タグ:英語教材 ( 172 ) タグの人気記事
|
|
2015年 07月 10日 |
見てきました「スカイライト」。
ビル・ナイ様(どうしても様をつけてしまう)出演の二人劇。

ナショナル・シアター・ライヴ2015 公式サイト



とても簡単に言うと元不倫の関係にあった恋人同士がもういちど一夜をともに過ごす。よりを戻すことはできるのか?という話です。

ナイ様は妻がありながら若い部下に手をだして、結局はどちらも失ってしまう自分勝手な夫役。
商才があって、センスもよく、最高のものに囲まれて生きている。
妻にも愛人にもひどい仕打ちをしておきながら、両方から許され愛されたいと思っている虫の良い男です。

自分のことしか考えていないのに、ナイ様が演じるとなぜか憎めないチャーミングな初老に見えてしまう。危険です。

ヒロイン役のキャリー・マリガンも可愛いし、ナイ様の息子役の子もとても良かった。
悲劇ですが救いのあるラストでほっとしました。



こんなに素晴らしいお芝居をたった3000円で日本で楽しめるのは本当にありがたいことです。
しかしそれでも文句が言いたい。

今回は梅田で見たのですが、上映期間が6日しかない。最終日直前に気づいたけど、あやうく見逃すところでした。
公式ツイッターは一般人の感想しかツイートしてこない。素人の感想より、見込み客に早めにスケジュールをお知らせするのがツイッターの役割なのでは。

一日一回しか上映がなく、それも夜だけ。3時間近くあるので終わると遅くなってしまう。田舎者は終電間に合わない・・・もうちょっとフレキシブルな時間にならないものか。

そんなに長いのにさらに予告が15分もあってじりじりしながら開演を待つのが苦痛。
ロンドンのウェストエンドのお芝居を楽しみにわざわざ夜遅くに来る客に日本のアニメやアイドル映画の予告を見せても宣伝効果は薄いのでは。予告で客の反感を買ってどうする、これ見たいなと思う予告編を選ぶべきなんじゃないかと思いました。

唯一客席に反応があったのは「ミッション:インポッシブル」でサイモン・ペグの顔がアップになったときだった。


せっかく良いプログラムを持っていながら宣伝が下手すぎて集客につながっていないのが惜しすぎる。正直客の入りもよくなかったし、宣伝担当はもうちょっと工夫と努力をしましょうよ、と思いました。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 07日 |
良い映画なのに、そしてアカデミー主演女優賞受賞作なのに上映している映画館が少なくて哀しい。


ジュリアン・ムーア演じるアリスが50歳の若さでアルツハイマーにかかる話。
著名な大学教授としてのキャリアも、幸福な結婚も、才能あるこどもたちもすべてを持っていたのに、すべてを失ってしまう。

彼女が人生を失うまいともがき苦しむ姿は見ているほうも辛いのですが、闘病生活のなかにも幸福な時間はあって救われた気分にもなります。

ラストはハッピーエンドではないのですが、すべてが終わりというラストでもなく、生きている限り終わりはないんだなと感じました。



言語学者だったアリスが英単語を忘れて「綴りは?」と聞く場面が何度も出てきます。
忘れたことをごまかそうとこっそりネットで検索するんだけど、英語は音と綴りが一致していないから(特に学術用語は)聞いたとおりの音を入力してもなかなか正解にたどりつかない。
英語って不便だ。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 05日 |
いまごろやっと読みました。
表紙は表がシャーロック、裏がジョンです。ジョンが渋くてすてき。





シリーズ1からふりかえってみてあらためて国外ではほとんど無名の俳優ふたりが主役を演じたドラマが世界的に大ヒットしたすごさを感じました。
もはや誰でも知ってるベネディクトのことも最初に見たときは「誰?これ?」状態だったもんなあ。

脚本家や俳優のインタビューも面白いのですが、視覚効果の話も興味深い。
いまではもう慣れて当たり前のように感じてしまいますが、はじめてあのスピード感のある映像をみたときは衝撃的だった。メールの文面が画面にそのまま表示される斬新さにも本当に新しいドラマがはじまったんだとワクワクしたのを思い出しました。

