<   2014年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 04月 30日 |

「中国語離合詞500」(東方書店)

「用例篇」は動詞のピンイン順になってます。その動詞で思いつくかぎりの離合詞の用例を書いてみた、って感じ。
「この動詞具体的にどう離合させるんだろう」と思ったときにすごく便利です。

以前「ネイティブ中国語―補語例解」を読んで、残念だった点が上手く解決されてると思いました。

「ネイティブ中国語―補語例解」は補語の解説書なので補語別に解説するべきなのに、動詞別に解説されて使いにくかった。
「中国語離合詞500」は離合詞の解説書なので、動詞別に解説されてて正解。
文法を説明するときは目的によって並べ方を工夫しなければならないというのがよく分かります。


「解説篇」の動賓離合詞と動賓連語の見分け方が勉強になりました。

(1)“吃饭”は「食事をする」という離合詞であるが、同時に“我不吃饭,吃面包”のような文脈においては「お米のごはん(ライス)を食べる」という連語ともなる。すなわち、表す意味が特殊化し、動作とその対象というように分けられない場合は離合詞である。

(2)離合詞“毕业”の中の語素“业”は、昔の文言では「わざ」という意味の単語として、独立して用いられたが、現代中国語では四字句を含め必ず他の語素とともに用いねばならず、単独で単語とはなれない。すなわち、二つの成分のうち一方でも単語でないならば、離合詞である。

「中国語離合詞500」(東方書店)



しかし私にとっていちばん良かったのは、巻末の「離合詞用法一覧表」の説明です。
編集者が二人で作成されたそうなのですが、「両編著者には、50歳代と40歳代という年齢差があり、語感に多少の差異が認められた。さらに、30歳代のインフォーマント、および中国人留学生諸氏に確認したところ、やはり個人差があることが判明した。」とあります。

中国人に中国語の質問をすると、出身地や世代によってまったく違う回答がかえってきて余計に混乱しちゃうことありますよね。
無理に「正しい答え」を決めてしまおうとしない誠実な編集方針に感動しました。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 04月 29日 |
(寝言ですネタバレしています画像無断転載です)


映画「ホビット」に登場するドワーフ中唯一スキンヘッドのドワーリン。

私はハゲているのではなく、刺青を見せるために剃っているのでは、と思ってるのですが。
若いころはモヒカンでヘアスタイルに凝るタイプみたいだし。
モヒカンは英語でMohawkということをドワーリンのおかげで初めて知りました。



(寝言ですネタバレしています画像無断転載です)


画像大き過ぎました




初登場シーン。
Dwalin at your service.
相撲取りのにらみ合いみたい・・・こんなのが夜訪ねてきたら怖い。



(寝言ですネタバレしています画像無断転載です)


「ホビット」の定番ギャグに「ドワーリン(のスキンヘッド)を踏み台にする」というのがあります。


(その壱)

巨人と戦うドワーフたち。
いちばん小さいオリが巨人につかまっちゃった!
とっさに転がるドワーリン(左下)。



くるりん



そこへ飛んできて背中を踏んづけていったのは・・・



トーリン隊長でした。
オリを捕まえてる巨人に斬りかかってた。すごいコンビネーション。ふだん練習してるのかな。




(その弐)

オークと戦うドワーフたち。



ドワーリンの頭を踏みつけて飛んでいったのは・・・





誰?ボフール?




(その参)

オークから逃げるドワーフたち



踏んづけているのは



エルフのレゴラスでした



オーランド・ブルームになら踏まれてもいい・・・わけではなさそうです。




(おまけ)

リーベンデールで娘娘腔なエルフに出迎えられて
「油断するな」
と警戒しあうトーリンとドワーリン。
ドワーリンの定位置はトーリンの右後ろ。



すごくどうでもいいですが、むかしリーベンデールってアイスクリームがありましたよね(まだあるのかな?)
トールキンと関係あるのかと思ったら、アイスのほうは
Liebender
というドイツ語に由来しているようです。

ホビットに出てくる裂け谷は
Rivendell

・・・ぜったい発音分けできない・・・ (リヴェンデルって表記するのかな)



