タグ:電視劇 楚漢伝奇 ( 42 ) タグの人気記事
|
|
2013年 02月 21日 |
♪ダ~フォ~ン チョ~イ
チョオオオ~イ スウウウウウファ~~ン


この間抜けな曲は私を脱力させようと試みているのでしょうか?
中国のドラマは早急に音楽をなんとかしたほうが良いです。


《楚漢伝奇》第24集


劉邦liú bāng(陳道明)は項羽に兵を貸して貰って故郷を開放しに行きました。



五千人借りにいったのに、八百人しか貸してくれないケチな項羽。
この手は“八”です。



張良zhāng liáng(霍青)が自分の配下を気前よくくれました。さすが米蔵長者(誤



劉邦よりでっかい張良。




脚洗タイム来了~!


すごく時間をかけて花びらとか浮かべたお湯を準備してるのでどんな美女のお風呂タイムかと思ったら

趙高zhào gāo(許文広)でした。



崇信chóng xìn(張新華)
すごいよこの子は趙高の足の裏にほおずりしちゃったりして。体当たり演技。




劉邦は仇の雍歯を逃がしてやって度量の大きいところを見せました。
劉邦は項羽から五千人借りて八千人返す約束をしてたのです。増加した3千人は張良の配下だったの。

・・・・・・・・さっき八百人しか借りれなかったって言ってたのに
・・・・・・・・・・・・いつ増えた・・・・・・・・・・



勝手に返しちゃったけど気にしないよね?



張良は韓国再興の仕事が残っているので劉邦のもとを去る予定です。



韓国再興したら帰ってきてくれる約束。




《楚漢伝奇》第25集


項梁xiàng liáng(祝延平)は張良を自分の軍師にしたいようです。



張良は他の国が復興したのに韓国だけまだなので憂いています。
韓国の公子成を王位につければ感謝して楚の味方になるでしょう。公子成は自分の知り合いなので連れてきましょう。



というのは項梁のお誘いを断る口実だったようです。
良殿けっこうひどいですね。



軍師のポジションを空けてまっててくれる劉邦。



劉邦に項羽にいじめられても辛抱するよう忠告する張良。



張良は去っていきました。


張良がいなくなってガッカリしてる劉邦軍のみなさん。
劉邦は「彼は俺たちと違うよな、どっちかっていうと項羽とかに似てるよな」と言い出します。
フラグか?ただの負け惜しみ?葡萄は酸っぱかった?

俺がもっと大物になったら天下の賢人が争ってやってくる、そしたら張良ひとりくらいいなくても平気だ。
いいねこの劉邦のふてぶてしさ。



項羽に「一日で城を落としてみせる」と豪語する劉邦。
項羽が「軍中無戯言(軍で冗談は通用しないぞ)」といった瞬間に「謝将軍!」と一礼してさっさとテントを出て行く劉邦。取り残されてぼうぜんとしてる項羽軍の将軍たち。というスピーディな流れがすごくよかった。



《楚漢伝奇》第26集


晨曦公主chén xī(小斯琴高娃)は趙高を油断させるため病気のふりをします。
秦で男気があるのはお姫さまと女官だけなのでしょうか。



夫を思う晨曦公主のまごころに感動する趙高。
しかし「さらにしっかり見張れ」とこわい趙高。




劉邦は項羽の陣営で徐々に頭角を現しています。
大将なのに鎧もないのか劉邦よ




虞姫(李依暁)姑娘は天下漫遊中。




《楚漢伝奇》第27集


劉邦チームと項羽チームは酒を飲んでいるうちに喧嘩になってしまいました。東呉の宴会みたいだ。

自分たちが汚れ仕事をして、お前らはタナボタだなと劉邦チームを馬鹿にする龍且lóng jū(范雨林)。・・・堅パパ可愛い・・・



楽しそうだな~修学旅行みたい



羽将軍到~



羽将軍「喧嘩しても兄弟だ。」←どーした羽将軍



そのあとの蕭何との会話が面白い。

劉邦「彼が今日俺を“兄弟”って呼んだけど、俺と兄弟の誓いを結びたいのかな?」
蕭何「兄弟の誓い?ありえませんね」
劉邦「彼はすごく真剣に言ってたけど」
蕭何「適当に言っただけでしょう」
劉邦「適当じゃないって」
蕭何「自分と相手をよく見たほうがいいですね。
向こうは貴族様で、あなたははただの庶民ですよ。いいとこ官位をもらった山賊ですよ。」
劉邦「兄弟の誓いは本気出していくからね。彼と義兄弟になったら楚軍にいじめられないし、落ちぶれても助けてもらえるだろ。絶対兄弟の誓いを結ぶもんね!」←たなぼた人生
蕭何「殿・・・結ぶのはいいけど、ちゃんと確信できてからね。あと、あっちが殿と結びたいかどうかはまた別の話ですから。」

しかしプッシュ状態になった劉季を止められるものはいない・・・羽将軍かわいそう



晨曦公主は趙高の腹心である崇信を味方に引き入れました。




《楚漢伝奇》第28集


定陶の項梁が大ピンチ。諸侯が誰も救援に行こうとしないなか、ひとりだけ助けようとする劉邦。
樊噲が殴って気絶させて止めました。



項梁は孤立無援のまま戦死。
劉邦は樊噲を許します。みんなが大喜びしていると項羽が来ました。

劉邦「樊噲を引きずり出して鞭打ち五十だ。」
許してくれるんじゃなかったのーと驚きながら鞭打たれる樊噲。かわいそ。
劉邦は「あまり強く殴るな」と言ってるので策略なのかな?



劉邦が白布(シーツ?)を大急ぎで引き裂いて腰と頭に巻くので何やってるのかと思いました。喪服の代わりなんですね。
しかも劉邦泣いてる!!!

部下がお前を止めたから救援にいけなかったんだな・・・と勝手に忖度してくれる羽将軍。
しかも叔父のために“戴孝”(喪服を着て喪に服すこと)までしてくれてと感動する羽将軍。“戴孝”じゃないんだよ~シーツなんだよー



ここからがこのドラマ最大の見せ場(と私は思ってる)ですよ!!


羽将軍「きみは項羽の兄弟だ。」
劉邦「わたしがあなたの兄弟になれるのですか?」



羽将軍「兄さん項羽の拝礼をお受けください」
言っちゃったよ!



