タグ:中文原書 ( 35 ) タグの人気記事
|
|
2012年 07月 19日 |



《成為「日本人」:殖民地台灣與認同政治》
Becoming “Japanese”: Colonial Taiwan and the Politics of Identity Formation
作者:荊子馨
譯者:鄭力軒
出版社:麥田
出版日期:2006年01月16日
語言:繁體中文 ISBN:986173032X
裝訂:平裝



もともとカリフォルニア大学から英語で出版された本を台湾で翻訳出版したもののようです。
Becoming Japanese: Colonial Taiwan and the Politics of Identity Formation(Ching, Leo T. S./Univ of California Pr)

「中国・台湾・香港映画の中の日本」を読んだとき、そういえば似たようなテーマの本を持ってたような・・・と思い出して積ん読の山から引っ張り出してきました。

私だけじゃないと思うのですが、日本の脱植民地化について今まで考えたことなくないですか?
学校で習ったかどうかも忘れましたが、第二次大戦の終わり方というのは日本が負けて、アメリカが来て、大陸とかにいた人たちが引き上げてきて、焼け跡から復興したことしか知らないような・・・
この本に書いてある、たとえば下の文章を読んで植民地政策の事後処理なんて全然考えたこともなかった自分がショックでした。


日本不像英國與法國,它不必去考量自身在去殖民化過程的角色,日本內部並未就其屬地的命運展開辯論;就像戰敗這件事也從未引起論辯一樣。日本帝國就這樣無聲無息的消失了。結果是,去殖民化從來不曾成為國內議題;它是其他國家的問題。「到底什麼構成了日本帝國的去殖民化了?」這個問題正是戰後的日本知識界與大眾論述中同時遭到剝除的課題。因此,日本免除了(或是很方便地逃脫了)任何有關其戰爭責任以及整體殖民責任的討論與論辯。

《成為日本人》p.61



学術書のため中国語能力では歯が立たないところも多かった。ぜひ日本語訳を出してほしい作品です。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 07月 18日 |
“凄凉(淒涼)qī liáng”という単語はよく出てくるのですが、「物凄い」や「凄まじい」や「荒涼」といった日本語が連想されて、とてつもなく荒れ果てた様子を思い浮かべてしまいます。
でも実際には「うら寂しい」くらいの意味なんですよね。漢字の見た目と意味が結びつきにくい単語です。


■喇叭 lǎba 一种木管乐器,上细下粗,最下端的口部向四周扩张,唢呐的俗称
■熟悉 shúxī 了解得清楚,清楚地知道
■调子 diàozi 音调,曲调
■音阶(音階) yīnjiē 分出高低的一系列乐调,按指定的音程图式升降音高,并按在八音音阶中的音调数而有不同的音高排列和音程大小
■缓缓(緩緩)huǎn huǎn 犹徐徐。缓慢貌。
■鼎沸dǐngfèi 比喻吵闹、乱糟糟的样子。有如锅里的水开了一样
■留心liúxīn 小心;注意
■凄凉(淒涼)qī liáng 孤寂冷落 
■响亮(響亮)xiǎngliàng 声音宏大高亢 
■口哨 kǒu shào 撮唇,中间留一小孔或将手指插口内,使气流涌出而形成的象吹哨子的声音。
■信手 xìnshǒu 随手
■拾 shí 捡,从地上拿起
■奔 bēn 急走,跑:~跑。~驰。
■公寓 gōngyù由居住单元组成的楼房,一般在四层以上、每层分隔成数家,各家房间格局大致相同



《夜营的喇叭》

晚上十点钟,我在灯下看书,离家不远的军营里的喇叭吹起了熟悉的调子。几个简单的音阶,缓缓的上去又下来,在这鼎沸的大城市里难得有这样的简单的心。
我说:“又吹喇叭了。姑姑可听见?”我姑姑说:“没留心。”
我怕听每天晚上的喇叭,因为只有我一个人听见。
我说:“啊,又吹起来了。”可是这一次不知为什么,声音极低,绝细的一丝,几次断了又连上。这一次我也不问我姑姑听得见听不见了。我疑心根本没有什么喇叭,只是我自己听觉上的回忆罢了。于凄凉之外还感到恐惧。
可是这时候,外面有人响亮地吹起口哨,信手拾起了喇叭的调子。我突然站起身,充满喜悦与同情,奔到窗口去,但也并不想知道那是谁,是公寓楼上或是楼下的住客,还是街上过路的。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 07月 14日 |
今回は笑いどころがよく分からなかった。
丁稚が「張勲の勲で薫風の薫じゃない」と言い合う部分は民国時事ネタってことなんでしょうか。

