タグ:英語教材 ( 171 ) タグの人気記事
|
|
2017年 04月 09日 |
(自分用メモなのでお構いなく)

今日は二日目にしてすでに重大歴史的イベント連発です。

朗読版の良いところは、メイスターに個人教授してもらってる気分になれるところです。
声が年配男性なのも雰囲気が盛り上がりますね。

前回記事


今日の進み具合:
チャプター9から10まで。

「一万隻の船」

このお話の主役はナイメリア(Nymeria)。
アリア・スタークのダイアウルフの名前でもあります。ドラマ見たときはなんのこっちゃと思いましたが、背景にはこんな歴史物語が。

ロイン(Rhoyne)の人々は迫りくるヴァリリア帝国の脅威に立ち向かおうと兵を集めます。
プリンセス・ナイメリアは反対しますが、多勢に無勢、開戦となりました。
しかしドラゴンを駆使するヴァリリアにはひとたまりもなく、ロイン人は絶滅。
ナイメリアは生き残った女こどもや老人を率い、一万隻の船で放浪。

大船団のようですが、軍艦ではなく漁船や筏をかき集めたというのがリアル。旅の途中でグレイスケールにかかって命を落とす者も出たりして、さりげなく風土病の説明も。

艱難辛苦の末、ロイン人たちはウェスタロスの端っこのドーンにたどりつきます。
当時のドーンはアンダル人の諸侯がケチな争いを繰り広げる田舎だったようです。
プリンセス・ナイメリアはモース・マーテルと結婚。

船を焼いて不退転の覚悟を示すナイメリア。破釜沈船の故事ってウェスタロスにもあるのね。

ナイメリアの連れてきたロイン人のうち八割は女性でしたが、彼女たちはロインの風習で戦士であり、残りの男たちもエッソスの先進的な技能を伝える工匠でした。
ロイン女性たちもドーン人と結婚し、マーテル家はドーンの覇者となりました。

ナイメリアは三度結婚。三人目はSer Davos Dayneという魅力的な騎士でした。
ダヴォスって人はこのあとリーチとバラシオン家のところにも出てくるのですが、よくある名前だったのでしょうか。
ダヴォスとナイメリアの間には息子がいて、アンダルの慣習ではこの息子が世継ぎとなるはずですが、ナイメリアはロインの掟にしたがってモース・マーテルとの娘に後を継がせます。
ドーンが男女同権の国となったのはナイメリアのおかげだったのですね。


「ヴァリリアの災厄」

エッソスの西半分を支配してブイブイいわせていたヴァリリアですが、おごる平家は久しからず、the Doomと呼ばれる大災害によって忽然と歴史から姿を消します。
その日を予見していたのはAenar TargaryenとDaenys the Dreamerだけだったかも知れないという意味深な文章があるんですが、予知夢でも見たんですかね。
ウェスタロスのドラゴンストーンに前哨基地を築いていたターガリアン家は、the Doomを逃れます。
ドラゴンストーンにthe Citadelを作ったそうなのですが、大文字になっているのはなぜなのか。単に城塞のことか、それともシタデル(学問所)のことなのか。


Thousand Ships
The Doom of Valyria

[PR]
2017年 04月 07日 |

(自分用メモなのでお構いなく)


AudibleでThe World of Ice & Fireを聞き始めました。
ざっと聞いてみたところ、思ったより面白いです(失礼)。
とくに鉄諸島のとこが愉快、隙を見せるとすぐ反乱を起こす鉄人たち、何かというと襲撃されるラニスポート。

しかしやはり耳で聞くだけではよく分からない部分もあり(とくに人名と地名)、テキストがほしいのでkindleも購入しました。アマゾンに貢いでいます。
それと音声版は目次がないので、どのチャプターで何が話題になっているのか分からない。これは不便なのでなんとかしてほしいわ。


今後の進め方の方針:
・まず音声だけ聞く(家事をしながらとかでOK)。
・テキストを見ながら音声を再生。
一日一時間を目標。
気が向いたらシャドウイングやオーバーラッピングを楽しむ。
・翌日同じところを音声だけ聞く(家事をしながらとかでOK)。