項羽の台詞が終わってないうちから劉邦はもう頭を下げて
劉邦「不求同年同月同日生」(なまむぎなまごめなまたまごくらいの勢いで)



すごいわ~本当に結んじゃった。
項羽はこのあたりからだんだん可哀想な人になっちゃってます。
あまりに生まれが高貴すぎて、劉邦みたいなずるがしこい人間がいると想像もつかなかったのでしょう。かわいそうです。


虞姫姑娘諸国漫遊中。




劉邦があてがわれた宿舎に戚夫人(湯嬿)がいました。
ただの民家に勝手に上がりこんで住んでるのか?
戚夫人は(まだ他の男の人妻だけど)すごい可愛い顔してるのにすごく嫌な女だとあとで分かって驚かされました。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 02月 18日 |
今回は期せずして脳筋&軍師特集となりました。
いろんな人が登場します。



《楚漢伝奇》第21集


吼える樊噲fán kuài(康凱)。
李建新老師が《有問必達》で表演してた場面ですね。




桓楚と余英の山賊二人組をスカウトしたらどうかな?と提案する項伯xiàng bó(許毛毛)



項羽が山奥まで三顧の礼にいきました。
楽しい山賊一家。



重い鼎を三度持ち上げられればあなたの部下になりましょうと条件を出す桓楚huán chŭ(洋光)。
なんか昔話みたいだな。かぐや姫か?桃太郎さん?
仁弟~



闘志をかきたてられた項羽は、よ~し“万人敵”の力を見せてやるぜ!と


みごとに持ち上げたよ!
かっこいい場面なんだと思うけど笑いすぎて苦しい・・・すいませんファンの人・・・
“万人敵”ってそういうのなのか?“百万馬力”とかと間違ってないか?



「まさに天人だ~」
仁弟真乃萌神也




《楚漢伝奇》第22集


桓楚が誰も乗りこなせない黒い馬のうわさを教えてくれました。かわゆい・・・




馬を乗りこなせずに范増fàn zēng(孫海英)に笑われる項羽。



范増爺さんを三顧する項伯。項伯があまりにキュートなので范増は落ちました(誤。



おまけ 呂太公




《楚漢伝奇》第23集


宋義が楚懐王(姫晨牧)を王位に復帰させました。
出迎えに来る項伯xiàng bó(許毛毛)。この人は将軍ではなく相国の地位を狙っているのか???



宋義は新三袁術様(石小満)ではないかと思うのですが、百度のキャスト表に載ってなくて自信がありません。



この二人かなあと思ったんですけど・・・やっぱり違う?







項伯の鎧姿一枚。




劉邦liú bāng(陳道明)たちは景駒のもとへ行こうと急いでいます。路上で馬に乗った人々を見かけて草むらに隠れる劉邦。主人公なのに・・・

“让兄弟们先散开趴下。(まず仲間たちに分かれて伏せさせろ”



サンカ~イ、パーシャ~、パーシャ~、パーシャ~この場面すごく間が抜けてておかしい。



やってきたのは・・・



張良zhāng liáng(霍青)でした。



自己紹介する劉邦。
(喋っているのは樊噲。けっこう難しいこともいえるのね)



張良のエプロンかわいい。
ところでみなさん張良を何て呼んでおられるのでしょう。
《秦時明月》ファンは“良殿”と呼んでるようなのですが、いい年して(張良も私も)それはさすがにこっぱずかしいです。



いやいいか良殿でも。



“一撃驚天的張良”(笑)一鳴驚人ってことか?



“受劉季一拝(劉季の拝礼を受けてください)”
すぐ拝む劉邦。信心深いおばあさんみたい。



劉邦の部下の白けたムードたまらんな。



行き先が同じだったようです。一緒に楚王(景駒のほう)のところへ投奔することになりました。



劉季プッシュプッシュ!



しかし頼みの景駒はすでに項羽に殺されてました。


投不成・・・難しい補語だな・・・しかも了つき。


だったら攻撃しよう



景駒はもう滅亡したんですってば



引き続き攻撃するぞ、景駒を攻撃しろ



良殿意味不明中



城を守っているのは龍且lóng jū(范雨林)。
ここからのアホ会話は前半最大の笑いどころです。

景駒を罵る劉邦



龍且「お前誰だよ」
劉邦「誰かって?知らんのか?」
龍且「知らん」



劉邦「俺は劉季だ」
龍且「劉季?劉季って誰だ?」
劉邦「お前こそ誰だ」
龍且「俺が誰かって?項羽幕下の龍且将軍だ」←自分で将軍って・・・
劉邦「何?項羽幕下?景駒は?」
龍且「とっくに俺たちに殺された」
劉邦「何?殺された?俺たちこそやつをやっつけに来た軍だぞ。どうしてお前たちに殺されたりしたんだ」



良殿無言のツッコミ顔



龍且「ああ・・・お前も景駒をやっつけに来たのか。身内だな。城門を開けろ、入れてやれ」
さすが東呉の誇る脳筋パパ・・・



まんまと項羽軍にもぐりこんだ劉邦。
このあたりからダオミンが魅力全開にしてきます。狡猾で臆病で嘘つきな流氓、ス・テ・キ。



この口は“出chu”
CHU~♥
(と思ったけど“乎hu”かな)



一代流氓



張良に残ってもらえるか聞く劉邦。来た来た流氓来た~
ダオミンは下からのぞきこんでくるのがずるい。年取っても綺麗な顔だな~



あ・・・すいませんしばらく気絶してました・・・“綿薄之力”は台湾では“棉薄之力”と表記するらしいです。「微力を尽くしてお助けします」ってことですね。“縛鶏之力”とは違うらしい。



項羽には面会できましたが、テントがないから厩に住めと傲慢な項羽。
兵を借りようと思って来たけど無理そうですね。



weiboの画像勝手に転送



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 02月 15日 |
ひきつづき《大秦帝国之美爺心計》をお届けしています。


このドラマって中国のドラマとしてもたいして面白くない(中国のドラマはたいてい面白くない)んですけど、最初の20話くらいの李建新老師と許文広老師の争いが美爺的にも麗しく、演技もみごたえがあるので私は満足しています。
(ストーリーの面白さや若いイケメンを求める方は他のドラマを見たほうが時間が無駄にならないかも)



《楚漢伝奇》第17集


冷宮に入ってもお美しい李斯lǐ sī(李建新)。



先に打入冷宮した美爺たち(←李斯と趙高に陥れられた)と旧交をあたためる李丞相。
かつての激しい争寵の日々すら懐かしい・・・




趙高zhào gāo(許文広)が最後のお別れに来ました。
今生の別れに着物をくれる趙高。
李丞相の自宅から古い着物をとりよせてサイズをはかって新調してくれたそうです。心くばりですな!!