CDの朗読はセリフの部分が上海語で困りました。

■瓠 hù 一年生草本植物,茎蔓生,夏天开白花,果实长圆形,嫩时可食
■脍炙(膾炙) kuài zhì 比喻美好的诗文或事物为人称赞
■学徒(學徒)xuétú 从师受业的人
■勋(勛)xūn 特殊功劳
■骈(駢) pián 两物并列,成双的,对偶的
■阳湖(陽湖)yáng hú 清代乾隆、嘉庆时期的散文流派。由恽敬 、张惠言 所创。
■讽刺(諷刺) fěngcì 用比喻、夸张等手法指责和嘲笑
■讵(詎) jù 岂,怎
■文理 wénlǐ 指文章内容和行文方面的条理
■清顺(清順)qīng shùn 明白通顺。
■世故 shìgù 通达人情,富有待人接物的处世经验
■练达(練達)liàndá 干练通达;熟悉人情世故
■性灵(性靈)xìnglíng 指人的精神、性格等
■打油诗(打油詩)dǎyóushī 一种不拘平仄韵律、词句诙谐通俗的诗歌体裁
■女伶nǚ líng 旧时称女演员。
■曲折(曲摺)qūzhé 弯曲
■疲乏 pífá 疲倦困乏
■放任 fàngrèn 不加约束,听其自然
■畸形 jīxíng 某一部分发展过快而造成的整体不平衡状态
■分寸 fēncùn 指说话或做事的适当标准或限度
■趋炎附势(趨炎附勢)qūyán-fùshì 趋:奔走;炎:热,比喻权势。奉承和依附有权有势的人。
■慈悲 cíbēi 谓给人快乐,将人从苦难中拔救出来,亦泛指慈爱与怜悯
■叱 chì 大声呵斥
■幼稚 yòuzhì 头脑简单
■传奇 (傳奇) chuánqí可以指长篇连续的英雄故事,情节曲折,然而又不特别离奇,讲述人或团体的历史或传说(或两者都有的)
■沉香屑 chénxiāng 薰香料名。又称沉水香、蜜香。



《到底是上海人》

一年前回上海来,对于久违了的上海人的第一个印象是白与胖。在香港,广东人十有八九是黝黑瘦小的,印度人还要黑,马来人还要瘦。看惯了他们,上海人显得个个肥白如瓠,像代乳粉的广告。
第二个印象是上海人之“通”。香港的大众文学可以用脍炙人口的公共汽车站牌“如要停车,乃可在此”为代表。上海就不然了。初到上海,我时常由心里惊叹出来:“到底是上海人!”我去买肥皂,听见一个小学徒向他的同伴解释:“喏,就是‘张勋’的‘勋’,‘功勋’的‘勋’,不是‘薰风’的‘薰’。”《新闻报》上登过一家百货公司的开幕广告,用骈散并行的阳湖派体裁写出切实动人的文字,关于选择礼品不当的危险,结论是:“友情所系,讵不大哉!”似乎是讽刺,然而完全是真话,并没有夸大性。
上海人之“通”并不限于文理清顺,世故练达。到处我们可以找到真正的性灵文字。去年的小报上有一首打油诗,作者是谁我已经忘了,可是那首诗我永远忘不了。两个女伶请作者吃了饭,于是他就做诗了:“樽前相对两头牌,张女云姑一样佳。塞饱肚皮连赞道:难觅任使踏穿鞋!”多么可爱的、曲折的自我讽嘲!这里面有无可奈何,有容忍与放任——由疲乏而产生的放任,看不起人,也不大看得起自己,然而对于人与己依旧保留着亲切感。更明显地表示那种态度的有一副对联,是我在电车上看见的,用指甲在车窗的黑漆上刮出字来:“公婆有理,男女平权。”一向是“公说公有理,婆说婆有理”,由他们去吧!各有各的理。“男女平等”,闹了这些年,平等就平等吧!——又是由疲乏而起的放任。那种满脸油汗的笑,是标准中国幽默的特征。
上海人是传统的中国人加上近代高压生活的磨练。新旧文化种种畸形产物的交流,结果也许是不甚健康的,但是这里有一种奇异的智慧。  
谁都说上海人坏,可是坏得有分寸。上海人会奉承,会趋炎附势,会混水里摸鱼,然而,因为他们有处世艺术,他们演得不过火。关于“坏”,别的我不知道,只知道一切的小说都离不开了坏人。好人爱听坏人的故事,坏人可不爱听好人的故事。因此我写的故事里没有一个主角是个“完人”。只有一个女孩子可以说是合乎理想的,善良、慈悲、正大,但是,如果她不是长得美的话,只怕她有三分讨人厌。美虽美,也许读者们还是要向她叱道:“回到童话里去!”在《白雪公主》与《玻璃鞋》里,她有她的地盘。上海人不那么幼稚。
我为上海人写了一本香港传奇,包括《沉香屑 第一炉香》、《沉香屑 第二炉香》、《茉莉香片》、《心经》、《琉璃瓦》、《封锁》、《倾城之恋》七篇。写它的时候,无时无刻不想到上海人,因为我是试着用上海人的观点来察看香港的。只有上海人能够懂得我的文不达意的地方。
我喜欢上海人,我希望上海人喜欢我的书。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 07月 08日 |
《天才夢》は有名なエッセイで、以前にも読んだことがあるので内容は把握してるつもりでしたが、音読してみると知らない単語ばかりでした。

