|
|
2014年 12月 04日 |
まだ読みにきてくださっている奇特なみなさま、ありがとうございます。
映画「ホビット」第三部公開にむけてますますトンチキになっているブログ主、今日の記事はクロニクル2についてのうわごとです。
訳文は超適当ですのでお含みおきください。


クロニクル2は副題が「Creatures & Characters」だけあって、キャラクターの細かい設定がたくさん掲載されています。
特に演じている俳優が自分の役や他の役についてコメントしているのが楽しい。


トーリンを演じているリチャード・アーミティッジさんが

監督との最初のミーティングである場面を読み上げるように指示されたが、原作にはないオリジナルのシーンだった。
それはトーリンがバーリンにドワーフの本来の姿や魔法使いが地図と鍵を持ってやってきたこと、自分にはそれを成し遂げる力がないと思えることを語る場面だった。
その一場面にキャラクターのすべて---彼の夢や、後悔、不安、力が現れている。


というようなことを言ってます。
この部分を読むとリチャードさんのトーリンに対する思い入れがよく分かるすごく良いインタビュー(だと思う)でした。


リチャードさんは自分の演じる役を細かく想像するそうなのですが、トールキンの設定だけではなくて

もっと家庭的な記録も必要だった。
トーリンとドワーリンはどんなことを話したんだろう、妹のディスとの関係は?

というようなことも書いてありました。
ここで
What do Thorin and Dwalin "chew the fat about"?
とあって「脂肪を噛む」とは?
と思ったら
chew the fat: Chat in a leisurely and prolonged way
の意味だそうです。
ドワーリンならhaverというのかな。

しかしこの二人のでっかいドワーフが「気軽なおしゃべり」するところは想像できない。


そしてリチャードさんはなかなか役から抜けられないらしく、セットでじっと座ってられなかったそうです。

トーリンも自分と同じで、ドラゴンのせいでエレボールから追い出されたあとはベッドでなかなか眠れなかった。

とおっしゃっているのですが、わざわざin his bedというのでベッドで寝られないならタタミで寝ればいいでしょう、と思ってしまった。
英語って面白いですね。






リチャードさんが実際にその脚本を読むところがメイキングに収録されてるのですが、衣装をつけずに普段着で演じてるのにすごくトーリンらしくて好きなシーンです。

Richard Armitage the perfect choice


私の想像では「魔法使いが来た」の部分はドワーリンに、「かつてはドワーフの貴族だった」の部分はバーリンに言ってるのだと思ってましたが、実際にはどちらもバーリンが会話相手だったんですね。
トーリンがバーリンをどれほど信頼して頼っているかよく分かる。
他の相手には決して弱いところを見せないのにバーリンにだけは何でも打ち明けるんだなあと思うと・・・



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 12日 |
ホビット最終章のトレーラー第二弾が発表されたのですが、なかなか日本翻訳版が出ません。


英語の苦手なブログ主が
「こんなことを言ってるのかな?」
とヒヤリングした結果を発表してみます。


今日は予告の動画だけ見て、記事は読まずにお帰りいただくほうがいいかもしれません。


これが予告
The Hobbit: The Battle of the Five Armies – Main Trailer – HD Official Warner Bros. UK









(画像バレしています トーリンファンは見ないでください、あとキーリのファンとビルボのファンとバルドのファンとスラ様のファンも。)




苦難の旅のすえ故郷エレボールに戻ったオーケンシールド。
第一部のラストで愛を確かめあったホビットに正式に求婚するが・・・

ホビットは第二部のあいだに他に恋人を作っていた・・・



いさぎよく身を引く山の下の王。



しかし白銀の泉の王の苦難は続く
エレボール市役所清掃課の人がゴミの出し方の指導にやってきた。



100年前とエレボールの市政は変わっていたのだ・・・



不安を覚える家臣たち。



持病を抱えながらも統治に励む樫の木の盾。



しかしそこへ隣人が借金の取り立てに押しかけてきた!



しかも期限は今年中!あと1ヶ月ちょっとしかないぞ!



幼馴染兼義兄弟兼親衛隊長までもが結婚してエレボールを去ると言い出す始末。



親友が恋敵になる日が来るとは・・・これも龍の呪いなのか。



Durin Incest(専門用語)を決意する離れ山の王。



(美しい場面なのに・・・こんな字幕つけてごめん)



しかし若人は年寄りに容赦ない。








あ~いますごく反省しています。
DoSのEE見て寝ます。



追記:


日本語版公開されました


映画『ホビット 決戦のゆくえ』予告2【HD】2014年12月13日公開






今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 11日 |
いいドワトリの日

11月11日
イイド(ワ)ト(リ)

ポッキーゲームってこんなの?