今日の進み具合:
チャプター1から8まで。

The World of Ice & Fireはメイスター・ヤンデルがトメン王にささげた歴史書。自分の本を後世の人々に役立てたいという序言が感動的です。

朗読者が二人いるのは、Roy Dotriceが本文を朗読し、Nicholas Guy Smithが注釈部分を朗読しているため。
三国志で言えば陳寿が本文を、裴松之が注釈を朗読してるような感じ。
「氷と炎の世界」自体も後漢(ターガリアン)を滅ぼして天下統一した曹操(ロバート・バラシオン)の時代の史書を陳寿(メイスター・ヤンデル)が司馬懿(タイウィン・ラニスター)に命じられて執筆したと考えれば分かりやすいのでは(→わかりにくい)


森の子供たちのところは、指輪物語で言えばアルダでイルヴァタールと呼ばれる方である、のような壮大すぎる歴史の序章。壮大すぎて絶対寝てしまうわーと思ってましたが持ちこたえました。
最初の人々の部分短すぎて可哀想。

ヴァレリア帝国の勃興からアンダル人が逃げ出してウェスタロスに移住してくるところまで聞きました。エッソスは地理が分からないから何のことかさっぱり。ヴァレリア帝国が悪逆すぎる。

今日聞いたチャプター:
Preface
The Dawn Age
The Coming of the First Men
The Age of Heroes
The Long Night
The Rise of Valyria
Valyria's Children
The Arrival of the Andals



[PR]
2017年 04月 06日 |


(ネタばれしています&うろ覚えで書いてるので間違ってたらすいません、でも大勢に影響ないしね)

この記事書くためにまたシーズン1を最初から見ています。アホですね。
マジスター・イリリオ役がロジャー・アラムと最近気づいてびっくりです。こんなチョイ役に・・・もったいない・・・


ドラマであまりに悲惨な目にあっているスタニス・バラシオン陛下に代わって弁明する企画です。自分だけのために書いてますのでお気遣いなく。

前回記事


<ドラマのスタニス>

ドラマのシーズン1にはスタニスは登場しません。
ロバートがキングズランディングへの道中でネッドに
「実の兄弟よりお前のほうが兄弟だ」
という場面があったような?でも名前出てこなかったかと?

エピソード5 The Wolf and The Lion
レンリーが無駄毛の処理をしながら「ロバートとスタニスにいつも弱っちいと言われてきた」とか言ってます。ここが初めてスタニスの名前が出る場面か?こんなところで・・・気の毒なスタニス陛下・・・

ロラス・タイレルに君がロバートの跡継ぎだとそそのかされたレンリーが「スタニスがいるだろ」と答え、ロラスが「Stannis has the personality of a lobster.」と言ってました。ロブスターはアメリカ英語の俗語で間抜けとか頑固って意味らしいです。

エピソード7 You Win Or You Die
レンリーはネッドに自分を王にするようそそのかす。
スタニスが君の兄だと断るネッド。
「Stannis is a commander. He's led men into war twice.He destroyed the Greyjoy fleet.」
スタニスは二回戦争で指揮したというのはドラゴンストーン襲撃とグレイジョイの反乱を指しているのでしょうか。突然すぎて分からない。

スタニスに手紙を書いて家臣に託すネッド。
リトルフィンガーに(よりによってリトルフィンガーに!)スタニスを擁してラニスターに対抗しようと相談するネッド。こんな素直な人に内閣総理大臣は無理だ。


エピソード9 Baelor
投獄されたネッドにヴァリースが「サーセイを不眠にしているのは前王の弟です。スタニスには継承権があるし、軍の指揮官として実績もある。そして無慈悲だ」。
ネッドは「スタニス・バラシオンがロバートの真の世継ぎで、玉座は彼の生得の権利だ」と答える。

しかしこんな唐突に名前だけ出てきても視聴者の耳はまったく素通りでしょうな。私は素通りだった。



<原作のスタニス>

原作も第一部 A Game of Thrones (七王国の玉座)にはスタニス本人は出てきません。ドラマよりは詳しく説明されているが。

ネッドが首都についた時、スモールカウンシルで「スタニスはロバートが北へ発つとドラゴンストーンに帰ってしまった」と聞かされる。
このころはみんな「スタニスはジョン・アリンの後釜で王の手になる気まんまんだったのにロバートがネッドを迎えに行ったので、怒って地元へ帰っちゃった」と思ってたんですね。

ここでレンリーが「スタニスが売春宿を違法にすべきだと提案したことを覚えてる?」とかいう場面があります。
ダボスが第二巻で言ってたと思うけど、スタニスは自分の領地では売買春を違法にしてるんですよ。ロバートへのあてつけと思うが、スタニスは女嫌いのわりに女性の権利は尊重してる。

