<   2015年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧
|
|
2015年 02月 28日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)

「無実はさいなむ」にリチャード・アーミティッジさんが出てました。
・・・ずっと怒ってた・・・




今日はアンドリュー・マーヴェルの「はにかむ恋人へ」。
この詩はトムヒもお気に入りらしい。(無関係)



6."To His Coy Mistress" by Andrew Marvell

Had we but world enough and time,
This coyness, lady, were no crime.
We would sit down, and think which way
To walk, and pass our long love’s day.
Thou by the Indian Ganges’ side
Shouldst rubies find; I by the tide
Of Humber would complain. I would
Love you ten years before the flood,
And you should, if you please, refuse
Till the conversion of the Jews.
My vegetable love should grow
Vaster than empires and more slow;
An hundred years should go to praise
Thine eyes, and on thy forehead gaze;
Two hundred to adore each breast,
But thirty thousand to the rest;
An age at least to every part,
And the last age should show your heart.
For, lady, you deserve this state,
Nor would I love at lower rate.
But at my back I always hear
Time’s wingèd chariot hurrying near;
And yonder all before us lie
Deserts of vast eternity.
Thy beauty shall no more be found;
Nor, in thy marble vault, shall sound
My echoing song; then worms shall try
That long-preserved virginity,
And your quaint honour turn to dust,
And into ashes all my lust;
The grave’s a fine and private place,
But none, I think, do there embrace.
Now therefore, while the youthful hue
Sits on thy skin like morning dew,
And while thy willing soul transpires
At every pore with instant fires,
Now let us sport us while we may,
And now, like amorous birds of prey,
Rather at once our time devour
Than languish in his slow-chapped power.
Let us roll all our strength and all
Our sweetness up into one ball,
And tear our pleasures with rough strife
Through the iron gates of life:
Thus, though we cannot make our sun
Stand still, yet we will make him run.


■while/wʌɪl/

■transpires/tranˈspʌɪə/

■languish/ˈlaŋɡwɪʃ/

■prey/preɪ/

■devour/dɪˈvaʊə/

■languish/ˈlaŋɡwɪʃ/

■roll/rəʊl/


My vegetable love should grow Vaster than empires and more slowってル・グインの短編「帝国より大きくゆるやかに」が取られてるフレーズですね。


前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"
愛のポエム Day 2 "Sonnet 116"
愛のポエム Day 3 "Annabel Lee"
愛のポエム Day 4 "To Be One with Each Other"
愛のポエム Day 5 "Maud"



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 27日 |
トールキン部外者のブログ主が映画「ホビット」を見て分からなかったことを調べながら書いてます。
内容はいいかげんですので本気になさらないでください。訳をつけてみたところもありますが適当です。

エルフ王から逃れたドワーフたちがバルドに助けられるのは原作小説にはない映画オリジナルの場面ですね。原作ではドワーフたちは自力で湖の町にたどりつく。

でもここでバルドと会って助けてもらうことで人物紹介になるし、ドワーフと人間との関係もよく分かるし、後の展開にもスムーズにつながるので良い改変だと思います。
第二部の改変は良かったのになー、どうして第三部ではあんなことに・・・(悔)



船頭さんバルドに船に乗せてもらい、レイクタウンに向かうドワーフたち。
しかしドワーフたちは人間を信用しきれていません。

Bofur:Watch out!
(気をつけろ)

Thorin:What are you trying to do, drown us?
(何をするつもりだ、我らを溺れさせるのか?)

Bard:I was born and bred on these waters, Master Dwarf. If I wanted to drown you, I would not do it here.
(俺はここの水辺で生まれ育ったんだよ、ドワーフ殿。あんたたちを溺れさせるつもりなら、ここではやらない)

Dwalin:Oh I have enough of this lippy lakeman. I say we throw him over the side and be done with him.
(口のへらない湖の人間にはうんざりだ。やつを船べりからほうりだして終わりにしてやろうぜ)

Bilbo:Bard, his name’s Bard.
(バード、彼の名前はバードだよ)

Bofur:How do you know?
(どうして知ってるんだい)

Bilbo:Uh, I asked him.
(うーん、聞いてみたんだ)

Dwalin:I don’t care what he calls himself, I don’t like him.
(やつがどんな名前でもどうでもいい、あいつが嫌いなんだ)

Balin:We do not have to like him, we simply have to pay him. Come on now, lads, turn out your pockets.
(彼を好きになる必要はない、ただ金を払う必要があるだけじゃ。さあ、若い衆、ポケットの中身を出しなさい)

Dwalin:How do we know he won’t betray us?
(やつが裏切らないとどうして分かる?)