今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 10月 02日 |
この記事いろいろマズい気がするのでそのうち消すと思うんですが。とりあえず吐かせて。
心の動揺が文章に現れていてまったくまとまりませんでした。




ドワーフのレゴがほしいんです。
しかしもし自分が不慮の事故にあったりしてベッドルームから大量のこびとさんのブロックのおもちゃが発見されたら後に残された人はどんな気持ちになるだろうか・・・と考えるとふんぎりがつきません。
レゴで遊んでるおのれの姿を想像するだに恐ろしい。

続きを読む(読まなくてもOk)
[PR]
2014年 08月 09日 |

Hobbit: An Unexpected Journey Visual Companion
Jude Fisher

オフィシャル・ムービー・ガイドを買ったのにビジュアル・コンパニオンまで買ってしまう果てしないドワーフ沼。
でもこの低価格でこれだけ高品質の写真集は中国だと考えられないと思うとついショッピングカードに入れてしまう。
中国で製作したらこの10倍の値段でも1/10の質の本しかできないでしょう?(と比べるところが間違っている)


オフィシャル・ムービー・ガイドはスタッフや俳優のインタビューも入った総合案内書でしたが、ビジュアル・コンパニオンは映画の内容に沿ったキャラクター紹介が主体です。
製作裏話には興味はなく、映画自体を楽しみたい人にはビジュアル・コンパニオンのほうが手軽でいいかも。文字数も少ないし。

以下とても適当な感想。(訳は超訳なので本気になさらないようお願いします)
ネタバレしてるかも。画像も勝手に流用しましたごめんなさい。


序文がマーティン・フリーマンなんですね。
(しかしなぜか署名が「ビルボ・バギンス」になっていて笑わせてくれる)

こういうのは本当にご本人が書くのかどうか知りませんが、マーティンが語りかけてるような気さくな文章です。
何年も前からビルボを演じろといわれてきたけど、それは僕の演技力を評価してくれてるってことなのかな、それともただ僕が変な顔って意味なの?って感じのリラックスした前書き。




■地図

綴じ込みの大きな地図がついてて便利。
ロスゴベルにはウサギのマークが。可愛い。


■トーリン

トーリン本人の説明はとくにどうってこともないのですが、「若くてハングリーなスマウグに襲撃された」とあって、スマウグが若気の至りでドワーフを襲っちゃったみたいで面白い。若かったのね。


■キーリ&フィーリ

「厳格な伯父の監督のもと育てられ」
「トーリンには自分自身の子孫がいないため」
「厳しい外見に反してトーリンは二人から父のように思われている」
などとつい微笑みを誘われる表現。


■バーリン

「ドワーフの殿バーリンと弟のドワーリンはフンディンの息子で、トーリンとその甥たちと同じくドゥーリン王家の血筋」だそうです。
「カンパニーでもっとも尊いバーリンは178歳と噂される」尊いバーリン。178歳というのは原作の小説そのまま。

バーリンの解説は愛があふれてます。そして疑問もあふれる。
「スラインの供をしてカザド・ドゥムを取り戻す破滅的な探索旅行へ行き、その途中で王はゴブリンに捕らえられ、失われてしまった」
スライン失踪の説明が原作とは違ってますが(原作ではスライン王はエレボールに戻る路上で行方不明になる)、映画の「アザヌルビザールの合戦でスロールの死を目撃して正気を失い行方不明になった」というのとも異なる新たな設定・・・
ただのケアレスミスか?映画だとスラインは王位についてなさそうだったし。

「その後バーリンはトーリンにとっては父のようになり、トーリンが最初にアドバイスを求め、迷ったときには支える存在となった」ですって。爺や素敵。
ってことはフィリキリにとってバーリンはおじいさま。キーリはおじいさまにバグ・エンドで羊肉を投げつけていた。


■ドワーリン
「彼とトーリン・オーケンシールドは子ども時代の友人として育ったが、将来の王よりいくつか年上だった」とあるので、ドワーリンが原作通り169歳とするとトーリンはさらに若いのでしょうか。
トーリンいくつの設定なんだ、気になる。

「彼らは苦い放浪の辛酸をともにし、ゴブリンやオークとの厳しい合戦を戦いぬいてきた」この二人はいつも通り。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 07月 07日 |
まだ律儀にブログを読みにきてくださるみなさま:

いつもありがとうございます。
しかしこんなに「ドワーフ」「ドワーフ」と騒いでいるブログ主に困惑しておられるのではないでしょうか。

ブログ主本人は困惑のあまりどうしていいか分らなくなってきたので、しばらくお休みをいただきます。
みなさま楽しい七夕をお過ごしください。



あ、記事タイトルは何かというと、最近「キレイになった?」と言われることが急に増えたので。
この年になって何故?
ドワーフ沼に浸かると(年甲斐もなくホルモンが活性化して)キレイになるとかなのだろうか・・・


ってことではなくて、おそらく中国語をやらなくなって(=中国から離れて)、身なりにかまうようになったせいでしょう。
中国語をやめてキレイになろう!」というタイトルにすべきだったかも。




ブログ主敬白@今週からDworin Week(←我無自重)


多謝光顧!

