「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ドラマ感想 新版三国 ( 26 ) タグの人気記事
|
|
2014年 04月 12日 |
中国で1月に放送してたネットドラマ《三国熱》。
たまたま見た第4集(黄盖鲁肃密谋睡大乔)が冒頭からすごかったのでご紹介します。
なおこの回しか見てないのでドラマの内容は分かりません。請見諒。

警告しとくと、女の子はそこそこ可愛いけど男演員の容貌は破壊的です。
心の準備を万万怠りなく。







魯粛が爽やかに目覚めると



隣に陌生男子が・・・



と思ったら黄蓋でした
二人のやりとりがとても無聊でつい笑ってしまいます



魯粛は大喬に暗恋してたらしい



おまけの粛亮(うわあ気持ち悪い)




このドラマを見て「当時は気づかなかったけど新三ってイケメンばかり出てたんだなあ(誤)」としみじみ感じました。

百度百科のコピペ



三国热(搜狐视频出品网络剧集)

演员表
角色演员备注
诸葛亮陈玺旭不明觉厉,三国第一“屌丝军师”
孙尚香张嘉倪/李健仁宅男女神,东吴公主,第一隐藏高手
周瑜李林高富帅傲,东吴水军大都督
鲁肃孟鹏见钱眼开,东吴第一土豪
张飞曹冬冬天然萌呆,未来蜀国五虎上将之一
黄盖郑景天东吴名将,喜欢大乔
小乔马恺曼周瑜妻子,暴力狂,江东美女之一
大乔王梦婷倾国倾城,江东美女之一
蒋干汪大雄成事不足,败事有余。
蔡瑁张延涛暴露色狼,孙尚香秘密情人
张辽于小童贼眉鼠眼,魏国“五良将”之一
刘备门三邋遢猥琐,未来蜀国皇帝
曹操不详神秘古怪,常年戴面具
孙权杜相江东君主,生子当如孙仲谋 


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 03月 02日 |
中国へ行くとしょっちゅう再放送していて、ついつい夜毎見てしまう《後宮甄嬛傳》。
面白いのですがとにかく長い。買ったままなかなか手をつけられなかったDVDをやっとプレイヤーに入れました。

まだ10集あたりなのですが、2集の選秀のときに太后が“甄嬛zhēnhuán”の姓が忌諱するべきだって言ってたのは何なんでしょう?
雍正帝の諱が胤禛yìnzhēnだから?姓も変えなきゃいけないの?ただのいいがかり?




ブログ主の贔屓はどこかじじむさい齊妃。演じているのは張雅萌さん。
齊妃の演技で人気急上昇だそうです。
ブログ主が目をつけた俳優は必ず出世するので今後が楽しみですね(←偉そう・・・しかし《楚漢傳奇》で雍齒情人を演じてらしい。チェックしてなかった不覚。)

《后宫甄嬛传》热播 张雅萌演活角色深入人心


皇上が久しぶりに来てくれると知って喜ぶ齊妃。“高興、高興!”




この喜びっぷり似てませんか!?









(おまけ)
久々に珍キーワード好キーワード。
“権粛”でたどりついてきてくださった貴女に楽しいひな祭りが訪れますように・・・





5位の“挂柴”って何かと思ったら“歇菜”(活動を停止する)のことだそうです。長見識了。

またしばらくお休みをいただきます。たのしい女児節をお過ごしください。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 12月 08日 |
「えっ、楚漢伝奇のレビューをやるんじゃなかったの!?」と驚かれた貴女、人生にはまだまだサプライズがいっぱいなのです。


第5集


苑志豪(陳建斌)が結婚しました。
自分のことのように大喜びする夏天庚(霍青)。あ~可愛い。
この時代は父母にお辞儀せず主席にお辞儀するらしい


めったにない貴重な蘇一亭(邵峰)の出番。セリフ一言しかなかった・・・





第6集


この回はデジャブと思った貴女、その通りです。冴えてますね、年末ジャンボを買えば当たるかもよ。

これです

《光栄歳月》 ウサギは洗うと死んじゃうのよ!



夏天庚が苑志豪(陳建斌)を将棋に誘いにきました。
しかし苑志豪はお風呂の用意をしています。

真冬に風呂に入るなんて病気なのかといぶかしむ夏天庚。



夏天庚にも入浴するよう命令する苑志豪。





入浴を決心する老夏。



お風呂に入っておおよろこび・・・かわいい・・・



蘇眼鏡も大喜び



萌・・・



老夏の演説を聴く蘇眼鏡



曹操ファン



かわいすぎる3人




年末までに書きたいネタがたくさんあるのに追いつきません。
今日はひとまず消化試合。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 10月 30日 |
もう覚えてる方もおられないでしょうが、続きです。
このあと同じ人物のキャプチャしかありません.


