タグ:英語教材 ( 156 ) タグの人気記事
|
|
2015年 06月 19日 |
(タイトルは釣りです)



TOEIC目標900などとうそぶいていたのですが、残念ながら力およばず。
でも仕事で必要な「十分なコミュニケーションレベル」のスコアはクリアしたので、これでTOEIC挑戦も終わりです。ちょっと名残惜しいですね(嘘)。


スコアを見てちょっと驚いたのですが、リスニングとリーディングが同点でした。
通常日本人はリスニングのほうが高いと思います。自分のこれまでのスコアもリスニングのほうがだいぶ高かった。
なぜ今回に限ってリーディングの成績が良かったのだろうか?
単純に問題が簡単だったのかも知れませんが、ふりかえってみると、ここ一年ものすごい大量の英語の文章を読んでるんですよ。これまでの人生の9割くらいの英文が過去一年に集中してるのではないかと。


理由は・・・
お分かりですね。スラッシュ小説です。(はいタイトル釣りでした)

海外のファンフィクションって大作が多く、とにかく長い。
Dworinは大長編はあまりないようですが(そもそも書く人も少ないし、読者も少ないから・・・)、それでも外国人には十分長い。

ファンフィクは身も蓋もない言い方をすれば「素人の書いた恋愛小説」なので、水準もまちまち。
ざっと目を通して、自分の好みの作品かどうかできるだけ早く見極める必要があります。(全部読むだけの時間も体力もなし、あまりにえげつないのを読んでしまうと精神的ダメージも大きい)


この「ざっと読んでみる」を繰り返すことで、TOEICに必要とされる以下の項目が鍛えられると思われます。

■「文書の中の情報をもとに推測できる」→dworinってタグだけど実は隠れバギンシールドじゃないのか?(非常によくある)

■「ひとつの文書の中でまたは複数の文書間でちりばめられた情報を関連付けることができる」→うーん、たとえばマハルって一般に言うアウレのこととかそういうのかな。うまい例が思いつかない。よくViliって呼ばれてる金髪のドワーフはDis姫の夫かな、とか?

■「文書の中の具体的な情報を見つけて理解できる」→具体的っていうか、Dwalinは taller dwarf(背が高いほうのドワーフ) とか older dwarf(年上のほうのドワーフ)と表現されることが多いのですが、こういう代名詞的な表現は慣れるまで誰を指してるか非英語圏の人間には分かりにくい。この文脈だとThorinはshorter dwarf(背がひくいほうの) とかyounger dwarf (若いほうの)になる。

■「語彙が理解できる」→専門用語多いから・・・人生に不要な単語をいろいろ覚えた。
有用だと思ったのはsibling(きょうだい)、spouse(配偶者)。こんな単語あるなんて知らなかった。

■「文法が理解できる」→書き手が英語ネイティブでないことも多く、構文を理解するのに手間取ることも。
でも、他のファンのために母語じゃない英語でがんばって書こうという心意気が美しくありがたい。



・・・何が書きたかったか分からなくなってしまった・・・
もうすぐDworin Weekなのでいてもたってもいられないブログ主の荒れ狂う心境をお察しください。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 06月 18日 |
SFマガジン 2015年 04 月号(品切れ中)の「ハヤカワSF文庫総解説PART1」で懐かしいSF作品に再会し、もういちど読んでみたくなりました。

とくにエリザベス・A.リンの「アラン史略」のタイトルを見たとたん、若かりしころの思い出が・・・
・・・・・・よみがえりません・・・・・・
すごく好きなシリーズだった気がするのに抜群に面白かったことしか思い出せない。

近所の図書館には三部作のうち一冊しかなく、amazonをチェックしても古書ばかり(当然か)。
かつて置き場所に困って処分した本をまた古本で買いなおすというのもどうだろうか・・・自分の売った本かも知れんし・・・
とためらいながら、ふと魔が差してkindleをチェックしてみたら、原書がありました。
しかも一冊500円というお買い得価格。全シリーズ揃えても1500円。そのうえ本棚の負担にならず、おでかけさきで時間があまったときにも気軽に読める電子書籍。



これは「北の娘」ペーパーバックのカバー。
かっこいい。日本版のカバーもとても素敵です。


というわけで記憶の底に眠っていた絶版本も1秒待たずに読める便利な世の中ですが、まあたぶん当分読まないでしょう。

ダウンロードしただけでふたたび眠りにつくこのような本のことをなんと呼ぶのだろうか?
「積ん読」ならぬ「ダウンロー読」?



