<   2014年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 01月 31日 |
馬到成功!













画像縮小を忘れてました。
このまま年賀状にお使いいただけます(サイズ的に)


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 28日 |
<今日の成語>

“蹑足附耳” niè zú fù ěr
踩人足以示意,附耳说悄悄话。
《史记·淮阴侯传》:“汉王大怒,骂曰:吾困于此,旦暮望若来佐我,乃欲自立为王!张良、陈平蹑汉王足,因附耳语曰:汉方不利,宁能禁信之王乎?不如因而立,善遇之,使自为守。不然,变生。”


つ・い・に!たどりつきましたよ“蹑足附耳”に!!
過去記事
漢張良蹑足附耳



第70集


なんだか無理やり山道をピクニックしている
こんな場面必要なのか・・・?



韓信は劉邦の疑惑を払拭するために斉を攻めることにしたらしい。
斉って漢の内部闘争調整のために存在しているのだろうか。



うさぎぴょこぴょこ



韓信はとうとう出兵しました。



しかし怒っている劉邦。酈食其が和平交渉してるのに攻撃したので怒ってるらしい。
韓信は出撃してもしなくても怒られる。



“怨不得韓信。”(韓信をうらむことはできない)
可能補語の否定形です、時代劇によく出てくるのでこのまま覚えましょう。
“怨不得”(恨むことができない、責めることができない)に似た補語に“恨不得”がありますが、こちらは「~したくてたまらない」の意味なので注意が必要です。



停戦の命令をだしましたが“来不及了。”可能補語の否定形です、このまま現代でも使えます。




第71集

斉と楚が連合して喜ぶ良殿



韓信は自分の重要性をアピールしてきてるようです。



さよなら龍且将軍




第72集

韓信が斉“仮”王になりたがったので怒る劉邦。分かりやすい反応。



準備~



踩っ!



何踏んでるんだ!?
踩我幹嗎?



良殿こわい・・・




まだ踏んでる(キャプチャいりませんでしたか)



踏み終わりました



しずしずと下がっていく良殿がおかしい。
陳平は踏まなかった



仮王なんてとんでもない真王にしてやる!だそうです。賢いね。



韓信は無事に王様になれそうです



良殿・・・



めでたしめでたし





さっきは失態をさらしちゃった?と聞く劉邦に
「でもとっさに上手にごまかしましたね」
と褒める良殿



良殿が斉王の印鑑を持ってきてくれました


馬に乗れる良殿。この衣装初めてみた



そんなに仲良しだったのか?









良殿は乱世の処世術を語って帰っていきました





(おまけ 今日の参謀長)

恋のライバルと話し合う参謀長(右が恋敵)



恋敵を褒め称える参謀長



微笑む参謀長



突然ブーツの裏を掃除しはじめる参謀長。何この人・・・



右足も掃除しはじめる参謀長。



今度は服のゴミを取りはじめる参謀長。



たまにはウチにも遊びに来てね、と捨て台詞を残して去っていく参謀長(←絶対行きたくない)
イヤミを言いに来ただけだったようです




(今日のぴー公子)

やけどの跡が痒くてたまらないらしいフーみん



前にもありましたねこういう場面
 《光栄歳月》 第2集




さわやか八路




(今日の趙高様)

趙高様と合作中の旅長
スパイが情報を漏らしているので相談しています



眼鏡の下の素顔はお美しかった趙高様






萌えるツーショット





(おまけ 今日の旅長&参謀長)

手元にあったキャプチャを適当に混ぜてみたらこんなものが出来た





















・・・自分だけ楽しんでごめん・・・


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 27日 |
「現代中国悪女列伝」
福島 香織(文春新書)

いや~面白かった。中国女性はスケールが違いますね。
谷開来なんてまさに傾国の美女、こんな紅顔禍水が現代に存在するなんてすごい。

読んでいるうちに現代中国の政治家の人間関係もおさらいできる良い本です。

登場するのは悪女ばかりなのですが、著者の突き放していながらも暖かい語り口のおかげで憎めない人たちに思えます。
(まあ中国官僚がどんだけ汚職しようと、庶民が巻き添え食ってどれほど苦しもうと日本人の私には害がおよばない対岸の火事だからというのも理由でしょうけど)


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 24日 |
猛スピードで見たのでストーリーが分からなくなった。
今日も不要なおまけがあります。


第63集

投降してきた英布(胡東)は劉邦に冷たくされて自刎しようとする。




川島君をふと思い出した。(無関係)