しかしその新しい着物を「一枚の皮にすぎない」とはねつける李丞相。
男らしい令君すてき(感涙


許文広老師の演技がうまいのは前から知ってたのですが、ここまでとは思いませんでしたよ・・・
声が綺麗、台詞もはっきりしてて聞き取りやすいし。
それにやっぱり顔が好みだ。



李斯に「いつもきれいな衣装をまとっているが、剥がされる日が怖くないのか?」と聞かれて
「閹人が男になろうとすれば権力を握るしかない。
権力こそがいちばん華麗な衣装だ。
普通の男が権力をなくしても田舎に帰って田畑を耕せばまだ人間でいられる。自分が権力をなくせば“鬼”(幽霊)になるしかない」と答える趙高。
秦の宦官には非閹人も含まれてて、趙高も閹人じゃなかったと議論がある、と中国の掲示板で見かけたのですが本当なんでしょうか。



う~ふ!(嗚呼)
怒りかたが可愛い・・・
嗚呼wū hūと嗚呼míng hūって違うのですね



息子に「もういちど犬を連れて狩に行きたいなあ」と話しながら死ぬ李丞相。悲しい・・・
黄狗はどうなったんだろう、やっぱり食(ry



時代劇ファンなら一度はやってみたい
木札を投げて



「斬~!」




そのころ胡亥hú hài(于濱)は悪夢を見ていた。




《楚漢伝奇》第18集


ここは晨曦公主が住んでいる咸陽後宮なんですが・・・
権様のお屋敷と同じだ・・・移築だろうか。



参考 呉侯のお屋敷 (南向き 蓮池あり ペット可)




趙高を呼んで着物の品定めをしてもらう晨曦公主chén xī(小斯琴高娃)。



衣装は極上品ですが、袖の刺繍用の銀糸が足りない。



そこへ章邯zhāng hán(曹衛宇)が糸を献上してきます。
晨曦公主は章邯を将軍に復職させようと画策しているようです。(いまは税金の係)



ここで良い糸ではなく並の糸を持ってくるところが策士だと思いました。
上等の品を出すと趙高に疑われると思ったんでしょうね。




章邯に晨曦公主と結婚させてあげよっか?と持ちかける趙高。



遠慮する章邯。騎士道精神だ。





《楚漢伝奇》第19集


反乱軍が公式発表の10万から20万に訂正されて驚く胡亥。
政府の発表数字は信用できませんね。



章邯が将軍たちを推薦するがダメな人ばかり



死んでたりとか病気とか。



章邯が将軍に返り咲きました。おめでとう。
趙高は章邯を晨曦公主と結婚させ、公主を人質として抑える作戦です。あくどい。



そこへ公主が先日の衣装を送り届けてきました。やるな公主。
趙高は公主に気をつけるよう部下に言いつけます。こわ~




《楚漢伝奇》第20集


章邯が大勝利して人気が出ました。警戒する趙高。
慶功宴(祝賀パーティ)を開く予定だったのですが、取りやめに。こわ~



崇信chóng xìn(張新華)も趙高を怒らせないかとびくびくしている。可愛い。



陛下はパーティをとっても楽しみにしてたのに。(さいきん後宮から出してもらえなくて、久しぶりに宮廷にいけるから)



まだ21歳なのにもう白髪が生えている陛下。



趙高は胡亥に後宮にこもって不老長寿の道を求めるよう助言。
まだ21だしそんな必要ないだろと反抗的な陛下。



じゃあどうして白髪が生えたりするんでしょうねー?
华发(華髮)huáfà 斑白的头发



胡亥「!」
なぜ知ってるの~こわ~



晨曦公主もおしゃれして待ってたのに。
公主「cancel了!?」




とつぜん英布(胡東)が登場して項羽xiàng yŭ(何潤東)に無理やり部下にされました。



なぜか「劫営?(ベースキャンプ襲撃)」と喜ぶ英布。
劫色じゃなくてよかったな英布!(お約束だけど言ってみた)




秦のパートの脚本は描写が細かくて小道具も凝っている。
俳優も演技のうまい人が揃ってて、権力をめぐる駆け引きが面白い。
なのに主役の楚とか漢はどうしてあんなに雑な内容なの・・・?監督が違うのかな?


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 02月 11日 |
<今日の成語>

【指鹿为马(指鹿爲馬)】 zhǐlù-wéimǎ
指着鹿,说是马。比喻故意颠倒黑白,混淆是非。
《史记·秦始皇本纪》:“赵高欲为乱,恐群臣不听,乃先设验,持鹿献于二世,曰:‘马也。’二世笑曰:‘丞相误邪?谓鹿为马。’问左右,左右或默,或言马以阿顺赵高。”


「鹿を指して馬となす」と読み下せばよいのかな?
うそを本当のことと言い張る、間違いを押し通すことですね。日本語の「馬鹿」と違って「おろか」の意味はないので注意しましょう。



《楚漢伝奇》第11集


高祖が白蛇を斬る話はCGでも使ってファンタジーっぽくするのかと思ったら“講故事”で処理したようです。

白蛇伝説を語る盧綰lúwǎn(王継世)。



死んだ蛇の肉を食ったのか聞く樊噲fán kuài(康凱)。きみの興味はそこか。
鉄牛ちゃんカワユイのう・・・



叛乱する気まんまんで武器を密造する龍且lóng jū(范雨林)。
とつぜん現れて手を握る項梁xiàng liáng(祝延平)。楚人はダイレクトだな。



項梁は楚のテロリストたちに解散を命じる。
(項羽が脳筋すぎてとんでもないことをやらかしそうだから?)

