<   2014年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 11月 30日 |
「運命の騎士」
ローズマリ・サトクリフ作/猪熊 葉子訳
(岩波少年文庫)
 
出版社のサイトより


犬飼いの孤児ランダルは,ふとしたことから,騎士ダグイヨンの孫,べービスの小姓として育てられることになった.身分や民族を越えて友情を育むランダルとべービスだが,やがて歴史の大きなうねりが二人をのみこんでいく…….ノルマン人によるイギリス征服の時代,二人の騎士の生涯をかけた友情を描く.


こどものころけっこう海外児童文学を読んだほうだと思うのですが、なぜかまったく手をつけてない作家が何人かいて、ローズマリ・サトクリフもそのうちの一人です。
「運命の騎士」は最近新聞の書評で取り上げられていたので興味を引かれて読んでみました。

登場人物もストーリーもとても良いのですが、私がいちばん感動したのは主人公のランダルが小鳥が空を横切るのを眺める場面。
美しい小鳥を見たランダルは喜びに満たされ、そばにいたべービスに鳥の名前をたずねます。べービスはゴールドフィンチだと教えてくれて、それまでよそよそしかった二人が大親友にかわるきっかけとなりました。


どぎつい刺激に慣れてしまった現代人が鳥の羽色の美しさにこれほどの喜びを覚えることができるだろうか・・・と思いながら読んでました。
それなりに事件はあるものの、基本的に単調な荘園の生活。それなのに全編に喜びがあふれています。
猟犬にすらジョワユーズ(Joyeuse 歓喜)という名がついているんです。

作者のサトクリフは病気のためこどものころから歩けなかったそうですが、馬を駆けさせたり犬と走り回る場面はとても自分で体験したことがないとは信じがたい。
翻訳もとても良くて、作者も訳者もどちらも女性なのがまた嬉しい。


今年読んだなかでいちばんよかった本です。
(出版は1961年ですが・・・読むのが遅すぎた・・・)

昨日原書のキンドル版を手に入れたので、これからじっくり楽しみます。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 29日 |
どうしたことでしょう、先日まで日本円で1000円以上していたKnight's Feeのキンドル版がいつのまにか105円になっています。

ブラック・フライデイなの?もう違うよね??
嬉しくてワンクリックしちゃいました。


Knight's Feeは日本語訳が「運命の騎士 」(ローズマリ・サトクリフ)のタイトルで発行されています。
今年いちばん良かった小説です。(「ホビット」の100倍は良かった)

みなさまもぜひ!

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 27日 |
「さようなら、オレンジ」
岩城けい (筑摩書房)


出版社のサイトより
オーストラリアの田舎町に流れてきたアフリカ難民サリマは、夫に逃げられ、精肉作業場で働きつつ二人の息子を育てている。母語の読み書きすらままならない彼女は、職業訓練学校で英語を学びはじめる。そこには、自分の夢をなかばあきらめ夫について渡豪した日本人女性「ハリネズミ」との出会いが待っていた。第29回太宰治賞受賞作。


最初はアメリカが舞台かと思って読んでたのですが、オーストラリアでした。
主役のサリマは戦乱のアフリカから逃げてやっと精肉工場で仕事をみつけたものの、夫はこどもを置いて出て行ってしまい、息子たちは英語のできない母をバカにするようになる。
サリマは地元の訓練学校で英語を学ぶ・・・
って「マダム・イン・ニューヨーク」と似てますね。
英語ができないせいで差別される母というのは全世界的なテーマなのでしょうか。


誰にでも向いてる小説ではないかもしれませんが、私はとても楽しめました。
ヒロインの一人であるの日本人女性の設定がよく分からなかったのですが、(夫が大学に勤めていてとても恵まれているように思えるがどうやら非常に貧乏らしい。高学歴で英語で論文が書けるほどなのに、無学な外国人労働者と同じレベルの英語しかしゃべれないetc)たぶん作者にとっては切実な問題を扱っているのでしょう。
でもサリマがとても素晴らしい女性で、ちょっとした場面がとても良くて、読んでよかったと思えます。


その日本人女性が履歴書をいくら送っても不採用なので、ひょっとしてと思って電話帳で地元でいちばん多い姓を調べてその苗字で応募したらじゃんじゃか連絡が来た、東洋人って名前で差別されるのね、という場面があるのです。
町でいちばん多い姓というのがマッケンジーでした。いやマクタビッシュだったかも。とにかくマクなんとかばっかりの町という設定だったのですが、オーストラリアってスコットランド移民が多いのでしょうか。