ネッドはジョン・アリンがロバートの私生児について調べていたことをつきとめる。原作ではジョン・アリンにスタニスが同行していたと書かれています。ジョン・アリンとスタニスって仲良しだったんですね・・・
しかも二人で娼館を訪問したと聞かされて驚くネッド。スタニスが娼館へ行くなんてありえない。そうか、さっきの売春禁止法案の話はこの伏線か。うまいな・・・

ジョン・アリンはお供を連れていたがスタニスは一人だったという証言あり。ダヴォスはドラゴンストーンでお留守番か?(それともお付きではなく野次馬の庶民と思われたとか)

ネッドはスタニスが殺人犯なのか?それとも何かを怖がって逃げたのか?と推理する。スタニスを怖がらせるものなどあるのだろうか?ストームズ・エンドの包囲に一年も耐え、ネズミとブーツの革で飢えをしのいだあの男が・・・

スタニスはbootを食って生き延びたのか・・・ドラマではrootって言ってたように思うが。聞き間違いか。




原作でもネッドがピーター・ベイリシュを信頼して陥穽に落ちる展開。
ネッドのスタニスに対する評価は高いようです。この二人ってどっちも次男だし、遵法精神とか似てるところもあるので、本来なら良い友達になれたんじゃないかなあ。


ドラマでは言及されなかったと思うが、カトリンがフレイに「ジョン・アリンが息子のロバートをドラゴンストーンのスタニスの養子に出そうとして妻ライサを怒らせた」と聞かされるエピソードが原作には出てくる。スイート・ロビンはタイウィン・ラニスターの養子になると思っていたカトリンは驚く。
これがジョン・アリンの死の真相を示唆しているのですが、みんな読み飛ばしてるよね・・・

あとどうでもいいですが、スタニスが自分の婚礼でダンスした話もこの巻だった。ダンスできるスタニス陛下。

・・・長かった・・・続くかも知れません。


[PR]
2017年 04月 05日 |
続きです。

Audibleに登録するにあたって、事情通の方から
「日米のアカウントは連結しないほうがよい」
とのアドバイスをいただきました。

私はアマゾンの日米アカウントは分けているのでそこは問題ないのですが、はっと気づいたんですけど

英米のアカウントが連結されているかも・・・


たしかうっかり同じメールアドレスとパスワードで両方のアカウントを作ってしまった気がする。
どうなるのかしら・・・と不安に思いつつ、とりあえずアメリカのアマゾンサイトからAudibleを申し込みました。

長らく買い物してなかったけどアマゾン米国は私を覚えていてくれて、すぐにAudibleのお試し会員になれました。よかった。

スマホで聴こうと思ってるので、早速アプリをダウンロード。
アメリカのアカウントでサインインしてみます。


・・・が・・・サインインできない。
このメールアドレスは登録されてませんとか言われちゃう。
えええーなんでー?パソコンからはサインインできるのにアプリからできないのはなぜーーー?
としばらく格闘して、ふと気づきましたが、アプリ画面の一番下に「amazon.jpにサインイン」みたいな表記がある・・・
ここをタップするとサインインする国が選べるのですね。
もっと分かりやすいところに表示して・・・


と、もがきながらもサインインも完了し、いよいよ2クレジット分を消費するのです。

最終目的は「氷と炎の歌」の購入なのですが、その前に聴いておきたい本があるのです。

それは
The World of Ice & Fire: The Untold History of Westeros and the Game of Thrones (A Song of Ice and Fire)

「氷と炎の世界」は George R. R. Martinと Elio Garcia、Linda Antonssonとの共著。このお二人はもともとウェスタロスのウェブサイトを運営してた人たちのようです。

小説ではなく、ウェスタロスの歴史書の体裁になっていて、言ってみればトールキンにおける「ミドルアースの歴史(HOME)」のような位置づけかと。

で、この本を読んでみたいけど、小説ではなくレファレンスだったら読み切る自信がない。長そうだし。誰か代わりに読んでくれんものか・・・と朗読に頼ることにしたのです(話長い)。

ってことで最初の一冊はThe World of Ice & Fireをダウンロードしました。


Written by: George R. R. Martin , Elio Garcia , Linda Antonsson
Narrated by: Roy Dotrice , Nicholas Guy Smith
Length: 21 hrs and 22 mins
Series: Song of Ice and Fire
Unabridged Audiobook
Release Date:10-28-14
Publisher: Random House Audio
$42.00 A