「ハヤカワSF文庫総解説PART1」は品切れになるのも納得の面白さでした。
目録とか総解説ってなんでこんなに読むのが楽しいのでしょうね。

私も「Dworin ファンフィクション全解説」書くねん!と心に誓った時代があったことを思い出しました。
Dworin Weekまでに着手できるといいな(需要なし)。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 06月 01日 |
Studyplus

によると

英語: 7時間15分
中国語: 40分
ロシア語: 4時間1分


<5月のふりかえり>

中国語40分って何!?と自分で驚いてログ確認したら《三体》を読んでたんでした(途中でギブアップしたので忘れてた)。


■「攻略!英語リスニング」
kindleでテキストが100円くらいになってたので買ってみました。
しかしNHKのテキストって、紙のテキストをそのままPDFだか画像だかに変換しただけなんですね。
洋書のkindle版が読みやすいフォントで辞書機能とかも使えてその便利さに慣れてるので、NHKテキストkindle版はとても読みにくく感じられました。
テキストの読みにくさのせいにするのもどうかと思いますが、そういうわけで一回分しか聞いてない。挫折。


■「実践ビジネス英語」
イギリスからサンドラ・グレアムとかいうハンニバル登場人物の姉かと思わせられる新キャラがやってきたのですが、1週間だけしか出番がなかったようで残念です。
ものすごく静かで聞いてると寝てしまいそうな喋り方がウィル・グレアムの親戚っぽかったのですが。

(今月の脳内設定)
公式をご存知ない向きは過去記事をご参照ください。
デンマーク出身のビル・ニッセンは幼少のころ両親とともにアメリカに移住したため、故郷のことはあまり覚えていない。
夏休みになんどか帰郷したことがあるが、すっかりアメリカっ子として育ったニッセンにはフライフィッシングの毛鉤つくりや薪割りといった地味なアクティビティは退屈に感じられたものだった。
近年シリアルキラー精神科医ドラマの流行のため、デンマークに脚光があたるようになり、同僚から
「デンマークでは●●を日常的に食べるのか?」
「男性のおしゃれ着はジャージの上下なのか?」
などと非常識な質問を受けるようになり迷惑している。


■Get Rid of Your Accent Advanced Level Pt. 2
やり直し中。lesson14まで終了。
って一ヶ月で一課しか進んでないのか。


■A Practical English Grammar
進んでない。


■キクタン英検準1級―聞いて覚えるコーパス単熟語
2周目。15日目くらい。


■NHKラジオ まいにちロシア語 2014年4月~9月
ついに終了しました。
本当に聞き流してただけです。
でも、毎回講師の先生のロシアのお話が面白く、無知な私には新鮮でした。


■ BBC Learning English 6 Minute English
アクセスするたびに違う言語設定になっていて戸惑う。
BBC Learning English 6 Minute English


中国の象を救う、ワイアレス家具、宇宙の第一歩
象さんのときは中国人が中国語でインタビューされていたのですが、ものすごい南方方言な農民の中国語にBBC英語の通訳がかぶさっていて奇妙でした。


■中国語 閲読
《三体》 劉慈欣
74ページまで終了。
周文王かわいかった。
文革のところでストップ中。


■中国語 音読練習
《普通話水平測試手冊》
たぶん4周目。作品35まで終了。ストップ中。


■「外国人漢語学習難点全解析 1」 北京語言大学
122ページまで。ストップ中。


■「古代漢語研読」 清華大学理工科
68ページまで。ストップ中。


<6月の学習方針>

■「攻略!英語リスニング」
次回のテキスト買うかどうか考え中。


■「実践ビジネス英語」
6月はピアソンについて考察してみたい。(持ち越し)


■Get Rid of Your Accent Advanced Level Pt. 2
ぼちぼちやります。


■A Practical English Grammar
これもぼちぼちと。


■キクタン英検準1級―聞いて覚えるコーパス単熟語
2周目。できれば今月終わらせたい。


■中国語 音読練習
《普通話水平測試手冊》
リストアップだけしとくけどたぶん何もしないでしょう。


■中国語 閲読
《三体》 劉慈欣
ネビュラ賞発表までに読み終わりたいと気持ちだけはあせっています。

Nebula Awards
The Three-Body Problem, Cixin Liu ( ), translated by Ken Liu (Tor)


