タグ:Scots 蘇格蘭 ( 54 ) タグの人気記事
|
|
2017年 04月 06日 |
北アイルランドで催行されているゲーム・オブ・スローンズのロケ地めぐりツアーに参加してみました。
ロケ地に行ってみたいなーと思ってる方のご参考になれば・・・と思いレポートしてみます。



ゲーム・オブ・スローンズの話だけでなく北アイルランドについての解説もしてくれるガイド運転手のパットさん(仮名)。
北アイルランドの特徴はスコットランドからの入植者が多いことだそうです。北アイルランドはスコットランドに近いので、アイルランドの他の地域よりもスコットランドとのつながりが強いんだとか。
スコットランドのプロテスタントといえばトレインスポッティングT2でボイン川の戦いの歌を合唱していた人を思い浮かべてしまう。


パットさん自身もスコットランド系だそうで、そのわりにというか近親憎悪なのか、スコットランドをめっちゃdisってた。

「ところで、なぜHBOが北アイルランドをロケ地に選んだか不思議に思ったことはない?」とパットさんからの質問。

あ、それ知りたかったんです。ずっと気になってた。

北アイルランドは政治的に不安定な時期が長かったせいで、映画の撮影地になったことはほとんどなかったそうです。
私も北アイルランドでロケしてる作品って「ブラディ・サンデー」しか見たことない。

そこへゲーム・オブ・スローンズ製作の話が持ち上がり、ヒットするかどうかも分からないこの作品に賭けてみようと北アイルランド政府は考えました。ドラマのためにスタジオやロケ地を準備して誘致したのです。

でも最初の候補地は北アイルランドじゃなかったんですって。
パイロット版はスコットランドで撮影されました。スコットランドはよく映画の撮影が行われているし、有力な候補地だったのです。

「最終的にスコットランドでの撮影が中止になった理由わかる?」とパットさん。
首を横に振る客たち。

「それはね、スコットランドでも英語が話されてるけど、アメリカ人たちは誰もあいつらの言うことが理解できなかったのさ!」

・・・真剣に聞いてたのに!スコットランド訛りジョークかよ!
(スコットランド人が喋る英語が理解できないという一般知にもとづく冗談)


そう、アイルランドでバスツアーに参加する観光客は運転手のジョークに耐えなければならない。(とパットさん本人が言ってた)
その日のお客さんはけっこう物静かな人たちだったせいかなかなかジョークが受けず、なんとしても笑わせてやろうとむきになった運転手は「バッド・ジョーク・タイム」と称する漫談タイムに突入していくのだった・・・

いやー英語ネイティブって本当の本当にジョークを語るものなのですね。そしていつも思っていたが英語ジョークって笑えない。
「つまんねージョークタイム」の次は「大人のジョークタイム」(やや受け)と果てしなく続くジョーク。
パットさんの渾身の努力でバスの中もだんだんウォームアップされてきたところで次の訪問地は


Cushendun Caves

20170630232020


アッシャイのメリサンドルがシャドウ・ベイビーを生んだ洞窟。
解説パネルがサー・ダヴォスでなごみます。

20170630231958


ひっそりたたずむ隠れ里のような洞窟に吸い込まれていくツーリストたち。

20170630232015


ここらへんがダヴォスがボートをつけたあたりかな。

20170630232007


とりあえず写真とってみました。岩ばっかりですんません。

20170630231949

20170630231718

20170630231709


20170630231429


実はこの洞窟の奥に建物があって、ここはガレージへの通路だそうです。
そういえば地面にタイヤの跡が。

20170630231730


20170630231725

ところでMelisandreって人によってはメリサンドレって発音してませんか。スタニスのことですが。


(つづきます)


Cushendun Caves, County Antrim

20170714235836



ドラマのキャプチャとってみましたが暗くてなにがなんだか?