定価で買うと42ドルもするので得した気分です。
21時間の朗読でダウンロードもなかなか終わりません。300MBもありました。

朗読はRoy DotriceとNicholas Guy Smith。
Roy Dotrice(OBE)は本編の朗読もしてるのでウェスタロス朗読の第一人者と言えるでしょう(何様)。

Nicholas Guy Smithは声優として活躍してる人のようです。
二人とも英国人だと思うのですが、アメリカの本なのにイギリス人が朗読するのが不思議な感じ。

本の設定は「Maester Yandelがロバート・バラシオンのために書いた歴史書をトメン用に修正した」ってことみたい。
そのためラニスター家をはばかって(・・・忖度)ネッド・スタークやスタニス・バラシオンの功績は削除されてるようです。そこが読みたいのに!


本の詳細については
に詳しい。


歴史書なんて完読できるだろうか、とちょっと不安ですが、
大丈夫、アタシは史記張良伝を原文で読んだ女、と自分を鼓舞しています。(張良伝はけっこう退屈なのです)




その後イギリスのアマゾンからサインインしてみたら、自動でアメリカのAudibleに飛んでしまいました。私はイギリスのAudibleには入会できないようです。
うーむ、残念。



[PR]
2017年 04月 05日 |
ごぶさたしております。
まだ訪問してくださる心優しいみなさんありがとうございます。

タイトル通りなのですが、備忘録として書いています。貴女のお求めの記事と違っていたらごめんなさい。
またスタニス陛下とダヴォスちゃんの話題が読みたかった方がもしおられたら後日必ず書きますので。(求不應供...)

長らくブログの更新もしないあいだ何をしてたかというと深く静かにスタニス陛下に溺れていました。
もうドラマも何度も見て原作も読みつくしてしまってすることがない。
しかしスタニス陛下が恋しくてならないので、英語の勉強もかねて朗読でも聞いてみるか・・・

という安易な理由でAudibleに参加することにしました。


そのAudibleですが、米国版と英国版があります。
国によって朗読者が違うのだろうか・・・?と不安になったのですが、「氷と炎の歌」シリーズは英米ともにRoy Dotrice(OBE)の朗読のようです。勲章もらってる舞台俳優みたいだし朗読も問題ないのではないかと(何様)。ゆえにこれを聞くことに決定。


しかしプログラムが複雑でどれに申し込めばいいか分かりません。


アマゾンのサイト説明では30日間はお試しで無料で聞けて、そのあとは毎月一定額を支払えば一冊無料でダウンロードできるようです。
気になるお値段は

アメリカでは
$14.95/月
今日のレートで1,644日本円。

イギリスでは
£7.99/月
今日のレートで1,098日本円。

ううむ、イギリスのほうが得なのか?しかしポンドは乱高下する印象が・・・

(などという悩みは杞憂だったのですが、それはまたのちほど)


一か月一冊しか聴けないかというとそんなことはなくて、料金を支払えば二冊目以降も聴けるわけですね。アメリカの場合は「いつでも30%オフ」みたいなことが書いてあるページがあった気がします。

ここでした。


After 30 days, Audible is $14.95/month. You'll get one monthly credit
good for any audiobook, plus 30% off any purchase.


一か月一冊とかちまちま面倒だという人には一年プランもあるようです。


適当にまとめると

$14.95 /month 1 Credits
$22.95 /month 2 Credits
$149.50 /year 12 Credits
$229.50 /year 24 Credits


Creditというのは一冊購入するのに必要な単位です。
24クレジット一括で払っておけば、一冊9.56ドル(1,056円)で購入できる計算。これは結構お得なのでは。

なぜかというと、Audibleに登録して初めて分かることなのですが、一冊ごとの価格は同じではないのです。
登録してサインインしないと実際の価格が表示されないので気づきにくいんですけど、$14.95より安い本もけっこうあります。

たとえば
A Game of Thrones: A Song of Ice and Fire, Book 1
$23.81 or 1 credit
という価格設定

しかし私が聞きたいと思っているStephen Dillane(スタニス陛下)の「マクベス」は
$12.17 or 1 credit
なのです。なぜか安値がついている陛下。

15ドル払って12ドルの朗読を購入するのも癪なので、高いけどそれほど興味のない本を買うとか本末転倒になる予感がひしひしとします。

それなら単価を10ドルに下げておいて、本当に聞きたい本の購入にあてたほうが良いのではないか?ドルコスト平均法になるしな(←ならない。いや、円高のときに24クレジットまとめて買っておけばドル先物と同じ効果があるのでは(無))