第3集

第1集で隠しておいた銀元(資金)を鬼子から奪い返しました。


「虎口奪食」で鬼子に勝ちました
虎の口から食べ物を奪う=勇敢な行為
得意そうな夏天庚(霍青)はカワイイな




しかし戦闘中に2名の同志を失ってしまった。
苑志豪(陳建斌)はライバルの鄒大倫(黄海波)の責任だと思って恨む。
だが夏天庚は苑志豪のガールフレンドの柏香茗(朱媛媛)の失敗のせいではないかと疑う。
・・・という内容と思われます。




苑志豪は怒ってどっか行っちゃった。
呆然とする夏天庚。
・・・カワイイ・・・




苑志豪と鄒大倫が口論しているところに夏天庚が来ました。
今夜は呂家のあたりで伏兵するらしい。蒙蒙の家かしら(誤)。




ドイツ製の双眼鏡の長所を長々と吹聴する苑志豪。
何でも知ってる苑志豪をうらやましがる夏天庚。
可愛い・・・




それは学問がないせいだ、ともっと勉強するよう諭される。呉下阿蒙・・・




第4集


やっと登場した蘇一亭(邵峰)に書籍を与える苑志豪。
蘇眼鏡は本が大好物。




墓地での出来事を問い詰められて困る蘇一亭。
ここで「えへへ」ってごまかし笑いする邵峰が可愛過ぎる・・・




蘇一亭が自白するとあげた本を奪い返して去る苑志豪。ひどい・・・




可愛いよ眼鏡・・・




ドイツ製の双眼鏡を賭けて将棋をする夏天庚と苑志豪。




「全副武装」というのは一回負けるたびに背嚢とか機関銃とかを装備に加える罰ゲームらしいです。
十回勝負ですべて夏天庚の負け。




苑志豪に緊急任務を伝える夏天庚
真剣な顔も素敵・・・




苑志豪に不愉快な(しかし真実の)忠告をしてプンプン怒った苑志豪に突き飛ばされちゃう夏天庚。
新版三国もこんな役だったが・・・




エンディングの于濱




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 09月 15日 |
《英雄曹操》

さいきん「ドラマ 曹操」での検索が急増しています。
何かと思って検索してみたら、日本で「中国ドラマ『曹操』」のDVDが発売されるようです。


官方網站
中国ドラマ『曹操』


昔の于和偉が荀彧を演じた河南テレビのドラマとは別のようです。
しかし公式サイトに俳優の名前が載ってなくて(正確にはカタカナしか載ってなくて)よく分からないのでググってみたところ、以前《盖世英雄曹操》のタイトルで制作発表されてたドラマのことみたいです。
《盖世英雄曹操》→《英雄曹操》→《曹操》と文字数が減少。

過去記事
〔楚漢伝奇〕 劇組新春番組出演  おまけ《盖世英雄曹操》


百度百科には《英雄曹操》で項目ができてます。
いつの間に放送してたのかな、ぜんぜん知りませんでした。


英雄曹操

《英雄曹操》(现剧名《曹操》)由著名导演胡玫打造。胡玫透露,剧中她将着重于曹操艺术形象的历史化处理,“我们要展现的是一个全新的曹操,是不为观众所知的成为一代枭雄之前的曹操,他有着每一个那个时代的年轻人身上有的热血与冲动,他也有着他特有的乖张和与众不同,我们要让观众了解和看到一代枭雄是怎样成长的故事。这是一部在大历史背景下的青春偶像剧。



主役の趙立新に見覚えあるわーどうしてかなーと思ったら《九河入海》で海子軒&海子佩を演じてた人でした。

左が趙立新
(右は山本フミちゃん)



真ん中が趙立新
(左は山本フミちゃん)



そして曹節の吹き替えが陳浩さんです。これは見たい(というか聞きたい)!


キャスト表(まるうつし)

角色:演员(配音)----备注
曹操:赵立新;王翰(少年)姜广涛----统一北方,曹魏奠基人
袁绍:孙洪涛(涛王凯)----四世三公,河北霸主
貂蝉韩雪----四大美人之一,离间董卓和吕布
蔡文姬:张玉洁----著名才女,流落匈奴
卞氏:龚洁----曹操的夫人
曹节:雷恪生(陈浩)----东汉宦官
贾诩:孙祺----三国时著名谋士,毒士
吕布:营峰----汉末群雄之一,骁勇无敌
唐姬:马丹旎----刘辩的妻子
董卓:石黎明----凉州军阀,汉末权臣
董太:后岳红----汉灵帝之母
孔融:古巨基----建安七子之首
夏侯惇:尹君正----曹操麾下大将
刘协:孙锡堃(少年)----汉献帝
荀彧:阚金明----曹操五大谋士之一,王佐之才
郭嘉:严琨----曹操五谋士之一
刘辩:林妙可----汉少帝
张绣:张文明----东汉末年割据宛城的军阀
刘志:严琨----汉灵帝
何皇后:赵雪莲----汉灵帝皇后




ついでに百度にかいてあったのが


《英雄曹操》将由新湖影视传播与香港英皇合作投巨资拍摄。英皇娱乐不仅参与投资,英皇旗下的艺人也将在剧中扮演重要角色。区别于《三国演义》的小说性取材,一直坚持新历史主义创作方式的胡玫导演将着重于曹操艺术形象的历史化处理。根据导演介绍少年曹操的性格特点,外界推测,谢霆锋很有可能将出演曹操。也有猜测,谢霆锋可能出演吕布。对于各种猜测,究竟主演由何人担纲——胡玫导演保持着一向的低调风格和开机前的神秘。


ドラマの売りは香港英皇との合作なので英皇の俳優が出演してるってことらしいです。そのせいで最初はニコラス・チェーが主役ではとか無責任な噂が流れてたようですね。けっきょく英皇からの参加者はレオ・クー。