20170714224606

20170714224558

20170714224549

GoT ロケ地ツアーシリーズ





[PR]
2016年 06月 20日 |
アウトランダー シーズン2もいよいよ佳境。

以下遠慮なくネタバレしています。各自回避お願いします。
あとクレアとジェイミーの話はないのでそこはご理解の上お読みください。


画像も勝手にアップしています。おとがめがないといいですね。



■アウトランダー S2 
第9話 "Je Suis Prest"


ブログ主がどれほどエキサイトしているかご覧いただけないのが残念です。

先週クレアとジェイミーがコラムに会ったボウフォート・キャッスルというのはジェイミーの父方の祖父であるLord Lovatのお屋敷だったようです。そこでクランの代表者たちがスチュワート家を支持するかどうか決めたのですね。
フレイザーは支持、マッケンジーは不支持の結果に終わりました。

いま調べて知りましたが、Lord Lovatことサイモン・フレイザーを演じているクライヴ・ラッセルさんはゲーム・オブ・スローンズでブリンデン・タリーを演じている。
ケイトリン・タリーの叔父ブラックフィッシュです。そしてブリンデンの甥エドミュアを演じているのはトバイアス・メンジースさん。愛憎の錯綜するハイランド(とウェスタロス)。
これでもしサムがレンリーのオーディションに受かってたらリバーランドとストームズエンドで大恋愛になって収集がつかなかったかも(想像


話がそれました。
ボウフォート・キャッスルを出発したフレイザー夫妻は、フレイザー一族が結集する野営地へ。
しかしそこにはアンガスとルパートもいたのです。クレアにキスをねだって拒否される可愛いアンガス。


そして、もちろんドゥガルも登場。


マッケンジー一族は戦いに参加しないはずではといぶかるジェイミーに
「コラムと自分の考えは違う」
と簡潔に説明するドゥガル。
兄ちゃんを裏切ったのか・・・マッケンジーの守備は誰がやってるんだろう。



クランから離れてはぐれ狼となったドゥガルとアン&ルパはジェイミーの指揮下に入ります。
ドゥガルが素直に甥の采配に従うのか心配ですね。


ジェイミーは野生児ハイランダーたちを近代的な軍隊に育てようと一生懸命ですが、なかなかうまくいきません。
そこへアパッチ(古語)まで攻め込んできて大混乱。


・・・あの半裸一族は練習の邪魔をするいたずらっ子ドゥガルだったのですね・・・
脚本家はドゥガルをどうしたいのか?


あんのじょう甥っ子に叱られるドゥガル叔父さん。



グレアムさんの色白ぶりにびっくりですが、よく見るとウェストはさらに白いですね。
どんだけ美白なのでしょうか。



指揮官に怒られて反省したのかと思ったらドゥガルは今度はクレアにちょっかいを出しています。
もうみんな忘れてると思うけどシーズン1の最後のほうでクレアにプロポーズしたことを蒸し返すドゥガル。



クレアがジェイミーに話したかどうか探りをいれに来たようです。




クレアにあなたが愛してるのは自分だけでしょ、となじられてしょんぼりするドゥガル。
自分は確かに池に映った己の姿に恋しているが、スコットランドのことはもっと愛している。
正当な王を復位させるためならなんでもすると言い放つドゥガル。




ドゥガルはこのあとどうなっちゃうのかなあ。
原作通りなのか、それともドラマのオリジナル運命が待ち受けているのか。

来週も楽しみです。



[PR]
2016年 06月 16日 |
今日の夜中の放送からドゥガルが登場するので慌てて8話までを見ています。すまぬジェイミーよ。

以下遠慮なくネタバレしています。各自回避お願いします。
あとクレアとジェイミーの話はないのでそこはご理解の上お読みください。

■アウトランダー S2 
第6話 "Best Laid Schemes..."

第7話 "Faith"

第8話 "The Fox's Lair"

言うまでもないことですが結論を述べると、ここまで

ドゥーガルが出なかった

だって次から出るんだもん。と思えばつらい別れも耐えられる。


7話まではパリでいろんなことが起きました。
大変だったね主役のお二人。

そして8話でハイランドへ戻ってきています。
ここはフレイザーの館かな。ジェイミーのお姉ちゃん一家もいて楽しいハイランド。


そしてあと2時間でドゥガルと再会できるブログ主ですが、見たら眠れなくなるから明日の夜に見ようかなー。
今日はゲームズオブスローンズのスラッシュでもよんで早めに休むか。