“商女不知亡国恨,隔江犹唱后庭花”のエピソードは《小團圓》にも使われてました。
《七月巧云》が何か分からない・・・

“裳”は単体ではcháng。shangと読むのは“衣裳yī shang”のときだけ(軽声しかない)。

朗読CDは最後の“蚤子(zǎozǐ)”をshìziと読んでいます。“虱子shīzi”の読み間違いでしょうか。


■乖僻 guāipì 性情乖张偏执
■褪色 tuìsè 颜色失去鲜艳;变得暗淡
■瓦格涅 wǎgéniè 瓦格纳(Richard Wagner,1813-1883),德国作曲家、文学家
■疏狂 shūkuáng 亦作“疎狂”。亦作“踈狂”。 豪放,不受拘束。
■背诵(背誦) bèisòng 不看原文而念出读过的文字
■朗吟 lǎngyín 高声吟诵。
■溺 nì 淹没
■固执 gùzhí 不轻易改变自己的认识,坚持到底
■束缚 shùfù 捆绑,指约束限制
■乌托邦(烏托邦) wū tuō bāng 本是英国空想社会主义者莫尔(Thomas More)所著书名的简称。『ユートピア』
■自耕自织 zìgēngzìzhī
■缝(縫)féng 用针线连缀 / fèng 空隙,裂开或自然露出的窄长口子
■帧(幀)zhēn指书画、书刊的装潢设计
■踌躇(躊躇) chóuchú 犹豫不决
■音韵(音韻)yīnyùn 和谐的声调、韵律;诗文的音节起伏转折
■铿锵(鏗鏘)kēngqiāng 形容乐器声音响亮节奏分明,也用来形容诗词文曲声调响亮,节奏明快
■堆砌 duīqì 垒积砖石并用泥灰黏合,比喻写文章使用大量华丽而无用的词语,以扩大或加长篇幅
■睽隔 kuígé 别离;分隔。
■懊悔 àohuǐ因过错而自恨
■裁缝(裁縫)cáiféng 裁剪缝制衣服 / cáifeng 以制作或拆改衣服为职业的人
■衣裳 yī shang 衣服的通称
■绒线 róngxiàn 用于刺绣的粗丝线
■肥皂 féizào 一种清洗及乳化剂
■霓虹 ní hóng 指霓虹灯。
■咬啮 yǎoniè 咬。比喻缠住不放,再三恳求。
■袭(襲)xí 量词,指成套的衣服:衣一~。
■袍 páo 中式长衣
■蚤 zǎo 昆虫,赤褐色,善跳跃,寄生在人和畜的身体上,吸血液,能传染鼠疫等疾病。通称“跳蚤”、“虼蚤”。