龍且 more 脳筋 than 項羽




《楚漢伝奇》第12集


秦二世 胡亥hú hài(于濱)は美女が多すぎ、しかも全員出産可能なので誰を選んでいいか分からず、蹴鞠で選考しています。

どの美女が要りますか?と聞かれて
“朕都要”(朕は全員要るぞ)←選考会の意味なし
ここの“都”は「すべて」ですね。「朕も要る」ではないので要注意。



時代劇のお約束の台詞

“不知当講不当講・・・”(話して良いものかどうか・・・)
崇信chóng xìn(張新華)



“但説無妨”(遠慮せず言うがよい)
趙高zhào gāo(許文広)



中国語会話で“不知当講不当講・・・”と言われたらすかさず“但説無妨”とレスポンスですよ!
覚えてね!
あと陛下に“愛卿平身”と命じられたときの“謝皇上”も使えるフレーズですね。


農民起義がはじまりました。(この時代の朝廷側が“起義”という用語を使ったとは思えないけど・・・崇信は革命派なのか?)

崇信役の張新華は新三国で法正を演じてたGXXドラマの常連さんですね。
この役はドラマのオリジナルのようですが、このあと大活躍します、注目してね!



臣下がそれぞれ異なる意見を提案してきて秦二世が混乱するので、趙高ひとりだけが報告すればOKのバカ殿フレンドリーなシステムを構築するようです。



これで良い皇帝に専念できると大喜びする陛下。



しかし一部の朝臣は趙高に権力が集中するのを懸念して、李斯を復帰させるようお願いします。
李斯はいつのまにかクビになってたようです。




《楚漢伝奇》第13集


各地の叛乱はたいしたことがなく天下は太平なのですとか虚偽報告する叔孫通を人材だと褒める陛下。
陛下は感心するところが間違っている。



郡守に殺されそうになった項梁たちは郡守を返り討ちにして自立したようです(たぶん)。



いつもステキな項伯



劉邦liú bāng(陳道明)たちも造反したようです。




《楚漢伝奇》第14集


李斯lǐ sī(李建新)が上朝してきました。
しばらくこないうちに宮殿は動物園になっています。



趙高の悪口を言っていると趙高が。
趙高は足音を立てずに軽がると歩く技を身につけているそうです。カンフーマスターなのか?



こわいよ~



李斯は皇帝に会わせてもらおうとしますが「明日きやがれ」と言われてしまいます。



趙高は皇帝に農民起義の黒幕は李斯だと讒訴。




《楚漢伝奇》第15集


劉邦liú bāng(陳道明)は“起事”(发动武装斗争;起兵)しました。



翌日、出直してきた李斯に謝る趙高。
もちろん下手にでて油断させるためです。



謝罪を真にうける李斯。



李斯は胡亥に親征を提言。
激怒する皇帝。繊細な陛下は血を見ると吐くんですって。



それなら自分が兵を率いて征伐してきますと墓穴を掘ってしまう李斯。



趙高は李斯が反乱軍と手を組んで謀反を起こすつもりだと決めつける。



李斯様・・・



冷たい陛下。



李斯は趙高を“小人”と罵ります。



小人だもーんと平気な趙高。小人を侮辱したり信じたりした李斯がおばかさんなのよん。




《楚漢伝奇》第16集


趙高の連れてきた鹿を馬と言い張る廷臣たち。
鹿の量詞は“只(隻)”なのに馬は“匹”なんですね。



是馬。是嗎?なんちて(ダジャレ)



これが「指鹿為馬」のいわれです。覚えましたか?




おばちゃんに食べ物をめぐんでもらう韓信hán xìn(段奕宏)
後日「飯団をもらった」って言ってたけどこれは飯団(おにぎり)というよりチヂミですがな・・・




首のドーラン塗りむらが気になる・・・




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 02月 08日 |
2013センター試験の世界史Bなんですけど



李斯様ファンなら「ア」の答えはとうぜん分かりますね!
不愧是丞相啊~
 
(でも李斯と荀彧の二択だったら迷ったかも)



《楚漢伝奇》第7集


項伯xiàng bó(許毛毛)はいつのまにか江東に戻って項羽と再会してました。
張良との楽しい亡命生活はなかった。切~。




《楚漢伝奇》第8集


韓信hán xìn(段奕宏)は嫂にいじめられたり、またくぐりしたり苦労しています。
(楊志売刀かと思った)



秦始皇qín shǐ huáng(于和偉)は不老不死の方法を追い求めながらも殉死者募集中。矛盾也。



劉邦liú bāng(陳道明)と愛犬虎子
(虎子はこのあと食べられちゃったというのは本当なのでしょうか?)



遠路はるばる労働者を連れてきたのに、期限に遅れてしまいました。
秦の法律では遅刻は死罪なんですって。いまの中国からは考えられない厳しさ・・・
劉邦は死刑になるくらいならと逃亡しました。




《楚漢伝奇》第9集


秦始皇は趙高zhào gāo(許文広)に命じて遺言を書かせます。後継者は長男の扶蘇くん。



崩御なさいました。阿弥陀仏~



数日後、馬車の外で李斯lǐ sī(李建新)が
「何かにおいませんか?」



胡亥hú hài(于濱)は風邪で鼻つまってて匂いが分からない。
三つ編みかわいい。



趙高は遺言の書き換えを決意。
ここからの許文広老師の一人芝居は本当に迫力があります。



馬車に呼びつけられた李斯と胡亥。
皇帝にご機嫌伺いする胡亥。
李斯は「陛下にはもう聞こえませんよ」



「さすが丞相」
このドラマ見てると趙高の喋り方がうつりません?気がつくと甲高い声で喋っている自分が気持ち悪い。
ブ~~クェイシーチョンシャンア~~



趙高は李斯と胡亥に遺言の捏造を持ちかける。



胡亥は自分が皇帝になればあなたを父上のころよりさらに重用しますと約束。
後ろで死んでるの曹操かと錯覚しますね。



三人とも演技がうまいのでとても面白かった。




《楚漢伝奇》第10集


項伯は楚の復活のためあちこち駆け回ってるのですが、項荘(蔡宜達)は「ひとりだけどこかで上手いものでも食ってるんだろう」とひどいことを言っています。
仲悪いのね。(鴻門宴の伏線でしょう、誰も覚えてなさそうだけど)



