タグ:電視劇 楚漢伝奇 ( 42 ) タグの人気記事
|
|
2014年 02月 15日 |
もし趙高様が化粧品のイメージキャラに起用されたら




こんな感じかしら?





楚漢伝奇フォトブックには美容液サンプルつけてほしいです。
冬はお肌が乾燥する。




あのシリーズを恒例紙芝居にしてみました

趙高様のビューティアドバイス



しばらくお休みをいただきます。
楽しい雨水(かな?)をお過ごしください。






今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 02月 09日 |
第76集


蕭何(楊立新)と項伯(許毛毛)が和平交渉をしているようです。
蕭何が陳勝呉広の乱から始まってこれまでの経緯をダイジェストで説明してくれるので途中で寝そうになりました。


おたくの王が先に約束を破ったんでしょともっともな項伯兄。



あ、良殿いたんだ!



呂雉(秦嵐)が釈放されて帰ってきました。
奥様の足を洗う劉邦(陳道明)。
このドラマではほのぼのの場面ですが《王的盛宴》の同じシーンはホラーだった。



なんかまた悩んでるらしい韓信(段奕宏)



劉邦軍はバケーションでした。休んでばっかりな気がするけどこの人たち。



真剣に聞く鉄牛かわいい



陽夏城とかいうところでまた篭城してるらしい劉邦軍。この人たち休憩ばっかり。



同じことの繰り返しで盛り上がらないドラマだ・・・


第77集


項羽(何潤東)は最後まで戦う覚悟です。
めったにないピーターのキャプチャ



一方、陽夏の良殿のおうちでは・・・



ずいぶん貧しげな家です。しかも張良(霍青)は病気のようです。



項伯(許毛毛)が面会に来ました。



自分で水を入れる項伯




張良は水で乾杯します。
病気だからか貧乏だからかよく分からない。



死ぬ前に張良と会って一緒に水(笑)を飲めてよかったと喜ぶ項伯



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

昭和時代のお二人





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


楚が負けても居候させてあげるって意味でしょうか。




二人の間にある一文字、それは・・・



“義”の一字。
“転生”かと思ったわ(→一文字じゃないし)



項羽にバレました。



項伯は張良から韓信たちにワイロをつかませて寝返りさせるよう提案されたようです。
良殿は劉邦を裏切るつもりなのか?



しかし項羽は“鼠首両端の張良め!”と怒りだします。
首鼠两端(首鼠兩端)  shǒu shǔ liǎng duān 在两者之间犹豫不决右动摇不定。


“即使韩王成死了,他复韩的心一刻也未死。”(韓王成が死んでもやつの韓国再興の心は死んでいないのだ。)
項羽は韓王成を殺したことを後ろめたく思ってたんでしょうか。あの韓王を今でも覚えててくれるってけっこういいひとですね。
さらに張良は韓信たちとこっそり手を組んで韓国再興をしようとしていると断言する項羽。

もしかして項羽だけが張良の真の目的に気づいていたんだろうか?と思ったのですが、単に項羽の人材ファイル情報がアップデートされてないだけなのかも知れません。

項羽が怒って項伯を下がらせたので、劉邦を倒す最後の秘策は採用されませんでした。
たぶん張良はわざと項羽を激怒させて、韓信と敵対させようとしたんですね。





劉邦が自分のやり方(項伯とこっそり会って入れ智恵した)をとがめず、項伯を殺さずにいてくれることに感謝する良殿。



良殿は病気で退職したようです。



上記の内容を再度ご本人が説明してくれました。



そのころ項伯は悩んでました。
自分のせいで項家は滅亡するのだろうか・・・




とか言ってるうちに良殿は危篤です。
場面構成バランス悪過ぎるドラマですね。



劉邦は張良の献策を採用して韓信にどっさり褒美をやりました。



ついに天下が太平になると喜ぶ張良。
まだ項羽生きてるけどな。



張良が去っていったのでレビューもここで終わります。
長らくのご愛読ありがとうございました。




(今日のおまけ)