《天才梦》

我是一个古怪的女孩,从小被目为天才,除了发展我的天才外别无生存的目标。然而,当童年的狂想逐渐褪色的时候,我发现我除了天才的梦之外一无所有——所有的只是天才的乖僻缺点。世人原谅瓦格涅的疏狂,可是他们不会原谅我。
加上一点美国式的宣传,也许我会被誉为神童。我三岁时能背诵唐诗。我还记得摇摇摆摆地立在一个满清遗老的藤椅前朗吟“商女不知亡国恨,隔江犹唱后庭花”,眼看着他的泪珠滚下来。七岁时我写了第一部小说,一个家庭悲剧。遇到笔划复杂的字,我常常跑去问厨子怎样写。第二部小说是关于一个失恋自杀的女郎。我母亲批评说:如果她要自杀,她决不会从上海乘火车到西湖去自溺。可是我因为西湖诗意的背景。终于固执地保存了这一点。
我仅有的课外读物是《西游记》与少量的童话,但我的思想并不为它们所束缚。八岁那年,我尝试过一篇类似乌托邦的小说,题名快乐村。快乐村人是一好战的高原民族,因克服苗人有功,蒙中国皇帝特许,免征赋税,并予自治权。所以快乐村是一个与外界隔绝的大家庭,自耕自织,保存着部落时代的活泼文化。   
我特地将半打练习簿缝在一起,预期一本洋洋大作,然而不久我就对这伟大的题材失去了兴趣。现在我仍旧保存着我所绘的插画多帧,介绍这种理想社会的服务,建筑,室内装修,包括图书馆,“演武厅”,巧克力店,屋顶花园。公共餐室是荷花池里一座凉亭。我不记得那里有没有电影院与社会主义——虽然缺少这两样文明产物,他们似乎也过得很好。   
九岁时,我踌躇着不知道应当选择音乐或美术作我终身的事业。看了一张描写穷困的画家的影片后,我哭了一场,决定做一个钢琴家,在富丽堂皇的音乐厅里演奏。
对于色彩,音符,字眼,我极为敏感。
当我弹奏钢琴时,我想像那八个音符有不同的个性,穿戴了鲜艳的衣帽携手舞蹈。我学写文章,爱用色彩浓厚,音韵铿锵的字眼,如“珠灰”,“黄昏”,“婉妙”,“splendour”,“melancholy”,因此常犯了堆砌的毛病。直到现在,我仍然爱看《聊斋志异》与俗气的巴黎时装报告,便是为了这种有吸引力的字眼。
在学校里我得到自由发展。我的自信心日益坚强,直到我十六岁时,我母亲从法国回来,将她睽隔多年的女儿研究了一下。   
“我懊悔从前小心看护你的伤寒症,”她告诉我,“我宁愿看你死,不愿看你活着使你自己处处受痛苦。”
我发现我不会削苹果,经过艰苦的努力我才学会补袜子。我怕上理发店,怕见客,怕给裁缝试衣裳。许多人尝试过教我织绒线,可是没有一个成功。在一间房里住了两年,问我电铃在哪儿我还茫然。我天天乘黄包车上医院去打针,接连三个月,仍然不认识那条路。总而言之,在现实的社会里,我等于一个废物。   
我母亲给我两年的时间学习适应环境。她教我煮饭;用肥皂粉洗衣;练习行路的姿势;看人的眼色;点灯后记得拉上窗帘;照镜子研究面部神态;如果没有幽默天才,千万别说笑话。   
在待人接物的常识方面,我显露惊人的愚笨。我的两年计划是一个失败的试验。除了使我的思想失去均衡外,我母亲的沉痛警告没有给我任何的影响。   
生活的艺术,有一部分我不是不能领略。我懂得怎么看《七月巧云》,听苏格兰兵吹bagpipe,享受微风中的藤椅,吃盐水花生,欣赏雨夜的霓虹灯,从双层公共汽车上伸出手摘树顶的绿叶。在没有人与人交接的场合,我充满了生命的欢悦。可是我一天不能克服这种咬啮性的小烦恼,生命是一袭华美的袍,爬满了蚤子。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 05月 15日 |
《天才夢》のCDを使って音読練習。