項伯はどこかの太守に渡りをつけてきたようです。
しかし項羽は他人のやっかいになるのはガマンできない。傲慢です。



項梁(祝延平)は項伯の肩を持ってくれました。
どうしてこのキャプチャをとったのか不明。




李斯はアホな二世を良い皇帝にしようとがんばっています。
男らしい令君ステキ(病



禹が働きすぎて脚の毛もすりへった話をしてるんですけどすごく変。




于濱の演技は中国では賛否両論のようです。
“咆哮帝páo xiào dì”の諡号を奉られてました。
たしかにちょっと叫びすぎかという気もしますが、私は面白く鑑賞しました。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 02月 05日 |
きのう80集まで見終わりました。
中国での放送と同歩で一日2話ずつ見てたらいつのまにか終わってた・・・
予想より面白いドラマでした。



《楚漢伝奇》第4集

意外に早く張良が登場。
破国亡家して召使が去っていく場面です。
張良はなぜ土管の前に座っているのか?ドラえもんに出てくる空き地みたいな庭だ。

張良zhāng liáng(霍青)



韓国貴族の張良さんは秦に国家を滅ぼされたあと弟の葬式も出さず、召使にも暇を出して節約につとめています。
(タイムリーだなあ積累正能量運動か?)



秦の法律で民間人は武器を作ってはいけないのですが、張良は剣をつくりに鍛冶屋へ来ました。



そこで鉄槌が軽すぎると怒ってる壮士を見かけます。

滄海君cāng hǎi jūn(龍武)



秦の朝廷ではBBQを楽しんでいます。

秦始皇qín shǐ huáng(于和偉)



下座に座ってた司馬欣は高官の席に呼ばれて李斯に焼肉をご馳走になります。
李斯は司馬欣に逃亡中の項梁を殺すよう命じます。
仕事の話かと思ったら脈とったりして。若い男の手を握りたいだけの丞相はただのセクハラ親父。

李斯lǐ sī(李建新)と司馬欣sī mǎ xīn(呉暁東)



それを見ていた秦始皇はうらやましくなったのか李斯を呼びつけて、「いつものきまりだ」



脂身は李斯が、赤身は秦始皇が食べるルールのようです。ここの朝廷乱れてるな。



すごい顔でにらんでいる人が・・・

趙高zhào gāo(許文広)



たまりかねた朝臣が「皇帝が丞相と一緒に座って同じ皿で食べるなんて天下に知れたらどうするんですか!」と諌めますが、秦始皇は
「だって李斯は脂身が好きなんだ」
いや陛下ポイントはそこじゃなくて




《楚漢伝奇》第5集


賢い太子の扶蘇は秦始皇に焚書坑儒はダメとか諫言して地方へ飛ばされました。

扶蘇fú sū(葉項明)







このドラマでは壮士=滄海君という大胆な設定。
壮士を物陰からうかがう不審な人物が・・・



滄海君に鉄槌をプレゼントして暗殺を依頼する張良。



鉄槌はすごい威力です。



秦始皇を暗殺するため巡業を待ち伏せしています。
この時の衣装とメイクがいちばん好きだ。




待ち伏せ箇所を通過する秦のご一行様。
趙高がなんだかここは危険な気がするなーと言い出して調べさせます。
さすが勘が鋭い。



暗殺は失敗、仲間(すごくたくさんいた)は全滅して張良は崖から飛び降りました。



鉄槌が当たって死んだのは「皇叔」(爆)だったそうです。



本当はその車に乗るべきじゃなかったのにダダをこねて乗ったら死んじゃったらしい。阿弥陀仏。




《楚漢伝奇》第6集


劉邦は亭長になりましたが、政府から労働者の供出を命じられて困っています。

劉邦liú bāng(陳道明)



諸国を放浪していた項伯は警備兵に捕まりそうになりましたが

項伯xiàng bó(許毛毛)



馬車で通りかかった張良が自分の召使のふりをしてくれたので助かりました。
「大胆奴才、どこを遊び歩いているんだ」って台詞が男らしい(病
張良は後世ではフリルつきの馬車やアウディに乗ってました。乗り物大尽。



「小人知錯」って台詞が可愛い(病



張良の名前を聞いた項伯は「韓国の丞相の張良殿か!」と驚きます。
丞相どころか就職したことすらないんですけど。



張良は項伯をかくまうことにしました。




おまけ
オープニングの林教頭。苦悩している。




張良は断崖絶壁から飛び降りたのにどうして無事だったのか?キム・タックのオモニなみに謎な生還です。
全財産つぎこんで暗殺に賭けたはずなのにまた大金持ちになってるし。
このあと兵士も数千人持ってることも判明するし。魔法使いか?



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 02月 02日 |
ドラマ《楚漢伝奇》視聴の下準備にキャスト表を作ってみました。

楚漢伝奇 百度百家を丸写しにしてチーム別に分けました。簡体字が日本の漢字に直ってないのは私の見落としです。


<<秦チーム>>
角色(演員)---備注
秦始皇qín shǐ huáng(于和偉)---中国第一代皇帝
秦二世胡亥hú hài(于濱)---秦朝第二代君主,亡国之君
扶蘇fú sū(葉項明)---秦始皇之長子
子嬰zǐ yīng(王華龍)---秦始皇之子
晨曦公主chén xī(小斯琴高娃)---秦始皇之女
李斯lǐ sī(李建新)---秦朝丞相
趙高zhào gāo(許文広)---秦朝宦官
章邯zhāng hán(曹衛宇)---秦朝最后一位名将
司馬欣sī mǎ xīn(呉暁東)
崇信chóng xìn(張新華)
叔孫通(劉広厚)----秦末朝中博士,后為漢太子太傅

趙吹鸾(李依馨)---秦二世妃子
李斯幼子(孫尔辰)---李斯小児子


<<漢チーム>>
角色(演員)---備注
劉邦liú bāng(陳道明)---漢朝開皇帝,漢高祖
張良zhāng liáng(霍青)---“漢初三傑”之一,著名謀士
蕭何xiāo hé(楊立新)---“漢初三傑”之一,名相
樊噲fán kuài(康凱)---劉邦帳下猛将,屠戸出生
韓信hán xìn(段奕宏)---“漢初三傑”之一,漢初三大名将
陳平chén píng(張金元)---劉邦重要謀士,左丞相
紀信jì xìn(彭国斌)----劉邦部将
彭越péng yuè(王新軍)---梁王,漢初三大名将
周勃hōu bó(張承好)---劉邦部将,太尉
曹参cáo cān(徐暁健)---劉邦部将,丞相
夏侯嬰xià hóu yīng(林鵬)---劉邦部将,夏侯淵的祖先
曹無傷cáo wú shāng(王軍)---劉邦部将
盧綰lúwǎn(王継世)---劉邦的寵臣
雍歯yōng chǐ(尤勇)---反復無常的豪強
審食其shĕn shí qí(呉剛)
酈食其Lì yì jī(石維堅)---漢王劉邦的謀臣
周苛(鄭景元)
随何(楊雨橙)