Thorin:We don’t.
(分かるものか)





いつの間にか人間の名前を聞き出している社交的なホビットと、閉鎖的なドワーフたちの反応が対照的。
とくにトーリンとドワーリンは他種族がからむといつもとても機嫌が悪い。

ここの船の場面、よく見るとトーリンはぶつくさ文句いいながらドワーリンの周りをグルグル回っているだけなのです。可愛いやつ。
樽から湖の町までは着ているものも少ないのでやたらに密着感のあるドワーフたちです。

ドワーリンの陰に隠れてるオーリが可愛い。



町の境界についたバルドは誰かと交渉しています。
ふたたび樽に入って見守るドワーフとビルボ。


Dwalin: What’s he doing?
(あいつは何をやってるんだ?)

Bilbo:He’s talking to someone.
And he’s...pointing right at us!
Now they’re shaking hands.
(誰かと話してる。それから・・・ぼくたちを指差してるよ!
いまは握手してるところ)

Thorin:What?
(何だと?)

Dwalin:That villain! He’s selling us out.
(悪党め!俺たちを売り渡してるんだ)



バルドは大量の魚を投入してドワーフたちを隠す。
ものすごい勢いで魚の滝に埋もれるドワーフたち。
ここの場面は恐ろしい表情のトーリンが降ってきた魚に驚愕する様が何度見ても笑えます。

メイキングで監督が「ドワーフ全員を撮影する必要はない、しかしトーリンとドワーリンは必須だ」と言ってました。ドワーリンは大変な場面では常に必要とされているようです。
他にオーリも魚まみれにされるのですが、メイキングでドワーリン役のグレアムさんがオーリ役のアダムくんの樽のそばに飛んできて心配そうに見守ってるのを見るとキュンとしちゃいます。


魚で遊ぶドワーフちゃんたち

メイキングではトーリンがドワーリンのハゲ頭にそーーーっと魚を乗せてる場面とかあってとにかくキュートな王様。


FantasyCon 2014 - Middle Earth Kick-Off! - Graham McTavish's Most Challenging Scene In The Hobbit.
アダムくんが魚に埋もれる噺を披露するグレアムさん。すでに持ちネタとなっているのがうかがわれる。
「みんなシーンとなったよ、とくにアダムがね」って・・・




これまでの記事

ネタバレ解説&感想 壱 「ホビット 竜に奪われた王国」 ブリー
ネタバレ解説&感想 弐 「ホビット 竜に奪われた王国」 ビヨルンの家
ネタバレ解説&感想 弐.伍 「ホビット 竜に奪われた王国」 どさまわり旅芝居
ネタバレ解説&感想 参 「ホビット 竜に奪われた王国」 闇の森
ネタバレ解説&感想 肆 「ホビット 竜に奪われた王国」 エルフ王
ネタバレ解説&感想 伍 「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・ハイ・フェルズ・オブ・ルーダウア
ネタバレ解説&感想 陸 「ホビット 竜に奪われた王国」 ドワーフの川流れ


うちのパソコンに大量保存されているキャプチャを放出(迷惑)


















あれ?同じ画像?まあいいや


























今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 26日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)


今日はアルフレッド・テニスンのモード
20世紀初頭の英国小説を読むと中流階級のお嬢さんたちが暗誦させられていて、強制暗誦させられるつらそう詩という印象しかなかったのですが。

「庭においでよモード」の有名な部分ですが、リチャード氏が読むと声が深過ぎるのでモードが悪魔に誘惑されてるみたいです。




5."Maud" by Alfred, Lord Tennyson


Come into the garden, Maud,
For the black bat, night, has flown,
Come into the garden, Maud,
I am here at the gate alone;
And the woodbine spices are wafted abroad,
And the musk of the rose is blown.

For a breeze of morning moves,
And the planet of Love is on high,
Beginning to faint in the light that she loves
In a bed of daffodil sky,
To faint in the light of the sun she loves,
To faint in his light, and to die.

All night have the roses heard
The flute, violin, bassoon;
All night has the casement jessamine stirr'd
To the dancers dancing in tune;
Till a silence fell with the waking bird,
And a hush with the setting moon.

I said to the lily, "There is but one
With whom she has heart to be gay.
When will the dancers leave her alone?
She is weary of dance and play."
Now half to the setting moon are gone,
And half to the rising day;
Low on the sand and loud on the stone
The last wheel echoes away.

I said to the rose, "The brief night goes
In babble and revel and wine.
O young lord-lover, what sighs are those,
For one that will never be thine?
But mine, but mine," so I sware to the rose,
"For ever and ever, mine."