The Hobbit: Behind the scenes - Balin and Dwalin
トーリンを演じたリチャード・アーミティッジ氏によると「トーリンとドワーリンは幼なじみ」という裏設定があるらしいです。



リチャード・アーミティッジ氏はいろいろ脳内設定を持ってるみたい・・・


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 04月 27日 |
ボフール(Bofur)がかわゆい
原作の小説ではほとんど活躍しなかった気がするけど映画では大贔屓されてるボフール。



(寝言ですネタバレしています画像無断転載です)







(寝言ですネタバレしています画像無断転載です)



ビルボに悪龍スマウグの怖い話をしてびびらせるボフール。
知らん顔して聞いてるトーリンが悪いドワーフだと思った。




お歌の上手なボフール。
ビルボ・バギンズがきらいなもの数え歌。





帽子がかわゆいよね





お局トーリンのいじめに耐えかねて、夜中にこっそり離団しようとするビルボ。
気づいてひき止めるボフール。





「ぼくなんてお荷物なんだ」とごねるビルボ。
寝たふりして聞いてるトーリン←昼間お荷物だと失言した





「一緒に行かなきゃだめだよ、おれたち仲間だろ。ただのホームシックだよ、分るよ」
ととっても優しいボフール。





「きみたちには家はないからぼくの気持ちは分らない」とうっかりひどいこと言っちゃうビルボ。












「・・・そうだな、おれたちどこにも属してないよな」




あーまずいこと言っちゃった・・・と困って咳払いするビルボ。
英語字幕は聴覚障害者用なのか、台詞がなくて音だけあるときは説明の字幕がつきます。





ジョンにもよくClears throatって字幕がついてます。
字幕見て初めてあの咳払い演技の一部なのかと気づいた私(鈍)。





「ホビット」ってただのアクション冒険映画かと思いながら見たのですが、とんでもなく上手い俳優がたくさん出てて演技も堪能できます。



The Hobbit An Unexpected Journey Extended Edition: Rivendell dinner scene

本編でカットされたリーベンデールのディナー場面。
エルフのお上品な音楽に耐えられなくなったボフールがミュージック・ホール風の下品な歌を歌いだしてエルフの大顰蹙を買うところがかわゆすぎる。



トーリンはなぜドワーフたちを止めないんだろうと思ったら、その前に中座してた。
動画のコメントに
「トーリンの「エクスキューズ・ミー」って言い方がセクシー」
「トーリンは何を言ってもセクシーなの」
ってあって笑いました。
トーリンはすべての動作いちいちセクシーでゴージャスな必要あるのか?


The Hobbit- AUJ Extended (Bofur Lies to Goblin King)

ボフールがゴブリンの王様にぺらぺらでたらめを喋るカットされた場面。
カットされてばかりなのね。
ここのボフールは労働者階級の物真似をしてるエリック・アイドルにそっくり。







今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 04月 26日 |
「ホビット」に出てくる
the Lonely Mountain(はなれ山)
(又称 Erebor(エレボール))
にどうして定冠詞theがつくのか悩んでました。

過去記事
トーリン様の名前の発音が難しすぎる そしてthe


ちょうどEnglish Grammar in Useの定冠詞を部分をやってるところだったんです。
テキストには「山の名前にはtheは使わない」って書いてあったので。
(山脈には使う、しつこいけど)

どうしてthe Lonely Mountainにはtheがつくのかな、ドワーフの心のふるさとで唯一無二だから?
とか悩んでいたら

Xenom's English Database

というサイトの
<冠詞に関する覚え書>

に答えがずばり書いてありました。以下引用させていただきます。


Ⅰ 定冠詞を伴いやすい固有名詞

[1](the) 形容詞 (or 固有名詞の形容詞用法)+普通名詞:(例)the English Channel the Ritz Hotel
[2](the) 普通名詞+固有名詞(付置規定):(例)the River Thames (the) Hotel Ritz


・・・なーんだ。

つまりlonleyが形容詞だからtheがつくんですね。
the + Lonely(形容詞)+ Mountain(普通名詞)