楚漢が急に終わってしまったのでおまけも最終回です


虞美人の何気ない一言で



誰がリー軍のスパイか気づいてしまったフーみん



乗馬姿がうるわしい参謀長



恋のライバルに銃を借りる参謀長



GXXは欠点たくさんあるけど、美的感覚だけは褒めてあげたい。



落馬しちゃった。
“参謀長参謀長参謀長参謀長”




旅長のキャプチャ撮り忘れた・・・



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 02月 04日 |
<今日の成語>

“分我杯羹fēn wǒ bēi gēng”
羹:肉汁。楚、汉相争时,刘邦答项羽的话。比喻从别人那里分享一分利益。
《史记·项羽本纪》:“吾翁即若翁,必欲烹而翁,则幸分我一杯羹。”

父親を釜茹でにするぞと項羽に脅された劉邦が「オレのオヤジはお前のオヤジだ、オヤジを煮るならオレにもスープを一杯分けてくれ」と答えた故事から。
情にもろい項羽は自分の親と思うと茹でる気をなくしちゃったという美談のようですが、劉邦は本気でパパを見殺しにするつもりだったんじゃないの?と疑っています。


第73集

おれにもスープを分けてくれ



項伯さーん(許毛毛)



項羽はパパを殺すのをやめました。
劉邦にそんな脅しは通じないのに。敵の性格の分析がまったくできていない楚軍。



恒例コマ送り



コマ送り




コマ送り



コマ送り



コマ送り



脳筋には勝てない。
“打不過”可能補語の否定形です、このまま覚えましょう



項羽なんてちっとも怖くないもんねー
“一点”が重音ですよ



良殿無言のツッコミ顔



楽しそうな会議中



劉邦は項羽を怒らせるために侮辱的な手紙を書きます。
書記は張良(霍青)。



適当に訳もつけてみました
“项羽小儿(項羽の小僧)
你不是力大能扛鼎吗?(鼎をかつげるくらい力持ちなんだよな?)
我佩服你。(すげえよ)
可是现在怎么样啊?(でも今のありさまはどうした?)
你这个双脚陷在泥潭里,滋味如何呀?(泥の中に両足突っ込んだ気分はどうだ?)
关在笼子的老虎,不如一只老鼠。(檻の中のトラはネズミよりみじめだよな)
钉在地上的草蛇,不如一截草绳。(地面に釘付けのヘビより縄のほうがましだ)

ダオミンすごいシークレットシューズ



你说得没错。(お前の言う通りだ)
我是一个闾左无赖,我就不跟你打。(オレはただのチンピラさ、だからお前と戦ったりしない)



我困死你。耗死你。拖死你。急死你。(お前を閉じ込めて、へとへとにして、焦らせてやる)



我汉军粮草充足,我耗得起。你耗得起吗?(漢軍はたっぷり食糧がある。食べ物はいくらでもある。お前の食糧は足りるのか?)
最后,(そして最後には)
我是气死你的!(怒りのあまり死ぬことになるぞ!)”



“我是气死你的!”を「オレはお前を怒らせて死なせる」と解釈したのですが(气死するのは項羽)、もしかして「オレはお前に死ぬほど腹を立てている」(气死するのは劉邦)ってことなんでしょうか?
困死、耗死、拖死、急死ときて、最後に气死で本当に死んじゃうってことなのかと思うんですけど。


書きあがったお手紙を送ります。
劉邦は自分で射るわけじゃないんですね。遠くまで矢を飛ばせる兵士を募集してました。
項羽なら自分でやりそう。ボスが自分でなんでもやってしまっては部下が成長しません。



読めない。
たぶんさっきの文面を文語っぽくしてみたのではないでしょうか。と思うがぜんぜん違う文章のような気もする。



劉邦調子のりすぎ



良殿も調子のりすぎ



項羽が怒って射た矢が劉邦に当たりました。
「シークレットブーツに当たったぞ!」
厚底靴でよかったね、劉邦さん。



本当は内臓に命中してました。
蕭何(楊立新)を大急ぎで呼びつける良殿。



(両個妃子といってもこの二人ではありません)