在上海电视节中,《曹操传》受到了各方的关注,甚至受到了日本、韩国等海外片商的青睐,目前已有日本片方欲购买其海外版权



上海テレビフェスティバルで日本が買い付けたのですね。
ご丁寧にDVDの発売予定日まで載ってました。



播出时间及播出平台:
日本2013年9月4日起开始发行DVD
2013/9/4(水)曹操 第1部-乱世奸雄-1巻~3巻
2013/9/18(水)曹操 第2部-汉室衰退- 4巻~6巻
2013/10/2(水)曹操 第3部-打倒董卓- 7巻~10巻
2013/10/16(水)曹操 第4部-献帝拥立-11巻~13巻
2013/11/2(土)曹操 第5部-吕布灭亡-14巻~16巻
2013/11/15(金)曹操 第6部-官渡大戦-17巻~19巻
曹操 第7部-赤壁前夜-20巻~21巻

中国:江苏卫视2013年底




なんと、中国で未放送のドラマをジャケ買いなさったようです。
日本の業者さんは太っ腹ですね。

中国では江蘇衛視が買ったものの未放送で放送禁止か?とうわさが流れてるようです。(あくまでうわさ)


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 07月 27日 |
先日テレビを見ていたら中国の抗日雷劇がどーたらという報道がありました。
最近日本でもよくニュースになってますよね。
で、ふとテレビ画面を見たら

ゆ・・・于濱!?

一瞬于濱がアップになった気がするけど見間違いかなー?
と思ってたら矢野浩二さんが紹介されました。
代表作として《狙撃手》の片段が流れたようです。驚いた。
(公平を期して言えば佟大為も映ってました)


矢野浩二さんは中国で俳優さんとしてきちんと評価されているようで安心しました。
そして中国ドラマ中の日本軍の描写についてナレーターが語っている背景映像は日本軍ではなくて國軍なのでは・・・と思えました。ていうか霍老師が邵峰に説教してる場面なのでは・・・と思えました。




こんなところでお会いすると思わなかったからドキドキしちゃったわー。



というわけで今日は陸魯。
本当にごく一部の人しか楽しくない記事です。


第2集


学生さんたちも戦場に出るようになりました。
苑志豪(陳建斌)は分隊長になったらしい。主役だけに銃火器にもあっというまに習熟しました。

テストしてみる夏天庚(霍青)。
「八路軍の八って叉子八それとも薬葫芦八?」
・・・?意味わかんないんですけど?



答えは叉子八だそうです。
んじゃー「薬葫芦八って何?」と聞く夏天庚。
何か書いてるところが可愛いなあ~



苑志豪は「それはアラビア数字の八」と教えてあげました。
叉子八(フォークのハチ)=漢数字の八
薬葫芦八(ひょうたんのハチ)=アラビア数字の8
ってことのようです。

夏天庚は貧しかったので学問ができなかったんですね。蒙蒙。



苑志豪が女性から貰った銀のかんざし(?)を見つけて
「それって読書人の愛情信物(愛のプレゼント)ってやつだろ?」と嬉しそうな夏天庚。
・・・可愛いすぎる・・・



馬で戻ってきたと思ったら落馬しちゃった夏天庚。
助け起こす蘇一亭(邵峰)。



「ぴーぐー」を怪我したらしい。・・・どうしてそんなところを?
(覗いても見えない>邵峰)



馬から落ちる場面は替身だと思うのですが、ご本人が落ちたんだったらどうしょう。
霍老師は初期のころスタントを使うことを知らず、危険な場面もなんでも自分でやってたらしいです。


苑志豪は医学の心得もあるようです。薬を調合してるところ。



「脱褲子」と言われて「喫薬還脱褲子?」とびっくりしてる夏天庚可愛い・・・



逆光で微笑してる蘇一亭が邪悪だ



妙なキャプチャが取れてしまったのでご披露します



情けない顔かわいい



「痛いのなんか怖くないぞ、来い!」
と言ったものの、けっきょく大騒ぎ。



「得譲這薬進去」補語です。
って、何の薬!?
(「進去」してるのは蘇一亭)



終わった。
ハナ拭いてる・・・かわいい・・・



もう痒くなくなったらしい。何の怪我だったの・・・



苑志豪のガールフレンドが面会に来たのでうらやましがる夏天庚。
どーして苑志豪はモテモテなのに夏天庚には恋人がいないのかしら。老夏はみんなの恋人だから?(違)




・・・たったこれだけ書くのに一日終わってしまった・・・
老夏が可愛すぎる。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 07月 24日 |
敏感な時期に敏感なドラマレビュー。勇気あるオレ。
でもいま話題の《雅典娜女神》とかに比べたらすごくオーソドックスなドラマだと思います。

この記事の予測対象読者

霍青ファン
邵峰ファン
于和偉ファン
于濱ファン

上記以外の方はスルーください。


五四運動の影響で学問を捨てて革命と戦闘に身を投じる大学生たちの物語・・・だと思います。よく分からず見てるので間違ってたらすいません。
放映当時はごく普通の戦争ドラマだったのでしょうが、新版三国のあとで見ると、集団転生ドラマにしか見えない・・・

More
[PR]
2013年 01月 27日 |
駆け足でお届けしたした《天下人家》、今日で最終回です。
(ちょっと予定(ブログ主の)が押してるもんで・・・すんません)