■「外国人漢語学習難点全解析 1」 北京語言大学


■「古代漢語研読」 清華大学理工科



画像勝手にすいません。
人間国宝がジャージonジャージでばっちり決めるお洒落天国デンマーク




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 05月 30日 |
前の回が終わるのを待っていたら、出てくる人出てくる人パンフ売り場へ駆けて行くので何かと思った。そして自分も見終わったあとパンフを買いに走りました。愛と手作り感あふれる良いパンフレットです。




オフィシャルサイト


コピペ開始

1984年、不況に揺れるイギリス。サッチャー首相が発表した20カ所の炭坑閉鎖案に抗議するストライキが、4カ月目に入ろうとしていた。ロンドンに暮らすマークは、その様子をニュースで見て、炭坑労働者とその家族を支援するために、ゲイの仲間たちと募金活動をしようと思いつく。折しもその日は、ゲイの権利を訴える大々的なパレードがあった。マークは「彼らの敵はサッチャーと警官。つまり僕たちと同じだ。いいアイデアだろ?」と、友人のマイクを強引に誘い、行進しながらさっそく募金を呼びかけるのだった。


コピペ終わり


ゲイの権利運動っぽい話かと思っていたのですが、私には女性の社会参加について考えさせられる映画でした。


このあいだリバイバル上映してた「リトル・ダンサー」と同じく炭鉱ストライキ時代が舞台です。

ロンドンからウェールズの炭鉱しかない田舎村に最先端のゲイの活動家がおしかけてきて、ともに戦おう!とよびかける。
田舎の素朴なおっちゃんおばちゃんたちは最初はびっくりするけど、話してみると奇抜なファッションの兄ちゃん姉ちゃんもハートはあったかくていいやつらだった。と、生活環境も思想も教育レベルもまったく異なるひとたちが親交を深めていく様子に大笑いしつつ、ほろりとさせられる。

ウェールズのおばちゃんたちがいいんですよ。
アメリカ映画だったら登場しないような個性的な容貌(婉曲表現)の女性ばかりで、ほんとに田舎くさいのですが、行動力があって芯の強い女性たち。舞台出身の人が多いのか(←パンフにもほとんど名前が載ってなくてプロフィールが分からない)、みなさんとてつもない演技力です。

なかでもロンドンのアートっぽいフラットに泊まった女性が、壁紙をなでながら
「ローラ・アシュレイだわ、カーディフで見たことがある」
とつぶやく場面。カーディフが彼女にとっての唯一の都会で、お洒落なインテリアなんかとは無縁の人生だったことがこの一言で分かるすごく上手いシーンでした。
こういう細かい場面が丁寧に描かれててみごたえがあります。


演技は本当に全員超絶に上手いのですが、なかでもビル・ナイ(大好き)は、ただ立っているだけで彼の中から人生が流れ出してくるような存在感が際立っていました。どうやったらあんなことができるのか不思議でたまらない。ほんとに立ってるだけなんですよ。

ビル・ナイが「炭鉱は自分たちの歴史だ。炭鉱がなくなれば村もなくなる」という場面があって、これまで内心「炭鉱なんて危険で汚いだけの仕事なんてやめて都会で働いたほうがいいのに、どうせ時代遅れの業界なんだから」と思っていた自分が恥ずかしくなりました。
そしてまったく無関係ながらドワーフが他の種族から暗い地下で石ばっかり掘ってとさげすまれても山を離れないのは、山こそがドワーフの文化だからなのかと気づいてこれも目からウロコです。お山がなければドワーフも存在する意味がないのですね。トールキンって意外に分かってる男だったんだな。誤解してたよごめん。



個人的にすごく驚いたのが、クライマックスのロンドンでの資金集めライブ。ブロンスキ・ビートの曲が流れてました。
あとでパンフを読んだら、このライブは実際にブロンスキ・ビートがメインで開催されたコンサートだったんですって。ライブのタイトルが「炭坑夫ちゃんと変態ちゃん"Pits and Perverts"」と強烈にしゃれがきいてていかすのです、しかも頭韻を踏んでいる。

このころのイギリスのミュージシャンってやけに労働者の連帯とか歌ってましたが、本当に炭鉱ストを応援してたんですね。数十年前の音楽シーンの記憶が、現実のイギリス労働史とやっと繋がってそういうことだったのか!!と目からウロコというか自分って何も知らずに音楽聴いてたんだなということに驚きました。