呂雉lǚ zhì(秦嵐)---劉邦之妻,“呂后”
劉盈(鄭偉)---劉邦与呂雉之子
戚夫人(湯嬿)---劉邦寵姫
薄姫(徐揚)---漢高祖劉邦的嫔妃。劉邦的第四子劉恒之母
曹氏(于明加)---劉邦的情人
季桃(劉筱筱)---韓信之妻
峨妹(王紫潼)---韓信紅顔知己
劉肥(廖見恒)---劉邦最大的庶子
呂太公(鄭天庸)
劉太公(劉子楓)


<<チーム>> (後で裏切った人もとりあえずここに入れてます)
角色(演員)---備注
項羽xiàng yŭ(何潤東)---西楚霸王,第一勇将
項梁xiàng liáng(祝延平)---項羽的叔父
項伯xiàng bó(許毛毛)---項羽叔父
范増fàn zēng(孫海英)---項羽的謀士,被尊為“亜父”yàfù
龍且lóng jū(范雨林)---項羽麾下第一名将※※
英布yīng bù(胡東)---九江王,漢初三大名将
韓生(池東)---謀臣,后被項羽殺害
季布(李淵)---項羽部将
項荘(蔡宜達)---項羽之弟
項狄(邱云鶴)---項羽愛将,虞姫殺父仇人,后自刎
虞子期(楊梓铎)---項羽部将
鐘離昧(葉鵬)---項羽部将
桓楚huán chŭ(洋光)
楚懐王(姫晨牧)---項羽所立楚国義帝
宋義
宋襄(尚悦)---楚国大将軍宋義之子

虞姫(李依暁)---項羽寵姫
若姜(巩亦瑢)---英布之妻


<<その他チーム>> (諸侯とかチーム分けしにくい人たち&誰か分からない(ごめん)人たち)
角色(演員)---備注
滄海君cāng hǎi jūn(龍武)----与張良刺殺秦始皇的勇士
骊鸢(苗洛依)---神秘美人
魏豹(徐錦江)---戦国時魏国后裔,楚漢之時魏王
陳賒(徐豊年)
張耳(張喜前)
小乙(汪勝男)
黒衣人(范明)
李左車(石燕京)
灌妥(卢勇)
劉夫人(柳景溪)
呂要(許晚秋)
小娴(郭柯彤)
劉大嫂(李若冰)
劉二嫂(田玲)
劉肥(小李)
劉盈(小西瓜)
劉楽(小魚児)
劉盈(董春明)
周柯(鄭景元)
尾生(王朴)
殷通(王衛国)
沛県県令(李燕升)
陳留県令(懂明)
南陽守(周毅英)
任敖(楊瑞)
大劉楽(楊志文)
李良(咎有為)
劉二哥(路国奇)
劉大哥(楊軍)
王離(宋来運)
呂澤(任明生)
王陵(畢海峰)
淳于越(王奕)
劉肥(張瑞柏)


“亜父”は辞書には
亚父 yàfù 敬称,表示仅次于父
とあるのですが、このドラマの楚の人たちはyǎfù"って発音してる気がするんですけど・・・

※※且 jū
且はqiěじゃないんですねー。勉強になりますねー。

1. 文言助词,用在句末,与“啊”相似。
2. 多的样子。
3. 农历六月的别称。
4. 敬慎的样子:“有萋有~”。
5. 古同“趄”,趑趄。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 02月 02日 |
♪ジィア~ンシャ~ン ゾンヘ~~ン


主題歌ボリューム大きすぎませんか。
毎回ビックリします。



今日から《楚漢伝奇》のレビューをやってみよっかなーと思うのですが、80回もあるのでたぶん途中で放棄する予感。
読んでくださる方も適当に読んでください。

タイトルは《楚漢》ですが、私は最初の40回を心の中で《大秦帝国之美爺心計》と呼んでいます。
中国の網友は《趙高伝(全40集)》とか呼んでるようです。

詳細はこちらをどうぞ
楚漢伝奇 百度百家


《楚漢伝奇》第1集

秦始皇が全国巡回営業をしている場面から。
陛下の営業の随行は趙高と李斯。
美爺ふたりが皇帝の寵愛をめぐって血で血を洗う争いを繰り広げます。楽しみですね!!

趙高zhào gāo(許文広)



李斯lǐ sī(李建新)



今日の訪問先である楚の現状を聞き合わせる秦始皇。

秦始皇qín shǐ huáng(于和偉)



一家総出でキャラバンを組んで旅行中。サーカスの巡業みたいですね。
胡亥は葡萄を食べています。この時代の中国に葡萄はなかった!と網友から集中攻撃を受けていました。
いいの、魏文帝は葡萄が大好きだからいいの!
でも于濱はweiboで網友の指摘に「自分たちがうっかりしてました」と謝ってた、ええ子や・・・

秦二世胡亥hú hài(于濱)



秦始皇は賢い長男ではなくアホの胡亥を可愛がっています。
胡亥は「無能だから可愛がられてる」と自分のポジションよく分かってます。



秦に滅ぼされた楚の貴族たちは各地に隠れ住んでいるようです。
暴れ馬を素手で取り押さえる項羽。

そしてこれが項伯だ!
第一集から登場してブログ主は大喜び。

項伯xiàng bó(許毛毛)と項羽xiàng yŭ




《楚漢伝奇》第2集

楚の人たちは敵地で集会を持っていますが、隠れているのが嫌になってきた同志が「こんなことしてても無駄なんじゃないの?」みたいな正直すぎることを言って項梁に殺されちゃいました。楚人は気が荒いな・・・




逮捕されそうになった項梁たちを司馬欣というお役人が見逃してくれました。

司馬欣sī mǎ xīn(呉暁東)  この方は老版孫権ですよね




扶蘇のキャプチャとってたのでご披露します、後姿でごめん。
キャンピングカーみたいな馬車ですね。

扶蘇fú sū(葉項明)



項梁たちは「3年後に江東で会おう」と約束して別れました。後会有期!