ぎゃーーーコラム兄ちゃん!(実況
素敵な声。白髪も素敵。


ジェイミーが私の代わりに
ドゥガルは来てるのか
と聞いてくれた。俺の心の声が聞こえるジェイミー。
ドゥガルは来ていなかった。

ドゥガルは自分の領地で謹慎中みたい。

戦闘になったらドゥガルが隊長じゃないのか聞いてくれるクレア。
俺の心の声が聞こえる若夫婦ありがとう。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 06月 01日 |
なかなか追いつけないアウトランダー シーズン2のレビューです。

以下遠慮なくネタバレしています。各自回避お願いします。
あとクレアとジェイミーの話はないのでそこはご理解の上お読みください。

■アウトランダー S2 
第3話 "Useful Occupations and Deceptions"
第4話 "La Dame Blanche"
第5話 "Untimely Resurrection"

言うまでもないことですが結論を述べると、ここまで

ドゥーガルが出なかった



パリ篇はすごく面白いです。
マータフにガールフレンドもできて目出度い。

原作を読んでる方は当然ご存知でしょうが第5話であの人物が戻ってきます。
戻ってくるのは分かってるのですが、再登場の場面ドキドキしたわ~。
ジェイミーがぜったいにそちらを見ないので、もしかして誰か分かってないの?ジェイミーうしろ~!と叫んでしまいそう。(というかむしろランちゃんうしろ~)

そんで二人で目をあわせずに社交的な会話してるところ堪らんかったな皆の衆!!

もうトバイアスさんはどうしてこんなに演技が上手いのか顔地味なのに。
面白かったなあ早く続き見たいといいながらまたも一週遅れているブログ主なのでした。

第8話でスコットランドへ帰るようなのでさっさと追いつかないと。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 04月 30日 |
今日4/30はサム・ヒューアンさんのお誕生日だそうです。
おめでとうございます。

日本でもついに放映のはじまったアウトランダー シーズン2、毎週金曜は真夜中にパソコンにかじりついて見ています!


というのはもちろん大嘘で、まだドゥガルが登場しないので余裕をかましすぎてすでに出遅れているブログ主。


以下遠慮なくネタバレしています。各自回避お願いします。
あとクレアとジェイミーの話はないのでそこはご理解の上お読みください。



■アウトランダー S2 第1話 "Through a Glass, Darkly"

言うまでもないことですが結論を述べると、この回と次の回は

ドゥーガルが出なかった

ああ懐かしいなあこのデカ文字↑


シーズン2はクレアが20世紀へ戻った場面から開始。
未来パートは退屈なんじゃないかと危惧していましたが、もうぜんぜんそんなことなくって、トバイアス・メンジーズさんの人間離れした演技力!もうなんなのこの人!

ブラック・ジャックの変態ぶりもすごかったけど、フランクの善人ぶりもとても同じ人が演じていると思えない。
クレアが妊娠したと知ったときの嬉しそうな顔と、次の瞬間真相に気づいた表情の落差。

過去パートもスコットランドの荒涼とした美しさからうってかわって人工的なヨーロッパの華麗美。

マータフの毒舌がいいなあ、この人第二部では大活躍しそう。



■アウトランダー S2 第2話 "Not in Scotland Anymore"


お待ちかね(私だけか)ボニー・プリンスが登場。
しかし原作よりさらにダメ王子で、このあとドゥガルはこのプリンスをどうするんだろうか。

マータフはすでにハイランドが恋しいらしく、ルパートとアンガスを懐かしがっています。
ドゥガルのことも思い出してあげて。

サンドリンガム公爵も再登場して、驚くべきニュースをもたらします。
サイモン・カーロウ相変わらず上手いなあ。
このドラマ脇役の演技力が驚異的で、キャスティング担当の豪腕ぶりにうならされます。


ドラマとは関係ないですが、マータフちゃんはグレアムさんのチャリティTシャツを注文した模様。
俺マータフとペアルック(照
ついでにジェドさんともおそろいなの。


ドゥガルに早く会いたいが、どのエピソードで出るかは知りたくないのでネタバレできるだけ避けているのですが、ご本人がツイッターでばらしてしまうかも知れん。



運悪く最後まで読んでしまったクレアとジェイミーファンの方は
公式サイト(たぶん)
へ行かれるとお口直しになるかも知れません。


[PR]
2015年 11月 07日 |
「ヒックとドラゴン」を見ています。(まだ最初のほうしか見てないのですが)