CD天才梦-张爱玲散文经典作品集
河北教育音像出版社
朗诵艺术家姚锡娟倾情朗诵


1 迟暮
2 秋雨
3 天才梦
4 到底是上海人
5 夜营的喇叭
6 爱
7 钱
8 弟弟
9 雨伞下
10 家主
11 姑姑语录

お値段は20元でした。
文章を収録した小冊子がついてるのですが、薄紫の紙に薄茶色の文字でリーダビリティ皆無です。


練習方法
1.一人で音読
2.CDを聞きながらシャドウイング
3.一人で音読
4.CDを聞きながらオーバーラッピング
5.一人で音読

今日は 《遅暮》。タイトルは《離騒》の「恐美人之遅暮」の引用らしいです。
もうちょっとスラスラ読めるかと思ったら読めない単語がこんなに・・・orz


■冉冉 rǎnrǎn 渐进地
■酡颜(酡顔) tuóyán 饮酒脸红的样子。亦泛指脸红
■倚 yǐ 靠着
■封姨 fēng yí 亦作“ 封夷 ”。 古时神话传说中的风神。亦称“ 封家姨 ”、“ 十八姨 ”、“ 封十八姨 ”。
■俯 fǔ 向下
■搔 sāo 古同“骚”,扰乱。
■坠(墜)zhuì 落
■帘栊(簾櫳)lián lóng 亦作“ 帘笼 ”。窗帘和窗牖 
■茵 yīn 铺垫的东西,垫子、褥子、毯子的通称
■沾濡 zhān rú 浸湿。多指恩泽普及
■屐 jī 木头鞋,泛指鞋
■目不暇接 mù bù xiá jiē 指东西多,眼睛都看不过来。
■栏干(欄干)lán gàn / 栏杆(欄杆)lán gān  以竹、木等做成的遮拦物
■朦胧(朦朧)ménglóng 在感情或直觉的意义上微微感觉到或觉察到
■摈弃(擯棄)bìnqì 抛弃
■怅惘(悵惘)chàngwǎng 因失意而心事重重;惆怅迷惘
■赋(賦)fù 给予
■吝啬(吝嗇)lìnsè 小气
■稍纵即逝 (稍縱即逝)shāo zòng jí shì 纵:放;逝:消失。稍微一放松就消失了。形容时间或机会等很容易过去。
■酣足 hān zú 痛快满足
■殉 xùn 为某种目的而牺牲生命
■难堪(難堪)nán kān 不容易忍受 
■峻岭(峻嶺)jùn lǐng 连绵的高山
■长啸(長嘯)cháng xiào 大声呼叫
■挚友(摯友)zhìyǒu 交情深厚的朋友
■窃议(竊議)qiè yì 私下议论
■诅咒(詛咒)zǔ zhòu 原指祈求鬼神加祸于所恨的人;现指咒骂
■磬声(磬聲)qìng shēng 击磬的声音
■幽僻 yōu pì 幽静偏僻
■嘴唇 zuǐchún 人及其他许多脊椎动物围绕嘴的两片肉质褶之一
■颤动(顫動)chàn dòng 急促而频繁地振动 
■躲避 duǒ bì 隐匿避开



《迟暮》

多事的东风,又冉冉地来到人间,桃花支不住红艳的酡颜而醉倚在封姨的臂弯里,柳丝趁着风力,俯了腰肢,搔着行人的头发,成团的柳絮,好像春神足下坠下来的一朵朵轻云,结了队儿,模仿着二月间漫天六出轻清的春雪,飞入了处处帘栊。细草芊芊的绿茵上,沾濡了清明的酒气,遗下了游人的屐痕车迹。一切都兴奋到了极点,大概有些狂乱了吧?——在这缤纷繁华目不暇接的春天!

  只有一个孤独的影子,她,倚在栏干上;她的眼,才从青春之梦里醒过来的眼还带着些朦胧睡意,望着这发狂似的世界,茫然地像不解这人生的谜。她是时代的落伍者了,在青年的温馨的世界中,她在无形中已被摈弃了,她再没有这资格,心情,来追随那些站立时代前面的人们了!在甜梦初醒的时候,她所有的惟有空虚,怅惯;怅惘自己的黄金时代的遗失。

  咳!苍苍者天,既已给与人们的生命,赋与人们创造社会的青红,怎么又吝啬地只给我们仅仅十余年最可贵的稍纵即逝的创造时代呢?这样看起来,反而是朝生暮死的蝴蝶为可羡了。它们在短短的一春里尽情的酣足的在花间飞舞,一旦春尽花残,便爽爽快快的殉着春光化去,好像它们一生只是为了酣舞与享乐而来的,倒要痛快些。像人类呢,青春如流水一般的长逝之后,数十载风雨绵绵的灰色生活又将怎样度过?

