<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
|
|
2015年 12月 31日 |
いやーあっというまに一年終わってしまいましたね!(驚)


今年の収穫としてはTOEICが目標点に到達(といってもたいしたことない)ことと、前から受けようと思っていた資格試験をついに受験したこと。

来年はこれをふまえてさらにステップアップできるといいなと思います。



<11&12月のふりかえり>

■日本のことを1分間英語で話してみる
■日本的事象英文説明300選
この2冊には本当に本当にお世話になりました。暗記するほど聞き込んだ・・・とはとてもいえませんが、納豆と聞くと「ファーメンテッドソイビーンズ」という説明が浮かぶ程度にはがんばった。結果は来年。

■Get Rid of Your Accent for Business: Pt. 3: The English Pronunciation and Speech Training Manual (Elocution)
終わりました。確かにビジネス用語の練習は多かった。


■English for Presentations (Oxford Business English)
プレゼンの練習用にと購入。薄い本なのでサクサク進められました。
とても良い本で、とくに「否定的な質問をうまくさばく方法」とか有用ではないかと。


■「実践ビジネス英語」
テキストを買ってあるぶんだけでも終わらせようと(この年の瀬になってあせりはじめて)9月まで聞き終わりました。

■「攻略!英語リスニング」
10月まで聞き終わりました。


■A Practical English Grammar
進んでない。


■Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary
進んでない。


■BBC Learning English 6 Minute English
録音がたまっています。


■中国語
学習を断念しました。(年内断念継続)


<1月の学習方針>

何冊か新しい英語のテキストを買ったので、新たな気持ちで取り組みたいところ。
みなさんの学習も楽しく進みますように。

今年もこのしょうもない記事を読んでくださってありがとうございました。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 12月 30日 |
今日2回目の鑑賞に行ってきました。
日本での公開日は12月23日。スターウォーズの全世界的興奮のまっただなかの翌週、ちびまるこちゃんと同じ日に公開でした。客の入りをはなからあきらめているとしか思えない。

しかし初日はけっこうお客さんいたんですよ。年配の方が多かったので往年のロッキーファンでしょうか。


何も内容を知らずに見に行ったのですが、ボクシング映画です。
「ロッキー」の続編というかスピンアウト作品ですね。ロッキーのライバルだったアポロ・クリードの息子アドニスがプロボクサーになるお話。


わたしのお目当てはだいたい察しがつくかも知れませんが、脇役で出ているグレアム・マクタヴィッシュさんです。
しかし本当にまったく何も分からないまま見たので(なにひとつネタバレが流れてこなかった・・・)、グレアムさんが何の役なのかいつ登場するかも分からずドキドキしました。

途中でHBOのスポーツドキュメントが流れるのですが、このナレーターの声がグレアムさんにそっくりで、まさかニュースキャスター役!?とドキドキしたりして。←違いました。


で半分くらい進んで、でてこないなーと集中力が切れかけたところで急に登場。
アドニスの対戦相手のイギリス人ボクサーでリッキー・コンランという大物チャンピオンが出てくるのですが、そのチャンプのマネージャー役。


アドニスとコンランの試合をアレンジするのが最初の登場シーンです。
いやしかし、グレアムさんのステキなお髭が大画面いっぱいに広がっていて、話の内容なんか頭に入りません。あああステキなお髭(さっきも言った)、素敵なブルーの瞳とかっこいい眉毛。

スーツ姿だったので事務方なのかと思っていたら、試合のときはセコンドについてたし、リングに入って具体的に指示をあたえてたので元ボクサーという設定なのでしょうか。ああでもそんなのどうでもいいわ、黒いユニフォームに白ヒゲが映える~




興奮していて話の内容がよく分からないまま終わりました。青春まっしぐら映画でよかったと思います。
で、グレアムさんはどうだったかというと

・黒人が主役のアメリカ映画なのでいったいどんな役なのかと不安だったが、悪いイギリス人役でひと安心。
北部なまりっぽかったがスコットランド人かどうかは分からない。

・電話するときに受話器を変わった持ち方してた。腕の長い人特有の持ち方と思う。素敵・・・

・ちょい役なのに結婚指輪(たぶん私物)して既婚者を強調。

・スーツ姿は嬉しいが、スーツ自体はあまり良くない。ネクタイがダサ系。
ジャガーのCMのスーツかっこよかったのに残念。

・スキンヘッドが大量に出てくる映画なので見分けがつきにくいが、耳に注目すれば大丈夫!