ロケの多くがカーディフで行なわれたというのも知りませんでした。
しかし市民はふだんからドクター・フーのロケとかで慣れているらしい。うらやましい。


写真もきれいでさすがお値段だけのことはあるお値打ち本です。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 03日 |
「銀河ヒッチハイクガイド」の映画版を見たとき
「こんな話だったかな?でももうだいぶ前に読んだから記憶が間違ってるのかもな」
といぶかしく思ったのですが、スティーヴン・フライの朗読版を聞いてみたら、映画とはまったく違う印象でとても驚きました。
映画版もそれなりに楽しめたのですが、原作のいちばん面白い部分は再現できなかったのですね。

過去記事
「銀河ヒッチハイク・ガイド」映画版DVD観賞



朗読バージョンはAudibleで無料お試しもできるようです。
The Hitchhiker's Guide to the Galaxy


本題ですが、スティーヴン・フライは朗読が本当に上手い。
アーサーの家が破壊される前あたりまでのいちばん笑える部分、文章で読んでももちろん面白いのですが、本物の英国人が喋っているのを聞くと、あの場面の何がそれほど可笑しいのか、日本人にも耳で理解できるところが驚きです。

説明下手ですいません。でも本当にすごい朗読なんです。
そしてスティーヴン・フライが特別に素晴らしいのは、声に嫌なところがまったくないんです。
私だけでなくたぶん誰が聞いても心地よい声なんだと思う。
だってBBCのラジオでスティーヴン・フライが登場するときはツイッターで絨毯爆撃のようにお知らせが投下されるんですもの。BBCラジオどんだけフライ好きなの・・・


Stephen Fryといえば英国の国宝として有名らしく英辞郎には

national treasure
国宝(級のもの)、人間国宝(並みの人)◆英国では特に、女優のJudi Denchやコメディアン・小説家のStephen Fryのこと。



と語釈があるほどです。

ウィキペディアにも


Notable national treasures
Comedian, actor, author and director Stephen Fry, (略) have in several high-brow non-industry-specific publications been referred to as United Kingdom national treasures.



国宝についてテレグラフの記事

Stephen Fry gives some Quite Interesting answers

How do you feel when people call you a national treasure? Answer truthfully.
Well, a part of me is completely delighted. How could I not be? It is a great and touching compliment. But another part is scared stiff. There's no way but down from such a dizzy pinnacle of public regard. Plus, it's not very... edgy, is it?
I mean, no one calls Keith Richards a national treasure and a small part of me wonders why I can't manage to be just a dash more - you know - dangerous. Oh, well. As Clint Eastwood says in Magnum Force: "A man's gotta know his limitations."




国宝の朗読を何時間も楽しめるなんてすばらしい。
どうせ聞き流すならビジネス英会話より国宝の朗読。


■Stephen Fry : animated music video : MrWeebl
人間国宝スティーヴン・フライの歌




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 01日 |
Studyplus

によると

英語: 9時間47分
中国語: 1時間10分

・・・え?これだけ?
何やってたんだろう?(記憶喪失)

<6月のふりかえり>

あんまり勉強しなかったという印象はあるのですが、ここまでさぼっていたとはねえ。

■「攻略!英語リスニング」
今年度から科学記事に力をいれるそうでとても興味はあるのですが、テキストを買ってないのでちんぷんかんぷん。


■「実践ビジネス英語」
ウメムラ他若手は全員ミレニアム世代だったらしくひそかにショックを受けています。マクミラン声がおっさんくさいのに若かったのね。


■Get Rid of Your Accent Advanced Level Pt. 2
やり直し中。ちょっとがんばって22章までやりました。
ゆっくり話すために、「,」のところで「one」と言い、「.」のところで「one two three」と言う。すごく実用的。(だがすっかり忘れていた)


■A Practical English Grammar
進んでない。


■キクタン英検準1級―聞いて覚えるコーパス単熟語
2周目。45日目まで。


■ BBC Learning English 6 Minute English
あまり進まなかった。
貧乏と金持ちの扉、髭ブーム。
髭を愛する人のことをなんとかファイルって言うんですって(忘れた)。

pogonophile。
pogonoがヒゲのこと。


■中国語 閲読
《三体》 劉慈欣
131ページまで終了。

ついに宇宙に向けて中国がメッセージを発信するところへたどりつきました。
しかしその出だしが
「このメッセージを受信した宇宙人のみなさん、請注意」
で爆笑してしまった。