ちなみにイギリスのほうはこういう価格設定


Membership PlanPriceAudible Credits
1 Book Monthly Membership£7.99/month1 credit per month
2 Book Monthly Membership£14.99/month2 per month
12 Book Annual Membership£69.99/year12 per year at time of enrollment
24 Book Annual Membership£109.99/year24 per year at time of enrollment

見にくくてすんません。
24冊分前払いしておけば一冊4.586ポンド(630円)で聞ける計算です。アメリカ版より安い気がしますが為替マジックかも。


中途半端なところですが今日はここまで。
読んでいただきありがとうございます。



[PR]
2016年 09月 19日 |
亞馬遜で放映している「ナイトマネージャー」を見ました。
10話くらいあるのかと思ったら6話しかなくて、あまりに面白いので一日で見終わってしまった。

ちなみに中文タイトルは「夜班經理」で分かりやすい。

トム・ヒドルストンの非の打ちどころのない完璧な容姿にひたすら口をぽかんと開けてみていました。
ヒュー・ローリーの演技もすばらしいですが、イートン校からケンブリッジに進んでこどもの名付け親がスティーブン・フライってどんなエリートなの。イギリスの演芸会ってどないなっているのか。

トムヒが出てくるすべての美女と肉体関係をもつのが007みたいで安易すぎないか・・・と思ってたのですが、最後でちゃんと意味があると分かって安心しました。

ひとりだけトムヒと男女の仲にならない女性がいて、彼女が英国の良心を代表する勇気ある人物、真の英雄です。
しかし寝る対象=セクシーな飾り物、寝ない女=バディという構図がやや気になりました。
とはいえル・カレ原作でちゃんと自分自身が主人公の女性が登場するだけでもイギリスのドラマは素晴らしい。
演じているのはAngela Burr。フィルモグラフィーをチェックしても「ホット・ファズ」くらいしか見ていない。
ドクター・フーの"The Eleventh Hour"に出てるようです。
もっとほかの作品も見てみたい俳優さんでした。

いちばん楽しく鑑賞したのはヒュー・ローリーの右腕を演じるトム・ホランダーです。
「ケンブリッジ・スパイズ」Cambridge Spiesでガイ・バージェスを演じてたのが好きだったが今回のトム・ヒドルストンに陥れられるちょっと間抜けで憎めない悪役も良かった。


そして出てるのをぜんぜん知らなかったので大喜びしたこのお方。





トバイアスさ~ん

外務省の役人です。黙って微笑みながら座ってるだけで醸し出される悪役感。

MI5では内務大臣、ドクター・フーではソ連軍人、アウトランダーのイングランド大尉と公務員役が多いですね。






今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 09月 17日 |
スタニス陛下に落ちてしまったときに、たぶんないだろうなと何も期待せずに葫蘆でスティーヴン・ディレインを検索してみたら「THE TUNNEL/トンネル 国境に落ちた血」がヒットしてびっくり。

まさか彼の主演ドラマが配信されてるとは夢にも思っていませんでした。
大喜びで視聴してみたところ大変面白く、しかし葫蘆はあまり宣伝に力を入れてる感じでもなかったので、たぶんシリーズ2は配信されないだろうなと諦めていたところ、さきほど


hulu_japan
人気犯罪ミステリー「THE TUNNEL -サボタージュ」配信開始!
「トンネル ~国境に落ちた血」の続編。英仏刑事が再び国境で発生した不可解な事件に挑む。※毎週土曜追加 #海外ドラマ
http://bit.ly/2cdBzcs

というツイートが回ってきました。


なんと!嬉しい!DVD買っちゃったけど(まだ見てない)、日本語字幕で見れるのは本当に嬉しい。
なによりスティーヴン・ディレインが日本で意外に評価されていると分かって嬉しい(←すごい失礼・・・)


楽しみだなー(DVDも見なくちゃいけないけど)。



メイキングで笑ってるスティーヴン・ディレインがすっごく可愛い。






今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 09月 16日 |
(盛大にネタバレしています&画像勝手に 怒られませんように)


