タグ:ドラマ感想 新版三国 ( 26 ) タグの人気記事
|
|
2012年 03月 04日 |
You tubeの新浪北美チャンネルにアップされてました。これは盗版ではなくて正版だと思う(たぶん)。

いよいよ難攻不落の監獄・白山館に乗り込む于和偉。
監獄では徹底的に身体検査が行われます。
普通の検査を通過したと思ったら胃の中身を吐き出す薬を飲まされるの。
これはヤバイ!秘密のカプセルを吐き出しちゃったらどうしよう!と思ったが于和偉は大丈夫でした。

カプセルにトゲトゲがついていて食道に引っかかって吐き出せない仕組みになっていたのだ!
ここで親切にも食道にひっかかるカプセルの図解あり。苦しそう・・・


カプセルは16時間以内に排出しないと危険なようです。早く検査を終わらせてもらって出さなくっちゃ!
(いま15時間55分)



しかしなかなか拷問の順番が回って来ず焦る于和偉。(新入りは一人ずつ拷問するシステムらしい)
わざと敵を怒らせて早く終わらせようと挑発する于和偉。しかしこのセリフはまずいのではないか・・・(考えすぎか)



殴られそうになったところを孫監獄長とかいう人に救われました。監獄長は中国国務院総理に似た温厚そうな人物です。

さあ、やっとカプセル排出!と思ったら今度は沙溢が立ちふさがる。
早よどいて小覇王アンタ話長いねん。



おや、このネタでまだまだ引っ張るようです。
今日は排出できませんでした。(温暖化ガスのようだ)


上一集
《青盲》鑑賞 (第一集だけ)
下一集
《青盲》第3集


《青盲》第2集



百度百科の丸写し 青盲

青盲--主要人物
▪ 王玲雨 ( 王丽坤 饰)
▪ 张海峰 ( 于和伟 饰)
▪ 徐行良 ( 沙溢 饰)
▪ 青盲灰 ( 吴秀波 饰)
▪ 陈文海 ( 谢君豪 饰)
▪ 冯进军 ( 刘向京 饰)
▪ 张兰 ( 苏岩 饰)
▪ 刘明义 ( 焦刚 饰)
▪ 孙德亮 ( 石文中 饰)
▪ 李圣金 ( 吕一丁 饰)
▪ 冯彪 ( 铁牛 饰)
▪ 皮景顺 ( 金盛宇 饰)

第2集
  张海峰吞下的那枚只有小手指肚大小的蜡丸,里面装着所有越狱必备的工具,只有借助这些工具,他才有可能找到“小猫”实施越狱计划,并带他离开白山馆。一旦敌人发现张海峰吞入胃中的蜡丸,不仅张海峰自身难保,营救“小猫”的行动也将化为泡影。
  进入白山馆后,面对着脱衣体检,喝泻药等种种极为严格的入狱检查,张海峰苦苦支撑,艰难地熬过了一个又一个难关。可是敌人留给张海峰的时间不多了,眼看张海峰吞下蜡丸已十六个小时,快接近张海峰所能坚持的底线了。蜡丸也正一点一点地滑向张海峰的胃里,一旦蜡丸掉入张海峰的胃中,就再也无法吐出,工具必将扎破胃部,引发大出血,张海峰将会有生命危险。
  关键时刻,张海峰在白山馆里遇到了自己的仇人,也是情敌——白山馆预审科科长徐行良。张海峰灵机一动,故意用言语激怒徐行良。盛怒之下,徐行良重重击打了张海峰胸部一记重拳。徐行良没有想到,自己这一记重拳,正好弹开了张海峰食道中隐藏的工具上面一个倒钩机关。倒钩张开,将工具挂在食道壁上,为张海峰赢得了一点宝贵的时间。
  而此时,敌人也对张海峰为什么会进入白山馆产生了怀疑,灰衣社和特调处的特务头子连夜布置,暗中秘密安排着调查和对付张海峰的方案。
  时间一分一秒的过去,形势对张海峰愈发严峻。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2011年 12月 07日 |
「于和偉」で検索して来てくださる方が多いので《青盲》(一話だけ)の視聴レポートを書いてみます。