と思ってググってみたらウィキに「スコットランド系オーストラリア人」ってページがありました。
ケイト・ブランシェットの名前が。ガラドリエル様スコットランド系だったのね。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 26日 |
まだダラダラ書いてます。
自分のメモなので訳文は超適当(そもそも訳してない)、何の参考にもなりません。

The Peoples of Middle-Earth (The History of Middle-earth Vol.12)
Christopher Tolkien , J. R. R. Tolkien
HarperCollins


「ホビット」や「指輪物語」で採用されてる年表とちょっと違う年代が載ってました。
The Tale of Years of the Third Age


2590年 スロールがエレボールに王国を建設。

2765年 スマウグがエレボールを破壊。

2766年 宿なしになったスロールはモリアへ遠征してオークに殺される。
スラインとトーリンは逃れ、オークとドワーフの戦争が始まる。

2769年 モリアのドワーフとオークの戦いがディムリル・デイル(ナンドゥヒリオン)で終結。
ダインはジ・アイアン・ヒルズに戻り、スラインとトーリンは放浪する。

2850年 ガンダルフがドル・グルドゥアでスラインと会い、地図と鍵を受け取る。

2984年 バーリンがオイン、オーリらエレボールのドワーフとともにモリアへ入る。

 
The Tale of Years of the Third Age
P.236



The Peoples of Middle-Earthの年表だとエレボールを失って次の年にはモリアを攻略しようとしてますね。
映画「ホビット」ではエレボールを失ったドワーフたちがその足でモリアへ行ってみたら先にオークがいて戦争に突入したような流れになってました。
「指輪物語 追補編」と違う・・・と思ってたのですが、The History of Middle-earthに準拠した脚本だったのでしょうか。

「指輪物語 追補編」の年表ではエレボール陥落からモリア遠征まで20年あいてます。
この間にドワーリンが生まれているのですが、HoMEだとドワママは懐妊してるヒマなさそう。


またThe Peoples of Middle-Earthのバーリンのモリア遠征部分には一緒に行ったのがオインとオーリだったと明記されてます。
「指輪物語 追補編」の年表にはバーリンの名前しかありませんでした。



TA2770年 スマウグ(Smaug) がエレボールに飛来。

TA2790年 モリアに着いたスロールはオークのアゾグ(Azog)に殺害される。

TA2793年 ドワーフとオークの戦い始まる。

TA2841年 スラインニ世がエレボール再訪のためバーリンとドワーリンを連れて出発し、失踪。

TA2845年 ガンダルフ(Gandalf) がドル・グルドウアでスラインニ世からエレボールの鍵を受け取る。



過去記事
〔ほび〕 部外者のためのドゥリンの一族の歴史(地図つき) ①

〔ほび〕 部外者のためのドゥリンの一族の歴史(地図つき) ②

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 25日 |
予告どおりダラダラ書きます。
自分のメモなので訳文は超適当(そもそも訳してない)、何の参考にもなりません。

The Peoples of Middle-EarthはPoMEと略すのだろうか・・・

The Peoples of Middle-Earth (The History of Middle-earth Vol.12)
Christopher Tolkien , J. R. R. Tolkien
HarperCollins

The Appendix on Languages



コモン・スピーチはドワーフ、オーク、トロルなどの他種族にも学ばれた。
ドワーフについては理解しやすい。すでに西のドワーフの大都市はなく、ザ・ロンリー・マウンテンの王宮が取り戻されるまでは小集団で流浪の生活を送っていた。
そのため他種族(ときにはエルフとさえ)との交渉のためコモン・スピーチを使う必要があった。
ドワーフのほうは自分たちの言語を他者に教えたがらなかった。彼らは秘密主義者で多種族が近くにいるときは自分たちの言語を使わなかった。
共通語で「外の」名前を使ったが、自分たちだけの「内の」名前は秘密にしておりた。
北のドワーフたち、トーリンやダインの一族はデイルの人間の北方の言語から名前をつけ、彼らの秘密の名前は知られていない。
こういった理由でこの当時のドワーフの言語はいくつかの鉱山や山の名前だけしか知られていない。

The Appendix on Languages P.35



映画「ホビット」でドワーフがそれぞれの居住地の人間の共通語の訛りを使ってるのはトールキンの設定にも合致していたのですね。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 24日 |


The Peoples of Middle-Earth (The History of Middle-earth Vol.12)
Christopher Tolkien , J. R. R. Tolkien
HarperCollins Publishers Ltd; New Ed (1997/8/18)