中国の公共交通機関とかでよく「乗客のみなさん、請注意」ってアナウンスしてるのを思い出した。

■中国語 音読練習
《普通話水平測試手冊》
たぶん4周目。作品35まで終了。ストップ中。


■「外国人漢語学習難点全解析 1」 北京語言大学
122ページまで。ストップ中。


■「古代漢語研読」 清華大学理工科
68ページまで。ストップ中。


<7月の学習方針>

■「攻略!英語リスニング」
科学記事をがんばりたい。

■「実践ビジネス英語」
7月はピアソンについて考察してみたい。(持ち越し)

■Get Rid of Your Accent Advanced Level Pt. 2
ぼちぼちやります。


■A Practical English Grammar
これもぼちぼちと。

■キクタン英検準1級―聞いて覚えるコーパス単熟語
2周目。いいかげん終わらせたい。

■中国語 音読練習
《普通話水平測試手冊》
リストアップだけしとくけどたぶん何もしないでしょう。


■中国語 閲読
《三体》 劉慈欣
ネビュラ賞とれなかったみたい。俺のせいか・・・ごめん。

■「外国人漢語学習難点全解析 1」 北京語言大学


■「古代漢語研読」 清華大学理工科


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 06月 28日 |
オックスフォード辞書のブログ
をときどき読んでいます。

いつでも複数にする12の単語」とか非ネイティブには役立つ記事がいろいろ。


旧聞に属すのですが、
「2014年OEDに収録された新語」という記事があります。
Oxford Dictionaries update May 2014


スラングもOxford Dictionariesに入ったよというお知らせなのですが、トップバッターが

ship


この解説を読んで始めてrelationshipの省略だと知りました(romantic relationshipの略だという説もあるらしい)

定義は

A romantic pairing between two characters in a fictional series, often one that is supported or portrayed by fans rather than depicted in the series itself:



辞書の解説は分かりやすいですね。
例文が笑える。ていうかいいのか辞書にこの例文。

the thing that I loved about the Mulder/Scully ship was that we knew so much about their characters



本文の説明中にも

fan fiction
Fiction written by a fan of, and featuring characters from, a particular TV series, film, etc.


とかゆいところに手の届く記事でした。

slash
も新語に入った模様。

slash
A genre of fiction, chiefly published in fanzines or online, in which characters who appear together in film, television, or other popular media, are portrayed as having a sexual, especially homosexual, relationship:



あと

omakase
(In a Japanese restaurant) a type of meal consisting of dishes selected by the chef:


という英単語があるらしく、そういえばDworinのfan fictionでスシ食べる場面にomakaseって出てきたわ~。

いやいろいろ勉強になりました。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 06月 19日 |
(タイトルは釣りです)



TOEIC目標900などとうそぶいていたのですが、残念ながら力およばず。
でも仕事で必要な「十分なコミュニケーションレベル」のスコアはクリアしたので、これでTOEIC挑戦も終わりです。ちょっと名残惜しいですね(嘘)。


スコアを見てちょっと驚いたのですが、リスニングとリーディングが同点でした。
通常日本人はリスニングのほうが高いと思います。自分のこれまでのスコアもリスニングのほうがだいぶ高かった。
なぜ今回に限ってリーディングの成績が良かったのだろうか?
単純に問題が簡単だったのかも知れませんが、ふりかえってみると、ここ一年ものすごい大量の英語の文章を読んでるんですよ。これまでの人生の9割くらいの英文が過去一年に集中してるのではないかと。


理由は・・・
お分かりですね。スラッシュ小説です。(はいタイトル釣りでした)

海外のファンフィクションって大作が多く、とにかく長い。
Dworinは大長編はあまりないようですが(そもそも書く人も少ないし、読者も少ないから・・・)、それでも外国人には十分長い。

ファンフィクは身も蓋もない言い方をすれば「素人の書いた恋愛小説」なので、水準もまちまち。
ざっと目を通して、自分の好みの作品かどうかできるだけ早く見極める必要があります。(全部読むだけの時間も体力もなし、あまりにえげつないのを読んでしまうと精神的ダメージも大きい)