抗日ドラマかと思ったら国共内戦直前ドラマでした。
だからこのドラマでは残虐非道な「敵人」=国民党です。

すごく余談ですが私が中国のドラマを見てて困るのは「敵人」が誰か理解できるまでけっこう時間がかかることです。中国人には自明でも日本人にはすぐには分かんないのよ。
でも中国では「敵と味方をはっきりさせる」ことがとても重要なのです。今後中国ドラマを見るときには「敵が誰か」に注目してみてね!

<中国ドラマにおける敵人のものすごくおおざっぱな変遷>
清朝末期 敵人:朝廷&西洋諸国、朋友:中国の近代化を手助けするリーベン人
抗日時代 敵人:リーベン軍、朋友:肩を並べて戦う国民党
国共内戦時期 敵人:国民党、朋友:ゴンチャン党を物質面で支える地方の人々
革命初期 敵人:地主、ブルジョア階級、朋友:革命を応援するエリートたち
文革時代 敵人:知識分子、朋友:うまいこと逃げた実力派
大躍進時代 敵人:資本主義の道を歩む実権派たち、朋友:ソ連兄貴
改革開放時期 敵人:社会主義市場経済化を阻む腐敗した人たち


こうやってみると「昨日の友は今日の敵」ということわざは中国では真実なのですね。
などというどうでもいい話は終わって本題です。お待たせ。


于和偉は国民党に潜入しているゴンチャン党の工作員。
ある日屋台で蒸しパンみたいな食べ物を買う于和偉。
屋台の兄ちゃんは「熱いうちに食べなよ、うちのは中に餡が入ってるよ」
d0127061_21353410.jpg



蒸しパンの中には指令文が埋め込まれていた!
「94.3 2205」は22時5分にラジオの94.3局を聞けという暗号。
時計を見る于和偉。この時点ですでに22時3分。段取り悪すぎゴンチャン党!急げ于和偉!
d0127061_21353737.jpg



放送は「工場長から青盲にお呼び出しです」
d0127061_21365184.jpg



普通の放送のように聞こえるが、暗号書をいろいろ参照して解読したところ
「国民党の刑務所白山館に味方の毒薬専門家が監禁されている。一人で救出に行け」
という内容。
「提前蘇甦」というのは「アンダーカバーであることを自ら国民党に明かせ」ということらしい。
なんという危険な任務!!
d0127061_21354454.jpg



親切なテロップ
d0127061_21354680.jpg



「コードネーム:青盲」
親切すぎるテロップ
d0127061_21372467.jpg



于和偉が喋りながらジリジリ後ずさりしていくので何かと思ったら柱にジリジリと寄りかかっていった。ヨガ?
d0127061_21372744.jpg



柱に寄りかかって喋る于和偉。三日月のポーズ。息を吸って~吐いて~
演出がすごく大げさで大爆笑できます。于和偉はこんな芝居をつけられて納得したのだろうか・・・
d0127061_21373288.jpg



国民党のパーティに出席する于和偉。
そこで白山館の監獄長と出会う。監獄長は沙溢。
親切なテロップでご確認ください。
d0127061_21373473.jpg



于和偉と沙溢は知り合いだったらしい。世界初の備策。
d0127061_2137376.jpg



沙溢の悪役演技もとてもわざとらしくて笑えます。
ちょっとクセになりそうよ。
d0127061_21383562.jpg



于和偉は味方からスパイと密告されて白山館へ送られます。
しかし密告も作戦の一部だったのだ。
于和偉は脱獄道具(?)をおさめたカプセルを飲み込んで準備万端。
このカプセルが尋常でない大きさ。苦しそうです。
d0127061_21383882.jpg