コマ送り



良殿は漢王の旗を貸してほしいといいます。



鐘離昧(葉鵬)を投降させようと説得してました。




第74集


蕭何(楊立新)は張良が鐘離昧をやっつけたことを褒めてます。



劉邦の怪我を治すための時間かせぎだったんですね



夜中というのに戚夫人(湯嬿)が訪ねてきました、だめだよ奥さん~



困る良殿



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

公安時代のお二人@《蒼天有眼》







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


みんながどうしていいか決められないので薄姫(徐揚)が劉邦の矢を抜くことを決定。男前。





第75集

また悩んでるらしい韓信



韓信が援軍を出さないので困ってる劉邦。
ただ寝そべってるだけなのに美しい道明。
ダオミン爺は自分を美しく見せる方法を知り尽くしていると思った。



項羽が劉邦の病状を知ったら攻撃してくるかも知れないのです。



劉邦は「しばらく休憩」宣言。



良殿は何かに気づいてるようです。



劉邦の作戦は盧綰(王継世)をスパイとして項羽のもとに送り込むことだった。
しかし盧綰ごときのクサい芝居にだまされる項羽って本当に頭脳戦に向いてないですね。可哀想になってきました。



虞子期(楊梓鐸)がお使いに来ました。



奇麗な顔だな。





(今日のおまけ 旅長&参謀長)

超萌の第20集
お煮しめのような色のキャプチャが続きますが、貴女のPC・スマホ等の色彩調整機能がおかしくなったわけではありません。

リー軍待ち伏せの報告を受ける旅長



旅長は「竜紹欽(参謀長の恋敵)に任務をまかせたい」と遠慮がちに言うのですが



「絶対ダメ!」と光速で拒絶する参謀長。



びっくりしてる旅長かわいい・・・



睨む参謀長。こわいよ~



しかし旅長も「竜紹欽(参謀長の恋敵)以外に人材はいない」と強硬です。



旅長に「竜紹欽(参謀長の恋敵)に意地悪するのは痴情のもつれだろ」と指摘されて「仕事とプライベートをごっちゃにしないでくれ」と怒る参謀長。
楽し過ぎるドラマ・・・



本部からの命令書を見せて旅長を従わせようとする参謀長。萌えるわ。。。



古人有句、将在外君命有所不受。
(いつも構文が分からなくなるのですが「将在外/君命/有所不受」ですね



部下に参謀長を拘束させようとする旅長。



兵士の銃を奪い取って電気の笠を打ち落とす参謀長。



電球のかけらが旅長の頭にぶつかったような気がするが・・・大丈夫だったのかしら・・・心配。



「黄埔(国民党軍の士官学校)の六期生の中では私だって有名なスナイパーだった。
蒋校長(蒋介石)じきじきにお褒めの言葉をいただいたこともある」



だから参謀長が自分で部隊を指揮したいってことだったようです。
よう分からんわーこのドラマ。



しかしストーリーとは無関係にうるわしい東呉二人組。
「竜紹欽(参謀長の恋敵)を疑うのは嫉妬のせいじゃないって証明してみせるから!」
・・・かわいいよ参謀長。



果たして参謀長の恋の行方は・・・?待て次回!



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 31日 |
馬到成功!













画像縮小を忘れてました。
このまま年賀状にお使いいただけます(サイズ的に)


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 28日 |
<今日の成語>

“蹑足附耳” niè zú fù ěr
踩人足以示意,附耳说悄悄话。
《史记·淮阴侯传》:“汉王大怒,骂曰:吾困于此,旦暮望若来佐我,乃欲自立为王!张良、陈平蹑汉王足,因附耳语曰:汉方不利,宁能禁信之王乎?不如因而立,善遇之,使自为守。不然,变生。”


つ・い・に!たどりつきましたよ“蹑足附耳”に!!
過去記事
漢張良蹑足附耳



第70集


なんだか無理やり山道をピクニックしている
こんな場面必要なのか・・・?