もしMount Lonelyだったらtheはつかなかったのでしょう。
Ereborがtheなしなのも同じことですね。

理屈としては
Backinghan palace
にはtheがつかないけど、同じ建物を表すのに
The royal palace
だとtheがつくのと同じかな。



こんなことで何日も悩んでいるアホなブログ主です。

いま悩んでいるのはMirkwood(闇の森)はなぜwoodsじゃないんだろうということです。
そういえばシャーウッドの森も単数か、と思って調べてみたらSherwood Forestだった・・・。woodsじゃなくてForestなのね。 

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 04月 25日 |
Get Rid of Your Accent: The English Pronunciation and Speech Training Manual
(Linda James , Olga Smith)



以前から気になってた本をついに買ってみました。
独学でRP(Received Pronunciation)を身につけるためのテキスト。
私は英会話には興味ないのですが、きれいな発音の取得には興味あるんです(←発音オタクだから)。

練習方法はシンプルで、各レッスンで母音か子音を一つとりあげ、その母音の含まれている単語や短文を練習します。
「自分の声を録音してチェックしましょう」とちゃんと書いてあります。録音するのは恥ずかしいですが、やっぱり必要なんですね・・・

まえがきに「この本の対象者」がリストアップされています。
ネイティブにも非ネイティブにも使える本で、ネイティブの場合は「発音やスピーチの教師」はともかく「ブリティッシュ英語を身につける必要があるハリウッド俳優」とあって笑ってしまいます。
非ネイティブでは「学生」「国際ビジネスマン」「大使」、そして「諜報部員」。スパイがなまってるとすぐ見破られちゃうもんね。


この本の良いところは「一生懸命練習しろ」と書いてあるところです。
「一日20~40分かけて練習し、翌日同じくらいの時間を復習にあてる」必要があります。毎日少なくとも40分は発音の練習をしなければならなんですね。
「すぐに」とか「簡単」とか「聞き流すだけ」とかサギみたいなことがどこにも書いてないので感動しました。


レッスン用の短文が会話じゃないところも良い(会話で練習するの飽き飽きなのよ・・・)。
最後のパートは韻文の練習でちょっと難しい。こんなところでギルバート&サリバンの早口言葉を練習することになるとは。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 04月 24日 |
(BoFA公開後のおわび)

「スランドゥイル」の検索ワードで来てくださったみなさま:
この記事自分で読み返してもつまんないです。
こんなのしかなくてごめんなさい。

新しい記事は・・・ありません。
さらにごめんなさい。

(おわび終わり)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

The Hobbitの1部と2部のDVDが届きました。(Sherlockのシリーズ3も)
大喜びで毎日鑑賞しています・・・スランドゥイル様を。


ホビット第3部に希望する場面:
戦勝パーティでドレスが丸かぶりのガラドリエルとスランドゥイル。



(寝言ですネタバレしています画像無断転載です)




毎日検索してるので、もうThranduilってそらでタイピングできるようになっちゃったくらい素敵なスラ様。

・・・お美しい・・・(呆)



はうう・・・




スランドゥイル様は映画では「ホビット1」の最初のほうからどどーんと登場なさいます。

むかしむかしザ・ロンリー・マウンテンの地下にドワーフ(dwarf)の王国がありましたとさ。
ドワーフたち(複数形注意dwarves)はスロール(Thrór)という王様のもとで栄華栄耀を誇っていました。




その金持ちぶりに近所のマークウッド(Mirkwood)に住むエルフの王様(Elvenking)スランドゥイル(Thranduil)様も表敬訪問にお越しになったほどです。


近辺案内図







ここでカットされた場面があるみたいです。

スロールがスランドゥイル様にとっても豪華なネックレスを見せて、もらえるのかと思ったスラ様が手を伸ばすとパタンと蓋を閉めちゃう。
ムカっとしたスランドゥイル様は手下のエルフを引き連れて帰ってしまった。

その祖父の因果が孫に報い~となるわけですね。


ドワーフたちはあまりにも貪欲に財宝を溜め込みすぎたせいで悪龍スマウグに目をつけられ、襲われてしまいます。炎の中を逃げ惑うドワーフたち。

そこへスランドゥイル様が軍隊を連れて通りかかりました。

白いトナカイに乗って




トナカイ名前ついてるのかな、Moosyとかだろうかmooseだけに・・・
チョッパーだったらやだな。

ドワーフの王子(スロールの孫)がスラ様に気づいて助けを求めます。
トーりんにも素直に「ヘルプ!」なんていえる純情な時代があったのねえ(感嘆)