人名をすぐ忘れてしまうので人物紹介をトップにおいています。
詳細はこちらをどうぞ→天下人家 百度百家

  
角色(演員)
(唐ファミリー)
唐中秋(于和偉)----葬儀館の化粧師、唐家の長男(老大)
唐端午/曹宗平(霍青)----唐家の次男(老ニ)、副市長・曹蔚芳の養子
唐重陽/常貴(于濱)----唐家の三男(老三)、養父母は早くに逝去したらしい
龐溪(李依暁)----唐家の末っ子、養母と二人きりで生活している
唐茂盛(許毛毛)----唐兄弟の実父

(卞ファミリー)
卞倍(石小満)----唐中秋の養父
劉美珍(李野萍)----唐中秋の養母
卞梁/黒皮(李継春)----卞倍の実の息子、唐重陽の不良仲間

(曹ァミリー)
曹蔚芳(潘虹)----曹宗平の養母、副市長
楊暁慧(劉涛)----唐端午の女朋友
荘小雲(陳曦)----唐端午の前妻
王秘書(王冬明)----曹母の秘書

(その他)
顧琳(楊童舒)----唐中秋の妻子
龐姨(李明啓)----龐溪の養母
沈亦栄(張博)----龐溪の同学、律師
林倩(李雯雯)----龐溪の同学、好朋友
科長(洪剣涛)----唐中秋の領導



《天下人家》第26集


常貴(于濱)は政府プロジェクトの資金集めに奔走している。
(中国では奔走=宴会)
承包chéngbāo 請け負う



投資人から予算が通常より2割も高いと指摘されるが、それは品質が良いからと上手く切り抜ける。
さすが前世では二期連続で皇帝(文系)だっただけのことはありますね。



唐茂盛(許毛毛)は息子たちがいないときは質素にラーメンですませています。
「毎日フカヒレやアワビを食べてるわけじゃないんだぞ」と庶民ぶりもアピール
(本当にお金がなくなってきたようです)



自分はラーメンですませても息子には西洋料理を食べさせてやる唐茂盛(支払いは息子かも)。
「箸もないのか?」と怒る世間知らずな常貴にマナーを一つずつ教えてやるパパ。



父さんは再婚しないの?と聞かれて「お前たちや死んだ母さんのことを思うと、とても再婚する気になれないよ」



常貴「真的假的?(マジかよ?)」
(ウソにきまってんだろ!)



曹宗平(霍青)は楊暁慧(劉涛)にすっごく良いことがあったからと呼び出されます。

グッドニュース=赤ちゃんができた。
・・・それはあまりありがたくないかもな。



曹宗平は「このことはしばらく内密にしておこう」と提案します。
さすが前世は三期連続で天才軍師&宰相。引きのばす作戦ですね。




黒皮(李継春)が会社の口座から資金が消えてることを発見。
すぐ通報しようと言う黒皮に



常貴は「一度にこれほどの大金を現金で引き出すには



会社の公印とオレの身分証が必要だ」
中国の銀行って窓口で身分証見せるんですけど、他人の身分証でも引き出しできるのでしょうか?



こんなことができるのは一人だけ



親父は何を考えてるんだ・・・




《天下人家》第27集


常貴と黒皮は拘留され(公金横領か詐欺?)、曹蔚芳(潘虹)も「協助調査」の名目で軟禁されてしまいます。
ママに着替えを差し入れにきたタンゴちゃん。現代では食事は差し入れしなくて良いみたいですね。
(「水滸伝」だと家族がご飯を運んでいた)

「協助調査」というのは「関連部門に話を聞かれること」だそうです。「双規」のソフトバージョンみたいなもん?




唐中秋(于和偉)すら親子が共謀したと疑っています。
「カネは親父が持ち逃げしたんだろ?」






龐溪(李依暁)は沈亦栄(張博)に弁護を依頼。
曹宗平が常貴の実の兄と聞いて驚く沈亦栄。



次兄は市長の養子なのと説明する龐溪。さらに驚く沈亦栄。



(子敬啊,这都是什么跟什么啊?)



権様は同僚に「初恋のためにこの事件を引き受けたのか?」と聞かれています。
権様にも初恋があったんですね。



沈亦栄は曹宗平に電話で状況を確認。



曹宗平は「張律師」と呼んでるのに、沈亦栄はは「宗平」と呼び捨てにしてる。数千年たっても偉そうな権様。



唐茂盛が曹蔚芳に書いた「保証書」(このプロジェクトと息子を引き換えにしますとかいう内容)を証拠に使われると不利だと説明しているようです。

「じゃあ保証書は焼き捨てたらどうでしょう?」と提案する前世は天才軍師の曹宗平。



しかし弁護士としては証拠隠滅をすることはできないのだ!
権様が何を考えているのかぜんぜん分からない。(腹黒なのは分かる)



唐中秋はお母さんの墓参り。
中国のお墓は一人ずつなんですね。
「唐門 朱氏 淑恵之墓」と刻んであって、横に夫の名前と子供たちの名前が書いてありました。



裁判当日。唐茂盛は自首してきました。
(兄弟の墓参りを物陰から見て改心した)

父の感動的な演説のおかげで常貴と黒皮は無罪に。
なんという安易な結末。そう、これが中国クオリティー。



権様は弁護を断って海外出張してたはずなのですが、法廷にいるのを目撃されてしまいました。
しかも「保証書」を法廷に送って常貴を不利な立場に追い込んでいたようです。腹黒ですね。



「弁護を引き受けるかどうかはぼくの自由だ。」
権様はぴー公子が目障りで、消えてほしかっただけなのです。



あ!