なかなか面白そうなんですけどね、50集見るのはちょっと無理ですね・・・


下一集
《青盲》第2集



百度百科の丸写し

第1集
  1947年初,国共双方决战在即。
  中国西南重镇重庆郊区的深山里,国民党秘密组织灰衣社的特工正在紧紧追杀一名中共特工,这名特工顽强的跳落悬崖,逃出敌人的包围,拼尽全力返回到接头地点,临死之前,他将一个惊人的消息转告给了重庆市地下党组织:“小猫”同志被关入了白山馆!
  原来,我党早已得到情报,国民党“灰衣社”正紧锣密鼓研制着一种大规模杀伤武器。危急时刻,我党派出刚刚从苏联留学归来的,代号为“小猫”的毒气专家刘明义前来重庆,协助重庆市地下党,破坏敌人的阴谋。然而,刘明义刚刚抵达重庆,正逢敌人在朝天门码头上对地下党进行大清洗。刘明义也被当做共党的嫌疑犯而被抓了起来,并且被敌人投送到秘密监狱“白山馆”中。
  白山馆位于重庆远郊的一座险峰之上,三面悬崖,是真正的“一夫当关万夫莫开”。
  而有关白山馆内的情况我方几乎是一无所知。再派一个毒气专家已经是不可能的事情,战局一触即发,敌人一旦将最新研制的武器投入战场,后果不堪设想。唯一的方法,就是不惜任何代价,将“小猫”从白山馆解救出来!
  重庆地下党总负责人“王老板”决定武装营救,但行动再次落入神秘组织“灰衣社”精心设计好的圈套之中,武装营救彻底失败!
  此时唯一能够帮助王老板的,只有潜伏在敌人心脏长达十年之久、也是我党派驻到重庆的唯一独立级特工,其掩护身份为重庆军需处中校副处长、代号为“青盲”的——张海峰!
  当夜,张海峰接到上级密令,令他不惜一切代价,尽快将“小猫”同志营从白山馆中营救出来!张海峰临危受命,他利用国民党重庆市特别调查处庆功舞会的机会,潜入特调处档案室,找到了一份残缺的白山馆地图。根据对一份早年残缺的白山馆地图的记忆,吞下了一枚事先准备好的蜡丸,主动暴露自己的身份,进入了这座号称只有死人才可以离开的秘密监狱——白山馆!

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2011年 07月 02日 |
2010年のジェフ・ラウ監督の《越光寶盒》。
チャウ・シンチーのオマージュ映画と思って見逃してましたが、《赤壁》(レッドクリフ)のパロディにもなってました。

ロナチェンがズーロンという魅惑の配役に惹かれて鑑賞。
正直に言うとこれまで見たどのズーロンより好きだ。(次点アンディ・ラウ)


d0127061_2357460.jpgこんな配役です ウィキより引用

趙子龍---鄭中基
周瑜---黃渤
劉備---元彪
曹操---郭德綱
諸葛亮---曾志偉
于榮光---甘寧
夏侯惇---譚耀文
琦岩(夏將軍副將)---沙溢



譚耀文は夏侯惇じゃなくて夏侯淵だったような気がする。
沙溢が見つけられなかったごめん(配役を先に見ればよかったのね・・・)
そして新版三国の関羽・于榮光は今回は呉軍だったのですね、これも気がつかなかったごめん関公。


王合喜の魯粛があまりにもMAN・・・
d0127061_23531053.jpg


わたしのお目当てはこの人
于濱~
許晩秋も出てたのか、なんでしょうGXX工作室総動員?
d0127061_23533855.jpg



黃渤の周瑜は「史上もっともイケメンの周瑜」という宣伝文句だったような記憶が・・・
見覚えある顔だと思ったら「レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳」(精武風雲 陳真)の宣伝ポスターで(さっき)見たんだった。