  她,不自觉地已经坠入了暮年人的园地里,当一种暗示发现时,使人如何的难堪!而且,电影似的人生,又怎样能挣扎?尤其是她,十年前痛恨老年人的她!她曾经在海外壮游,在崇山峻岭上长啸,在冻港内滑冰,在广座里高谈。但现在呢?往事悠悠,当年的豪举都如烟云一般霏霏然的消散,寻不着一点的痕迹,她也以惟有付之一叹,青年的容颜,盛气,都渐渐的消磨去。她怕见旧时的挚友。她改变了容貌,气质,无非添加他们或她们的惊异和窃议罢了。为了躲避,才来到这幽僻的一隅,而花,鸟,风,日,还要逗引她愁烦。她开始诅咒这逼人太甚的春光了……灯光绿黯黯的,更显出夜半的苍凉。在暗室的一隅,发出一声声凄切凝重的磬声,和着轻轻的喃喃的模模糊糊的诵经声,“黄卷青灯,美人迟暮,千古一辙”。她心里千回百转的想接着,一滴冷的泪珠流到冷的嘴唇上,封住了想说话又说不出的颤动着的口。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 03月 31日 |
<年度末在庫一掃セール>


さいきん中国語の原書を読んで紹介しあう会が流行っているのですね。
いいなーアタシも参加してみたい。
もし参加を許されたらみなさんにご紹介したいのがこの本です。


・・・というのは大嘘で、「この本だけは絶対誰にも紹介できないな俺」という本です。
今日はいつもこのブログを読んでくださる愛読者の貴女だけにご紹介しましょう!

(恒例女性対象記事ですので各自お気をつけください。期末の在庫処分品のためクレームなしでお願いします)





《主子》
作者:風弄






台北駅の地下街に本屋さんがいっぱい入ってる本屋のぶらり横丁みたいなところがあります。
本屋によって得意分野が違うらしく、大手書店では見たことないようなマニアックなシリーズ本があったりして面白いところでした。
その一角に、そのあれですよ、ハーレクイーンロマンスとびーえるばかり置いてある本屋があったの。

台湾の地産地消びーえる小説ってどんなのかと気になって、おとなしそうな表紙の本を選んで買ってみました。
(おとなしくない表紙の本はとても買う勇気が出なかった。日本でも買ったことないのに無理)


内容解説によると

年輕的天朝皇帝在迎接契丹使者團的宮廷夜宴中,偶然與契丹王子蒼諾獨處,(略)




・・・うら若い皇帝と騎馬民族の宮廷ロマンスでした。

いずれのおほんときにか明記されてませんが(文中では「天朝」)、たぶん清朝でしょう。
ってことは主役は辮髪か・・・挿絵がないのが惜しまれます。

内容は韓ドラよりさらに甘~い読んでると歯が痛くなりそうなスィートなラブコメでした。
なんぼなんでも皇帝の警護があんなに手薄で後宮に誰でも入り込める設定は無理があるんじゃないかしら。
登場人物も10代や20代初めの若人ばかりで物足りない・・・
(そりゃ読者が若いんだよ>自分)


しかし清朝にも萌え需要が存在すると分かった貴重な読書体験でした。
この作者は時代物が多いようですが、國府軍が舞台の作品も書いているようです。ニッチ市場があるのでしょうか。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 01月 29日 |
d0127061_2251264.jpg
紅樓夢魘 [張愛玲典藏新版]
作者:張愛玲
出版社:皇冠
出版日期:2010年08月23日




三毛の次の音読教材を(豊富な積読セレクションの中から)《紅樓夢魘》に決定。


以前から「紅楼夢」をちゃんと読みたいと思ってたんです。そして以前から張愛玲の散文をちゃんと読みたいとも思ってました。

じゃあこの二つをいっぺんにやればいいんじゃないの?と思って買ったまま積読になっていた「紅樓夢魘」がやっと日の目を見ました。
しかし文芸批評は難しい・・・タイトルすら読めない
(↑紅樓夢魘hónglóumèngyǎn)