And the soul of the rose went into my blood,
As the music clash'd in the hall;
And long by the garden lake I stood,
For I heard your rivulet fall
From the lake to the meadow and on to the wood,
Our wood, that is dearer than all;

From the meadow your walks have left so sweet
That whenever a March-wind sighs
He sets the jewel-print of your feet
In violets blue as your eyes,
To the woody hollows in which we meet
And the valleys of Paradise.

The slender acacia would not shake
One long milk-bloom on the tree;
The white lake-blossom fell into the lake
As the pimpernel dozed on the lea;
But the rose was awake all night for your sake,
Knowing your promise to me;
The lilies and roses were all awake,
They sigh'd for the dawn and thee.

Queen rose of the rosebud garden of girls,
Come hither, the dances are done,
In gloss of satin and glimmer of pearls,
Queen lily and rose in one;
Shine out, little head, sunning over with curls,
To the flowers, and be their sun.

There has fallen a splendid tear
From the passion-flower at the gate.
She is coming, my dove, my dear;
She is coming, my life, my fate;
The red rose cries, "She is near, she is near;"
And the white rose weeps, "She is late;"
The larkspur listens, "I hear, I hear;"
And the lily whispers, "I wait."

She is coming, my own, my sweet;
Were it ever so airy a tread,
My heart would hear her and beat,
Were it earth in an earthy bed;
My dust would hear her and beat,
Had I lain for a century dead,
Would start and tremble under her feet,
And blossom in purple and red.




前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"
愛のポエム Day 2 "Sonnet 116"
愛のポエム Day 3 "Annabel Lee"
愛のポエム Day 4 "To Be One with Each Other"



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 25日 |
Hobbit: The Battle of the Five Armies Visual Companion




英語だといろいろ出ているホビットの映画関連本。
ビジュアル・コンパニオンはタイトル通り写真が大きくてキレイです。
記事はなんだかちょっとやっつけ仕事っぽいのですが、画像だけ見るなら十分満足。

イアン・マッケランの序文が感動的。
そしてこの本の最大の美点はバーリンさんのアップが収録されてるところです。


画像勝手にごめん


日本では考えられないこのドアップ。
クロニクルに「ボンブールが財宝を計数する部屋」が紹介されてたので、たぶんバーリンさんが宝物の鑑定をしている場面なのでしょう。
こんなの撮ってたのか、なぜ使わぬ!!(怒)



この場面は映画にもありましたがアングル違い。
ドワーリン殿がバーリンさんをとても大切に思ってるのがよく分かる。



スマホで撮ってピンボケって・・・写真下手すぎる俺。
トーリンのアップはたくさんあります。主人公だから当然ですね。
なぜか隣のページがスラ様のことが多く、一体どういう意図が・・・と勘ぐらされます。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 24日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)


今日は
4."To Be One with Each Other" by George Eliot
検索すると「結婚式用の詩」が大量にヒットします。


What greater thing is there for two human souls
than to feel that they are joined together to strengthen
each other in all labor, to minister to each other in all sorrow,
to share with each other in all gladness,
to be one with each other in the
silent unspoken memories?


■soul/səʊl/

■strengthen/ˈstrɛŋθ(ə)n/

■labor/léɪbə/

■sorrow/ˈsɒrəʊ/

■gladness/ˈglædnəs/

■unspoken/ʌnˈspəʊk(ə)n/

■memory/ˈmɛm(ə)ri/


前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"
愛のポエム Day 2 "Sonnet 116"
愛のポエム Day 3 "Annabel Lee"



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 23日 |
トールキン部外者のブログ主が映画「ホビット」を見て分からなかったことを調べながら書いてます。
内容はいいかげんですので本気になさらないでください。訳をつけてみたところもありますが適当です。


ダンジョンに閉じ込められていたドワーフたちはビルボに助けだされます。



Thorin:Up the stairs.
(階段を登れ)

Dwalin: You first. Ori!
(先に行ってくれ。オーリ!)

Bilbo:Not that way, down here. Follow me. This way.
(そっちじゃない、ここを降りるんだ。ついてきて。こっちだ)

Kili:I don’t believe it; we’re in the cellars!
(信じられない。ワイン蔵じゃないか)

Bofur:You were supposed to be leading us out, not further in!
(外に連れて行ってくれるはずだろう?奥へ行くんじゃなくて)

Bilbo:I know what I’m doing!
(自分のやってることは分かってるよ)

Bofur:Shhh!
(シーッ)

Bilbo:This way.Everyone, climb into the barrels, quickly!
(こっちだ。みんな樽の中に入って、早く)

Dwalin:Are you mad?! They’ll find us!
(気が狂ったのか?見つかるぞ)

Bilbo:No, no, they won’t, I promise you. Please, please, you must trust me!
(見つからないよ、約束する、どうかぼくを信じて)

Thorin:Do as he says!
(言うとおりにしろ)

Bofur:What do we do now?
(次はどうするんだい)

Bilbo:Hold your breath.
(息を止めて)

Bofur:Hold my breath? What do you mean?
(息を止めるって?どういう意味だ?)