いつもありがとうございます

[PR]
2011年 03月 05日 |
拍手コメントレス不要とのことでしたが、調子に乗って書いてみます。
白文字反転劇場

<世界初の丕粛>

片田舎の太守・魯粛を引き抜いて都に連れ帰った曹丕。
華やかな都では曹操主催の宴会が行なわれる。

新しい謀士を舞踏会デビューさせようと同伴する曹丕。
曹操の招いた主賓は、名ばかりの名誉官位を貰って幽閉されていた孫権だった。

最上位の主賓席に坐る孫権、曹操の長子として真向かいの席を占める曹丕、その隣につつましく控える魯粛。

踊り子の裾がひるがえるたび通路越しに交差する視線・・・
壁にはりめぐらされたいくつもの銅鏡に浮かぶ人影・・・

大型詩史電影 <合・榻> 2011年清明節公開!
銅鏡が吹っ飛ぶド派手な銃撃戦を見逃すな!

(さっきジョニー・トーの映画見たから・・・)



本題です。

今回は中国人の“榻”の解釈について
まず日本語訳を確認しておきましょう。ちくま文庫版の訳文

〔その場の〕賓客たちが退出するとき、魯粛も辞去しようとしたが、ひとり魯粛だけを呼び戻して、榻(低い足のついた小さな牀。貴人が坐る)をつき合わせ、向かい合って酒を飲んだ。

正史 三国志7 呉書 Ⅱ 周瑜魯粛呂蒙伝 第九 ちくま文庫



日本語版の解釈では「低い椅子」ってことみたいですね。

では「三国志集解」を見てみましょう。(年に一度くらいは役にたつ集解)
「合榻對飲」の直後に胡三省の注がついてます。

胡三省曰榻牀也有坐榻也有臥榻今江南又呼几案之屬為卓牀卓高也已其坐榻臥榻為高也合榻猶言合卓也



文語なのでよく分からないのですが、榻にも「坐榻」と「臥榻」の二種類あって、合榻の場合は「机をくっつけた」といってるようです、たぶん。

易中天「品三国」ではこんなの

魯肅投奔孫權後,孫權馬上就接見了,而且和他有過一次他同桌喝酒(合榻而飲)的密談。這次密談,堪稱“魯肅”版或“東吳版”的《隆中對》。
(魯粛が孫権の家臣になったあと、孫権はすぐに彼を引見し、その上、一度は彼と同じ机で酒を飲んで(合榻而飲)密談したこともありました。この密談は“魯粛”版、または“東呉版”の「隆中対」と呼べるでしょう。)
(易中天「品三国」 第17集 隆中対策)


易中天老師の見解は「つくえ」のようですね。

易中天「品三国」は「三国志 素顔の英雄たち」のタイトルで日本語訳も出ています。
日本での評価はあまり良くないようですが、この番組(テレビ番組の書籍化なのです)のおかげで、中国では曹操ファンと周瑜ファンが確実に激増したと思われます。曹魏派と東呉派は読んで損しない本だと思います。

次行きましょう。柏楊老師の「品三国」。


孫權接見魯肅,交談之下,大為興奮。等到賓客全部告辭時,還特地留下魯肅,把坐榻靠在一起,一面飲酒,一面交換意見。
孫権は魯粛を引見し、話をするうちにとても興奮した。賓客たちがみな帰ってしまっても、魯粛だけをわざわざ引きとめ、「坐榻」をくっつけて、酒を飲みながら意見を交わした。)
(柏楊「柏楊品三國」 三 東吳帝國建立)

柏楊老師は「坐榻」と書いているので、「低い椅子」という意見なのでしょうか。


あと何冊か手元の本を読んでみたところでは、「つくえ」派が多いようです。
それなりの学者は「つくえ」または「低い椅子」という意見のようですね。

しかし、ネットの記事などを見ると「ベッド」という解釈が多いようです。“榻上策” の説明に「同榻而臥」と書いてる文章もあったし。
たぶんあまり古文に詳しくない現代中国人は「ベッド」と誤解してるんじゃないでしょうか。