リーアム・カニンガム主演。DVDを衝動的にジャケ買い。


海外の映画評を見ると「ゲーム・オブ・スローンズでダヴォスを演じたリーアム・カニンガムが悪魔に」というのが売りだったようです。

私が買ったDVDのデザインはこのバージョン。




今年日本でも公開されていたのですがまったく気づきませんでした。
タイトルは「デス・ノート」。ポスターはこんなのだったそうです。




これは・・・まったく私のアンテナに引っかかってこなかったよ・・・

私の考えるこの映画のセールスポイントは

・ゲーム・オブ・スローンズの大天使ダヴォスがアイルランド労働者風悪魔に変身!
・イギリス、アイルランド合作作品
・舞台がスコットランドの場末の警察署


なおこの作品はなぜかVLCメディアプレイヤーでは再生できず、MPC HCというソフトで見ました。
字幕なし。音声レベルがとても小さくてセリフがほとんど聞こえなかった(悲

冒頭カラスの群れとともに岸辺に降り立つ黒い翼の姿。
黒き翼は黒き知らせ・・・
ドラゴンストーンのような岩場です。
翼は消えて人間の男の姿に。




スコットランドの田舎の警察署勤務のPC Rachel Heggieがヒロインのようです。
ある夜若者が車で男をはねるのを目撃したレイチェルは若者Caesarを逮捕して署へ連れ帰る。しかしなぜか轢かれたはずの男は消えている。

他の警官がくだんの男を保護して戻ってくるが、男は自分が何者か語らない。
ここの警察署長(?)(右側)がちょっとスタニスに似てるんですよねー。




男は留置所の6号室へ入れられて「六」と呼ばれることになる。
ここの留置所にはさっきのひきにげ若者の他にDV教師とかも入っています。





「六」に見つめられると、過去の悪行やトラウマがよみがえるらしい。
夜がふけていくにつれ、だんだんおかしくなっていく警官たち&拘留されている男たち。





ダンジョンが似合う男リーアムさん。
しかしたまにぼそっと何か(・・・だって聞こえないから・・・)旧約聖書に関する警句を吐く以外はほとんど牢屋でじっとしている役なのでつまんなかったんじゃないかしら・・・

他の人たちは過激にスプラッタに派手に血しぶきあげていたのですが。
ホラーだと思うんですけど、怖いというより「激しいな・・・」と思わせられる映画でした。

悪魔ダヴォスちゃんは指紋を取られるのですが、ぜんぶ揃ってて、「指はえてきたのねダヴォスちゃん!」と感動しました。
左手もゲーム・オブ・スローンズのときより指が長いような気がする。すごくきれい。

警察は悪魔ダヴォスちゃんが持っていた手帳を調べて、そこに載っている名前がすべて犯罪者でかつ死亡していることを確認。
日本タイトルの「デス・ノート」はここから思いついたのでしょうか。要するに悪魔ダヴォスちゃんの備忘録だったんですけど、悪魔なのにメモが必要というおとぼけぶりが可愛い。ダヴォス字が書けるのね!と感動していた私です。

さて、ヒロインのレイチェルは少女時代に虐待を受けていたのですが、かつて犯人から逃げるときに「六」が助けてくれたことを思い出します。あなたはあの時の・・・!これは・・・恋の予感・・・?


署長(?)のMacready(スコットランドが舞台なのでスコットランドらしい名前)がフラッシュバックでおかしくなってランボーみたいな半裸で頭にネクタイ巻いた姿で大暴れしたためポリスステーションが火事になりました。
こんな話じゃなかったかもしれませんがとても面白かった。

ヒロインレイチェルはなんとか脱出。そこへ落ち着き払って警察署から出てくる悪魔ダヴォスちゃん。
取り戻した手帳で煙草に火をつける悪魔ダヴォスちゃん。




もし映画館で見ていたら呼吸困難におちいって座席から転がり落ちていたかも知れません。公開時に見た方々はご無事だったのでしょうか。

手帳には今夜かかわったすべての人々(ヒロイン以外)の名前が書かれていたことを明かし、ひとつづつ鉛筆で消していく「六」。




悪魔ダヴォスちゃんはレイチェルに「きみに恋してしまった」と告白(ええええええええ!?)
一緒に行こうと誘います。




レイチェルはキスで答える








ホラー映画かと思ったら恋愛映画だったのです。


いやーしかし、いままでダヴォスの現代ファンフィクションを読んでこんなキスシーンかなあと想像していた通りのキスだったことがいちばんの驚きです。

日本の配給元はこの場面をポスターにして背景ピンクにして「悪魔とキスした2日間」とかいうタイトルで女性向けに宣伝を打つべきだった。





はああロマンチックだったわあ。リーアムさんのロングコートとお髭が素敵。
そしてホラーに出演してもダヴォスちゃんは悪魔ではなく大天使だとよく分かりました。



この映画ってホラー映画スペシャル週間みたいな枠で上映だったんですよね。
やってたのは知ってたが自分には関係ないと思ってた。
「アイルランド恋愛映画」枠だったらたぶん見てた。
宣伝って難しいね・・・