「ここは法廷なんだからね、放してよ」



めったにみれない
ちゅえん×ぴー



「“ニ進宮”(もういちど刑務所に入る)したいのか?」



権様はリュウベイに殴られました!!!!!ひどい!
子敬さんはいちおう皇叔を止めたものの



皇叔+曹魏チームに加勢しています。裏切り者・・・



(子敬啊・・・)



リュウベイに「以前は小さいから見逃してやったが、もう容赦しないぞ」みたいなことを言われています。
(権様は高校生のころ静妹と付き合って捨てて転校したらしい。早熟(?)だな・・・)



権様は前世で家臣を殺しすぎた報いを受けているのでしょうか。
どんなに腹黒でもいちおうは東呉の殿なのにこの仕打ち・・・




《天下人家》第28集


権様の出番はあれで終わりかと思ったらまだ出てきました。
(もう許してやって・・・曹魏の時空を越えた復讐なのか?それとも新三大都督ファンの集団怨念?)

権様は超級市場の顧問弁護士もやってます。



楊暁慧と出産用品を買いに来た龐溪を見つけました。
他の男を好きになったのか?



ぼくと別れたばかりなのに、もう子供までつくって
(生まれてくるのは子敬さんの子なのだが・・・
権様なにも知らずに・・・かわいそう・・・)



きみを忘れたことはない
とかいろいろ言ってますが龐溪は取り合ってくれません。



ぴー公子が助けに来ました。
及時ピー


「及時」(ちょうど間に合う)の使い方比較 
林教頭



呉用



“心有霊犀”(心が通じている)のか、それとも“狼狽為奸”(共謀してわるだくみする)なのか?
さすが権様むずかしい成語をふたつも繰り出してきました。


これで権様の出番は本当におしまいです。さよなら権様。


曹宗平はまたもママにお見合いを強要されています。
見合い相手の母親が「自分なんて年寄りで」と言うのに答えて
「姜子牙は80歳で宰相になったじゃないですか、まだまだお若いですよ」
・・・そんな例え嬉しくないんですけど・・・天才軍師は比喩もひとあじ違う。



常貴と黒皮は念願の自動車修理店を再開。
めでたしめでたし。



“ニ進宮”について「人民中国」に説明がありました。「ニ宮之争(二宮の変)」とは無関係のようです。

『二進宮』再び宮殿に入る人民中国
ちなみに、「二進宮」は現在隠語として、「再犯」や「再入院」という意味でも使われる。





《天下人家》第29集


曹蔚芳(潘虹)は副市長の仕事に戻ったものの、執務室は引越しさせられ、担当職務は外され、今日の仕事はどっかの起工式の“剪彩”(テープカット)だけ。
薄々感じていたが、“剪彩”ってやっぱりどうでもいい役人が来るものだったのね。



同僚には“以退為進”したらどうか?と薦められ・・・


以退为进(以退爲進)yǐ tuì wéi jìnとは退却と見せかけて進攻の準備をすること。
「クビになるまえに自主的に退職したほうがいい」と忠告されているのです。
収賄で死刑の可能性もある国なので、疑われながら公職にいるより、いさぎよく辞めたほうが身のためなのでしょうか。


唐中秋(于和偉)が牛舌餅を手土産に曹蔚芳を訪ねてきます。
曹蔚芳は母親なのに曹宗平(霍青)の好物を知らなかったんですね。

曹蔚芳「まだ牛舌餅が好きなの?」



曹宗平「ママ忘れちゃったんだね、小さいころからずっと好きなんだよ」



翌日、唐中秋が掃除の手伝いにきました。




唐中秋らの説得で息子の結婚を許す曹蔚芳。


ついに今日の良き日が・・・



しかし霍老師が花婿さんでも、この飾りつけで結婚するのはイヤだ・・・



式場にぽつんと残った曹蔚芳につきあってお喋りする唐中秋。
こういうしみじみしたシーンが上手い。




《天下人家》第31集


唐中秋は体調が悪いようです。




常貴(于濱)は以前ちょっとつきあってた美女の結婚式に龐溪(李依暁)と参加。







《天下人家》第32集 大結局


唐中秋の誕生日パーティ



兄ちゃん何か面白い話して、と弟妹にせがまれて
「むかしむかし中秋、端午、重陽という三兄弟がいました。
近所の人はどうして節日の名前なんてつけたんだろうね」



「もう一人生まれたら清明ってつけるんだろうか?
と笑い、兄弟たちは学校でもいじめられました。
中秋は泣いて母さんに改名したいと言いましたが」






「母さんは、この名前をつけたのは”一年四季家好月円”(いつも家族一緒にいられる)ようにだよ」



「兄弟三人で仲良くしなきゃいけないよ」



この場面美しいのですが、背後の皇叔の写真がジャマだ。



楽しくなった長男はお酒を飲みすぎて予想どおりぶっ倒れました。



一家団欒で遺言を聞きました。



中途半端ですが、あとは予告編通りの展開ですのでレポートはここで終了します。
読んでくださったみなさんありがとうございました。

次回からはお待ちかね(200人くらい?)《楚漢伝奇》のレビューです。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 01月 24日 |
今日は重量級の人物が2人も出てきます。