それにしてもなぜ私まで一緒になってこんな誤解を・・・と自分でもちょっと謎だったんですが、思い出しました。

この人のせいです。

新版三国 37集
諸葛亮、字八卦(外號娯楽快報)が魯粛についての情報をリークする場面

「哪曉得從此以後 整整一個月 孫權與魯肅 食則同席」
d0127061_21461083.jpg



「寢則同室 朝夕不離」
d0127061_214546100.jpg



寢則同室・・・孔明の罠だったとは・・・

劉備「ううむ」
d0127061_21464390.jpg



劉備さん、言いたいことがあるなら言っていいんですよ

とりあえずおしまい。




前回エントリー
魯子敬さんの“榻上策” 其の弐
[PR]
2011年 01月 28日 |
d0127061_15392814.jpg

「三国三人行︰大嘴侃三国(附贈光盤)」
作者:梁宏達.紀連海.阿憶
出版社:安徽文藝出版社



白状します。「鏘鏘三人行」と間違えて買いました。

ドラマ新版「三国」のプロモーションの一環として安徽衛星テレビが企画した番組を書籍化したもののようです。スタイルはまんま「鏘鏘三人行」のパクリ。

本と付属光盤で1セット。光盤はDVDかと思ったらCDでした。

番組の内容は「三国演義について、三人の文人が縦横無尽に語りつくす」。
本のまえがきにも書いてありますが、三人とも醜男です。(本人が言ってるんだから・・・)
醜男三人組が英雄にツッコミを入れるというのが売りみたい。

でも「三国演義」についてのツッコミって、結局は羅貫中に対するよくあるツッコミになってしまうのですよね。
マニアには物足りない番組なんじゃないかしら・・・

北方人が猛スピードで喋る番組なので、CDは聴力の訓練に重宝しそうです。





「此周瑜非彼周瑜」って回は周瑜がさぞかしこきおろされるのだろうと覚悟して聞いたら、かなり褒められてました。
なぜかと思ったら、安徽衛星テレビの製作だからですね。「周瑜は郷土(安徽省)の誇り」なんですって。

網友の「周瑜に対する間違った認識を改めさせるために日夜努力している」というメッセージが感動的でした。


[PR]
2010年 09月 20日 |
中国語で「手紙」といえばトイレットペーパーのことだと多くの中国語の入門書に書いてあります。

でも(なんか前にも書いた気がしますが)実際に中国人の口から「トイレに“手紙”がなかった・・・orz」とか、「今日の超市の特売は“手紙”だ」とかいう言葉を聞いたことがおありでしょうか?(修辞的疑問)

いったい現実に「手紙」って単語使う中国人っているのかしら。
と思ってたら、いらっしゃいました!

三国(新版電視劇小説版)」の中国アマゾンの購入者評に。


缺乏最基本的历史常识和逻辑性,这样的垃圾连当手纸都不配!!!


「手紙」の役にすら立たない本・・・えらい言われようですね。

こんなに読者の評価が低い(☆一つばっかり)本を初めて見た。
作者(=ドラマの脚本家)の朱蘇進氏は「康熙王朝」や「我的兄弟叫順溜」では評価高かったようなのに、どうしてしまったのでしょう。

あまりに酷評されてるので却って読んでみたい気がしてきました。


朱蘇進氏脚本の「我的兄弟叫順溜」には霍青老師が出演してたはず。
このあたりの縁で「新版三国」に起用されたんでしょうか。あ、このドラマには常鋮さん(呂蒙ちゃん)も出てるではないですか!
でも抗日モノだからなあ・・・見るのキツそう・・・

霍青老師は私がすごく見たいと思ってる張鐵林主演の「五月槐花香」にも出演してることに気づきました。これは買わなくては。


さて、しばらく留守にします。
不在のあいだ周瑜×小喬のラブラブMVをお楽しみください。抱擁なんかしちゃってますよ。

新版三国 片頭Three Kingdoms


[PR]