これを買ったらもうトールキン沼から出られない試金石(と私が勝手に思っている)The History of Middle-earth、略してHoME。私は(勝手に)「ホメ」と読んでいます。

よく分からないままキンドルのバーゲンで99円になってたvol.1を購入したのですが、その巻はThe Book of Lost Talesで、ドワーフとはまったく無関係でした。失敗失敗。
その後、ドワーフが登場するのはvol.12のThe Peoples of Middle-earthだと知って買いました。
これはまだキンドルになってなかったのでHarperCollinsのペーパーバックです。
久しぶりにペーパーバックを買ったのですが、紙質悪い、印刷にじんでる、持ちにくいので驚きました。
早く電子化してほしい。


とかいう話はどうでもいいのですが、まだまだどうでもいい話がつづくのです。
なぜなら本文の話は面倒だからです。

私は映画「ホビット」のドワーフが大好きなのですが、トールキンの小説が好きかというとそうでもありません。
もっと若いころ読んでいたら大ファンになっていたのだろうか?と自問してみましたが、考えてみれば若いころに「指輪物語」を一通り読んでいるのです。
それなりに感動はしたのですが、熱狂的なファンにはなりませんでした。
未熟だったせいか?と成熟した大人である今年再読しましたが、やはりあまり熱烈にのめりこむことはできませんでした。

世界観が・・・とかそういうのではなくて、単に小説として文体や構成が古臭いと感じたんだと思います。
初めて読んだ高校生の時ですら「19世紀の小説?」と思った覚えがあります。
wikiによると1954年に出版されたそうですが、その年には「蠅の王」「悲しみよこんにちは」「冷たい方程式」が発表されてます。とても同じ年の小説とは思えない。


それで(前置きが長い)、そのトールキンの未整理の遺稿なんて自分に読めるのだろうかと不安だったのですが、これがけっこう面白かったんですよ。
なぜかというと遺稿は小説ではなくてむしろ設定集なんですね。史書の断片みたいな感じ。
私はトールキンは小説家としては好みではないのですが、小説になるまえの構想はすごく面白いと感じられる。

と言うわけで興味をひかれた部分について、自分用のメモにだらだら書く予定です。
(読まなくて大丈夫です)


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 23日 |
もう何回も同じこと書いてるのでスルーでお願いします。
でも私にとってはとても大事なことなんです。


訳文は超適当ですのでお含みおきください。

昨日の続き
The Hobbit: An Unexpected Journey Chronicles II: Creatures & Characters
Weta (Harper Design)
の記事


ドワーフがなぜ違うアクセントを持っているかについて

1.全員ギムリみたいな喋り方だったら観客は誰が喋ってるか見分けがつかないから。
見かけだけでなくアクセントでも個性をもたせたい。

2.映画の中でドワーフたちが喋る言葉は(ドワーフ語以外は)、彼らにとっては第二言語である人間の言葉(観客には英語に聞こえる)。
文明が離散したため、ドワーフたちは旅や行商生活の中で育ち、ミドル・アースのさまざまな種族とかかわりを持った。
彼らの言葉もその地方の人間たちの影響を受けて現地化していった。



トーリン:北方の英語。イギリスの王族も北方出身なので王にふさわしい発音。

フィーリとキーリ:トーリンと同じ。北方英語よりRPに近い。

グローイン:息子のギムリと似た発音にするためスコットランドのアクセント。兄弟のオインも同じく。

バーリンとドワーリン:スコットランド・アクセント。ケン・ストットとグレアム・マクタビッシュはスコットランド出身なので容易だった。

ドワーフのスコットランド・アクセントは都会的、現代的になりすぎないようにケン・ストットをモデルとした。
彼はセリフを録音して皆が参考にできるように配布した。

グレアムはグラスゴー・アクセントに慣れているが、当初はあまりに都会的と思われた。しかし役作りを経て粗野なアクセントとなったため、ドワーリンにグラスゴー訛りの味わいがあるのも悪くないと思われた。




オイン役のジョン・カレンさんが

ピーター・ハンブルトン(グローイン)と自分はスコットランド・アクセントを使うように言われた。王家につらなるバーリンとドワーリンの従兄弟であり、ギムリのアクセントとも関連を持たせるためだ。
なぜ違う家系で違うアクセントを使うのかって?我々のアクセントは交易に行った場所の影響を受けたという想定なんだよ。
ドワーフたちは宝石や玩具や工芸品を手広く商っている。

ってことを言ってます。

そしてグローイン役のピーター・ハンブルトンさんは

グローインの場合はスコットランドのアクセントが選ばれた。
私はスコットランド人であるケン・ストットが脚本を読んでいるCDをもらえた。

・・・そのCD売ってくれ!