英布は劉邦(陳道明)と仲直りしたようです。



項羽が攻めてきました。(いま何の戦いとかまったく不明)



盧綰lúwǎn(王継世)は自分で項羽を見たというのですが、本当は旗を見ただけです。
実際には項羽は斉(地名(笑))を攻撃しているところで、范増が項羽がいるふりをしているだけだと指摘する張良(霍青)。



でっかい良殿



項羽軍に勝ちました。旗を火葬にする漢のみなさん。





第64集

韓信が趙と戦ってたようです。


第65集


項羽が攻めてきました。
劉邦がエサになってそのあいだに韓信が諸侯をつぶす作戦のようです。
陳平はセリフないけどいつもいい位置につけている。



盧綰はいつのまに良殿の家にあがりこんでお酒を飲ませてもらう仲になったんだ・・・



良殿は盧綰の悩みを見抜いていた。



へそくりを勝手に引き出して陳平にあげて奥さんに怒られる劉邦さん




第66集

項伯さ~ん(許毛毛)



龍且さ~ん(范雨林)




第67集

項羽軍はなんかたいへんなことになってるみたいですがよく分かりません。



第68集

劉邦は本当にエサになってしまいました。



楚では范増が死んじゃったようです。



てっきり「死んだフリ」かと思ったら本当に死んじゃったんですね。
自暴自棄になった項羽が攻めてきました。



范増って「え、ここで?」と思うくらいアンチクライマックスなところで退場してしまうんですね。
楚軍は今後は全員脳筋体制。
心配ですね。



(おまけ 今日のぴー公子)

楚漢よりおまけのほうが楽しいのはブログ主だけですか?


フーミンが訓練してるところに虞美人が来ました。



虞美人は國軍の英雄と熱愛しているのですが、フーミンが嫉妬のあまり趙高様に密告したのです。
↑何のことやらさっぱり分かりませんね



恋のライバルはプチブルのお坊ちゃんなのです(項羽ではありません)
早く目を覚ますんだ虞美人!



(おまけ 今日の趙高様)

笑顔がかわいいフーミン



フーミンの成長を喜ぶ趙高様



同志と団結することを学びました





(おまけ 今日の旅長&参謀長)


この部分を截図(キャプチャ)してるうちに何のドラマを見ているのかふと自分を見失いました。
いま《マオズードン》でも旅長と参謀長が並んで登場してるのですが、美しさがぜんぜん違う。
やっぱり東呉は國軍だ!と思いました。










旅長「話があるなら言いたまえ」



参謀長「こんなことを言うのは不適切かも知れませんが・・・」



参謀長は國軍の英雄(恋のライバル)が死んでせいせいしたわいと言ってました。正直です。



旅長は「君って本当に冷たい男だな」とあきれてました。



参謀長の恋敵=フーミンの恋敵なのです。
(抗リー劇のふりをした多角恋愛ドラマ)



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 23日 |
《大秦帝国》を見てるとよく「三晋」という言葉が出てきます。
晋が3つあるのかと思っていたら、そうじゃなくて趙・魏・韓のことだそうです。

もともと晋という国があったのですが、家臣の趙さんと魏さんと韓さんがお家を乗っ取って自分たちの国を建国しちゃって晋はなくなっちゃったんですって。
だから趙・魏・韓は国名と君主の姓が同じなんですね!

その後、もと晋だった三カ国を「三晋」と呼ぶそうです。「もと晋」のほうが分かりやすいのに。
晋がどうしてそんなに簡単に乗っ取られたかというと「驪姫の乱」のあと、公室の公子たちを殺してしまい、公族がいない状態だったの。そこを重臣たちにつけこまれたらしいです。
馬鹿息子でも活かしておけば他人の防御柵くらい役には立つって教訓なのでしょうか?


ところで趙さんと韓さんって名前に聞き覚えがあると思ったら、チェン・カイコーの映画《趙氏孤兒》ですね。
あの映画は分割される前の晋の話だったんですね。(←いまごろ分かった)
いかにもバカ殿っぽい殿が晋の霊公だそうです。
鮑國安が趙盾、趙文卓が趙朔。黃曉明が韓厥。魏さんは登場しなかったようです。

映画では語られてませんが、韓厥は早くに父を失って趙盾に育てられたんですって(とウィキに書いてある)。それで趙家の敵討ちを手伝っていたんですね。鮑國安老師が黃曉明を育てたなんて想像するだけで萌える設定です。