韓信は劉邦の疑惑を払拭するために斉を攻めることにしたらしい。
斉って漢の内部闘争調整のために存在しているのだろうか。



うさぎぴょこぴょこ



韓信はとうとう出兵しました。



しかし怒っている劉邦。酈食其が和平交渉してるのに攻撃したので怒ってるらしい。
韓信は出撃してもしなくても怒られる。



“怨不得韓信。”(韓信をうらむことはできない)
可能補語の否定形です、時代劇によく出てくるのでこのまま覚えましょう。
“怨不得”(恨むことができない、責めることができない)に似た補語に“恨不得”がありますが、こちらは「~したくてたまらない」の意味なので注意が必要です。



停戦の命令をだしましたが“来不及了。”可能補語の否定形です、このまま現代でも使えます。




第71集

斉と楚が連合して喜ぶ良殿



韓信は自分の重要性をアピールしてきてるようです。



さよなら龍且将軍




第72集

韓信が斉“仮”王になりたがったので怒る劉邦。分かりやすい反応。



準備~



踩っ!



何踏んでるんだ!?
踩我幹嗎?



良殿こわい・・・




まだ踏んでる(キャプチャいりませんでしたか)



踏み終わりました



しずしずと下がっていく良殿がおかしい。
陳平は踏まなかった



仮王なんてとんでもない真王にしてやる!だそうです。賢いね。



韓信は無事に王様になれそうです



良殿・・・



めでたしめでたし





さっきは失態をさらしちゃった?と聞く劉邦に
「でもとっさに上手にごまかしましたね」
と褒める良殿



良殿が斉王の印鑑を持ってきてくれました


馬に乗れる良殿。この衣装初めてみた



そんなに仲良しだったのか?









良殿は乱世の処世術を語って帰っていきました





(おまけ 今日の参謀長)

恋のライバルと話し合う参謀長(右が恋敵)



恋敵を褒め称える参謀長



微笑む参謀長



突然ブーツの裏を掃除しはじめる参謀長。何この人・・・



右足も掃除しはじめる参謀長。



今度は服のゴミを取りはじめる参謀長。



たまにはウチにも遊びに来てね、と捨て台詞を残して去っていく参謀長(←絶対行きたくない)
イヤミを言いに来ただけだったようです




(今日のぴー公子)

やけどの跡が痒くてたまらないらしいフーみん



前にもありましたねこういう場面
 《光栄歳月》 第2集




さわやか八路




(今日の趙高様)

趙高様と合作中の旅長
スパイが情報を漏らしているので相談しています



眼鏡の下の素顔はお美しかった趙高様






萌えるツーショット





(おまけ 今日の旅長&参謀長)

手元にあったキャプチャを適当に混ぜてみたらこんなものが出来た





















・・・自分だけ楽しんでごめん・・・


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 24日 |
猛スピードで見たのでストーリーが分からなくなった。
今日も不要なおまけがあります。


第63集

投降してきた英布(胡東)は劉邦に冷たくされて自刎しようとする。




川島君をふと思い出した。(無関係)




英布は劉邦(陳道明)と仲直りしたようです。



項羽が攻めてきました。(いま何の戦いとかまったく不明)



盧綰lúwǎn(王継世)は自分で項羽を見たというのですが、本当は旗を見ただけです。
実際には項羽は斉(地名(笑))を攻撃しているところで、范増が項羽がいるふりをしているだけだと指摘する張良(霍青)。



でっかい良殿



項羽軍に勝ちました。旗を火葬にする漢のみなさん。





第64集

韓信が趙と戦ってたようです。


第65集


項羽が攻めてきました。
劉邦がエサになってそのあいだに韓信が諸侯をつぶす作戦のようです。
陳平はセリフないけどいつもいい位置につけている。



盧綰はいつのまに良殿の家にあがりこんでお酒を飲ませてもらう仲になったんだ・・・



良殿は盧綰の悩みを見抜いていた。



へそくりを勝手に引き出して陳平にあげて奥さんに怒られる劉邦さん




第66集

項伯さ~ん(許毛毛)



龍且さ~ん(范雨林)




第67集

項羽軍はなんかたいへんなことになってるみたいですがよく分かりません。



第68集

劉邦は本当にエサになってしまいました。



楚では范増が死んじゃったようです。



てっきり「死んだフリ」かと思ったら本当に死んじゃったんですね。
自暴自棄になった項羽が攻めてきました。



范増って「え、ここで?」と思うくらいアンチクライマックスなところで退場してしまうんですね。
楚軍は今後は全員脳筋体制。
心配ですね。



(おまけ 今日のぴー公子)

楚漢よりおまけのほうが楽しいのはブログ主だけですか?