私の勝手な想像では、これは現代社会に転生した玉葱騎士の物語で、彼はなぜか全員スコットランドに転生したラニスター家とボルトン家のやからに罪を悔い改めさせるために遣わされた。
しかし何度生まれ変わっても獅子も皮剥ぎも反省のかけらもなく、古き神々と新しき神々の双方がダヴォスに悪人を罰させたもうのです。For the night is dark, and full of terrors...
[PR]
2016年 09月 11日 |
やっと本題です。
いまのウェスタロスは統一王国なので七王国よりも「九つの構成地方」という呼び方がふさわしいようです。

だいたい北から南に向かっての並びで。ドラマ開始ころが基準。

■The North

ザ・北部。北のほう全部なので分かりやすい。イギリスでいえばスコットランドの位置かな。
領主はスターク家(House Stark)。
居城はウィンターフェル(Winterfell)。fellは動詞でCut down、名詞でAn amount of timber cutと辞書にある。冬落ち?冬薪?よくわからないが冬っぽい館です。theがつかないのは固有名詞だから?

ここの領主はLord Paramount of the North、北部総督(Warden of the North)という名称も持っています。
ロード・パラマントって何だろう・・・

アンダル人の時代には北の王国(Kingdom of the North)があって、王様はスターク家でした。ここは変化のとぼしい地区なので覚えやすい。


■The Iron Islands

ザ・鉄の島々(複数形)。北のほうにあるのかと思いきやわりと南にあります。西の海にうかんでる。イギリスだとマン島とかアイルランドのあたりか?
領主はグレイジョイ家(House Greyjoy)。居城はパイク(Pyke)。パイクって島の名前かと思ってた・・・。城にはなんとかキャッスルって名前をつけてもらえんものか。
ここの領主はLord of the Iron Islandsと呼ばれています。

旧時代にはリヴァーランズも領有してたようなのですが、歴史が難しすぎて覚えられません。なぜかハレンホールの名前がでてきてそのたびに眠気をさそわれる。


■The Riverlands

ザ・リヴァーランズ(複数形)。だいぶ南です。もうこのあたりからごちゃごちゃに。バーミンガムあたりか?
領主はタリー家(House Tully)。居城はザ・双子たち(The Twins)もしくはリヴァーラン(Riverrun)。どっちかがフレイ家の城。なんで城にtheがついたりつかなかったりするかは永遠の謎。

ここの領主はLord Paramount of the Riverlandsとも呼ばれている。
旧時代は島々と川々の王国(Kingdom of the Isles and the Rivers)で、王様はハレンホルのハレン・ホア(Harren Hoare of Harrenhal)(って読み方かどうか分からない。マージェリーは「ハーレンホル」って発音してるがシオンはハレンホールと言ってるし)でした。この人がなにかやらかしたせいで領土がザ・島々(アイアンアイランズ)とザ・川々(リヴァーランズ)に分かれてしまったようです。


■The Vale
ザ・谷。
vale/veɪl/ というのは古語で谷のこと。急に古英語がまざって苦しめられる外国人読者。場所的にはリーズ?

領主はアリン家(House Arryn)。
居城はザ・アイリ(The Eyrie)。eyrieはA large nest of an eagle or other bird of prey, built high in a tree or on a cliff.とあるので高巣城という日本語訳はぴったりですね。
ちなみに発音はイギリスでは/ˈɪəri/(イエリ)と/ˈʌɪri/(アイリ)と/ˈɛːri/ (エーリ)の三種類があるようです。

ここの領主はLord Paramount of the Vale、東部総督(Warden of the East)の名称を持っています。
こんな谷間に隠れ住んでて東部の統治なんかできるのだろうか?
アンダル人はここからウェスタロス侵略を開始したようなのですが、天下に打ってでるには不向きそうな地形・・・
でもロバートとエダードはここで成長したので天下人を輩出するめでたい土地なのだろうか?