みんながビルボの指示に従ったものかどうかとトーリンを見ると、トーリンがものすごーーーーーく偉そうに「やつの言うとおりにしろ」というのであんた何様?と思います。


前にも同じことを書いたので何度も読んでくださるかたすいませんが、DoSではドワーリンがオーリを保護しててほほえましい。
先頭を譲りあうトーリンとドワーリン




オーリを見つけて間に入れてあげる優しいドワーリン







ドワーフたちを樽につめて川に流すビルボ(ざっくりした説明・・・)
やっとエルフから逃げたと思ったらオークの軍団に追いつかれてしまいます。
ドワーフ、エルフ、オークの三つ巴の戦い。




私は「ホビット」の第一部は見てなくて、ベネディクト・カンバーバッチが出てるのにつられて第二部から見たわけです。
そして第二部のこの樽流れの場面があまりに面白くて「ホビット」にはまってしまいました。
本当によくできたアクションシーンです。
とくにドワーフたちが敵から武器を奪って、順番に投げ渡していくところと、ボンブールが転がっていってどんどんオークをつぶしちゃう場面が大好き。何度見ても飽きません。


トーリンは「よくやったバギンズ殿」とか鷹揚なことを言いながらドワリンの樽にしっかりつかまってて可愛い。




樽に乗って逃げてきたドワーフたち。オーリはいい位置につけてますね。



エルフとオークの追跡を逃れてやっと岸についたドワーフたち。
オーリの上陸を手伝ってあげる面倒見のいいドワーリン



メイキングでオーリ役のアダム・ブラウンくんが、川から上がれずにいたらドワーリンが助けあげてくれたと語ってました。しかしアダムくんは演技ではなくて本当に足をとられて歩けなかったそうです。このふたりはとにかく可愛い。










岸辺で休憩するドワーフたち。ドワオリの微妙な距離感・・・




オーリが気配にふりむくと




人間に狙われてました




一瞬で駆けつけるドワーリン。愛だ・・・



現れた人間は湖の町の船頭さんバルドです。


Balin:Excuse me, but, uh, you’re from Laketown, if I’m not mistaken? That barge over there, it wouldn’t be available for hire, by any chance?
(失礼だが、あなたはレイクタウンから来られたのではないかな?その荷船をお借りすることはできんじゃろうか?)

Bard:What makes you think I will help you?
(あんたたちの手助けをすると思うのか?)

Balin:Those boots have seen better days. As has that coat.
No doubt you have some hungry mouths to feed. How many bairns?
(そのブーツは昔は良いものだったようですな。コートもでしょう。
養わなければならない飢えた口があるに違いない。お子さんは何人?)

Bard:A boy and two girls.
(男の子が一人と女の子が二人だ)

Balin:And your wife, I’d imagine she’s a beauty.
(そして奥方は、きっとお美しいのでしょう)

Bard:Aye. She was.
(ああ、美しかった)

Balin:I’m sorry, I didn’t mean to-
(お気の毒に、失礼なことを言うつもりでは・・・)

Dwalin:Oh, come on, come on, enough with the niceties.
(社交辞令はもう十分だろう)

Bard:What’s your hurry?
(なぜ急いでいるんだ?)

Dwalin:What’s it to you?
(お前に関係あるか?)

Bard:I would like to know who you are and what you are doing in these lands.
(あんたたちが何者でここで何をしているか知りたい)

Balin:We are simple merchants from the Blue Mountains journeying to see our kin in the Iron Hills.
(わしらはザ・ブルー・マウンテンズから来た一介の商人で、ジ・アイアン・ヒルズの親類のところへ旅しているのです)

Bard:Simple merchants, you say?
(一介の商人だって言うのか?)

Thorin:We’ll need food, supplies, weapons. Can you help us?
(食べ物、身の回りの品、武器が必要だ。助けてくれるか?)

Bard:I know where these barrels came from.
(この樽がどこから来たか知ってる)

Thorin:What of it?
(それがどうした?)