この「ざっと読んでみる」を繰り返すことで、TOEICに必要とされる以下の項目が鍛えられると思われます。

■「文書の中の情報をもとに推測できる」→dworinってタグだけど実は隠れバギンシールドじゃないのか?(非常によくある)

■「ひとつの文書の中でまたは複数の文書間でちりばめられた情報を関連付けることができる」→うーん、たとえばマハルって一般に言うアウレのこととかそういうのかな。うまい例が思いつかない。よくViliって呼ばれてる金髪のドワーフはDis姫の夫かな、とか?

■「文書の中の具体的な情報を見つけて理解できる」→具体的っていうか、Dwalinは taller dwarf(背が高いほうのドワーフ) とか older dwarf(年上のほうのドワーフ)と表現されることが多いのですが、こういう代名詞的な表現は慣れるまで誰を指してるか非英語圏の人間には分かりにくい。この文脈だとThorinはshorter dwarf(背がひくいほうの) とかyounger dwarf (若いほうの)になる。

■「語彙が理解できる」→専門用語多いから・・・人生に不要な単語をいろいろ覚えた。
有用だと思ったのはsibling(きょうだい)、spouse(配偶者)。こんな単語あるなんて知らなかった。

■「文法が理解できる」→書き手が英語ネイティブでないことも多く、構文を理解するのに手間取ることも。
でも、他のファンのために母語じゃない英語でがんばって書こうという心意気が美しくありがたい。



・・・何が書きたかったか分からなくなってしまった・・・
もうすぐDworin Weekなのでいてもたってもいられないブログ主の荒れ狂う心境をお察しください。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 06月 18日 |
SFマガジン 2015年 04 月号(品切れ中)の「ハヤカワSF文庫総解説PART1」で懐かしいSF作品に再会し、もういちど読んでみたくなりました。

とくにエリザベス・A.リンの「アラン史略」のタイトルを見たとたん、若かりしころの思い出が・・・
・・・・・・よみがえりません・・・・・・
すごく好きなシリーズだった気がするのに抜群に面白かったことしか思い出せない。

近所の図書館には三部作のうち一冊しかなく、amazonをチェックしても古書ばかり(当然か)。
かつて置き場所に困って処分した本をまた古本で買いなおすというのもどうだろうか・・・自分の売った本かも知れんし・・・
とためらいながら、ふと魔が差してkindleをチェックしてみたら、原書がありました。
しかも一冊500円というお買い得価格。全シリーズ揃えても1500円。そのうえ本棚の負担にならず、おでかけさきで時間があまったときにも気軽に読める電子書籍。



これは「北の娘」ペーパーバックのカバー。
かっこいい。日本版のカバーもとても素敵です。


というわけで記憶の底に眠っていた絶版本も1秒待たずに読める便利な世の中ですが、まあたぶん当分読まないでしょう。

ダウンロードしただけでふたたび眠りにつくこのような本のことをなんと呼ぶのだろうか?
「積ん読」ならぬ「ダウンロー読」?



「ハヤカワSF文庫総解説PART1」は品切れになるのも納得の面白さでした。
目録とか総解説ってなんでこんなに読むのが楽しいのでしょうね。

私も「Dworin ファンフィクション全解説」書くねん!と心に誓った時代があったことを思い出しました。
Dworin Weekまでに着手できるといいな(需要なし)。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 06月 01日 |
Studyplus

によると

英語: 7時間15分
中国語: 40分
ロシア語: 4時間1分


<5月のふりかえり>

中国語40分って何!?と自分で驚いてログ確認したら《三体》を読んでたんでした(途中でギブアップしたので忘れてた)。


■「攻略!英語リスニング」
kindleでテキストが100円くらいになってたので買ってみました。
しかしNHKのテキストって、紙のテキストをそのままPDFだか画像だかに変換しただけなんですね。
洋書のkindle版が読みやすいフォントで辞書機能とかも使えてその便利さに慣れてるので、NHKテキストkindle版はとても読みにくく感じられました。
テキストの読みにくさのせいにするのもどうかと思いますが、そういうわけで一回分しか聞いてない。挫折。