《楚漢伝奇》第3集


劉邦は主人公なので当然第1集から出てるのですが、どうでもいい田舎のエピソードを長々とやってるのでキャプチャ取りませんでした(オレ正直)。

劉邦はパーティ券をたくさん買ったと嘘をついて呂太公のパーティにもぐりこんだ。
呂太公は新版三国の王允爺爺。

呂太公(鄭天庸)



劉邦は呂太公に取り入ろうとすごい勢いでお世辞を言っています。

劉邦liú bāng(陳道明)



主な登場人物はわりと早く出揃うのですが、話の進み方がものすごく遅い。
これにくらべれば三国はテキパキしたドラマだった。

こんな調子でダラダラやる予定です。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 01月 14日 |
《楚漢伝奇》放映前に各局で宣伝特番が組まれてました。
安徽電視で1時間半くらいある豪華番組をやってたんですけど、最~~後~~のほうに霍老師の出番がありました。

視聴者からの質問コーナー




姑娘:这一条来自于村口小卖部的王大妈。
她说听俺闺女说,张良长得像个女的,十分清秀。
她想提问霍青老师问问,您怎么看这个问题?
(姑娘:次の一通は村の購買部の王おばさんからです。
「うちの娘によれば、張良は女みたいでとっても“清秀”だって。」
おばさんは霍青老師にこの問題をどう考えるか聞きたいそうです。)

霍老师:这大妈说的是,原来的张良,真正的。
所以我觉得呢,我一直跟高导说,我说这个张良您选错了。
(霍老師:このおばさんが言ってるのはもともとの本物の張良のことです。
だからわたしはずっと高希希監督に、あなたは張良を選び間違えたと言ってるんですよ。)

主持人:您的意思就是说,在历史上张良是一个实际上是比较柔弱的一个男人?
(司会者:あなたのおっしゃる意味は、歴史上の張良は本当はちょっと柔弱な男だということですか?)

霍老师:对,他这个有这种记载,就是说相貌像美女一样。
(霍老師:そうです。こういう記載があります、容貌が美女のようだと言うんです。)

主持人:高导怎么选了您呢?
(司会者:高希希監督はどうしてあなたを選んだんでしょう?)

霍老师:看走眼了吧。
(霍老師:見間違えたんでしょう。)

主持人:高导,您当初的想法是什么样?
(司会者:高希希監督はどういうおつもりだったんですか?)

高导:我觉得霍青老师就是我心中那美女。
(高希希監督:わたしは霍青老師こそがわたしの心の中の美女だと思ったんです。)

主持人:感觉就是激情四射啊。
(主持人:なんだかアヤしい感じですね。)

姑娘:只能说霍青老师这样的高导都能看成美女,现代人的口味真重啊。
(姑娘:霍青老師みたいなのが高希希監督には美女に見えるとは、現代人は濃口が好みとしか言えませんね。)




・・・ごめん笑ってしまった霍老師。


清秀:
顔立ちが秀麗なことです。わたしは霍老師こそ“清秀”のお手本と思っていたのだが・・・間違ってたのか・・・?

走眼:
「見誤る、目利きを誤る」って意味です。自虐すぎですよね

激情四射:
たぶんもとは「精神力に満ち溢れてる」という意味だと思うのですが、いまは「色っぽい状況」とか「男女関係がいかがわしい」みたいな使われ方?辞書に載ってないのでよく分かりません・・・
使用例→新水浒潘金莲西门庆床戏曝光 激情四射(新水滸伝の潘金蓮と西門慶のベッドシーン発表 “激情四射(お色気いっぱい)”
ただ、同音の“基情四射”もよく使うので、耳で聞いただけではどっちか不明ですね。
使用例→ 《新水浒》最基情四射的桥段(《新水滸》のいちばん“基情四射(ゲイっぽい)”シーン)
(《新水滸》は用法がマルチでよいドラマだな)

口味真重:
口味は「味の好み」、「重」は濃口のことです。
最近は食べ物の好みよりも、極端な年上や特殊な容貌の持ち主などを愛好する「変な好みの人」を指すことが多い。
《新三国》や《新水滸》の一部の俳優が好きな人は「重口味」の代表といえるでしょう(そうです私です)。
















動画ひきちぎってきました

GXX心中の美女
http://youtu.be/NGJmBgXYoT0




安徽プレミア
http://youtu.be/SAuLwGGR77U




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 10月 28日 |
長年(このブログ始めてからずっと)「現代中国語で古代の中国語を読むための教科書がない」と文句ばっかり言ってたのですが、ふと「ないなら自分で勝手にやってもいいんじゃないの?」と思いついたのでやってみます。

他のブロガーの方たちが原書読書会とかテキスト勉強会を開いてらっしゃるので羨ましくなったの。
でも現代中国の小説は好きじゃないし、テキストの地道な勉強も苦手なので。
(・・・じゃあお前は何ができるんだよ・・・)

これから来年の電視劇《楚漢伝奇》の予習を兼ねて、史記《留侯世家》を原文で読みます。

ルール:
1.訓読不可
2.日本語資料は原則参照しない


進め方:
1.原文を読む
2.現代中国語の注釈を参照にしながら現代中国語として理解する
3.現代日本語に訳す(面倒になったら訳さなくてもOK)

テキストはネットから拾ったので正しいかどうか分かりませんが、あまり細かいことは気にしません。
興味のある方は生ぬるく見守っていただければ幸いです。

今日はこの部分


史記《留侯世家》

留侯張良者,其先韓人也。大父開地,相韓昭侯、宣惠王、襄哀王。父平,相釐王、悼惠王。悼惠王二十三年,平卒。卒二十歲,秦滅韓。良年少,未宦事韓。韓破,良家僮三百人,弟死不葬,悉以家財求客刺秦王,為韓報仇,以大父、父五世相韓故。



・・・しかしいきなり壁にぶつかりました。
ネットには現代中国語訳はいくらでもあるけど、単語と文法の注釈が見つからない。
日本語の資料に頼るしかないのか・・・
とりあえず今日は自力でやってみて、今度ちょっと図書館で史記を借りてきます。(・・・買えよ・・・)