Bard:I don’t know what business you had with the elves, but I don’t think it ended well. No one enters Laketown but by leave of the Master. All his wealth comes from trade with the Woodland Realm. He will see you in irons before risking the wrath of King Thranduil.
(あんたたちとエルフの間に何があったか知らないが、上手くいったようには思えない。
誰もマスターの許可なしにレイクタウンに入ることはできない。富はすべて森の土地から来る。マスターはスランドゥイル王の怒りを買う危険をおかす前にお前達を鎖につなぐだろう)

Thorin:Offer him more.
(もっと値を上げろ)

Balin:I’ll wager there are ways to enter that town unseen.
(賭けてもいいが、見られずに町に入る道があるでしょう)

Bard:Aye. But for that, you will need a smuggler.
(ある。だがそれには密輸業者が必要だ)

Balin:For which we will pay double.
(では二倍払おう)


ドワーリンの「世間話はたくさんだ」というセリフはトーリンにささやいたつもりだったようです。ドワーフ声でかいからバルドに聞こえちゃった。トーリンがびっくりしてドワーリンを振り向いてて愛らしい。
バーリンの「くろがね山の親戚に会いに行く」という言い訳はある程度本当のことですよね。

bairnはスコットランド方言で赤ん坊のことだそうです。私には分からなかったが、バルドさんには通じたようです。







ドワーリンはどうして高いところに登ってるのかな。
ズボン吊りがかわいい。



これまでの記事

ネタバレ解説&感想 壱 「ホビット 竜に奪われた王国」 ブリー
ネタバレ解説&感想 弐 「ホビット 竜に奪われた王国」 ビヨルンの家
ネタバレ解説&感想 弐.伍 「ホビット 竜に奪われた王国」 どさまわり旅芝居
ネタバレ解説&感想 参 「ホビット 竜に奪われた王国」 闇の森
ネタバレ解説&感想 肆 「ホビット 竜に奪われた王国」 エルフ王
ネタバレ解説&感想 伍 「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・ハイ・フェルズ・オブ・ルーダウア




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 22日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)


今日は
3."Annabel Lee" by Edgar Allan Poe
ポーのアナベル・リーですね。
Of my darling—my darlingのところはちょっとドキドキしました。





3."Annabel Lee" by Edgar Allan Poe

It was many and many a year ago,
In a kingdom by the sea,
That a maiden there lived whom you may know
By the name of Annabel Lee;
And this maiden she lived with no other thought
Than to love and be loved by me.

I was a child and she was a child,
In this kingdom by the sea,
But we loved with a love that was more than love—
I and my Annabel Lee—
With a love that the wingèd seraphs of Heaven
Coveted her and me.

And this was the reason that, long ago,
In this kingdom by the sea,
A wind blew out of a cloud, chilling
My beautiful Annabel Lee;
So that her highborn kinsmen came
And bore her away from me,
To shut her up in a sepulchre
In this kingdom by the sea.

The angels, not half so happy in Heaven,
Went envying her and me—
Yes!—that was the reason (as all men know,
In this kingdom by the sea)
That the wind came out of the cloud by night,
Chilling and killing my Annabel Lee.

But our love it was stronger by far than the love
Of those who were older than we—
Of many far wiser than we—
And neither the angels in Heaven above
Nor the demons down under the sea
Can ever dissever my soul from the soul
Of the beautiful Annabel Lee;

For the moon never beams, without bringing me dreams
Of the beautiful Annabel Lee;
And the stars never rise, but I feel the bright eyes
Of the beautiful Annabel Lee;
And so, all the night-tide, I lie down by the side
Of my darling—my darling—my life and my bride,
In her sepulchre there by the sea—
In her tomb by the sounding sea.



■winged/wɪŋd/
Having wings for flight:

■seraph/ˈsɛrəf/
An angelic being

■covet/ˈkʌvɪt/
Yearn to possess

■sepulchre/ˈsɛp(ə)lkə/
A small room or monument, cut in rock or built of stone, in which a dead person is laid or buried.

■above/əˈbʌv/

■dissever/dɪ(s)ˈsɛvə/
Divide or sever (something):


上海のアナベルリーってここから取ってたんですね、行っても見るだけですけどね。豫園にニセモノ売ってるから私はそこで買うけどね。


前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"
愛のポエム Day 2 "Sonnet 116" 



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 21日 |
トールキン部外者のブログ主が映画「ホビット」を見て分からなかったことを調べながら書いてます。
内容はいいかげんですので本気になさらないでください。訳をつけてみたところもありますが適当です。

ずっとどこだか分からずにいたお墓について追求してみます。気になってた部分が解明できてすっきり(自己満足)
しかしここが理解できないと第三部の白の会議の活躍の意味も分からないのでわかってよかった。



EE版でビヨルンとガンダルフがこんな追加会話をしてました。

Gandalf: We're being watched.
(わしらは見張られている)

Beorn: Yes. The Orcs will not give up. They will hunt the Dwarves until they see them destroyed.
(そうだ。オークたちはあきらめない。やつらはドワーフたちが破滅するまで狩るだろう)

Gandalf: Why now? What has made the Defiler crawl from his hole?
(なぜいまなのだ?穢れの王を穴から這い出させたのは何だ?)