そしてエンディングで流れてきたのがザ・コミュナーズのFor A Friendだったのです。
そういえば当時のCDの解説に「友人の追悼のために書かれた曲」ってあったわ!とこれまた数十年ぶりに記憶がよみがえってきたりして。(そんなささいなことを思い出したのにも驚いた)

その「友人」というのがこの映画の登場人物なんですね、本当に実話がもとになってるんだなあ。
と、ジミくんの
As I watch the sun go down, watching the world fade away
All the memories of you come rushing back to me
という歌声を聴きながら、私もいろんな記憶がラッシュバックしてきた感慨深い映画でした。



で、イギリスって労働者が連帯してていいなと思ったすぐあとに保守党が圧勝したので、それもまた驚きです。
どこの国もきれいごとばかりじゃないんですね。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 05月 01日 |
Studyplusによると

英語: 13時間50分
中国語: 0分
ロシア語: 5時間45分

ついに中国語を一分も学習しなくなってしまった・・・もうこのままサヨナラなのか・・・


<4月のふりかえり>

アウトランダーで忙しかったような気がするけどもうあまり思い出せない。


■「攻略!英語リスニング」
女性朗読者の方ってもしかしてJR西日本の英語アナウンスもしてるんじゃないだろうか・・・環状線の案内の明るい声が似てる・・・
テキストを買わなくなったらまったく理解できなくなりました。
今までは分かったつもりになってただけなのね。


■「実践ビジネス英語」
このプログラムは2週間(6日間)1セットで、最初の5日間はビニエット(スケッチのことらしい)、最後の1日が復習とフリートークになっているのです。テキスト買って初めて知りました。

(今月の脳内設定)
私の脳内設定ではパット・マクミランは父スコットランド母アイルランドでロンドン育ち。本名はパトリックなんだけど母方の祖父も母の兄もパトリックなので(そして従兄弟3人もパトリックなので)、区別するためにパットと呼ばれている。子供の頃は近所の悪ガキに「パッツィちゃん」とか「パティちゃん」とからかわれ、アイルランドには複雑な思いを抱いている。大学進学のため父方のクランの本拠地グラスゴーへ送られたが、キルトを穿いて狩にあけくれる伝統的な領主様の生き様を拒否、ワーキングクラスの若者たちとトレインスポッティングな自堕落生活を送っていた。卒業後は英国訛りを隠してNYで働く。
最近のイギリスブームで同僚から「ベネディクト・カンバーバッチのモノマネして」とか言われて迷惑している。
しかし先日のNYキルト行進イベントにはつい懐かしくなってふらっと見にいってしまい、いつのまにか女性のキルトファンが激増していたことに驚く。しかも観客の(次月に続く)


■Get Rid of Your Accent Advanced Level Pt. 2
やり直し中。lesson13まで終了。
ほとんどリエゾンだった。
「RPではRは基本的に発音しないが、母音の前のRは発音するほうが奇麗」という章の練習でハイランダーのごときRを発音できて満足。


■A Practical English Grammar
進んでない。


■キクタン英検準1級―聞いて覚えるコーパス単熟語
1週目終わりました。
2周目開始。Day12まで終了。2回目ともなるとけっこう覚えていて驚き。

■NHKラジオ まいにちロシア語 2014年4月~9月
第54課まで終了。あと2ヶ月分。
しかし本当にただ聞き流しているだけで、まったく身についていない。


■ BBC Learning English 6 Minute English
三人の親、太陽、コーヒー、音楽のない人生。
今月はロブと二ールばっかりだった。ハリーは元気なのかな。


■中国語 音読練習
《普通話水平測試手冊》
たぶん4周目。作品35まで終了。ストップ中。


■「外国人漢語学習難点全解析 1」 北京語言大学
122ページまで。ストップ中。


■「古代漢語研読」 清華大学理工科
68ページまで。ストップ中。


<5月の学習方針>

■「攻略!英語リスニング」
テキストを立ち読みしたら、またも「発音記号掲載のリクエストが多いけど、うちでは載せません」のお知らせが。
発音記号くらい自分で調べるべきだと思うので、掲載しないこと自体はかまわないのですが、なぜ講師の先生が「耳で聞いて分かるのが目的だから発音記号は不要」と主張なさるのか分からない。
私はいまだに耳で聞いて「この音かな」と思っても、辞書の発音記号を見ると違う音でガックリ・・・ということが多々あるのですが・・・
発音記号は読めたほうが便利と思う自分は少数派なのか。(いろんな面で少数派だから別にいいんですが)