最初の章が衣装談義で、さすがお洒落な張愛玲。
小説の中の服装が漢服なのか満服なのか、というところが面白い。
女性たちは纏足をしていたか?という問いも興味深いですが、賈寶玉は辮髪だったのか?という問いに目が覚めました。



「紅楼夢」の良さがあんまり分からない私ですが、辮髪だったら萌えられるかも!
(賈寶玉の辮髪は萌えないけど賈赦の辮髪は萌える気がする)

読了できたらまた書きます。

More
[PR]
2012年 01月 27日 |
d0127061_1857830.jpg
词家有道:香港16词人访谈录
黄志华, 朱耀伟), 梁伟诗
广西师范大学出版社; 第1版 (2010年10月1日)




香港の作詞家16人のインタビュー集。

このところほとんど広東ポップスを聴いてないわたしが言える立場ではないのですが、このままでは香港歌謡界は衰退してしまうのでは?という業界の危機感と焦燥感が感じられる本です。

「広東語のポップスに将来はあるのか?今後どうするべきか」「香港の作詞家は林夕と黄偉文の二人しかいない状況をどう考えるか」という質問を複数の作詞家に投げかけています。


この本を読むまで知らなかったのですが林夕の本名は梁偉文なんですね。それで「二人の偉文で600万人の歌詞を書いてる」と言われてるそうです。
黄偉文は最近は新しい作詞家も出てきてると楽観的な見方をしていますが・・・


もうひとつ何度も出てきてたのが「台湾の方文山の中国風をどう思うか」という質問。
作詞家業界にとってはやはり衝撃的なことだったんでしょうか。
(業界の人たちはあんまり評価してないっぽい印象を受けましたが。負け惜しみか?)


「影響を受けた作家は?」という質問に唐詩や宋詞を挙げてた作詞家が多かったのも印象的でした。
日本のポップスの作詞家で「古今和歌集に影響を受けた」って人はあまりいないと思う。
古典詩の中国人に対する影響は大きいのですね。

現代詩の詩人に影響を受けてるという答えもあったのですが、張愛玲の小説という答えも複数あって香港人って本当に張愛玲好きなんだなーと感心しました。


知らない曲で面白そうな歌詞がたくさん紹介されてました。
香港ポップスには頑張ってもらいたいので私もちゃんと聴いてみようと思います。


広東語だけで書かれてる歌詞ってあまりないのですが、黄偉文作詞の「你唔愛我啦」は本当に普通の香港の女の子の喋り方で可愛い。
你唔愛我啦 with Cantonese Romanization/Cantonese Pinyin



音が悪くて聞きづらいのですが、広東歌を歌えなくなるのではと心配するイーソン・チャンのインタビュー
陳奕迅擔心冇得唱廣東歌


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 01月 18日 |
d0127061_20485784.jpg
張恨水は以前から読んでみたかったのですが、なにしろ大昔の小説だし、果たして理解できるのかと心配してました。
そのうえすごく分厚い本(500ページ以上あるの)で一生読み終わらないかも・・・と思ったのですが、読み始めたら、ドキドキハラハラの場面が多くドラマを見て内容は分かってるのに「このあとどうなっちゃうの!?」とどんどん読めちゃいます。


あらすじは
《紙酔金迷》 こんなストーリー


小説とドラマの一番の違いは、ドラマでは3人のヒロイン田佩芝(陳好飾)・ 袁園(羅海琼飾)・東方曼麗(胡可飾) が同じ女学校の同級生で日本軍の侵攻で離れ離れになり、過酷な運命のすえに重慶で再会したのに対し、小説では3人はまったくの赤の他人で、ヒロインも田佩芝一人だけ。残りの二人はただの脇役であまり出番もなかった。

小説の主役は田佩芝ひとりだけで、ドラマではそれなりに見せ場のあった夫・魏端本(邵峰飾) と愛人・范宝華(于和偉飾) もオマケ扱い。
ドラマでは様々な人間模様が面白かったのに、小説では他の人物の描写はあまりなく人間関係はけっこう単調。

日本の降伏間近な重慶。抗日戦の真っ最中にもかかわらず、リッチピープルたちはひたすら賭けトランプと黄金の投機とブラックマーケットでの売買(いずれも賭博)に没頭している。

登場人物は上海から逃げてきた政府関係者たちなので、重慶の地元の暮らしに上海式のモダンライフが混じっているのも興味深い。

ドラマでは改心した主役の一人が軍に入って国のために献身的に戦ってたけど、小説にはそんな殊勝な人物は登場しなかった。
小説では誰も従軍も抗日もしないし、日本軍なんてまったく出てこないので、脚本の審査を通すための苦肉の策だったのかな?