■「実践ビジネス英語」
イギリスからサンドラ・グレアムとかいうハンニバル登場人物の姉かと思わせられる新キャラがやってきたのですが、1週間だけしか出番がなかったようで残念です。
ものすごく静かで聞いてると寝てしまいそうな喋り方がウィル・グレアムの親戚っぽかったのですが。

(今月の脳内設定)
公式をご存知ない向きは過去記事をご参照ください。
デンマーク出身のビル・ニッセンは幼少のころ両親とともにアメリカに移住したため、故郷のことはあまり覚えていない。
夏休みになんどか帰郷したことがあるが、すっかりアメリカっ子として育ったニッセンにはフライフィッシングの毛鉤つくりや薪割りといった地味なアクティビティは退屈に感じられたものだった。
近年シリアルキラー精神科医ドラマの流行のため、デンマークに脚光があたるようになり、同僚から
「デンマークでは●●を日常的に食べるのか?」
「男性のおしゃれ着はジャージの上下なのか?」
などと非常識な質問を受けるようになり迷惑している。


■Get Rid of Your Accent Advanced Level Pt. 2
やり直し中。lesson14まで終了。
って一ヶ月で一課しか進んでないのか。


■A Practical English Grammar
進んでない。


■キクタン英検準1級―聞いて覚えるコーパス単熟語
2周目。15日目くらい。


■NHKラジオ まいにちロシア語 2014年4月~9月
ついに終了しました。
本当に聞き流してただけです。
でも、毎回講師の先生のロシアのお話が面白く、無知な私には新鮮でした。


■ BBC Learning English 6 Minute English
アクセスするたびに違う言語設定になっていて戸惑う。
BBC Learning English 6 Minute English


中国の象を救う、ワイアレス家具、宇宙の第一歩
象さんのときは中国人が中国語でインタビューされていたのですが、ものすごい南方方言な農民の中国語にBBC英語の通訳がかぶさっていて奇妙でした。


■中国語 閲読
《三体》 劉慈欣
74ページまで終了。
周文王かわいかった。
文革のところでストップ中。


■中国語 音読練習
《普通話水平測試手冊》
たぶん4周目。作品35まで終了。ストップ中。


■「外国人漢語学習難点全解析 1」 北京語言大学
122ページまで。ストップ中。


■「古代漢語研読」 清華大学理工科
68ページまで。ストップ中。


<6月の学習方針>

■「攻略!英語リスニング」
次回のテキスト買うかどうか考え中。


■「実践ビジネス英語」
6月はピアソンについて考察してみたい。(持ち越し)


■Get Rid of Your Accent Advanced Level Pt. 2
ぼちぼちやります。


■A Practical English Grammar
これもぼちぼちと。


■キクタン英検準1級―聞いて覚えるコーパス単熟語
2周目。できれば今月終わらせたい。


■中国語 音読練習
《普通話水平測試手冊》
リストアップだけしとくけどたぶん何もしないでしょう。


■中国語 閲読
《三体》 劉慈欣
ネビュラ賞発表までに読み終わりたいと気持ちだけはあせっています。

Nebula Awards
The Three-Body Problem, Cixin Liu ( ), translated by Ken Liu (Tor)


■「外国人漢語学習難点全解析 1」 北京語言大学


■「古代漢語研読」 清華大学理工科



画像勝手にすいません。
人間国宝がジャージonジャージでばっちり決めるお洒落天国デンマーク




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 05月 30日 |
前の回が終わるのを待っていたら、出てくる人出てくる人パンフ売り場へ駆けて行くので何かと思った。そして自分も見終わったあとパンフを買いに走りました。愛と手作り感あふれる良いパンフレットです。




オフィシャルサイト


コピペ開始

1984年、不況に揺れるイギリス。サッチャー首相が発表した20カ所の炭坑閉鎖案に抗議するストライキが、4カ月目に入ろうとしていた。ロンドンに暮らすマークは、その様子をニュースで見て、炭坑労働者とその家族を支援するために、ゲイの仲間たちと募金活動をしようと思いつく。折しもその日は、ゲイの権利を訴える大々的なパレードがあった。マークは「彼らの敵はサッチャーと警官。つまり僕たちと同じだ。いいアイデアだろ?」と、友人のマイクを強引に誘い、行進しながらさっそく募金を呼びかけるのだった。