人名をすぐ忘れてしまうので人物紹介をトップにおいています。
詳細はこちらをどうぞ→天下人家 百度百家

  
角色(演員)
(唐ファミリー)
唐中秋(于和偉)----葬儀館の化粧師、唐家の長男(老大)
唐端午/曹宗平(霍青)----唐家の次男(老ニ)、副市長・曹蔚芳の養子
唐重陽/常貴(于濱)----唐家の三男(老三)、養父母は早くに逝去したらしい
龐溪(李依暁)----唐家の末っ子、養母と二人きりで生活している
唐茂盛(許毛毛)----唐兄弟の実父

(卞ファミリー)
卞倍(石小満)----唐中秋の養父
劉美珍(李野萍)----唐中秋の養母
卞梁/黒皮(李継春)----卞倍の実の息子、唐重陽の不良仲間

(曹ァミリー)
曹蔚芳(潘虹)----曹宗平の養母、副市長
楊暁慧(劉涛)----唐端午の女朋友
荘小雲(陳曦)----唐端午の前妻
王秘書(王冬明)----曹母の秘書

(その他)
顧琳(楊童舒)----唐中秋の妻子
龐姨(李明啓)----龐溪の養母
沈亦栄(張博)----龐溪の同学、律師
林倩(李雯雯)----龐溪の同学、好朋友
科長(洪剣涛)----唐中秋の領導



《天下人家》第21集

龐溪(李依暁)は若い女性の死化粧を担当します。
とつぜん葬儀に現れた男性は・・・


権様♥



遺族に罵られる沈亦栄(張博)。死んだ女性の夫のようです。
偶然龐溪は彼と知り合いでした。
沈亦栄が葬儀に参列できるよう遺族をなだめる龐溪。




《天下人家》第22集

遺留品の男物の腕時計を遺族に返そうとする龐溪(李依暁)。
だが遺族は「その時計はあの男のものだ」と受け取りを拒否。


これがあの男。権様♥



中国ではお客に行くと「水を入れますよ」と言ってもらえます。
以前は本当に冷水か白湯でしたが、最近はお茶が出ることも。
この事務所は儲かっているらしく紅茶でした。(どうでもいい豆知識)



沈亦栄(張博)は亡くなった女性とはすでに離婚していました。奥さんに愛人がいたのです。
遺族は愛人の存在を知らず、沈亦栄が妻を捨てたと誤解してたようです。



第三者は臭虫みたいなものだって台詞がなんか可笑しかった。



数日後、龐溪が友人の結婚式に参加すると偶然そこにも・・・

権様♥



酔っ払った龐溪は沈亦栄のスーツに吐いてしまいました。



いっぽう唐中秋の養父・卞倍(石小満)を尋ねてきたのは・・・

許攸さん♥



卞倍と唐兄弟の実父・唐茂盛(許毛毛)は知り合いだったんですね。(たぶん悪い遊び仲間?)
それで唐中秋は父が失踪したあと、卞倍を頼って都会へ出てきたのですね。やっと話がつながりました。



唐中秋(于和偉)が帰宅して感動の親子対面・・・
にはなりませんでした。
唐中秋「誰だよこれ?」



実父に「秋児や」と呼ばれて



「いままで二十数年秋児なんて呼ばれたことないね」と拒否(笑



唐茂盛は喧嘩相手を死なせたと思って逃げたのですが、幸い相手は生きていたのです。(《水滸》の武松みたいだな)

香港で事業を起こして金持ちになったので、三兄弟に会社を継がせたいという唐茂盛。断る唐中秋。



償いの機会を作ってほしいと頼む唐茂盛。




《天下人家》第23集


曹宗平(霍青)は珍しく短いスカートをはいた曹蔚芳(潘虹)を見て「ママ、20歳は若く見えるね!」とほめます。・・・とても息子に見えない・・・近所のオヤジみたい。



常貴(于濱)はバイク便に転職したようです。黒皮(李継春)は遊んでもらえなくなって不満。



唐茂盛(許毛毛)は豪華ホテルに滞在しています。
香港と電話中。どうやら香港に妻子がいるようですね。



唐中秋(于和偉)が豪華な手土産を返却に来ました。

唐茂盛「お前たちのことを思うと辛くて・・・」



唐中秋にクサい芝居はやめてくれと止められる。



唐茂盛は25年間も香港にいたせいか大げさな南方なまりになっていて、演技もわざとらしい。許毛毛さんの意図はどこにあるのだろうか・・・



弟たちに連絡すると曹宗平は「兄さんだけ会えばいい 自分は巻き込まないでくれ」と冷たく拒否。



常貴(于濱)は会うのを承諾(意外だ)。
この子は一歳で養子にいったので、実の両親の記憶がまったくないんですね。




《天下人家》第24集


常貴は龐溪から沈亦栄あての宅配荷物を見つけて配送する。



権様♥



常貴は沈亦栄(張博)に壊れていないか箱を開けて内容を確認するよう要求。



行き届いたサービスを褒める沈亦栄。褒めてる場合じゃないぞ権様。



中身は先日龐溪が汚しちゃったスーツとお手紙とプレゼント(?)。
手紙とプレゼントはすぐゴミ箱へ捨てちゃう権様。腹黒健在。



タコチューも健在。(“有”の“u”)



権様(客)に人の気持ちは大切にするよう説教するピー公子。



殴ってやりたいと言われた権様は「ぼくを殴りたいって?」
赤壁の戦い勃発?むしろ逍遥津?