■「実践ビジネス英語」
5月はピアソンについて考察してみたい。


■Get Rid of Your Accent Advanced Level Pt. 2
ぼちぼちやります。

■A Practical English Grammar
これもぼちぼちと。

■キクタン英検準1級―聞いて覚えるコーパス単熟語
最初のほうの「めちゃ頻出単語」は終わらせたいな。


■NHKラジオ まいにちロシア語 2014年4月~9月
できれば6月には終わりたいのです。

■中国語 音読練習
《普通話水平測試手冊》
リストアップだけしとくけどたぶん何もしないでしょう。


■「外国人漢語学習難点全解析 1」 北京語言大学


■「古代漢語研読」 清華大学理工科

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 04月 09日 |
バックナンバーですが
S―Fマガジン2014年3月号──2013年度英米SF受賞作特集
を読みました。


アナログ誌読者賞ノヴェレット部門受賞の「九万頭の馬」( ショーン・マクマレン)が面白かった。
ブレッチリー・パークでドイツ軍の暗号を解読する女性数学者が主人公のスパイ小説。
ブレッチリー・パークといえばアラン・チューリングのいた研究所ですね。
天才数学者がメイドに変装してヨークシャーのお屋敷にもぐりこんで若旦那様が作っている秘密の機械を探るのです。ダウントン・アビーSF版みたいな設定です。
恋愛もちょっとあるのですが、そこをもう少し読みたかったわ・・・


この号にはネビュラ賞/ローカス賞ショート・ストーリー部門受賞の「没入」 (アリエット・ドボダール)も掲載されていました。
解説に豆瓣で中国語の公開翻訳を募集してるとあって、そういえばそんなことやってたなと思いだしました。

科幻的盛宴——2012年“星云奖”作品开放试译

“Immersion” by Aliette de Bodard (试译原文)

中国系東南アジア人を思わせるヒロインが銀河で生きるうちに見失った自分を再発見する話で、日本語訳を見ると中国語の単語も混ざってるようです。
これは中国語に翻訳しがいがありそう。
優秀な作品は出版されて報酬も通常よりたくさんもらえる予定だったようですが、結果はどうなったんでしょうね。



いっぽうのS―Fマガジンですが、女性の喋り方がずいぶん古めかしい作品があって(翻訳が悪いとかではなくて女性の口調が奇妙に思えた)、訳者はどんな人だろうと最後のほうにのってる執筆者一覧を見てちょっとびっくり。
S―Fマガジンってなぜか執筆者の生年も掲載されるのですが、多くが1950年代生まれ。若くても1970年代出生でした。

日本の若い人はSF雑誌には書かないのでしょうか。こりゃ隔月間になるはずだ・・・と悲しくなりました。
(という自分も図書館で借りてるのですが)


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 04月 08日 |
アウトランダーを見ようとsohuのサイトをチェックしていたら、いろんなドラマがあるのを発見してしまいました。

気になるのが・・・

漢尼拔 第二季 Hannibal S02

冰血暴 Fargo

疑犯追踪 Person of Interest

権力的遊戯 Game of Thrones



どれも最新話まで配信しているようです。
ひと昔前は海賊版DVDを買わなければ海外ドラマなんて見れなかったのに、いまやネットで誰でも無料で鑑賞できるようになってます。中国市場の勢いってすごい・・・

無料で見れる代償に必ず広告が入るのですが、最近ではドラマの内容に合ったCMになってるようです。
英国ドラマを見ようとするとベネディクト・カンバーバッチが出演してる車の広告が流れてきてむしろ嬉しい。

そういうわけで気になる「ハンニバル」のシーズン2をちょっくらのぞいてみました。

第1話 Kaiseki
第2話 Sakizuke
第3話 Hassun

シーズン1ではいちおう犯罪捜査の体裁を取っていたドラマですが、シーズン2ではもはや何のドラマかよく分かんない。(のは私だけか)

