかと思いますが、ネタバレしているのでお気をつけください。

BBCサイト
Takin' Over the Asylum



第5話
Rainy Night in Georgia

第6話
Let It Be


前回自殺してしまった(ネタバレごめん)ファーガスのお葬式。
酔って荒れるキャンベル(デイヴィッド・テナント)をなぐさめるエディー(ケン・ストット)。ケンさん年上の貫禄すてき。


エディーはもうラジオのDJになる夢をあきらめかけているのですが、キャンベルはふたりで成功しようといろいろ計画を立ててます。
「ソロでやれよ」「だめだよおれたちデュオじゃないか」って会話が楽しい。

キャンベルは詐欺のような手口を駆使して、BBCラジオスコットランドでテスト放送(?)をさせてもらえることになりました。pilotと言ってたのですが、実際に放送されたのかスタッフだけにデモをやったのかよく分かりません。

結果は大成功。
エディーは後日ひとりだけBBCラジオのプロデューサーに呼ばれます。
「契約してもいいけど、キャンベルは不安定だからエディーだけ使いたい」というBBCにエディーは「おれたちはデュオだ」と断る。男前!

野良猫のマクタヴィッシュに子猫が生まれてフランシーン(Katy Murphy)も幸せそう。
エディーはフランシーンとデートみたいなこともして、すべてが順調に見えます。

しかし近所の悪ガキにマクタヴィッシュの隠れ家が放火されてしまい、フランシーンは赤ちゃんを失うトラウマが蘇って症状が悪化。
病院のラジオ局は予算がなくて閉鎖されることになるし、エディーは生活費のためにあくどい手段で強引に窓を売らなければならない。ストレスでアルコール依存症も復活してしまう。
ここのウィスキーをあおりながらセールスに回るケン・ストットさんがすごく良くて、台詞のある場面もいいけど、何も言わないシーンも本当に上手い。


BBCのDJが魚の骨をのどにつまらせて休業したため、代行をさせてもらえることになったエディーとキャンベル。
エディーはまたもプロデューサーに呼ばれます。
「ソロなら使ってもいいと思ってる」というプロデューサーに、きっぱりと
「キャンベルと一緒でないとダメだ」と告げるエディー。
しかしプロデューサーの返事は
「我々が使おうと思ってるのはキャンベルのほうだ」




派手なドラマではないんです。
でも俳優さんがみんな地道に演技が上手で、知らず知らず引き込まれてしまうドラマでした。
アマゾンUKの評価では星5つがほとんど、少数が星4つ。みんなが「とにかく見ろ」とすすめていて面白い。


エディーがついにフランシーンにキスする場面があるのですが、ケンさんったら鼻から突撃してて激萌えました。
そのあと喧嘩のシーンがあって、こちらも鼻から頭突き。あいにくドワーフではなくて人間なので鼻血が・・・
あとで絆創膏を貼ってもらってました。絆創膏は普通サイズだと思うのですが、ケンさんの立派な鼻梁に乗っかってるとミニミニサイズ。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 27日 |

(Qちゃんからのお願い)

・紹介しているのはファンフィクション/スラッシュ小説です。お嫌いな方はこの記事は飛ばしてください。
・海外の小説を無断で勝手に紹介しています。作者の方とは縁もゆかりもありません。国際紛争にならないことを祈りつつ書いている気の小さいブログ主です。よそでちくったりしないでね・・・
・作品はすべてAO3掲載作です。リスク回避(・・・)のためタイトルを適当に和訳しています。
・私もいちばん最初はバギンシールドからこの世界に入ったのでThilboの尊さはよく理解しています。でもアタシはDworinなの、ごめん怒らないで。


Dworinはシリアスな設定が多いがたまにユーモアのある作品に出会うとうれしい。



ひさしぶりだったから

ホビットの客室はベッドが狭過ぎるので壊してしまうでかいドワーフたち。
タイトルがすべてを語っている。
翌朝Dworinを見て赤くなってるBilboが可愛い。



軽率な思いつき

映画ではBifurはおもちゃ職人という設定で、ゴブリンの洞窟の前に精巧な細工物で遊んでました。
ドワーフみんなで玩具開発してみたらどうでしょうというプロジェクトX風の作品。
オチのDwalinの台詞が愛らしい。



彼らのすべてのうちもっとも偉大な戦士

Dwalinはミドルアースのチャック・ノリス。みんながネタにする。
寡聞にしてチャック・ノリス伝説というものを知らなかったのですが、この作品のおかげで見聞が広まりました。

「Fundinの息子DwalinがAzanulbizarの戦いで死んだのは真実だ。だが死神はまだそれを告げる勇気が出ない」
「Fundinの息子Dwalinの髭の後ろに顎はない。そこにあるのはもうひとつの拳だ」

うんざりしたDwalinが自室に戻るとThorinが待っている。
ThorinはDwalinの部屋のワーグの毛皮の小話を確かめに来たのだ・・・


Dwalinかわいいなー、かわいいかわいい(→馬鹿)。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]