フーミンが訓練してるところに虞美人が来ました。



虞美人は國軍の英雄と熱愛しているのですが、フーミンが嫉妬のあまり趙高様に密告したのです。
↑何のことやらさっぱり分かりませんね



恋のライバルはプチブルのお坊ちゃんなのです(項羽ではありません)
早く目を覚ますんだ虞美人!



(おまけ 今日の趙高様)

笑顔がかわいいフーミン



フーミンの成長を喜ぶ趙高様



同志と団結することを学びました





(おまけ 今日の旅長&参謀長)


この部分を截図(キャプチャ)してるうちに何のドラマを見ているのかふと自分を見失いました。
いま《マオズードン》でも旅長と参謀長が並んで登場してるのですが、美しさがぜんぜん違う。
やっぱり東呉は國軍だ!と思いました。










旅長「話があるなら言いたまえ」



参謀長「こんなことを言うのは不適切かも知れませんが・・・」



参謀長は國軍の英雄(恋のライバル)が死んでせいせいしたわいと言ってました。正直です。



旅長は「君って本当に冷たい男だな」とあきれてました。



参謀長の恋敵=フーミンの恋敵なのです。
(抗リー劇のふりをした多角恋愛ドラマ)



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 23日 |
《大秦帝国》を見てるとよく「三晋」という言葉が出てきます。
晋が3つあるのかと思っていたら、そうじゃなくて趙・魏・韓のことだそうです。

もともと晋という国があったのですが、家臣の趙さんと魏さんと韓さんがお家を乗っ取って自分たちの国を建国しちゃって晋はなくなっちゃったんですって。
だから趙・魏・韓は国名と君主の姓が同じなんですね!

その後、もと晋だった三カ国を「三晋」と呼ぶそうです。「もと晋」のほうが分かりやすいのに。
晋がどうしてそんなに簡単に乗っ取られたかというと「驪姫の乱」のあと、公室の公子たちを殺してしまい、公族がいない状態だったの。そこを重臣たちにつけこまれたらしいです。
馬鹿息子でも活かしておけば他人の防御柵くらい役には立つって教訓なのでしょうか?


ところで趙さんと韓さんって名前に聞き覚えがあると思ったら、チェン・カイコーの映画《趙氏孤兒》ですね。
あの映画は分割される前の晋の話だったんですね。(←いまごろ分かった)
いかにもバカ殿っぽい殿が晋の霊公だそうです。
鮑國安が趙盾、趙文卓が趙朔。黃曉明が韓厥。魏さんは登場しなかったようです。

映画では語られてませんが、韓厥は早くに父を失って趙盾に育てられたんですって(とウィキに書いてある)。それで趙家の敵討ちを手伝っていたんですね。鮑國安老師が黃曉明を育てたなんて想像するだけで萌える設定です。


あ、霊公を演じてた彭波は《大秦帝国之縦横》で楚懐王(すげカワイイ)を演じてる人でした。
バカ殿専属俳優なのでしょうか。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 21日 |
陳道明の病気で上演中止になっていた《喜劇的憂傷》が2月から再開するようです。
道明爺はもう恢復したんでしょうか。早く元気なお姿が見たいですね。


今日もおまけがあるのかしら?と期待してくださっている貴女のために今日も(不必要な)おまけをご用意しました。



第60集

陳平が(張金元)戚夫人と如意に出会い、如意に「帝王之相」があると宣言。
この人がそんな余計なこと言ったせいで後で悲惨な事件が引き起こされるんですね。


如意は新版三国のちび孫権。



陳平は才能はあるけど金に汚いので劉邦(陳道明)に教訓教訓される。
実は戚夫人に聞かせるためにわざと大騒ぎしている劉邦。



韓信のことで張良(霍青)が呼ばれてきたようです。
盧綰lúwǎn(王継世)はこのごろ良殿と仲良しですね。



張良は5日前に韓信にお手紙を出して帰ってくるように伝えました。



韓信の悪口を言う盧綰たち。
場を和ませるために「女でもできたのかな?」とジョークを言ってみる劉邦。



領導の寒いギャグにも微笑んであげる優しい良殿。



蕭何(楊立新)が喋ってる隙に手づかみで食べ物を詰め込む良殿。
この場面みんな自分のセリフがないときはモグモグ口を動かしてて可笑しかった。
陳平はセリフないのでずっとモグモグだった。