[PR]
2014年 07月 06日 |
タイトルに〔ほび〕がついている記事は映画『ホビット』について書いています。
何の遠慮もなくネタバレしています。画像は無断転載ですすいませんすいません。

『ホビット 竜に奪われた王国』(The Hobbit: The Desolation of Smaug)にドワーフの家系図タペストリーが出てくるんですけど、似顔絵入りで可愛いの。
キャプチャとってみました(・・・これいつまで許されるのかな・・・)。


トーリンの似顔絵家系図

ドゥリンから始まる由緒正しい家系図


手が邪魔だよう


スロール・・・スライン・・・



そして・・・



Majestic~



少年時代の顔なんでしょうか・・・
トーリンは2746(生年)しか書かれてない(まだ生きてるから当たり前)

いまふと「どうして名前が読めるのか?」と思ったら英語で書いてあるんですね。(エルフ文字じゃなくて)
そういえばビルボの契約書とかも英語だった。


WETAで通販していました。

LINEAGE OF DURIN - ART PRINT



一部拡大
バーリンとドワーリンがトーリンより年下設定のままになっている・・・(萌)





<今月画像アップロード容量があまってるのでおまけ>


銛みたいなの持ってる王様カワイイ




夜になったら武器庫を襲撃するぞ、というのを目だけで相談しているらしい









同じ場面レゴ・ムービーでは












ウィンクかわいい>ドワリン



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 07月 02日 |
前記事(Hobbit: An Unexpected Journey Official Movie Guide ①)の続きのとても適当な感想。
(訳は超訳なので本気になさらないようお願いします)


画像ネットからお借りしました




■バーリン(ケン・ストット)

英語教師だったお父さんから少年時代に「ホビット」をプレゼントされたケン・ストット氏。
父上のアドバイスは「ホビットを読んだら「指輪物語」は読まずに「罪と罰」に進みなさい」。パパ慧眼。

「エジンバラ生まれのケンは(グラスゴー生まれのグレアム・マクタビッシュと同じく)自分のネイティブ・アクセントを使っている。」
ケン・ストット氏もスコットランド訛りなんですね。特徴があまり掴めない・・・(アイルランド訛りのほうが分りやすい)

バーリンの解釈が素晴らしく、「我々ドワーフはいまのままで幸せじゃないのか?これ以上必要なのか?宝物は取り戻さなければならないのか?かつては自分たちのものだったとしても、あんな飾り物のために行って戦うのは貪欲なのではないか?」と自問自答しているせいでバーリンはどこか煮え切らない態度に見えるのですね。

バーリンは悲惨な戦いを経験しているので情け深く、ホビットにも同情的で優しい。
インタビューを読んだらますますバーリンとケン・ストット氏が好きになってしまう。

決めポーズの写真も格好いい。
ふわふわの白いお髭に深紅のコートと黒の皮手袋という裕福な商人風のいでたちなのに、厳しい表情で使い込んだ剣を構えてるの。
バーリンの穏やかな外見と戦士の内面が見事に現れている(大絶賛)。




■ドワーリン(グレアム・マクタビッシュ)

グレアム・マクタビッシュ氏がドワーフたちをThe Dirty Baker's Dozenだと言うので何かと思ったら「特攻大作戦The Dirty Dozen」という映画のもじりのようです。
Baker's Dozen(パン屋の1ダース)は「13」を表す慣用語。ドワーフは13人いるからBaker's Dozen。

グレアム・マクタビッシュ氏は駄洒落好きみたい。オヤジだな・・・
ドワーリンはドワーフ世界のヘルズ・エンジェルだとか言ってる。ドワーリンが乗ってる子馬はHarleyという名前なんですが、ハーレーダビッドソンのハーレーだとこのインタビュー読んでやっと気づいた。

そしてドワーリンの斧はgrasperとkeeperと名づけられてて、由来は「嵐が丘」に出てくる犬の名前。
何にでも名前をつけるおじさん・・・

グラスゴーにはドワーリンが何人も生息しているそうです。
いいなあスコットランド。


ドワーリンがトーリンに忠誠を誓っているという話は他のインタビューでも見かけましたが、そのあとの

he〔Dwalin〕 will support him〔Thorin〕 as leader even when all the evidence suggests that perhaps he shouldn't.


という不吉な言葉は何を意味しているのか・・・
ドワーリンは間違ってると分ってて黙ってついていったのか?止めようとする努力はしなかったのか?そんなのを超えて絶対服従なのか?それでいいのか?阻止すべきだったんじゃないの?と疑問がグルグルします。

そして「バーリンとは若いころ何年も分かれて暮らしていた」というグレアム氏の脳内設定はどういうことなの?
スラインの失踪と何か関係があるのか(結局あの事件を目撃したのはバーリンとドワーリンだけなのだから)、後年ドワーリンがモリアへ行かなかったのも青年時代のトラウマと関連があるのか?


グレアム・マクタビッシュ氏の脳内設定を聞いて何時間も過ごしたい・・・



The Hobbit: The Dirty Baker's Dozen

こんなファン動画がありました。ホビット版特攻大作戦





・・・まだ続きます・・・

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]