前作の終わりにハンニバルに陥れられて連続殺人犯の濡れ衣をきせられて刑務所に収監されているウィル。
そこへ諸悪の根源ハンニバルが面会に来ます。

ウィルはまだ犯罪のことを考えているようです。
以前は犯罪を再現してみたら自分の声が聞こえたのに、いまや脳の中はハンニバルの声が聞こえてくる。



頭のなかはハンニバルでいっぱい。可哀想なウィル・・・



ハンニバルは友情についてなにやら語ってました。意味分からず。
すごく心配してる親友みたいな顔で語るので腹立ちますね。



ウィルは前シリーズの連続殺人犯人はハンニバルではないかと疑っているのですが、誰も信じてくれません。
ハンニバルに裏切られた気がすると本人に訴えるウィル(ハンニバルしか話を聞いてくれないから)



自分を信じていいよとかぬかしよるハンニバル。




娑婆でのびのび暮らすハンニバルは相変わらずお料理も楽しんでいます。
シーズン2は日本料理がテーマだそうで、ウィルの上司が懐石をご馳走になってました。
中国字幕では隅のほうに懐石について注釈もついてて便利。このドラマで初めて日本料理を知る若い中国人とか出てくるんでしょうか。

ハンニバルが人間の脳みそを料理している場面があって「ぎゃーグロいー!」と思ったら、ウニの殻をはずしてるだけでした。気持ち悪かった(笑)

ハンニバルはウィルの上司(名前忘れた)に自分の叔母murasakiについて話すのですが、中国字幕は「紫氏」になってました。時代劇みたいです。

あとどっかの場面でField KABUKIというセリフが出てきて、中国語訳が「歌舞伎之地」になってたんですけど、カブキ・フィールドとは?何ですか?


ウィルが拘留されているあいだに新たな連続殺人事件が発生します。
FBIの韓国女性がこっそりウィルに事件解決させようとしてるみたいです。
ウィルは得意の脳内再現で事件を解き明かそうとするのですが、なにしろ「満脳子都是ハンニバル」なので、犯人がハンニバル、被害者は自分の再現フィルムになってしまって気色悪い。
このドラマはどういう視聴者を狙っているのか?

ウィルの裁判が行なわれる朝。
おめかしするハンニバルと、こちらもスーツを差し入れてもらって着替えるウィル。スーツ持ってるのか。このスーツもしかしてハンニバルが手配してくれたんだったりして。

ここで二人の着替えが交互に画面に出るのですが(何の必要性が・・・)、動作がぴったりシンクロしてます。ネウタイを首にくるっと回す動きまで同じ。


オペラが流れるなか優雅に着替えるハンニバル。中文字幕は曲名まで教えてくれる。dalla sua paceというのはドン・ジョバンニの曲らしいです。



字幕担当者凝り性やな・・・



シャツをズボンにたくしこむところまで見せてくれました



笑うところなのだろうか・・・


最後はハンニバルはお洒落なカフスをつけて、ウィルはお巡りさんに手錠(ハンドカフ)をつけられて完成。


今季の殺人事件はとにかく気持ち悪くて痛い。前シリーズではまだしもミステリのふりをする気があったと思うのですが、今シリーズはジャンルとしては何なのか?サスペンスラブコメ?

中国語としては
occam's broom
奥卡姆掃箒
という言葉が気になりました。

Occam's Razor
奥卡姆剃刀
の派生語のようです。どっちも意味が分かりません。


このシリーズに本当にリチャードさんが出るのか・・・



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 04月 07日 |
最近「CaptureStream」「ダウンロードできない」の検索ワードで訪問くださる方が増えました。

おお今年も来たか!N●Kさんが語学サイトのダウンロード方法を変更するいけずな季節が(倒置法)

と思って今週分(=先週分)をダウンロードしてみましたが、とくに問題ないようです。
エラーが出る場合は、いちどソフトを削除して再インストールするといいかも知れません(無責任なアドバイス)


詳しくはフォーラムでお尋ねになると良いのでは。
CaptureStream フォーラム


「CaptureStream」のダウンロードは作者の方のページからできます。本当にありがたいソフトです。
CaptureStream ダウンロード


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 04月 02日 |
マーティン・フリーマンがLabourPartyへの投票を呼びかける動画がYouTubeにアップされて話題になってました。

どういう仕組みなのか知らないのですが、最初に出たのがScottishLabourPartyの動画だったのでちょっとびっくり。

The Choice




そのあと普通(?)の英国バージョンも上がってました。

What’s the choice in this election?