あ、霊公を演じてた彭波は《大秦帝国之縦横》で楚懐王(すげカワイイ)を演じてる人でした。
バカ殿専属俳優なのでしょうか。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 21日 |
陳道明の病気で上演中止になっていた《喜劇的憂傷》が2月から再開するようです。
道明爺はもう恢復したんでしょうか。早く元気なお姿が見たいですね。


今日もおまけがあるのかしら?と期待してくださっている貴女のために今日も(不必要な)おまけをご用意しました。



第60集

陳平が(張金元)戚夫人と如意に出会い、如意に「帝王之相」があると宣言。
この人がそんな余計なこと言ったせいで後で悲惨な事件が引き起こされるんですね。


如意は新版三国のちび孫権。



陳平は才能はあるけど金に汚いので劉邦(陳道明)に教訓教訓される。
実は戚夫人に聞かせるためにわざと大騒ぎしている劉邦。



韓信のことで張良(霍青)が呼ばれてきたようです。
盧綰lúwǎn(王継世)はこのごろ良殿と仲良しですね。



張良は5日前に韓信にお手紙を出して帰ってくるように伝えました。



韓信の悪口を言う盧綰たち。
場を和ませるために「女でもできたのかな?」とジョークを言ってみる劉邦。



領導の寒いギャグにも微笑んであげる優しい良殿。



蕭何(楊立新)が喋ってる隙に手づかみで食べ物を詰め込む良殿。
この場面みんな自分のセリフがないときはモグモグ口を動かしてて可笑しかった。
陳平はセリフないのでずっとモグモグだった。



張良に任務を与える劉邦。







任務とはホワイトカラー層の求人。



今日の良殿は可愛いな。



張良にお手紙をもらって悩む韓信(段奕宏)



良殿のお手紙を(出したあとでいまさら)添削する劉邦。



たぶん書き方が上手すぎて劉邦の真意を分かってもらえないってことなんでしょう。
しょぼーん。
文書は発信前に上司にチェックしてもらいましょうね。




おれが自分で書いたらどうかな?と言い出す劉邦。字書けるのか・・・



ダメってこともないですけど・・・
(良殿は不満なのか?)



劉邦に何を書けばいいか聞かれて、私なら
「自分で書くなら自分で考えろよ」
などと冷たく答えるところですが、良殿は
「文体はどうでもいいですが」(←どうでもよくないんじゃ?)


「時間と場所、そして彼に何をさせる予定かをはっきり書きましょう」
5W1Hはビジネス文書の基本ですネ!


今日の良殿は本当に可愛いな。



いよいよ筆を執る劉邦。身を乗り出して見守る良殿。




「・・・韓信の韓ってどう書くの?」



がちょーーーん



日本人同士でもそうですが、中国人もよく「○△の○ってどう書くんだっけ?」とお互いに聞いてます。
ここでのポイントは「○△の」と二文字で聞くところだと思う。
「○ってどう書くの?」と言われても「え?どの○?」ってなるから。


これが出来上がったお手紙。私には宛先の「韓信」しか読めません。




第61集


戻って来た韓信は劉邦に尋問される。
外でヒソヒソ話ながら待ってる皆さん。(←中国人は黙って待ってられない)
誰と誰が仲良しなのか注目すると面白い。



誤解は解けたようです。よかったね。



そのころ魏の都大梁では薄姫(徐揚)が人相を見てもらってました。
あなたの子供は天子になり、あなたは“母儀天下”するでしょうと予言される薄姫。



大梁は今の開封のことで、魏は秦(キャプテン商鞅)に負けて大梁に遷都してからは梁とも呼ばれるそうです。
名前はどれか一つにしてくれんかな・・・

天子のパパになれると喜ぶ魏豹(徐錦江)。かわいいよガムコン様。




ある日良殿が歩いていると、随何(楊雨橙)が劉邦のことを喋っていました。



指が奇麗。
随何と何か議論でもするのかと思ったらあっさり去って行った。



酈食其が魏豹の説得に失敗。



その間に張良は随何を採用してたようです。



随何は英布の説得に旅立って行った。
馬年なのでキャプチャってみました。馬到成功!