田佩芝が賭博(ポーカーか?)にはまって借金がどんどん膨らんでしまい、范宝華の金に手をつけて現場を抑えられて口止めのために愛人にされちゃったり、贅沢な生活に憧れて夫も子どもも捨てて家出して金持ちの居候に落ちぶれて、それでも賭け事のためにあちこちで嘘と借金を重ねたりと「この女は一体何がしたいわけ!?」とボヴァリー夫人なみの破綻ぶりにイライラしながらも目が離せません。

ヒロインがこんなに破綻した性格なのには一応理由があって、田佩芝は魏端本とは正式な結婚ではないのです。
魏端本には上海に妻がいるのにそれを隠して田佩芝と一緒になったの。二人の間には子どももできて、重慶では「夫人」で通ってるけど実質は「抗戦夫人」(言葉は綺麗だけど要は現地妻)。

巷では戦争が終わるという噂が流れていて、戦争が終わると上海に戻らなければならず、上海には正妻がいるので終戦後はただの愛人に転落してしまう「抗戦夫人」たちはストレスで賭け事に走るわけ。

ラストもドラマではみんなド派手に破滅してたけど、小説はわりとあっけなく終わってカタストロフィが感じられずちょっと物足りない。


この小説を読んだのはドラマ版を見て面白かったせいで、ドラマ版を見た理由はGXX一家が総出演してるから。おかげでついに張恨水を読むことができました。GXXには足を向けて寝れない気がします。



<機会があったら調べたい>

女性が「脇の下からハンカチを出して」涙を拭く場面が何度も出てくる。当時のチーパオには脇の下にハンカチを入れるポケットでもあったのでしょうか。

街では人力車、田舎では「滑竿」が交通手段。「滑竿」というのは籠というか輿のような乗り物のようです。
重慶にしかない乗り物だったのかな?(18世紀のロンドンにもセダンチェアとかいう乗り物があったみたい)

賭け金の支払い方法は複数あったらしく「現鈔」、銀行の「本票」「支票」などが登場します。
硬貨はなかったのか、駄菓子を買うにも紙幣を何枚も出してたりして貨幣単位がよく分からない。
通貨も美金や法幣と数種類あって計算たいへんそう。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 01月 15日 |
d0127061_18593774.jpg

我的靈魂騎在紙背上-三毛的書信札與私相簿
作者:三毛
出版社:皇冠




遠藤 光暁先生の「中国語のエッセンス」に毎日1~2時間音読をしていたと書かれてたので、マネをして今年は音読学習法をやってます。

とはいえ《唐詩三百首》は長期的見ればに中国語のリズム感を養うのには役立つのでしょうが、即効性はないし、読んでても意味が分かんないので時々徒労感に襲われます。
音読はやはり現代の文章のほうが楽しいし続けられそう。


数年前にどうしても三毛を読まないと!という衝動にかられて何冊か買いこんであったので、まだ読んでない《我的靈魂騎在紙背上-三毛的書信札與私相簿》を教材に音読してみました。

この本を選んだ理由は

・字が大きい
・本が薄い
・家族あての書簡集なので難しい単語が出てこない
・手紙なので語りかけるように朗読する練習ができる


一日一時間はちょっと無理なので、一日15分程度音読して半月ほどで読了。

音読は時間がかかって面倒な気がしますが、実際にはスピードは黙読とあまり変わらないような気がします。
声を出しているかぎり絶対に前に進むので、あらぬことを考えて目が泳いでちっとも先に進まない黙読より建設的な読み方かもしれません。


三毛の作品は「サハラ物語」だけしか翻訳されてないようですが、ぜひ日本語でも読めるようになってほしい作家です(まだ何冊も積読のままだし・・・)


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]