美女が権様を助けに駆けつけました。



ピー公子「皇叔だけを愛するって言っときながら・・・自尊心はないのか?」
・・・楽しすぎるこの人たち・・・



この日は一家再会のめでたい集まりだったのですが、権様に敗戦したピー公子は機嫌が悪い。
常貴「これが親父かよ?」



魯叔「そうだ。これがわれわれ三兄弟の実の父だ」
そして前世では楚の裏切り者だ。楚漢無間道。



ピー公子は許攸さんを殴ってうさばらし。
皇叔もどさくさにまぎれて「こいつは“不是東西”(ろくでなし)だが、それでも父親だ」とか言ってる(笑



唐茂盛は三兄弟が幼いころの苦労話&一家団欒話を語ります。
とくに常貴は生後一ヶ月で母親が病気になってしまい、自分がとうもろこし粥を食べさせようとしたが、スプーンすら口に入らず、やむなくデブっちょの奥さんにもらい乳をしたそうです。だから奥さんへの恩は必ず返さないといけないの。



だから恩人である奥さんをいじめたニ虎を殴り殺すのは当然だろう?という理屈のようです。(=妻子を捨てて逃げるのも当然)。
すっかり唐茂盛マジックにかかってしまった常貴。さすが許攸さん口が上手いわ~



次は賢い次男の思い出話。
父が留守のあいだに家に食べ物がなくなり、長男は近所の人に、次男は先生に借りに行きましたとさ。
長男は断られたが次男は首尾よく借りてきて、みんなは餃子を作ってその冬を生き延びました。
でも先生は貸してくれるときに「あの親も育てられないならこんなに生まなければいいのに」と言ったんですって。(正論だ)
次男は何日もご飯も食べず、誰にも理由も言わず、一人で傷ついていた、なんて純真で繊細で親孝行な良い子なんだ!



「猴年的事了,谁还记得(そんな昔のこと覚えてない)」
“猴年hóunián”または“驴年(驢年)lǘnián”は「いつか分からない年月」のこと。ロバは十二支に入っていないからだそうです。



親子兄弟は酔っ払って意気投合しました。
きみたち民国のころもこんなことしてたね・・・


回想




そのころの権様♥
ピー公子の女(語弊)とデート。



唐茂盛は起業し、常貴を社長に据えます。
しかし唐茂盛の香港の会社は破産してしまったようですぞ・・・クレジットカードも停止になったみたい、大丈夫なのか?




《天下人家》第25集


唐茂盛の新会社は市の開発プロジェクトを請負いたい。しかし入札では負けてしまうので、曹蔚芳副市長のコネで決裁を通してもらいたい。
そこで老大の奥さんが老大を説得して老ニを説得して副市長を説得してもらおうという遠大な中国特色的走後門作戦が展開される。

(中国語ひとことメモ)
“投标(投標)tóu biāo”は「入札する」(業者側が使う)、“招标(招標)zhāo biāo”は「入札にかける」(政府側が使う)です。中国語は主語によって動詞が変わるので気をつけてね!


奥さん→老大



老大→老ニ





休憩
そのころの権様♥



権様が他の女性といたことを暴露するピー公子。(車の助手席に乗せた美女にアイスクリームを食べさせてもらってた)



権様「誤解だ。あれは妹だ」
妹にアイス食べさせてもらうのか・・・さすが豪傑(妹が)



ピー公子「おたくは親戚が多いんだな」
権様「すごく多いんだよ」
孫呉は一家だからね・・・



休憩おわり
老ニ→副市長



唐茂盛は首尾よく副市長に面会できました。



(ワイロは)この数でどうでしょう?と持ちかける唐茂盛。この指は“十”です。
いくらだろう十万元?十億元ってことはないか。



ワイロも批准も拒否する曹蔚芳。子離れはできないが仕事はできる副市長。



突然態度がガラっと変わる唐茂盛。
自分が曹宗平の実父であることを明かす。
「こんな怖い女のもとでうちの息子はどんな生活を送ってるのやら・・・」



許可を出さなければ息子を香港へ連れて行くと脅して副市長の推薦を手に入れました。あくどい・・・



正直このドラマの許毛毛さんの演技はどうなのよ・・・?とちょっと失望していたのですが、ここであっと言わされました。
やはり許毛毛さんはこうでなくっちゃ。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2013年 01月 21日 |
人名をすぐ忘れてしまうので人物紹介をトップにおいています。
詳細はこちらをどうぞ→天下人家 百度百家

  
角色(演員)
(唐ファミリー)
唐中秋(于和偉)----葬儀館の化粧師、唐家の長男(老大)
唐端午/曹宗平(霍青)----唐家の次男(老ニ)、副市長・曹蔚芳の養子
唐重陽/常貴(于濱)----唐家の三男(老三)、養父母は早くに逝去したらしい
龐溪(李依暁)----唐家の末っ子、養母と二人きりで生活している
唐茂盛(許毛毛)----唐兄弟の実父

(卞ファミリー)
卞倍(石小満)----唐中秋の養父
劉美珍(李野萍)----唐中秋の養母
卞梁/黒皮(李継春)----卞倍の実の息子、唐重陽の不良仲間

(曹ァミリー)
曹蔚芳(潘虹)----曹宗平の養母、副市長
楊暁慧(劉涛)----唐端午の女朋友
荘小雲(陳曦)----唐端午の前妻
王秘書(王冬明)----曹母の秘書