旧時代にはザ・山とザ・谷の王国(Kingdom of the Mountain and the Vale)と呼ばれていました。


■The Westerlands
ザ・ウェスタランズ(複数形)。いま気づいたけどウェスタンwesternじゃないのですね。西のことをスコットランド方言でwesterと呼ぶようです。その名の通り西にあります。けっこう狭い。ブリストルあたり。

領主はラニスター家(House Lannister)。領主が派手なわりに小さい所領だな・・・金鉱があるから狭くても豊かなのかな。
別名はLord Paramount of the Westerlands、西部総督(Warden of the West)。そろそろ「パラマウント卿」の説明してほしい・・・

居城はカースタリ・岩(Casterly Rock)。caster /ˈkɑːstə/は金属を鋳造する人のことだそうです。鋳造岩?
日本人や中国人ならたぶん「金山城」と名づけると思うのですが、アメリカ人の感性ははかりがたい。

旧王国はザ・岩の王国(Kingdom of the Rock)でした。岩は複数にならないのか・・・


■The Reach
ザ・リーチ。reach/riːtʃ/ は continuous extent of water, especially a stretch of river between two bends, or the part of a canal between locksとあるので川と川のあいだの平野ですかね。なぜ単数形なのかは不明。平野がひとつしかないの?
場所的にはイギリスのオックスフォードのあたりか。

領主はティレル家(House Tyrell)。居城はハイガーデン(Highgarden)。
別名はLord Paramount of the Reach、南部総督(Warden of the South)。でもさらに南にドーンがあるのですが。

旧時代はザ・リーチの王国(Kingdom of the Reach)がありました。
アンダル時代はガーデナー家(House Gardener)が国王でしたが、ターガリエンが攻めてきたときに執政のティレル家がどさくさまぎれにお家を乗っ取った。ティレルは成り上がりで、フロレント家(スタニスの奥方の実家)のほうが格式は上のようです。
スタニスはフロレント、レンリーはティレルから妻を迎えたので、ザ・リーチはバラシオン家にとってどうしても味方にする必要があるのでしょう。ウェスタロスの穀物倉。


■Dorne

ドーン。
theがつかない、ということは英語ではないのか。ロイン語?

領主はマーテル家(House Martell)。居城はサンスピア(Sunspear)。
かつてはドーンの公国(Principality of Dorne)と呼ばれていた。
principality /ˌprɪnsɪˈpalɪti/ はA state ruled by a prince。


・・・最後まで終わらなかった・・・


(続きます)

[PR]
2016年 09月 10日 |
(お願い)
自分の頭の整理のためにだらだらと書いています。
小説とドラマがごっちゃになっているうえにネットの不確実情報も入っています。
カタカナ表記や訳語は適当です。
くれぐれも鵜呑みにされぬようお願いいたす。
(お願い終わり)

最初のころはウェスタロスの地理がまったく分からず困りました。
地名と城名と家名の区別がつかなかったころがいちばん苦労したなー。

それに七王国といいながら、七以上の地域があるような・・・?
という疑問は誰もが持つらしく日本語でも英語でも「七王国なのに実際は9あるのはなぜ」という質問がネットにごろごろしています。

七王国というのはいま(ドラマや小説の開始時期)はもう存在してないんですよね。それも最近なくなったわけじゃなく、300年も前になくなっているのですが、いまだに慣習的に七王国の名を使っているのでややこしい。
いまのウェスタロスはバラシオン王家が治めていますが、この王朝は十数年の歴史しかない。その前は300年にわたってターガリエン王朝が支配していました。ターガリエン家はエッソスのヴァリリアという国からやってきて、彼らの母語は古代ヴァリリア語です。

しかし、ここが混乱させられるところですが、ウェスタロスの地名は基本的に英語なのです。
ターガリエン王家はウェスタロスを征服したものの、地名は数千年前からアンダル人が使っていた名前をそのまま使用しているようです。ってことはアンダル人は英語が母語なのか?それともアンダル人もその前の最初の人々の使ってた地名を利用してるとか最初の人々は森の子どもたちの・・・

と考え始めるときりがないのですが、ともあれウェスタロスの地名はかんたんな英単語の組み合わせでできていることが多い。(もちろんアンダル語や最初の人々の言語を作者が英語に「翻訳」したという解釈もありえる)

長々と何を言ってるかというと、あれですよ、あれ


地名にTHEがついてたりついてなかったりする問題


にぶつかってしまうのです。
この疑問には「ホビット」でさんざん悩まされたがいまだに理解できていません。
トールキンの場合はtheがつくのは英語の一般名詞、つかないのはエルフ語(たとえばザ・ロンリー・マウンテンvsエレボール)というルールのようでしたが、GRRMも同じ規則なのでしょうか?

前置きが長すぎて書ききれなくなったので続きは明日。

[PR]