Beorn: There is an alliance between the Orcs of Moria and the sorcerer in Dol Guldur.
(モリアのオークとドル・グルドゥアの魔法使いのあいだには連盟が結ばれている)

Gandalf: Are you sure of this?
(それは確かか?)

Beorn: Packs have been seen gathering there. Each day, more and more come.
(あそこに群れが集まっているのを見た。毎日、どんどんやってくる)

Gandalf: What do you know of this sorcerer? The one they call the Necromancer.
(その魔法使いについて何を知っている?。ネクロマンサーと呼ばれているやつじゃ)

Beorn: I know he is not what he seems. Fell things are drawn to his power. Azog pays homage to him.
(やつは見かけとは違う。いまわしいものどもがやつの力に引き寄せられている。アゾグはやつに臣従している)

Thorin: Gandalf. Time is wasting.
(ガンダルフ、時間を無駄にしているぞ)

Beorn: There is more. Not long past, word spread the dead had been seen walking near the High Fells of Rhudaur.
(まだある。少し前に死者たちがルーダウアの高地のそばを歩いていると噂が広がった)

Gandalf: The dead?
(死者が?)

Beorn: Is it true? Are there tombs in those mountains?
(本当なのか?あの山脈に墓群があるのか?)



トーリンって自分が興味ないことはすべてムダだと思ってるよね・・・
the High Fells of Rhudaurは「ルーダウアの丘」と訳すようですが、唐突に出てきてなんだか分かりませんね。

ここで急にアングマールのウィッチ・キングの説明です。
ガラドリエル様のテレパシー解説が聞こえてきます。これって「ロード・オブ・ザ・リング」の冒頭の解説に似てるな。ガラ様ついでに他も全部説明してくれたらいいのに。

アングマールのウィッチ・キングとナズグルについてはここに書いてみました。
ネタバレ解説&感想④ 「ホビット 思いがけない冒険」 イスタリとドル・グルドゥア



Galadriel: When Angmar fell, the Men of the North took his body and all that he possessed and sealed it within the High Fells of Rhudaur. Deep within the rock, they buried him. In a tomb so dark it would never come to light.
(アングマールが戦死したとき、北方の人間たちは彼の死体と所有物をすべて取り、 ザ・ハイ・フェルズ・オブ・ルーダウアに封じ込めた。岩の奥深く彼を埋めたのだ。いと暗くけっして日のもとへ晒されぬ墓へと)

Gandalf : Yes. Yes, there are tombs up there.
(そうだ、あそこには墓がある)

Beorn: I remember a time when a great evil ruled these lands. One powerful enough to raise the dead. If that enemy has returned to Middle-earth I would have you tell me.
(巨大な悪がこの土地を支配していたときを忘れてはいない。 死者をよみがえらせるほど力のある者のことを。かの敵がミドルアースに戻ってくるなら教えてもらいたい)

Gandalf: Saruman the White says it's not possible. The enemy was destroyed and will never return.
(白のサルマンはそんなことは不可能だと言っている。敵は滅ぼされ、二度ともどらないと)

Beorn: And what does Gandalf the Grey say?
(では灰色のガンダルフはどう思うのだ?)



ベオルンはサルマンを疑ってるのかな。
the Men of the Northというのは北方王国アルノールの北にあったアングマール王国の国人たちのことですよね、たぶん。 ここではAngmarが人名みたいになってますが王国の名前だと思うんですけど・・・アングマールの魔王は個人名不明みたいです。


闇の森の入り口でサウロンのしるしを見つけたガンダルフ。
そこへガラドリエル様からテレパシーで指示が送られてきます。

Galadriel:Something moves in the shadows unseen, hidden from our sight. Every day it grows in strength. Beware the Necromancer. He is not what he seems.
If our enemy has returned, we must know. Go to the tombs in the mountains.
(何者かが闇のなかでひそかに動いている、われらの目の届かぬところで。日ごとにそれは力を増している。ネクロマンサーに気をつけなさい。彼は見た目とは違う。
敵が戻ってきたのなら知る必要がある。山脈の墓群へ行きなさい)

Gandalf:The High Fells. So be it.
(ザ・ハイ・フェルズか。やむをえまい)




そういうわけでドワーフたちと別れてザ・ハイ・フェルズ・オブ・ルーダウアを偵察に来たガンダルフとラダガスト。


Radagast:Theses are dark spells, Gandalf. Old, and full of hate. Who was buried here?
(ここには闇の呪文がある、ガンダルフ。古くて憎しみに満ちている。だれが埋められているのだ?)