(おまけ 狙撃手)

今日も冷酷そうな参謀長


この子は楚漢で崇信を演じてた張新華じゃないかしら。國軍だったのね。
リー軍の指揮官の話を立ち聞きして告げ口しに来た。


「お前はいつ日本語を習ったんだ?」
あ、リー軍のスパイってばれちゃった。


直立不動で電話する旅長



今日も横目づかいが素敵な旅長



(おまけ 趙高様劇場)

今日も優しそうな趙高様



國軍の銃には照準鏡(って言うの?)がついてるのをうらやましがるフーみん



又来了。フーみんはいつもこの話ばっかりしてる



段旅長と参謀長が所属してるのは「新八旅(新第8旅団?)」、趙高様とフーみんは「八路(八路軍林団)」なんですけど、耳で聞くと「八旅」「八路」が似過ぎてて混乱する。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 20日 |
年初から『名探偵ゴッド・アイ』(《盲探》maang4 taam3)が見れてラッキーな年明け。
サミー・チェンがめちゃくちゃキュートで泣いて笑っての香港映画らしい楽しい作品でした。
まだ1月だけど今年のベスト1映画になりそう。

林雪が登場した瞬間に客席がザワザワして、あちこちから「ラム・シュ・・・」という呟きがもれてました(笑)。愛されてますね。


映画の中で「どうして事件の真相が分かるの?」と聞かれたアンディが「眼盲心不盲」ngaan5 maang4 sam1 bat1 maang4(眼は盲いているが心は盲いていない)と答えてました。日本語字幕は「心の目で見るんだ」とかそんなの。

聞いた瞬間にすっと意味が分かったのですが、数年前だったら構文が分からない、雖然眼睛看不見,思考能力沒有問題とか口語で言えと文句つけてたかもしれない。
書面語が聞いて分かるようになったということに密かに感動しました。
(“眼盲心不盲,心盲眼何用”って言葉があるようです)

今月は『ドラッグ・ウォー 毒戦』も公開されるんですよねー、今年は良い年になりそうです。


このバージョンのポスターのほうが内容に合ってると思う。(ネットから勝手にお借りしました)
荘士敦って姓が荘で名前が士敦なんでしょうか。O記出身なんですね、ステキ。





今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 18日 |
「もしかしてこのブログのドラマレビューって《楚漢伝奇》じゃなくて《張良伝奇》なんじゃないの?」と気づいた貴女、新年から冴えてますね。

 
最後にまた(不必要な)おまけがついています。
楚汉传奇_百度百科


第57集

楚軍に追い詰められた劉邦。
夏侯嬰に「保護着子房」(子房を守れ)と命じるところがカッコいい。
でもあの良殿は一人でも大丈夫じゃないかな。以前崖から落ちても生きてたし。



生きていたらナーリナーリ(忘れた)で、死んだら来世で会おう!
後ろの夏侯嬰がやけに男前



かよわそうな顔をしてみる良殿



魏豹は薄姫の入れ知恵で楚軍に変装して逃げました。
この人の先祖が魏恵王なのね。納得。



韓信は楚軍を防げなかったことを後悔。



楚軍につかまっちゃった呂雉。美しい。



龍且も美しい。
これは恋の予感・・・
と思ったのに何もなかった。んもう堅パパってば脳筋なんだから




第58集

良殿無事だったようです。
「托主公的福,我倒是還好」(殿のおかげでまあまあ良いです)
“托你的福”(おかげさまで)って中国語講座のいちばん最初に習ったのですが、実際に使う中国人をいま初めて見た。


良殿はとっさに一部の兵馬を率いて敵軍を突破したらしい。
(夏侯嬰は良殿に置いていかれたようです)

沛県に帰って来ました。




第59集

劉邦はすっかり沛県の一庶民に戻ってしまいました。
篭城(というかただの引きこもり)すると聞いて驚く張良。
陳平も心配しています。


張良に相談に来た盧綰。





しかし良殿は自分は謀士に過ぎない、漢王には心を癒す薬が必要だというのです。




部屋の中から劉邦が「何か言いたいことがあるのか?」と声をかけるが、「今は聞いていただけないでしょう」とクールな良殿。



このあと盧綰は劉邦の部屋に入り、張良は「早く休め」と言われて屋外の闇にとどまる。
ここの距離感がけっこう好き。張良はいつまでも「よそもの」なんだなーと思えて。



盧綰は嫉妬深くて嘘つきで欠点も多いけど、可愛いところもある。




蕭何が来ました。めちゃくちゃ怒られる劉邦。



盗み聞きしてる良殿。



張良に見られてるのに気づく劉邦。すごく冷たい目をしてるところが素敵な良殿。
次の瞬間には張良の姿は消えている。
何この思わせぶりな演出・・・




やっとやる気出ました



可愛い・・・



劉邦の周囲は王座に着くことを望んでいます。
弟兄たちに「即位式を待っててくれたんだろ?」と聞く劉邦。
みんなが笑顔で「そうです」と答えると、「即位式はできないよ」