しかしエルフの王様は背を向けて去っていきます。
スロールがいらん意地悪したばっかりに・・・
ふだんからご近所とは仲良くしましょうって教訓でしょうか。





スラ様てば何しに来たのかね?自ら偵察?
スマウグが撃退されたらどさくさにまぎれてエレボールを占拠したろーとか狙ってたのかな。漁夫いやエルフの利。

けど死傷者の救護とか人道的支援くらいはして恩を売っておいてもよかったんじゃないのかな。


とか言ってるあいだに数十年たって、ドワーフの王様の地位を継いだ(かどうか分らんが)トーリンが1ダースほどのドワーフたちとザ・ロンリー・マウンテンの奪回に来ました。
マークウッドの領内で大クモに食べかけられていたトーリンを助けてあげるスランドゥイル様←意外に親切。
トーリンに何をしにきたのか尋ねるスラ様。


・・・近い・・・




スランドゥイル様はエレボールの地下にある白い宝石(スロールがくれなかったネックレスか?)を取ってきてくれるならマークウッドの領内通過を許可しようと持ちかける。




「話だけは聞いてやる」とデカイ態度のトーりん。





しかし昔スラ様に見捨てられたことを思い出して怒り出すトーリン。




ドワーフ語(クズドゥルKhuzdul)で罵るトーリン。




スランドゥイル様はドワーフたちを牢屋に閉じ込めて気が変わるのを待つつもりです、百年ほど。




交渉はどうだった?とバーリン(トーりんのじいや)に聞かれて
「俺は言ってやったぜ!」
とワシやったったで感いっぱいのトーリン。

・・・こんなのに交渉ごとをまかせてはいけない・・・



ここでトーリンは

I told him he could go
îsh kakhfê ai-‘d dûr-rugnu

と言ってるそうです。
んで意味は?(スラ様クズドゥル分るのかな、近所に住んでたから聞き取れるんかな)



The Hobbit: An Unexpected Journey Extended Edition - Thranduil in Erebor
スロールがスランドゥイル様に意地悪するカットされた場面





The Hobbit: The Desolation Of Smaug, Interview: Lee Pace, playing Thranduil , Elven King

スラ様を演じたLee Paceさんがインタビューでトーリンに尋問した目的について
「行き先とか知りたかったわけじゃないよ、そんなの知ってるからね。彼をひざまずかせたかったんだ、フフフ・・・」
などとおっしゃってました。
トーリンはぜったい膝を屈したりしないだろうがな。





The Hobbit's clash of the kings

同じことを他のインタビューでも。世界をひざまずかせるエルフキング。

"[Thranduil] doesn't want to be his friend, he just wants people to kneel in front of him."


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 04月 23日 |
「新版 教養としての経済学」
斎藤 謹造

いろいろ目からウロコ(目からスマウグ)だったのですが、

ところで、旧体制の非生産階級の所得源泉の没収は、しばしば新しい経済発展に前近代的な富を動員する捷経であって、若干の例外をべつにすると、それは社会主義的蓄積の原資を調達する手段なのである。社会主義体制は、一般に後進諸国の急速な資本蓄積のためにこそ適した体制であることが強調されるが、それはこの没収の効果と関連づけることでよりよく理解されよう。実際に後進的農業国だった帝政ロシアで社会主義革命が成功して以来、開発途上国で社会主義の選択がよくみられるのは、蓄積資源の没収が途上国に魅力的だからではあるまいか。



近代国家になるにも原資が必要なわけで、
・先に近代化した国(や企業)から借金する
・全員で死に物狂いで働く
とかの方法があるわけですが、借金すれば元本も利息も返済しなければならず、みんなで働いてもこのご時勢いつお金がたまるか分んない・・・じゃあすでに持ってる人から没収しよう!というのが社会主義だったのですね!(超単純化してます)