コピペ終わり


ゲイの権利運動っぽい話かと思っていたのですが、私には女性の社会参加について考えさせられる映画でした。


このあいだリバイバル上映してた「リトル・ダンサー」と同じく炭鉱ストライキ時代が舞台です。

ロンドンからウェールズの炭鉱しかない田舎村に最先端のゲイの活動家がおしかけてきて、ともに戦おう!とよびかける。
田舎の素朴なおっちゃんおばちゃんたちは最初はびっくりするけど、話してみると奇抜なファッションの兄ちゃん姉ちゃんもハートはあったかくていいやつらだった。と、生活環境も思想も教育レベルもまったく異なるひとたちが親交を深めていく様子に大笑いしつつ、ほろりとさせられる。

ウェールズのおばちゃんたちがいいんですよ。
アメリカ映画だったら登場しないような個性的な容貌(婉曲表現)の女性ばかりで、ほんとに田舎くさいのですが、行動力があって芯の強い女性たち。舞台出身の人が多いのか(←パンフにもほとんど名前が載ってなくてプロフィールが分からない)、みなさんとてつもない演技力です。

なかでもロンドンのアートっぽいフラットに泊まった女性が、壁紙をなでながら
「ローラ・アシュレイだわ、カーディフで見たことがある」
とつぶやく場面。カーディフが彼女にとっての唯一の都会で、お洒落なインテリアなんかとは無縁の人生だったことがこの一言で分かるすごく上手いシーンでした。
こういう細かい場面が丁寧に描かれててみごたえがあります。


演技は本当に全員超絶に上手いのですが、なかでもビル・ナイ(大好き)は、ただ立っているだけで彼の中から人生が流れ出してくるような存在感が際立っていました。どうやったらあんなことができるのか不思議でたまらない。ほんとに立ってるだけなんですよ。

ビル・ナイが「炭鉱は自分たちの歴史だ。炭鉱がなくなれば村もなくなる」という場面があって、これまで内心「炭鉱なんて危険で汚いだけの仕事なんてやめて都会で働いたほうがいいのに、どうせ時代遅れの業界なんだから」と思っていた自分が恥ずかしくなりました。
そしてまったく無関係ながらドワーフが他の種族から暗い地下で石ばっかり掘ってとさげすまれても山を離れないのは、山こそがドワーフの文化だからなのかと気づいてこれも目からウロコです。お山がなければドワーフも存在する意味がないのですね。トールキンって意外に分かってる男だったんだな。誤解してたよごめん。



個人的にすごく驚いたのが、クライマックスのロンドンでの資金集めライブ。ブロンスキ・ビートの曲が流れてました。
あとでパンフを読んだら、このライブは実際にブロンスキ・ビートがメインで開催されたコンサートだったんですって。ライブのタイトルが「炭坑夫ちゃんと変態ちゃん"Pits and Perverts"」と強烈にしゃれがきいてていかすのです、しかも頭韻を踏んでいる。

このころのイギリスのミュージシャンってやけに労働者の連帯とか歌ってましたが、本当に炭鉱ストを応援してたんですね。数十年前の音楽シーンの記憶が、現実のイギリス労働史とやっと繋がってそういうことだったのか!!と目からウロコというか自分って何も知らずに音楽聴いてたんだなということに驚きました。

そしてエンディングで流れてきたのがザ・コミュナーズのFor A Friendだったのです。
そういえば当時のCDの解説に「友人の追悼のために書かれた曲」ってあったわ!とこれまた数十年ぶりに記憶がよみがえってきたりして。(そんなささいなことを思い出したのにも驚いた)

その「友人」というのがこの映画の登場人物なんですね、本当に実話がもとになってるんだなあ。
と、ジミくんの
As I watch the sun go down, watching the world fade away
All the memories of you come rushing back to me
という歌声を聴きながら、私もいろんな記憶がラッシュバックしてきた感慨深い映画でした。



で、イギリスって労働者が連帯してていいなと思ったすぐあとに保守党が圧勝したので、それもまた驚きです。
どこの国もきれいごとばかりじゃないんですね。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]