<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
|
2016年 07月 22日 |
Preacherというアメコミ原作らしいドラマにグレアム・マクタビッシュさんが出ているので見てみました。

恒例ネタバレ&画像勝手に



第2話 "See"

現代のアメリカで主役のプリーチャー(字幕では「牧師」)がいろんな超人と戦う話のようです。
(↑おそらく違いますので鵜呑みになさらぬよう)

グレアムさんが演じているのはThe Saint of Killersという役。
過去(19世紀)のパートのようです(まったく話が分かっていない)



The Saint of Killersには病気の娘がいて、薬を買いに町へ行きます。
馬で丸一日かかるほど遠いところにしか売ってないみたい。




クローゼットの武器を持っていこうかなと思ったがやっぱりやめた、って場面ではないかと




ここで初めて顔が画面にでました。
過去パートはセピアカラーでぼんやりした映像なので何がなんだか分かりません。



旅の大家族と出会ってご飯を食べさせてもらってまた別れる。
うざい感じの子デブがなにかとかまってもらいたがるのは伏線か?


第5話 "South Will Rise Again"


やっと薬屋に着きましたが、受け取れるのは明日の朝。
グレアムさんのしょっぱい顔ステキ。




まともな宿もなく、酒場兼娼館で一夜を過ごす。
牧師がエロ小話を語るような背徳的な宿。

ここで女性や子供が虐待されているのを目撃。伏線です。



薬を受け取って帰路につくが、途中で先日の家族連れが町へ向かうところにまた遭遇。




思い直して家族連れを救いに戻るが、ただの杞憂でしたとさ。
子デブ他はぴんぴんして無事でした。
しかしなぜかチンピラたちに殴られるグレアムさん。




気を取り直してふたたび馬上の人となったとたん、酒場にいたプリーチャーに正体を暴露される。
ゲティスバーグの戦い(って何か知らんけど)で、プリーチャーの味方を大量に殺したと糾弾され、馬を殺されてしまう。










馬がなくては家に帰れません。
やむなく徒歩で帰宅したときには妻と娘はとっくにあの世へ行っていた。
クローゼットから武器を出して出奔するグレアムさん。

おそらくこのあとプリーチャーと見れば復讐をしかけるガンマンになるのではないかと。


6話と7話には登場しなかったように思います。
気が向けば続きも見ます。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 07月 19日 |
仕事から帰ったらなにやら海外から封筒が来ていて、開けてみるとグレアムさんのサインだったのでびっくり。



・・・トゥラハーの下に書いてある文字が読めない。





同時に海外からスタニス・バラシオン陛下のfunkoも届いてたので、てっきり請求書かと思いましたがうれしい驚きでした。

せっかくですのでスタニス陛下も記念撮影。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]