良殿もびっくり


上目づかいも可愛いな


突然これまでの総括を始める劉邦。ひとり総集編。


一番バッターは良殿


鴻門宴の回想



虚名ではなく実を取ろうという結論らしい



いやーすごい迫力でした。そして領導のお話は長かった。




(おまけ 趙高様劇場)

朝のコーヒータイムを楽しむ趙高様


フーみんが「火焼屁股」したように駆け込んでくる
フーみんの屁股はとっくに皮も中身も焼けちゃったらしい(何その比喩)


フーみんは字を知らないので趙高様に代筆をお願いに来たみたい


趙高様可愛いな~



(おまけ2)

参謀長~


深刻そうな顔して何かと思ったら旅長が他の兵士ばっかりえこひいきするので文句つけにきた参謀長


えこひいきは自分でも分かってるのでとっさに言い返せない旅長


上司の権威をふりかざしてみる


殿に言いつけちゃうもんね~


勝手にどうぞ!



《そげきしゅ》は零死角に面白い


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 16日 |
<12月の振り返り>

■English Grammar in Use
案の定最後の練習問題だけで1ヶ月終わってしまった。
進まない理由は量が多いせいもあるのですが、あまりに間違えるのでやる気になれない。
巻末の練習問題ってテキストでやったことばかり出るはずなのに半分くらいしか正解しません。
時制にいたってはほぼ全滅。本文ちゃんと読んだのか自分に問いただしたくなります。


■NHKラジオ レベルアップ 中国語 2013年10月~12月
かっこいい中国語  講師 呉 志剛

12月に入って大混乱。
もう一度録音聞きなおします。


■「攻略!英語リスニング」
「マリー・セレスト号」が簡単だったので今月は楽勝と思ったらナポレオン・ボナパルトに完敗。
話題がバラエティに富んでいて飽きない。


■音読
《雪》 魯迅
《浪漫的霊魂》 馮驥才
《紫藤蘿瀑布》 宗璞

《浪漫的霊魂》はベートーベンの霊魂が森の小道を散歩してる人に憑依してロマンチックが止まらないという話(かも知れない)。
音読の出来はすごく不満。ちっとも上達してない。


■《播音主持与才芸表演階梯訓練教材》中学生篇
早口言葉がぜんぜんできない。
毎日「八百標兵」と「哥挎瓜筐」を唱えてる。アナウンサーに転身するのか俺?


・・・年末は勉強に向いてないですね


<1月の学習方針>

■Essential Grammar in Use
本当はAdvanced Grammar in Useに進みたかったのですが、English Grammar in Useの出来があまりにひどいので入門篇に戻ることにしました。
中学生からやり直します。


■「攻略!英語リスニング」
ひき続き聞きます。


■音読
《海市》《荷塘月色》の予定


■《播音主持与才芸表演階梯訓練教材》中学生篇
今月で終わらせたい。まだ青年篇が残ってるし。


■NHKラジオ レベルアップ 中国語
1月はSFですって。
テキストの紹介によると最近の中国SF界には「グレッグ・イーガンや伊藤計劃にも負けない作品」が出てきてるらしいですわ。楽しみですね。


こんなちょっぴりの学習時間から始める新たな年。
天天向上しますように(神頼み)


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 01月 13日 |
また一瞬だけ回帰




Sherlock Series 3 His Last Vow(《神探夏洛克 第三季》 第三集: 最後誓言)を中国の同歩跟播で見ました。

前2集のドメスティック・コメディが突然の急降下。
何度もえええええ~っ?のどんでん返しの末にシャーロックの最後の決めセリフ・・・やられました。


中文字幕で見るとフローティングテキストが面白い。
第1集で出てきた“liar”ってそういうことだったのね。※
伏線が細かく張ってあって見ごたえのあるシリーズでした。







夏洛特Charlotteって名前はどうかな。




※第1集の中文テキストどうなってたんだろうともう一度見たら、中国版には“gardian”“lib”とかが浮かんでない。英国版にしかないサービスなのかな?(中国版と英国版と両方見てるので)
中国の視聴者はあのときシャーロックが何を推理してたのか分からないままなのか・・・もったいない。


同じ場面の英国版




ではまたしばらくお休みします。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]