張良に任務を与える劉邦。







任務とはホワイトカラー層の求人。



今日の良殿は可愛いな。



張良にお手紙をもらって悩む韓信(段奕宏)



良殿のお手紙を(出したあとでいまさら)添削する劉邦。



たぶん書き方が上手すぎて劉邦の真意を分かってもらえないってことなんでしょう。
しょぼーん。
文書は発信前に上司にチェックしてもらいましょうね。




おれが自分で書いたらどうかな?と言い出す劉邦。字書けるのか・・・



ダメってこともないですけど・・・
(良殿は不満なのか?)



劉邦に何を書けばいいか聞かれて、私なら
「自分で書くなら自分で考えろよ」
などと冷たく答えるところですが、良殿は
「文体はどうでもいいですが」(←どうでもよくないんじゃ?)


「時間と場所、そして彼に何をさせる予定かをはっきり書きましょう」
5W1Hはビジネス文書の基本ですネ!


今日の良殿は本当に可愛いな。



いよいよ筆を執る劉邦。身を乗り出して見守る良殿。




「・・・韓信の韓ってどう書くの?」



がちょーーーん



日本人同士でもそうですが、中国人もよく「○△の○ってどう書くんだっけ?」とお互いに聞いてます。
ここでのポイントは「○△の」と二文字で聞くところだと思う。
「○ってどう書くの?」と言われても「え?どの○?」ってなるから。


これが出来上がったお手紙。私には宛先の「韓信」しか読めません。




第61集


戻って来た韓信は劉邦に尋問される。
外でヒソヒソ話ながら待ってる皆さん。(←中国人は黙って待ってられない)
誰と誰が仲良しなのか注目すると面白い。



誤解は解けたようです。よかったね。



そのころ魏の都大梁では薄姫(徐揚)が人相を見てもらってました。
あなたの子供は天子になり、あなたは“母儀天下”するでしょうと予言される薄姫。



大梁は今の開封のことで、魏は秦(キャプテン商鞅)に負けて大梁に遷都してからは梁とも呼ばれるそうです。
名前はどれか一つにしてくれんかな・・・

天子のパパになれると喜ぶ魏豹(徐錦江)。かわいいよガムコン様。




ある日良殿が歩いていると、随何(楊雨橙)が劉邦のことを喋っていました。



指が奇麗。
随何と何か議論でもするのかと思ったらあっさり去って行った。



酈食其が魏豹の説得に失敗。



その間に張良は随何を採用してたようです。



随何は英布の説得に旅立って行った。
馬年なのでキャプチャってみました。馬到成功!






(おまけ 狙撃手)

今日も冷酷そうな参謀長


この子は楚漢で崇信を演じてた張新華じゃないかしら。國軍だったのね。
リー軍の指揮官の話を立ち聞きして告げ口しに来た。


「お前はいつ日本語を習ったんだ?」
あ、リー軍のスパイってばれちゃった。


直立不動で電話する旅長



今日も横目づかいが素敵な旅長



(おまけ 趙高様劇場)

今日も優しそうな趙高様



國軍の銃には照準鏡(って言うの?)がついてるのをうらやましがるフーみん



又来了。フーみんはいつもこの話ばっかりしてる



段旅長と参謀長が所属してるのは「新八旅(新第8旅団?)」、趙高様とフーみんは「八路(八路軍林団)」なんですけど、耳で聞くと「八旅」「八路」が似過ぎてて混乱する。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 18日 |
「もしかしてこのブログのドラマレビューって《楚漢伝奇》じゃなくて《張良伝奇》なんじゃないの?」と気づいた貴女、新年から冴えてますね。

 
最後にまた(不必要な)おまけがついています。
楚汉传奇_百度百科


第57集

楚軍に追い詰められた劉邦。
夏侯嬰に「保護着子房」(子房を守れ)と命じるところがカッコいい。
でもあの良殿は一人でも大丈夫じゃないかな。以前崖から落ちても生きてたし。