以前ネットでスコットランド訛りの資料を漁っていたときに
「なぜ映画「ドラゴンの育て方」ではヴァイキングの大人はみんなスコットランド訛りなのにこどもはみんなアメリカ英語なのか」
という議論を見かけたことがありました。

ふーん、そんなアニメがあるんだーとその時は思ったのですが、「ヒックとドラゴン」にも大人のヴァイキングが登場して、どえらいスコットランド訛り。それなのに主役のこどもたちはごっついアメリカンイングリッシュなのです。
似たようなアニメがあるんだな・・・と思ったが「ヒックとドラゴン」 がそのHow to Train Your Dragonなのですね。なーんだ。


大人のヴァイキングたち、といっても日本版wikiによるとクレジットされてるのは主人公ヒックの父と友人の鍛冶屋だけのようですが。

お父ちゃんはStoick the Vast、声を演じているのはGerard Butler。
鍛冶屋のおっちゃんはGobber、声はCraig Ferguson。
どっちもグラーズゴー出身、アメリカ在住の俳優さんのようです。

「キングズマン」を見てマーリンがスコットランド訛りというのに気づかず、ちょっと落ち込んでいたのですが、「ヒックとドラゴン」は一声聞いただけで私にも分かるハードなスコットランド訛り。

Stoick the Vastの喋り方はときどきドキっとするほどドワーリンに似てる。やっぱりドワーリンはグラーズゴー訛りなのかしら。
しかし、トーリンのイントネーションにも似てることがあって、トーリンって北方訛りを使ってるのかなとか考えさせられます。
このアニメ見てスコットランド訛りのことしか考えない観客は私くらいだろう、えへん。



いやちょっと待て、日本語のwikiには載ってないが、英語wikiによるとテナントが名無しのヴァイキングを演じている。こんな大事なことを書かないとは、困るよ日本語wikiしっかりしてくれ。

その他のスコットランド俳優はHoark the HaggardがKieron Elliot 、Phlegma the FierceがAshley Jensen(オフィスでインタビュアーをやってた人らしい)と英語wikiに書いてあります。
もう世界的に「ドワーフとヴァイキングはスコットランド人が演じる」と決定してしまったのでしょうか。嬉しい。


早く続き見ようっと。


[PR]
2015年 11月 06日 |
スコットランドを舞台に身勝手な大人に翻弄されながらもけなげにふるまうこどもたちを描いた心温まるファミリー・ストーリー・・・
と通常は紹介するのかと思います。

公式サイト
http://kaizokujiichan.espace-sarou.com/


しかし私のおめあては当然デイヴィッド・テナントとビリー・コノリー。
ビリー・コノリー演じるお爺さんの誕生日に息子のデイヴィッド・テナントが家族とともに帰省してくる話です。

日本語タイトルの「海賊」というのは「パイレーツ」ではなくて「ヴァイキング」なんですね。
ビリー・コノリーはヴァイキングの子孫を自称していて(しかしこの爺さんはすごいホラ吹きなので本当かどうかあやしい)、死んだら世俗のごたごたから逃れてヴァイキング式の葬式を行なってほしいと言うのです。

この享楽主義的な爺さんと、きまじめな孫娘の場面にいちばん心を打たれました。
心配性で大人のウソをいちいちノートに書き留める孫娘。じいちゃんは「人生はメモじゃない、もっと楽しめ」と助言する。

ヴァイキング式の火葬もステキで、自分も燃える小船に乗せられて大海へ漕ぎ出していきたいと思いました。ウチからだと大西洋へ出るどころか大阪湾をただようことになりそうですが。

デイヴィッド・テナントの役名はDoug McLeodっていうんですけど、もしかしてドウーガルの省略かと思ったらダグラスの短縮形のようです。
思ったより出番が少なかった。でも可愛い。

テナントの兄Gavin McLeodというのが成功して大金持ちなのですが、出世と自分の財産を見せびらかすことにしか興味のないドケチで、スコットランドのドケチとはこういうものかと思わされました。
しかし演じているBen Millerはイングランド人のようです。見覚えある気がするが、マープルの書斎の死体に出てたみたいだからそのせいか。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 10月 20日 |