Gandalf:If he had a name, it’s long since been lost. He would have been known only as a servant of evil. One of a number. One of nine.
(もし名前があったとしてもずっと以前に失われてしまった。彼は悪の召使としてのみ知られている。連中の一人、九人の一人じゃ)

Radagast:Why now, Gandalf? I don’t understand.
(なぜいまなのだ、ガンダルフ?わしには分からん)

Gandalf:The Ringwraiths have been summoned to Dol Guldur.
(指輪の幽鬼はドル・グルドゥアに召喚されている)

Radagast:But it cannot be the Necromancer. A human sorcerer could not summon such evil.
(だがネクロマンサーのはずがない。人間の魔法使いには悪を召喚などできない)

Gandalf:Who said it was human?
The Nine only answer to one master. We’ve been blind, Radagast, and in our blindness, the Enemy has returned.
He is summoning his servants. Azog the Defiler is no ordinary hunter. He is a commander, a commander of legions. The enemy is preparing for war. It will begin in the east. His mind is set upon that mountain.
(誰が人間だと言った?
あの九人はただひとりの主人にのみ答える。われらは盲目だった、ラダガスト、そしてそこにつけこんでかの敵はもどってきたのだ。
やつは召使たちを呼び集めている。穢れの王アゾグはただの狩人ではない。彼は指揮官だ、軍隊の指揮官だ。敵は戦いの準備をしている。それは東で起こるだろう。彼の目標はあの山に向けられている)

Radagast:Where are you going?
(どこへ行くのだ?)

Gandalf:To rejoin the others.
I started this; I cannot forsake them. They are all in grave danger.
(皆に合流する。
わしが始めたことなのだ。彼らを見捨てることはできない、みながゆゆしい危機にある)

Radagast:If what you say is true, the world is in grave danger. The power in that fortress will only grow stronger.
(もしそれが正しいなら、世界がゆゆしい危機にある。
あの砦にある力は強大になっていくばかりだ)


ラダガストは第一部でドル・グルドゥアに行った時、アングマールのウィッチ・キングに出くわしたのに忘れてるんでしょうか?

何度も言いますが「ロード・オブ・ザ・リング」を見てないと何のことやらわかりません。名詞がいろいろ出てきたので整理してみました。


Ringwraiths(指輪の幽鬼)、The Nine(あの九人)、his servants(彼の召使)=アングマールのウィッチ・キングとその仲間のことです。ザ・ハイ・フェルズ・オブ・ルーダウアに埋められているはずがよみがえってうろうろしているのです。第三部で勢ぞろいするのですが、出てきたとき、つい画面の端から数を確認してしまった。ちゃんと9人いました。

the Necromancer(ネクロマンサー)、human sorcerer(人間の魔法使い)=ドル・グルドゥアを根城にしてるネクロマンサー

the Enemy(敵)、one master(唯一の主人)、The power(あのパワー)=サウロンのことです。ここでネクロマンサーとサウロンが同一人物と示唆されていたのですね。鈍い私には何のことやらさっぱり分かりませんでしたが。

that mountain=ザ・ロンリー・マウンテン、エレボールのこと。ドワーフと魔法使いがエレボールを取り戻そうとしてたちょうど同じときにサウロンもエレボールを手に入れようとしていたんですね。偶然じゃないんようですよ。

that fortress(あの砦)=ドル・グルドゥア



ラダガストに説得されてガンダルフはドル・グルドゥアへ行くことにしました。
けっきょく第三部の半ばまでドワーフたちには会えないことに。


ところでこのルーダウアの丘なんですが、アングマールの北にあるとしたら、ガンダルフはせっかく越えたザ・ミスティ・マウンテンズをまた西に戻ったことになると思うんですけど・・・そのあとドル・グルドゥアへ行くのでまた山脈を東に越えなきゃいけないの。それもうさぎの橇で。


今日の適当地図

①ルーダウアの丘このへん?
②ビヨルンの家
③ドル・グルドゥア




これまでの記事

ネタバレ解説&感想 壱 「ホビット 竜に奪われた王国」 ブリー
ネタバレ解説&感想 弐 「ホビット 竜に奪われた王国」 ビヨルンの家
ネタバレ解説&感想 弐.伍 「ホビット 竜に奪われた王国」 どさまわり旅芝居
ネタバレ解説&感想 参 「ホビット 竜に奪われた王国」 闇の森
ネタバレ解説&感想 肆 「ホビット 竜に奪われた王国」 エルフ王



