<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 08月 25日 |
アメリカのファンが他国のファンのためにYoutubeにアップしては削除されているドラマ「アウトランダー」。
日本では視聴できないのかと悲しんでいたら、なんのこっちゃない“いつものサイト”で見れました。


ここで毎週日曜配信。


アメリカより早く公開されるようです。(てことは世界で最初に見れるのか、さすが14億の市場)
訂正:アメリカでは土曜日放送でした。中国では翌日(日曜)放映なので若干時差が。でも字幕もつけずにスピード配信してるようです。


英中双字幕ですごく分かりやすい。
キャッチコピーが「やっぱりアメリカのタイムスリップドラマは違う!」で笑えました。


第3集まで見たので、ひさびさに同じ小父さんのキャプチャばっかりで構成されたドラマ感想記事をお送りする。


(ものすごくネタバレしているうえに主役カップルの話はほとんどありません、ご注意ください)



■アウトランダー 第1集 Sassenach

ストーリーは前にも説明したのでもういいですね。
〔ほび〕 アウトランダー 第一部 時の旅人クレア



クレア・フレイザーに挨拶する変態英国大尉ジャック・ランデル(Tobias Menzies)。
アット・ユア・サービ~ス



ドゥーガル・マッケンジー(グレアム・マクタヴィッシュ)の記念すべき初登場場面。



ドゥーガルは怖そうな顔だけど本当に怖いおじさんです。



クレア・フレイザー(Caitriona Balfe)がジェイミー・フレイザー(Sam Heughan)を治療するところを眺めるドゥーガル。




■アウトランダー 第2集 Castle Leoch


マッケンジーの館へ帰ってきたヒロインたち。

兄コラム・マッケンジーの一人息子ヘイミシュに剣の稽古をつけてやるドゥーガル。
怖い叔父さんも甥っ子には優しいのね(フラグです)。



マッケンジーの晩餐会。意味もなくアップとってみました。



クレア「マクタビッシュさんの具合はどうかしら?」
ジェイミーはマクタビッシュって偽名を使っているんですけど、ドゥーガル役のグレアム・マクタヴィッシュと同姓なので可笑しい。



ジェイミーが馬小屋で寝起きしていることを兄に報告するドゥーガル。
ちょっと不満そうなコラムを見てドゥーガルは
「でも兄ちゃんの好きにしてくれよ、俺のやり方が気に入らないなら」





き、緊張するなあこの兄弟のやり取り。
コラムが受け流して終了。ジェイミーは馬小屋居残り決定。



ヘイミシュに「さっき中庭でお父さんと遊んでたわね」と話しかけるクレア(フラグです)。



ドゥーガル「・・・」



コラム「・・・」



コラムの奥方(ヘイミシュの母)「・・・」



ヘイミシュが「僕はコラム・マッケンジーの息子にして後継者だ」と宣言して無事終了。



しかし城の他の人たちも微妙な表情だったので、みんな知ってる秘密だったのね・・・


ドゥーガルはクレアが座ったり立ったりするとまめに椅子を引いてあげるので見かけによらず紳士だと思う。



クレアが退出したあとのマッケンジー兄弟。



近所の人たちがコラムの大岡裁きを受けに来ました。
少女をかばって身代わりに殴られる主役ジェイミー(ただし画像正面はマッケンジー兄弟)。



コラム兄ちゃん「・・・(もうこのへんで勘弁してやりなさい)」



ドゥーガル「・・・(了解)」
視線だけで会話してて激萌。




■アウトランダー 第3集 The Way Out


コメント欄が「没有字幕」で埋まっているので何かと思ったら、画面にときどき「中文字幕は深夜に更新します」とメッセージが現れます。
中文がないのはともかく英文もない・・・。


コラムにスパイ容疑をかけられ、マッケンジーの城に抑留されるクレアの巻。

コラムの脚をマッサージするクレア。
兄ちゃんの「ぴーぐー」のアップが・・・(特殊効果で作成されてるぴーぐーだと思うけど)



幸福そうなコラム一家。



兄の脚をらくにしてもらったお礼を言うドゥーガル。






今日のマッケンジー兄弟



楽しそう。ドワーフ一家にしか見えない。





予想通りマッケンジー兄弟のキャプチャだけになってしまいました。
もしかしてこのブログ初めて読んでくださった方はすいません。ここはいつもこんな調子です。


スコットランドの古城と風景がとても美しいドラマです。
クレアが未来で行ったことのある場所と過去で行く場所がフラッシュバックになるところがうまく出来てて面白い。

スコットランド人たちはゲール語で喋ることもあるのですが、そこは字幕がまったくつかないので、クレア同様視聴者も話の内容が理解できず不安になります。

コラム兄ちゃんが予想以上にカッコよくてキュート。声も素敵。
ドゥーガルはドワーリンほどスコットランド訛りじゃなかった。台詞も聞き取りやすい。


グレアム・マクタヴィッシュ氏の横目が大好き。
ドワーフの弟(左)と兄(右、見切れてるけど)。真ん中の方は関係ありません。





第4話予告
いよいよギャザリングかな。
マッケンジー大活躍、

Outlander 1x04 Promo "The Gathering" Season 1 Episode 4 Promo





今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 08月 12日 |

Advanced Grammar in Use Book with Answers:
A Self-Study Reference and Practice Book for Advanced Learners of English
Martin Hewings (Cambridge University Press)


Essential Grammar in Use 、English Grammar in Useと進んで、ついにAdvancedにたどりつきました。購入から1年ちょっと寝かせただけで開始できたのは新記録。おめでとうアドバンスドグラマーの女御。※


テキストの形式はこれまでと同じく2ページで1ユニット。左のページが文法開設と例文、右のページがすべて練習問題です。

Advancedなので相当難しいだろうと覚悟して始めたのですが、内容自体はそんなに難しくないです,。
英語の文法形式ってそんなにバラエティのあるもんじゃない※ので当然ですか。(中国語の八股文とかと比べれば)

じゃあどこがAdvancedかというと、たとえばUnit17 May and mightでは、ネイティブはどういう場面でmayを使い、いつmightを使うのか、そのとき彼らの心の中で起きていることは何か、について学べます。そこが上級。
外国人は使い分けできなくても会話は通じるだろうけど、知ってるとネイティブの心の動きを読みやすくなるお得情報が満載。

私にはかなり猫に小判な知識なのですが、いろいろ面白いことが書いてあって英語に関する読み物としても楽しめます。


そうだったのか!と思ったのがUnit3 Past simple and present perfectの
「ニュース報道では最近のできごとの導入には現在完了を使い、そのあとの詳細については単純過去を使うことが多い」
という説明。
現在完了は「なぜそこで完了形?」と疑問を感じることが多いのですが、そういうパターンもあるのか、と感心しました。


練習問題はユニットによってかなり正解率が高いことも、ほぼ全滅のこともあって我が事ながら笑ってしまいます。
まったくできなかったのは未来完了と未来完了進行。ぜんぜん理解できてないんですね。

このシリーズは最初に時制をまとめて学習するので、ユニット10くらいまでがとても辛い。でももう3冊目なのでだいぶ慣れて「ああこの時は過去完了ね」と当たりがつけられるようになってきました。



※この子は「後宮入りしてすぐにお手つきになったラッキーな女御」なイメージ。
うちの後宮にはかわいそうな子(本とか教材とかDVDとか)がたくさんいる。

最近は哈比人(ホビット)の女御のせいで「従此君王不早朝」状態だし・・・ごめんねみんな(>本とか)


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]