私はこれまで

社会主義=全員が一生懸命働いて全員が幸せになる体制

だと思っていて、なぜ中国人のような「楽して自分だけ手っ取り早く金持ちになりたい」人たちが社会主義を選んだのか理解できないでいたのですが、

社会主義=他人の儲けを丸々手にいれて代価は支払わなくて良い

と思えば確かに中国が近代化するには社会主義がいちばんぴったりだったと納得できる気もします。(もちろん気高い理想を抱いていた人もいたと思いますが)

ああ世の中そうなっていたのか・・・と思わせられる本でした。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 04月 22日 |
(寝言ですネタバレしています画像無断転載です)

「ホビット2」でトーリン・オーケンシールド(☆1)様に陥落しました。
しかし名前の発音が難しいので困っています。語頭にthがあるのは反則だ。

全部言うと
Thorin, son of Thrain, son of Thror, "King under the Mountain"
(スロールの息子のスラインの息子で「山の下の王」(☆2)のトーリン)
と寿限無寿限無なトーリン様。


日本語訳では「トーリン」となってますが、つづりはThorinなので、映画では /t/ではなく/θ/で発音されてました。(人によってちょっと発音が違う気もする)

ご本人:トーリン・オーケンシールド(Thorin Oakenshield)
父:スライン2世(Thorin II)
祖父:スロール(Thrór)

中文wikiでは
ご本人:林·橡木盾(Thorin Oakenshield)
父:恩二世(Thráin II)
祖父:爾(Thrór)
中国語は「ソ」の発音で揃えたんですね。


トーリン様
(画像大き過ぎましたごめん)





作者トールキンの好みのせいか、固有名詞が似たような音が多くて困惑します(thとかsで始まるのが多い)。
トーリン様の仇で(トーリン様は八方敵だらけ)とても芝居がかったナルシストのエルフの王様スランドゥイル(Thranduil)様のお名前も発音が難しい。

出てくるたびに爆笑してしまうナルシストキング・スランドゥイル様



☆1
オーケンシールドは姓ではなく、オークとの戦いでオークの木を盾代わりに使ったためについたあだ名なんですって。
日本語だと全部一緒に思えますが、オークorcは空想上の生き物ゴブリンのこと、オークOakは樹木の名称。


オックスフォードのオンライン辞書では
ゴブリン

orc/ɔːk/
NOUN
(In fantasy literature and games) a member of an imaginary race of human-like creatures, characterized as ugly, warlike, and malevolent.



オークの木

oak/əʊk/
NOUN
A large tree which bears acorns and typically has lobed deciduous leaves.




トーリンはオーク退治用に「オルクリストOrcrist」という名剣を持ってるのですが、発音はたぶん/ɔːk/のほうでしょうね。
うーん、こんなの発音分けできないよ・・・

オーケンシールド Oakenshield /əʊk.../
オルクリストOrcrist /ɔːk.../



☆2
"King under the Mountain"(山の下の王)というのは地下世界全般を支配してるってことかと思ったら、Mountainにはtheがついているうえに常に大文字で表記されています。ある特定の「ザ・山」を指しているんですね。
その「ザ・山」とはthe Lonely Mountain(はなれ山)又称 Erebor(エレボール)。
えーと山の名前ってtheつかないんじゃなかったっけ?(山脈にはつく)
エレボールにはtheはつかないのだろうか?エルフ語だから?


映画のタイトルも日本語だと「ホビット」だけど英語は

The Hobbit: An Unexpected Journey
The Hobbit: The Desolation of Smaug

とtheやらaやらあちこちについていて覚えきれない・・・
「(その特定の一人の)ホビット」ってことはつまり「ビルボ」ってことですね。

Desolationにtheがつくのはどうしてなんだろう、スマウグによる「その特定の荒廃」ってことなのかしら、っていうかこれってデイルの町のことなんですよね?

theの壁にぶつかっているのがお分かりいただけたでしょうか。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 04月 21日 |
「清代の胥吏と幕友」では日本ではあまり話題にならないけど中国ではけっこうドラマとかに登場する幕友について詳しく書かれてて勉強になりました。
紹興が幕友(師爺)の名産地という点についてはもっと詳しく読んでみたかった・・・
その中で胥吏の腐敗を避けるために定期的に異動させた換班制度について書かれてるのですが


二つの班に、或いは頭班・二班と名付け、或いは上班・下班と名づける。交代して職務につくことを該班、または上班ともいい、退出することを下班という。勤務中の班を内班と称し、休職中の班を外班と称する。

「清代の胥吏と幕友」
宮崎市定全集14 雍正帝


現代中国語の「上班(出勤する)」「下班(退勤する)」ってもしかしてここから来てるのでしょうか?