The Hobbit: The Desolation of Smaug - Extended Edition - Clip 2 - Official Warner Bros. UK
この場面でアングマールのお葬式に出てる人たちはここしか出番がなかっただろうに劇場版ではカットされたんだよね・・・。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 20日 |
ブログ主がドワーフのなかでいちばん好きなドワーリンを演じているグレアム・マクタビッシュさん。
「ランボー」に続いてCreed でスタローンと再共演するそうで、とても体を鍛えておられるようです。




恒例画像勝手に

たまにニュージーランドに帰っても休まず体を鍛えるグレアムさん。
上にのってるのはお嬢さん。



お嬢さんもそろそろ物心つくころなのではないでしょうか。
「うちのお父ちゃん・・・アホやな・・・」とか思われてないか心配。



ジムでも鍛える。



いい年して脳筋なところがたまらん大好き。
そしてこういう姿を自らネットに披露してファンを喜ばせてくれるところも好きなんです。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 19日 |
トールキン部外者のブログ主が映画「ホビット」を見て分からなかったことを調べながら書いてます。
内容はいいかげんですので本気になさらないでください。訳をつけてみたところもありますが適当です。

奮戦むなしく蜘蛛に負けそうになるドワーフたち。そこへ闇の森のエルフたちがあらわれて助けてくれます。
とほっとしたのもつかの間、エルフの捕虜にされちゃうドワーフたち。

ここで「ロード・オブ・ザ・リング」の主要キャラクターレゴラスが登場。
原作小説には出てこないので映画だけのサービスですね。
しかしこの場面だけ見ると悪役みたいなレゴラス。

ドワーフたちを武装解除するエルフたち。
たぶんここは笑いどころだと思うのですが「ロード・オブ・ザ・リング」を見てないと分からない。
グローインのミニアチュールを取り上げるレゴラス

Gloin:Hey! Give it back! That’s private!
(返せ!個人的なものだ)

Legolas:Who is this? Your brother?”
(これは誰だ?お前の兄弟か?)

Gloin:That is my wife!
(わが妻だ!)

Legolas:And what is this horrid creature? A goblin mutant?
(そしてこのいまわしい怪物は?ゴブリンのミュータントか?)

Gloin:That’s my wee lad, Gimli.
(それはわが息子ギムリだ!)


エルフもミュータントなんて単語使うんだなと思いました。
ギムリは「ロード・オブ・ザ・リング」でレゴラスと親友になるドワーフなんですけど、とにかくめちゃくちゃ可愛いの。
wee(ちいさい)とlad(若者)はスコットランドの言い回し。

レゴラスはトーリンのオークリストも取り上げちゃう。オークリストって一目見ただけでゴンドリン製とかすぐわかっちゃうものなんですね。
このときドワーリンの斧キーパーとグラスパーも取られちゃったと思うのですが、あれは返してあげてほしかった。


指輪で身を隠したビルボ以外は捕まってエルフの王宮へ連行されます。
トーリンだけがエルフ王のもとに引き出され、残りはダンジョンへ。
ドワーフたちはどういう理由か下着姿になっています。なぜ!?誰が脱がせたのか・・・?
もういっかい身体検査されてあらためて武器を取り上げられる。
ここでよく分からないタウリエルとキーリの会話

Kili:Aren’t you going to search me? I could have anything down my trousers.
(ぼくは探さないのか?ズボンの下に何かあるかも知れないぞ)

Tauriel:Or nothing.
(あるいは何もないか)


ドワーフのはいてるのってtrousersなんですね。
down my trousersのdownがよくわかんないんですが、ズボンの内側ってことなんでしょうか、それともズボンの下のほう(足首とか)にってことなのか?



今日の適当地図

①ビヨルンの家
②森の入り口
③エルフ王の王宮


これまでの記事

ネタバレ解説&感想 壱 「ホビット 竜に奪われた王国」 ブリー
ネタバレ解説&感想 弐 「ホビット 竜に奪われた王国」 ビヨルンの家
ネタバレ解説&感想 弐.伍 「ホビット 竜に奪われた王国」 どさまわり旅芝居
ネタバレ解説&感想 参 「ホビット 竜に奪われた王国」 闇の森




The Hobbit The Desolation Of Smaug: Thranduil Deleted Scene
メイキングでは全員でスラ様に面会してた。しかもバーリンとドワーリンが「これがエルフのもてなしなのか、スランドゥイル王?」食ってかかる場面もあったの。もったいない使ってほしかったわ。
「うちの道路を無断で通ったからだ」といいがかりをつけるスラ様が面白い。本当に数千歳なのか?こどもの喧嘩みたいなんですけど。





今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]