ケン・ストットさん主演のBBCドラマ "Messiah" シリーズ1&2を見ました。
原作つきドラマのようです。英文字幕あり。

にもかかわらず内容がさっぱり分からなかったのですが、連続殺人事件を追うロンドン警察が舞台のようです。
ケン・ストットさんは主役のDCI Red Metcalfe。DCIはDITECTIV Chief Inspector、ミステリ小説では主任警部と訳されてる役職のようです。
ロンドン警視庁なのにあからさまにスコットランド人のMetcalfe警部。

シリーズ1ではキリストの弟子の死に見立てた猟奇的な死体が発見される。
このドラマで初めて気づきましたが、キリストの弟子って(自殺したユダ以外)暴力的な方法で殺されてるんですね。
死体が芸術的に飾られていてドラマのハンニバルに似た雰囲気。(あっちが似てるわけだが)

Metcalfe警部は奥さんが聾唖者という設定なので、手話で会話するケンさんが見られます。ラブシーンあり。


シリーズ2はMetcalfe警部が弟と待ち合わせしている場面からはじまるのですが、なぜか弟が通り魔に刺されてしまい、ケンさんが人工呼吸をします。ケンさんは(広い意味で)キスシーンが多い俳優さんです。老若男女とわずキスしています。

ケンさんはこれまで見た作品でいちばん顔と声の調子が良く、ステキな声で部下を叱り飛ばしていました。
警察のミーティングの場面が多いのですが、部下に意見を出させて
「なぜそう思う」
「その理由は」
と矢継ぎ早に質問をとばし、さらにアイデアを出させるケンさんがとてもかっこいい。
優秀な部下は女性が多いのところは「リーバス」に似てますね。男の部下はわりとダメな子ぞろいです。


死体が怖いのと、ストーリー自体もサイコホラーなのであまり好みではなかったのですが、ケンさんがすてきなドラマでした。
続きのDVDは買うかどうか考え中。

原作は「メサイア」のタイトルで日本語訳も出ているようです。有名な作品だったんですね。



アマゾンの説明丸写し。今読んでやっと意味が少し分かった(遅)


Product Description
Psychological thriller starring Ken Stott. Series 1's stories are "The First Killings" and "The Reckoning": after two horribly mutilated bodies are discovered, DCI Red Metcalfe is assigned to the case and plunged head-on into a nightmare. In series 2--"Vengeance Is Mine"--a man is buried alive, and Metcalfe must delve into a serial killer's psyche.

From Amazon.co.uk
The on-screen infatuation with serial killers continues with Messiah, an absorbing, intelligent two-part BBC TV film that's a close cousin to David Fincher's Seven. Based on the novel by Boris Starling (who also co-wrote the screenplay), Messiah follows Detective Chief Inspector Red Metcalfe (Ken Stott) in tracking down someone with a Christ complex in a murder-case involving 12 "Apostles". A fine line is trod in presenting enough horror so as to intrigue, but not so much as to repel. Decapitations, cut out tongues and flayed skin are all masked in shadow or reflection. More attractive to the eye is a strong cast including Edward Woodward as the case's religious consultant and the keeper of Metcalfe's wayward brother and Michelle Forbes as his deaf wife (the actress learnt sign language in six days for the part). Other notables are Ron Berglas as the unemotional expositional pathologist and Gillian Taylforth as the beleaguered wife of corruptible copper Duncan (Neil Dudgeon). With fine supporting work from Frances Grey, Jamie Draven, Art Malik and 25,000 flies, you'll be racking your brains to spot the killer. Expect to jump several times along the way.

On the DVD: a 30-minute behind-the-scenes documentary interviews all the key cast members on their thoughts of grisly imagery and working with one another. The producers have plenty to say on the original script and use of red herrings to distract us. Writer Boris Starling is comically talked to while in make-up as one of the victims. A few (wisely) deleted scenes, text biographies of cast and crew and a gallery of 12 photos round out the extras package. --Paul Tonks --This text refers to an out of print or unavailable edition of this title.