しかしこの本の白眉と思ったのは上司に逆らって事件捜査を進めた地方公務員の話で


何時の世の中にも善意の人はいるものだ。それらの人が本当に社会を支えている。特に中国のような長い伝統をもち、自己の文化に自信をもった国では、時々の大勢に順応し、バスに乗りおくれまいとあせる人ばかりではない。自己の信ずるところに従って忠実に自己のペースを守って歩んでいる人がいつもある。ただ世の中の変遷に従ってこれら善良な人が浮かびあがる時と、悪貨が世にはびこる時とがある。

「雍正時代地方政治の実状」
宮崎市定全集14 雍正帝



いつも中国の悪口ばかりの私が言うのもあれですけど、中国人には日本人のものさしではかれない偉大な部分があるっていうのは本当です。
「バスに乗りおくれまいとあせる人ばかりではない」というのが、いつもあくせく周囲の顔色ばっかりうかがってる日本人への痛烈な皮肉になってます。


宮崎市定先生は学者と思えないほど(褒め言葉)、中国人の心情を理解してるところがすごいです。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 04月 20日 |
(寝言ですネタバレしています画像無断転載です)

「ホビット2」でトーリン・オーケンシールド様に陥落しました。
最初は「やめる潮時を逃がした老ヘビメタ」とか思っていたのに気がつくと完敗です。



(ネタバレしています絵バレしています)





老体に鞭打つヘビメタ・・・ではありません



原作小説の怒りっぽい頑固爺から美中年に華麗な変身を遂げた映画版トーリン様。
トーリン様には妹がいらして、その息子さんがフィリとキリ。
こちらも映画版はすごい美青年に昇格。まさに「一人昇官、鶏犬昇天」。


At your service~




トーリン様は独身でこどもがいないので甥を後継者に育てようと努力しています。
つか、まず自分が結婚するべきなんじゃないの?
映画では「婚約者を亡くしてるので生涯独身予定」とかいう裏設定があるようなのですが、中国の皇帝だったら許されないワガママ自己主張・・・





写真入り家系図(笑)



The Hobbit: Behind the scenes - Thorin, Fili and Kili
トーリン、フィリ、キリのインタビュー

説明しながら「トーリンはぼくのママの兄弟なんだよ、ぼくのおじさん(プププ)」と笑い出すフィリを何度見ても萌える.
トーリン様がdragon sicknessのネタバレをしている・・・いいのか・・・?




Empire's 'How Quickly Can You Name The Dwarves?'
何秒でドワーフ全員の名前を言える?

キリはさすがに若いだけあって早いな。ガンダルフおじいさまがんばって!と応援しながら見ちゃう動画。
フィリキリはビルぼんとガンダルフ爺さんにに「えーとあとふたり誰だっけ?」と言われたりしておまけ扱いっぽいですが、トーりんは最初に「フィリキリ」ときっぱり言ってた。可愛がってるのね・・・




The Dwarf Name Generator: Your Dwarf Name
ドワーフのお名前つけるよ!

Generate a name from your own name(本名からドワーフ名をつける)というのを選んだのに、できあがったのは・・・


Dísってフィリキリのおかんですやん・・・
女性のドワーフは一人しか登場しないので、女性を選ぶと自動的にDís姫になるっぽいです。


13匹もいるから覚えるの大変。
韻を踏んでる名前をグループにして覚えるのが早いようなのですが、ドリオリノリが関門だ・・・

Thorin

Fili
Kili

Balin
Dwalin

Oin
Gloin

Ori
Dori
Nori

Bifur
Bofur
Bombur


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]