もともとデイヴィッド・テナントが出るというのでチェックしたのですが、どどどどこ?と思ったら最後のナレーションがテナントなのだそうです(分からなかった・・・)

スコットランド版は最後のほうに「労働党はスコットランドで生まれた」って言ってるようなんですか、そうなの?と驚きました。
そしてスコッツのほうはすごくスコットランドスコットランド言っててローカライズされてるのが面白い。
テナントのナレーションもより訛ってる気がするが、それは気のせいかも。



イギリスの俳優さんって支持政党をはっきり表明するんだなあと感心したのと、なぜ労働党に投票すべきかの説明がとても具体的で勉強になりました。
マーティンの穏やかで親しみやすい話し方も好感が持てる。
選挙権ないけどあったら労働党に投票しようかなと思うかも知れません。

ここにテキストが一部掲載されてました。

Martin Freeman and David Tennant star in new Labour election broadcast



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 04月 01日 |
Studyplusによると

英語: 14時間11分(TOEIC学習時間含まず)
中国語: 0分
ロシア語: 1時間45分
束: 0分


<3月のふりかえり>

とてもひさしぶりにTOEICを受験。使ってた模試問題集よりリスニングがだいぶ難しく感じました。
読解も読む気になれない文章が多かった。Eメールばっかり・・・


■「攻略!英語リスニング」
テキストを買うのをやめました。講師のお言葉だけ立ち読みで。


■「実践ビジネス英語」
ちょっと人間関係も把握できてきましたよ。


■NHKラジオ  レベルアップ中国語
「間違いのない中国語を目指そう」
楊凱栄先生の新講座。

日本人ビジネスマンが中国でプレゼンの回は、ペラペラの中国語を駆使してアグレッシブ&いい加減にグイグイ攻める日本人と、もうちょっとちゃんとした報告書がほしい・・・と慎重な中国方という珍しいスキットが楽しめました。日本人も中国語が上手になりすぎると思考方法も中国人になるってことでしょうか。


■Get Rid of Your Accent Advanced Level Pt. 2
やり直し中。lesson5まで終了。
シュワーや弱音が面白い。


■A Practical English Grammar
222ページまで終了。
不定詞がとても興味深いのですが・・・寝てしまう・・・同じページを何度も読んでる。


■キクタン英検準1級―聞いて覚えるコーパス単熟語
Day60まで終了。
イディオムになったら急にすごくスローテンポになって気持ち悪い。


■Classic Love Poems read by Richard Armitage
終わりました。リチャードさんの声はほんとうにステキだった。


■NHKラジオ まいにちロシア語 2014年4月~9月
6/29 第28課まで終了。
ただテキストを開いて聞いてるだけ。


■ BBC Learning English 6 Minute English
貧富の格差、チャーチル、安全なパスワード、自撮棒。
どれも最近の事情が分かって面白かった。
しかしハリーが子持ちと分かってしまってショック(悲)。


■中国語 音読練習
《普通話水平測試手冊》
たぶん4周目。作品35まで終了。ストップ中。


■「外国人漢語学習難点全解析 1」 北京語言大学
122ページまで。ストップ中。


■「古代漢語研読」 清華大学理工科
68ページまで。ストップ中。


<4月の学習方針>

■「攻略!英語リスニング」
4月からも朗読者の男女は同じ方だそうです。
うーん・・・男性も女性も声が苦手と気づいてしまってちょっとやる気を失っています。
講師の先生(日本人)の英語の発音のほうが好きだ・・・

朗読をベネディクトカンバーバッチに担当してもらったら、視聴率めちゃくちゃ上がるうえに日本人(とくに女性)の英語の発音が驚異的に上手くなる気がする。
女性はマギー・スミス様に読んでいただきたいです。


■「実践ビジネス英語」
テキストも買ったので続けて聞きます。


■ BBC Learning English 6 Minute English
続けて聞きます。初回は「三人の親からの子供」トレンディですな。


■NHKラジオ  レベルアップ中国語
4月からは再放送のようなので休憩。


■Get Rid of Your Accent Advanced Level Pt. 2
ぼちぼちやります。

■A Practical English Grammar
これもぼちぼちと。

■キクタン英検準1級―聞いて覚えるコーパス単熟語
今月には終了予定


■中国語 音読練習
《普通話水平測試手冊》

中国語はもう二度とやらないのだろうか?(自問)


■「外国人漢語学習難点全解析 1」 北京語言大学


■「古代漢語研読」 清華大学理工科


■NHKラジオ まいにちロシア語 2014年4月~9月
6月くらいまではやりとげたい・・・



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]