・怒鳴ってるお姿はいつも通り。

・なぜかスタローンをすごい目つきで睨んでいて笑える。

・チャンピオンはグレアムさんの長い指でマウスピースを(2回も)口に入れてもらえてうらやましい。



そんな映画でした。
何の参考にもならない記事でしたね。




■ジャガーのCMのグレアムさん
スーツがイケすぎてる

Jaguar Presents: The Art of Performance Tour Audition - XE | JaguarUSA




長いバージョンはこちら
The Audition

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 12月 13日 |
見てきました。
何ひとつ知らずに行ったのですが、とても面白かった。
ナポレオン・ソロってこんな話だったのですね。

ヒュー・グラントが意外な役で、しかし寒いジョークがすべりまくっても平気なゴーイングマイウェイなところがイギリス人らしくてよかった。
昔の映画のイギリス人ってこんな変人扱いが多かったと思うのです。


そしてナポレオン・ソロは英語にアメリカ訛りがあまりなくて聞き取りやすくて助かったわ・・・と思っていたら、この俳優さんイギリス人なんですね・・・
なんだか騙された気分。

しかし、 ナポレオン・ソロの上司の人は正真正銘アメリカ訛りでこれこそアメリカ人!と思っていたらこっちもイギリス人俳優でした。どうなってるんだ。



ヘンリー・カヴィルさんはアメリカ英語を表現するのに苦労されたようです

‘The Man from U.N.C.L.E’s Henry Cavill Struggled with American Accent

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 12月 01日 |
今日は月初で例月なら学習進捗報告の日なのですが、いまブログ主はそれどころではない。

もしかしてブログ主の学習状況をチェックするためにわざわざ来てくださった方がいたらごめんなさい。
これも縁と思ってホビット三部作も見てくださいね(勧誘)。





廃人のごとくBOFAのメイキングDVDを見てます。
EE(追加された場面のことらしい)の中にドワーフたちが山羊の戦車で敵と戦うシーンがあって、バーリン、ドワーリン、フィリ、キリが多頭戦車をあやつって縦横無尽に戦場を駆け巡ります。

で、戦ってるところにトロルが襲ってくるのですが、そこでの会話、ドワーリンにトロルを矢で射ろと言われたキーリがどこを狙えばいいのか聞く(うろ覚えで失礼)

Dwalin: Aim at its jambags!(やつのジャムバッグを狙え!)
Kili: It doesn't have any jambags!(あいつはジャムバッグなんて持ってないよ!)


いやここキーリの表情がモンティパイソンみたいで大爆笑なのですが、さらにメイキングが収録されていてそれがまた輪をかけておかしい。

ドワーリン役のグレアム・マクタビッシュが経緯を説明してくれてました。
この場面は監督が脚本家からできたての脚本を受け取って、その場で読み上げて演技に入ったようです。
で、監督に"Aim at its jambags!"と言うよう指導されたドワーリンとキーリは大喜びして収録。
ランチタイムにグレアムさんは脚本家のところへ行って「すごくいいセリフだね」と伝えた。
脚本家に「どのセリフ?」と聞かれて「ジャムバッグだよ最高!」と答えたグレアムさんだったのですが、じつは脚本に書かれていたのは

yambag

だったというオチなのです。


yambagというのは普通の辞書に載ってませんが、オンラインのUrban Dictionary

には

scrotum; nutsack; fleshy, often hairy, pouch containing the testes.


と語釈があります。
(あああこのブログにこんな言葉がのってしまうとは)


非ネイティブにとってはジャムバッグだろうがヤムバッグだろうがピンとこないのは同じなのですが。


しかしこのエピソードのポイントはそこではない。
そこではなくて、重点はグレアムさんがそんなこともわざわざ脚本家に感想を伝えに行くような人だということなのです。

脚本が面白くてすごく良いと思ったから昼休みに脚本家を探しに行って「最高だね」と伝える。
グレアムさんのそういう暖かで友人を大切にするビッグなハートがあらわれているエピソードではありませんか。

そんなグレアムさんが演じているドワーリンだからトーリンも安心して背中を預けられるんだなあと思いました。
EEのメイキングは宝の宝庫です。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
by xiaoq | 2015-12-01 21:58 |