(その他)
顧琳(楊童舒)----唐中秋の妻子
龐姨(李明啓)----龐溪の養母
沈亦栄(張博)----龐溪の同学、律師
林倩(李雯雯)----龐溪の同学、好朋友
科長(洪剣涛)----唐中秋の領導



《天下人家》第15集

常貴(于濱)は昔の仲間に誘われて借金の取り立てに加わりました。
仲間は漢献帝のような気がするのですが・・・ 



常貴はこどもを人質に取ろうとする仲間を止めて殴られてしまいます。



漢献帝は凶悪だった。
跡をつけてきた唐中秋も殴られました。




《天下人家》第16集


常貴が無事釈放されたのでお祝いの食事会。



しかし曹宗平(霍青)は常貴の“徳行”がなってないと非難します。
“徳行”は「行い」とか「人となり」のことです。「看+人(的)徳行((人の)あの行いを見ろよ)」と言う時はあまり良い意味では使わないようです。



常貴も曹宗平を良く思っていません。



唐中秋(于和偉)が常貴は“講意気”(義理堅い、友人を裏切らない)とかばいますが




曹宗平は「チンピラの義侠心にすぎない」と切り捨てます。



三兄弟のケンカは楽しい。




曹宗平は離婚したばかりなのにもう新しい恋人ができました。



彼女は同窓生のようですね。




《天下人家》第17集


唐中秋は常貴に仕事を紹介しようとします。常貴は断るのかと思ったら
常貴「姓何的嫁給姓鄭的」
“姓何的嫁給姓鄭的”(何という姓の女性が鄭という姓の家に嫁ぐ)→鄭何氏zhèng hé shì→正合適zhèng hé shì(ちょうどいい)



<中国語ミニ知識>
中国では女性は結婚しても姓が変わらないのですが、夫の姓を自分(父親)の姓の前につけることがあります。
たとえば香港立法議員の葉劉淑儀(Regina Ip Lau Suk-yee)女士の場合は夫の姓が葉、自分(の父)の姓が劉、個人名が淑儀、英名がレジーナです。


常貴は龐溪(李依暁)を追いかけていますが振られてばかりです。



曹宗平の新しいガールフレンドも加わって兄弟でお食事会。



唐中秋は嬉しくてハイになって曹宗平は重陽と違って出世すると失言してしまいます。



于濱はセリフのないときの表情が上手い。



唐中秋は重陽に謝りました。



于濱は本当に演技が上手いな。



常貴は龐溪を騙してデートしました。




《天下人家》第18集


真剣に告白したのですが、ありがとう、でもごめんね、と断られてしまいました。



悪いところは改めるからとねばる常貴。
でも龐溪には好きな人がいるんです。



唐中秋が龐溪の好きな人が誰か確認しに来ました。
相手はお前が好きなのを知ってるのか?と聞く唐中秋。



龐溪は自分と自分の家を大切にしてくれて、ピンチの時には駆けつけてくれる人、自分の成長を見守ってきてくれた人と答えます。



鈍い唐中秋もさすがに察したようです。




曹宗平はママの命令でお見合いしています。
相手は趣味多彩な才女。
自分は“宅男”なので貴女にはふさわしくないと断ろうとする曹宗平。



ガールフレンドも偶然同じレストランで食事しててバレちゃいました。




《天下人家》第19集


曹宗平(霍青)はついに楊暁慧(劉涛)に愛を告白。
(「愛してるんだ、知らなかったのか?」って言われてもあの優柔不断ぶりでは愛してるのか愛してないのか分からないと思う)



・・・で、こういうことになりました

楊暁慧はどうしてお母さんに会わせてくれないの?と聞く。
(しかしこの子の部屋は自分の写真だらけだな。)



タンゴちゃんはどこまでもマザコン・・・いい年して「ママ」って・・・



がっかりした楊暁慧は酔っ払ってチンピラにからまれました。通りがかりの常貴(于濱)が助けてあげる。
派出所に引き取りに来る唐中秋(于和偉)と曹宗平。



常貴に礼を言う曹宗平。






唐中秋が介入してきたせいで話がこじれてしまい、曹宗平は養母に楊暁慧と別れるよう命じられます。
別れなければ兄弟たちを追い出して仕事につけなくすると脅す養母。(本当にできそうだから怖い)

唐中秋に二度と会いたくないと宣言して殴られる曹宗平。



曹宗平を殴って後悔する唐中秋。
あの弟は殴られて当然だと思うが・・・




《天下人家》第20集


常貴(于濱)が曹宗平(霍青)のオフィスを訪ねてきました。
タンゴちゃんいつの間にか出世してる・・・



ちょっと顔貸せという常貴。
この組み合わせ珍しい。



お互い言いたいことを言ってしまおうという常貴。
バーを貸切にして、他人に聞かれないよう配慮するなどこの子はけっこう神経が細かい。






暗くてかたくななタンゴちゃん。



眼鏡をはずして上着を脱いでネクタイの端をポケットに入れて殴られる準備をするタンゴちゃん→殴られたw



常貴は唐中秋(于和偉)に殴られました。
そして三人で仲直り。





今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]