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 22日 |
まだ読みにきてくださっている奇特なみなさま、ありがとうございます。
12月にむけてますますヘンチキになっているブログ主、今日の記事はThe Hobbitについてのうわごとです。
訳文は超適当ですのでお含みおきください。




The Hobbit: An Unexpected Journey Chronicles II: Creatures & Characters
Weta (Harper Design)

ホビット第3部公開まで1ヶ月を切って、動揺のあまりクロニクル2を買ってしまいました。


自分でも「いまさらクロニクル2?」と思ったのですが、けっこう面白くて満足できる一冊でした。(同じような本を何冊ももっている)

ホビットはドワーフやエルフやオークの種族語を聞ける貴重な映画ですが、ほとんどの部分は英語が使われています。(日本語吹き替えで見てる人は日本語だけど)
その英語が多様で聞いててとても楽しい。
Chronicles IIにはHOBBIT ACCENTSというページがあって、ホビットの英語のアクセントについて書かれています。

ミドル・アースの共通語はトールキンによって英語に翻訳されたという設定になっています。
映画「ホビット」ではイギリス英語のアクセントの違いによって種族を特徴づけています。

主役のビルボは演じているマーティン・フリーマンのネイティブ・アクセントであるRP(容認発音)を使っていますが、「ロード・オブ・ザ・リング」でもバギンズ一族は教養の表れとしてRPを使ってるそうです。
ただしあまりモダンでstreet-wiseにならないように気をつけたとあります。ビルボは田舎紳士なので、普段のマーティンのしゃべりかたのままだと都会っ子すぎるんでしょうか。

シャイアのホビットたちはグロスタシャーの訛り。
ただし例外はトゥック一族(ビルボの母方)のスコットランド訛り。
「ロード・オブ・ザ・リング」でペレグリン・トゥックだけはスコットランド英語だったからなんですって。
知らなかった。ピピンを演じたビリー・ボイドはグラスゴー出身なんですね。

ピピンは大人の言うことをちっとも聞かないし、いらんことばっかりする困った子なのですが、元気いっぱいで可愛い。スコッツだと思うとより愛しい。


トゥック家にはエルフの血が流れてると噂されてるのですが、エルフじゃなくてドワーフの混血なのでは・・・と思いました。

方言指導のANDREW JACKのサイトにこのへんの事情が載ってて興味深い。



Andrew Jack Official Website

In pre-production it soon became apparent to Peter Jackson and to us that it was impossible to maintain Billy Boyd's wonderful energy (perfect for Pippin) within a laid-back West Country accent and that somehow Billy's Scottishness informed the character.




Andrew Jackさんはいろんな種類の英語の発音指導をしてくれるようです。
スコッツもグラスゴー、エジンバラ、ハイランドと各種とりそろえてあります。ジャパニーズやチャイニーズもOKというのはジャパニーズ・イングリッシュを教えてくれるってことなんでしょうか。



ビリー・ボイドのBoFAテーマソング。泣ける・・・

The Hobbit: The Battle of the Five Armies - Billy Boyd Music Video - "The Last Goodbye" (2014)





今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 21日 |
何の意味もなく






今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 20日 |
「コリオレイナス」の上映前に「西遊記 はじまりのはじまり」の予告をやってました。
というか「日本語吹き替え版完成のお知らせ」だったんですが。

私は日本の声優やタレントに興味がないので関係ないわーと思って見てました。
しかし、そこではたと気づいたのですが、「西遊記 はじまりのはじまり」って何語で上映するのか知らない・・・

勝手に北京語だろうと思ってたので、映画館では見ないつもりだったのですが、もしかしたら広東語かも知れない。
でも、いままでこの映画の予告何度か見てるはずなのですが、

セリフがなかった


と思う。



いまyoutubeで日本用予告編検索してみたらけっこうセリフ(北京語)入ってました。
私の耳をスルーしてただけなのだろうか・・・※



映画『西遊記~はじまりのはじまり~』予告編

星仔が解説を広東語で行なっている。貴重。





※その後テレビCMもひんぱんに流れるようになったけど、やっぱりセリフなし版だった。
よほど中国映画と知られたくないんでしょうか。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]