生きていたらナーリナーリ(忘れた)で、死んだら来世で会おう!
後ろの夏侯嬰がやけに男前



かよわそうな顔をしてみる良殿



魏豹は薄姫の入れ知恵で楚軍に変装して逃げました。
この人の先祖が魏恵王なのね。納得。



韓信は楚軍を防げなかったことを後悔。



楚軍につかまっちゃった呂雉。美しい。



龍且も美しい。
これは恋の予感・・・
と思ったのに何もなかった。んもう堅パパってば脳筋なんだから




第58集

良殿無事だったようです。
「托主公的福,我倒是還好」(殿のおかげでまあまあ良いです)
“托你的福”(おかげさまで)って中国語講座のいちばん最初に習ったのですが、実際に使う中国人をいま初めて見た。


良殿はとっさに一部の兵馬を率いて敵軍を突破したらしい。
(夏侯嬰は良殿に置いていかれたようです)

沛県に帰って来ました。




第59集

劉邦はすっかり沛県の一庶民に戻ってしまいました。
篭城(というかただの引きこもり)すると聞いて驚く張良。
陳平も心配しています。


張良に相談に来た盧綰。





しかし良殿は自分は謀士に過ぎない、漢王には心を癒す薬が必要だというのです。




部屋の中から劉邦が「何か言いたいことがあるのか?」と声をかけるが、「今は聞いていただけないでしょう」とクールな良殿。



このあと盧綰は劉邦の部屋に入り、張良は「早く休め」と言われて屋外の闇にとどまる。
ここの距離感がけっこう好き。張良はいつまでも「よそもの」なんだなーと思えて。



盧綰は嫉妬深くて嘘つきで欠点も多いけど、可愛いところもある。




蕭何が来ました。めちゃくちゃ怒られる劉邦。



盗み聞きしてる良殿。



張良に見られてるのに気づく劉邦。すごく冷たい目をしてるところが素敵な良殿。
次の瞬間には張良の姿は消えている。
何この思わせぶりな演出・・・




やっとやる気出ました



可愛い・・・



劉邦の周囲は王座に着くことを望んでいます。
弟兄たちに「即位式を待っててくれたんだろ?」と聞く劉邦。
みんなが笑顔で「そうです」と答えると、「即位式はできないよ」


良殿もびっくり


上目づかいも可愛いな


突然これまでの総括を始める劉邦。ひとり総集編。


一番バッターは良殿


鴻門宴の回想



虚名ではなく実を取ろうという結論らしい



いやーすごい迫力でした。そして領導のお話は長かった。




(おまけ 趙高様劇場)

朝のコーヒータイムを楽しむ趙高様


フーみんが「火焼屁股」したように駆け込んでくる
フーみんの屁股はとっくに皮も中身も焼けちゃったらしい(何その比喩)


フーみんは字を知らないので趙高様に代筆をお願いに来たみたい


趙高様可愛いな~



(おまけ2)

参謀長~


深刻そうな顔して何かと思ったら旅長が他の兵士ばっかりえこひいきするので文句つけにきた参謀長


えこひいきは自分でも分かってるのでとっさに言い返せない旅長


上司の権威をふりかざしてみる


殿に言いつけちゃうもんね~


勝手にどうぞ!



《そげきしゅ》は零死角に面白い


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 12月 31日 |
今年最後の記事がこれってどうなんでしょうか。
趙高信者小Qがお送りする趙高様劇場。

大晦日にチョウコ(趙高様@女子力超高)がゴンジュー(晨曦公主@愛称なし)にビューティアドバイス。




チョウコ「うそ、あきらめちゃうわけ?」



ゴンジュー「だって大晦日に行けるサロンを大晦日に見つけるなんてムリでしょ?」



チョウコ「そこはネット予約じゃないかしら?」






きらり~ん
(切り抜き下手ですまん)



ゴンジュー「夕方空いてる」



今日行けるサロンもネット予約《楚漢伝奇》


チョウコ「間にあったじゃん」(・・・って結婚式?)





ネットでこんなに素敵なお写真を見つけました





今年もお世話になりました。みなさま良いお年を!


今年の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]