■留侯 liú hòu 秦末, 张良运筹帷幄,佐刘邦平定天下,以功封留侯 。诗文中常用为称颂功臣之典。
■者 zhě 助词,表示语气停顿并构成判断句的句式:陈胜~,阳城人也。
■先 xiān 家族或民族的较早的一代或几代。


留侯張良者,其先韓人也。

(日)留侯・張良は祖先が韓人でした。



張が姓、良が名、留侯は領地にちなんだ敬称(?)ですね。
史記は字(あざな)は教えてくれないのかな。

ところで「韓」って大韓民国のことじゃないって知ってました?
私はいま地図を見て始めて知りました(こんなので史記を原文で読もうというのは無謀すぎる・・・)
小国なのに秦と魏と楚に囲まれてますね。こりゃ早晩滅びるね。

資料 from wiki(画像も)

韓國國土主要包括今山西南部及河南北部,初都陽翟(今河南省許昌市禹州),滅鄭國後遷新鄭(今河南鄭州新鄭)。






■大父 dàfù 祖父
■韓昭侯 韓昭釐侯(?-前333年),名武。前362年─前333年在位。戰國時代韓國的第六任君主。
■韓宣惠王 韓威侯,即韓宣惠王(?-前312年),戰國時期韓國君主,韓釐侯之子,在位21年。
■襄哀王 韓襄王(?─前296年),原名韓倉,在位期間楚攻韓雍氏城五個月
■韓釐王(?-前273年),韓襄王之子,名咎。
■韓悼惠王 韓桓惠王(?─前239年)


大父開地,相韓昭侯、宣惠王、襄哀王。父平,相釐王、悼惠王。

(日)祖父の張開地は韓の昭侯、宣惠王、襄哀王の相でした。父の張平は相釐王、悼惠王の相でした。



張パパはウィリアム・チョンみたいな名前ですね。(無関係)
相っていうのは総理大臣のことでいいのかな。


■卒 zú 死亡
■年少 niánshào 年纪轻
■宦 huàn 官,做官:官~。仕~。~海。~游。


悼惠王二十三年,平卒。卒二十歲,秦滅韓。良年少,未宦事韓。

(日)悼惠王の二十三年(BC250年)に父の張平が死にました。張平が死んで20年すると、秦が韓を滅ぼしました(BC230年)。張良は若くてまだ韓の役人になっていませんでした。



wikiによると「前230年:秦滅韓,虜韓王安,以其地置潁川郡。韓亡。」だそうです。
秦が滅びたときパパが亡くなって20年ってことは、張良は少なくとも成人はしてたと思うんですけど、仕事はしてなかったんでしょうか。たぶんニートだったのですね。


■破 pò 打败
■家僮 jiā tóng 亦作“ 家童 ”。 旧时对私家奴仆的统称。
■葬 zàng 掩埋死人,泛指处理死者遗体。
■悉 xī 尽,全:~力。~心。~数(shǔ)(完全列举,如“不可~~”)
■客 指奔走各地从事某种活动的人:说~。政~。侠~。
■刺 暗杀:~客。被~。行~。
■故 gù 原因:缘~。原~。


韓破,良家僮三百人,弟死不葬,悉以家財求客刺秦王,為韓報仇,以大父、父五世相韓故。

(日)韓が敗れると、張良には奴隷が300人いましたが、弟が死んでも葬式も出さず、家財はすべて秦王を暗殺するための刺客の募集に使い、韓のために復讐しようとしました。それは祖父と父が韓で5代の王の宰相を務めたからです。



二人で5代の宰相って在任期間長いですね!選挙がないと任期が長いね。(そこか)
あ、今日の部分終わっちゃった。

まるで自分一人で訳したように見えたかも知れませんが、現代中国語訳を参照にしながら訳しました(ていうか現代中国語を日本語に訳しただけっていうか)。

だから答えだけは分かるのですが、どうしてそうなるのか分からない。特に文法部分。
上の部分でも

家財求客刺秦王
大父、父五世相韓故。

とどっちも“以”があるけど、どうしてこんなところに“以”があるの?これ何?
そういえば「古漢語字典」を持ってたんだった、と思い出して引いてみると


・动词。用,任用,使用。
・介词。把。
・介词。因。由于。

と載ってました。
“悉以家財求客刺秦王”は現代中国語訳が“用全部財產尋求勇士謀刺秦王”なので動詞の「使う」なのかな。介詞の“把”ではなさそう。
“以大父、父五世相韓故”のほうは介詞の「因。由于。」ってことですね。


これが現代中国語訳です。

白話:
侯張良,他的先人是韓國人。祖父開地,做過韓昭侯、宣惠王、襄哀王的相。父親平,做過釐王、悼惠王的相。悼惠王二十三年(前250),父親平去世。張良的父親死後二十年,秦國滅亡了韓國。張良當時年紀輕,沒有在韓國做官。韓國滅亡後,張良家有奴僕三百人,弟弟死了不厚葬,用全部財產尋求勇士謀刺秦王,為韓國報仇,這是因為他的祖父、父親任過五代韓王之相的緣故。



原文の注釈(史記の注釈か?)だけネットに載ってましたのでつけておきます。しかしあまり役にたたない。
文法説明もしてほしい。

〔一〕索隱韋昭云「留,今屬彭城」。按:良求封留,以始見高祖於留故也。正義括地志云:「故留城在徐州沛縣東南五十五里。今城內有張良廟也。」
〔二〕索隱漢書云字子房。按:王符、皇甫謐並以良為韓之公族,姬姓也。秦索賊急,乃改姓名。而韓先有張去疾乃張譴,恐非良之先代。
〔三〕索隱良既歷代相韓,故知其先韓人。顧氏按:後漢書云「張良出於城父」,城父縣屬潁川也。正義括地志云:「城父在汝州郟城縣東三十里,韓(里)〔地〕也。」
〔四〕集解應劭曰:「大父,祖父。開地,名。」
〔五〕集解韓系家及系本作桓惠王。
〔六〕索隱謂大父及父相韓五王,故云五代。


こんな感じでできれば来年のドラマ開始までに読み終わりたいと思います。

ところで韓の始祖って韓厥なんですね。
映画《趙氏孤児》で魔性のヒロイン屠岸賈に利用されるだけ利用されてボロ雑巾のように捨てられてたあの人。
韓は美人の名産地ってことでよろしいか。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]