[PR]
2015年 09月 23日 |
無学でまったく知らなかったのですが、イアン・ランキンの「リーバス警部」シリーズは有名な警察小説で、日本でも翻訳が出ています。
スコットランドが舞台の暗い作品なので「タータン・ノワール」と呼ばれているそうです。

テレビドラマ版はシリーズ5まで製作されていて、シリーズ1から2ではジョン・ハナーがリーバスを演じています。3から5ではケン・ストットにバトンタッチ。

シリーズ3のDVDを買ったので鑑賞しました。
The Falls(日本語タイトル「滝」)
Fleshmarket Close(日本語タイトル「獣と肉」)

しかしケチって安いDVDを買ったせいか、字幕がついていません。
全員すごいスコットランド訛りで(ケンさんが標準語に聞こえるほどみんな訛りまくっている)、何を喋っているのかさっぱり。

やむなく小説を先に読んで、再度ドラマにチャレンジしたのですが、ドラマの脚本は大幅にアレンジされているらしく小説とかなり違っていてかえって混乱してしまいました。

話の内容がさっぱり分からない。
そしてケンさんはキュートで素敵ではあるのですが、小説で抱いたリーバス警部のイメージとなんか違う気がする・・・

原作のリーバスはつねにパブに入り浸って飲んだくれているのが魅力なのですが、ドラマでは教育的配慮なのか飲酒の場面自体があまりない。
小説ではリーバスの悲観的な内省ぶりも面白いと思うのですが、ドラマはあまり精神性に重点を置いていないような・・・

台詞がほとんど聞き取れていないので自分が理解できないせいかも知れないのですが、脚本が期待ほどではなかった気がします。
シリーズ4以降は違うのかも。

シボーンがすごくチャーミングなので、機会があれば続けて見たいドラマです。


[PR]
2015年 09月 04日 |
前回のつづきです。
ケンさんの"The Runaway" 2



(以下おじさんのコマ送り画像しかありません。ネタバレ御免)

パスカリーノ(ケン・ストット)の縄張りを狙うマフィアの親分ディクソン(Keith Allen)。
刑事ゲイツ(バーン・ゴーマン)はパスカリーノとディクソンの会談を取り持とうとするが、結局失敗。パスカリーノの子分がディクソンに大怪我をさせられる。




デズリー(アラン・カミング)と食事中にとつぜん故郷イタリアの話をはじめるパスカリーノ。




こどもの頃は一族総出でアーモンドの収穫をしたもんだ、とかいう話をして、
このゴタゴタが片付いたら一度二人で行こうとデズリーと約束するパスカリーノ。



「たとえ数日でもいい」



「本当?うれしいわ」
・・・フラグすぎる会話・・・




この間にエイモンがアメリカで下積みで苦労したりいろいろあるのですが、それは置いといて。

パスカリーノが嫉妬のあまり殴り倒したデズリーの客は大怪我をして入院中。
デズリーに怒られてるパスカリーノが可愛い。



「女の子だって経済的なよりどころが必要なのよ」(=だから客を取る)とプンプンしてるデズリー。



とつぜん懐から何やら取り出すパスカリーノ。



ペパーミントクラブの権利書でした。バーリンさん・・・
deed 権利証書



デズリーは店の権利と引き換えに、客を断ることに同意。


アラン・カミングがゴージャスすぎて目が離せない。
愛をこめて歌うデズリー。




ラブラブやな・・・しかしパスカリーノは妻子ある身なのですが。




パスカリーノはヒロインキャシーに新たな身分も用意してくれました。
これで万事上手くいくかと思われたのですが・・・(それじゃドラマにならない)



店の事務所でお礼をするデズリー。

ケンさんはどのドラマでもキスシーンがある気がする。
意外にこの人のラブシーンが見たい視聴者が多いのだろうか?




コマ送り失礼



店にやってきたちょっとアホっぽい若者はパスカリーノの息子でした。



・・・あ・・・



息子はこれがトラウマになって、このあとずっとデズリーを恨みつづけることに。







アラン・カミングがとにかく可愛い。




ディクソンが自身でペパーミントクラブに押しかけてきて「おかまに会わせろ」とか騒ぐので殴り倒してしまうパスカリーノ。







当然ディクソンはパスカリーノに復讐を誓うのです。


面白いドラマでした。
しかしおじさんたちが凄すぎて主役の若い男たちがぱっとしなかった。


[PR]