<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 09月 22日 |
時節柄、しばらくのあいだ語学ネタのみをアップしています。
ドラマや映画の記事を読みに来てくださる方はお手数ですが「こっけいせつ」以降にまたお越しください。

ゴタゴタの早期収束を祈っています。

++++++++++++++++++++++++++++



《外国人实用汉语语法(修订本)(中英文对照)》
李德津, 程美珍


外国人学習者向けに書かれた文法書。英訳つき。
分かりやすく全体を網羅している良い本です。中級レベルの学習者なら十分読みこなせると思います。


日本の文法書とは章立てや切り口が違うところがあって面白い。
ずっと悩んでいた“在”の要不要について意外な説明があったので引用しておきます。

説明があったのは“在”(介詞)の項目ではなくて、「方位詞」(名詞)の項目でした。
まず「方位詞」の説明は


(三)关于方位词

1.方位词是表示方向或位置的名词。方位词有单音节的、双音节的两种。举例如下:

《外国人实用汉语语法》
p.20
第二章 此类
第一节 名词
四.使用名词时需要注意的几个问题



例は表になってます。挙げられているのはこんなの

单音节
上、下、前、后、左、右、里、外、中、内、间、旁、东、南、西、北

双音节
上边、上面、以上、之上、上下......




2.方位词的用途
单音节方位词很少单独使用.双音节的方位和一般名词用法基本相同,但除了能做主语、宾语和定语外,还可以做状语。例如:
您里边坐。
我们外边谈。

3.注意事项:

(1)单音方位词“里”、“上”常单独用在名词后边。例如:
屋子里 院子里 楼里
桌子上 书架上 树上

(2)“里(边)”的用法:
当我们要表示“在......里边”的意思时,要注意“里(边)”的使用方法。

①地理名词后边不用“里(边)”。例如:



ここで挙げられているのはこんな例文

◯我在北京。
×我在北京里(边)。

“北京里(边)”が間違いなのは「地名の後ろに“里(边)”は使えない」からなんですね。


②表示物件的名词后边需要“里(边)”。例如:



ここで挙げられているのはこんな例文

◯书在抽屉里。
×书在抽屉。

これはけっこう日本人が間違えてしまうところではないでしょうか(私はいまだに間違える)。
「北京」には“里(边)”はつけられないけど、「引き出し」には必ず“里(边)”が必要なんですよね。


“在”の要不要について書いてあるのはこのあと


(3)方位词可以直接做句子成分,做主语或状语时前边都不用介词“在”。例如:

里面有一架钢琴。
旁边是我的卧室。

“您里边坐”是“请您到里边坐”的意思。不说“您在里边坐”



そういう理屈だったのか・・・と目からウロコでした。
「方位詞が主語または状語のとき、前に介詞“在”はつけない」
シンプルで分かりやすい説明です。“在”から考えるのではなくて、方位詞から考えれば良かったんですね。

◯里面有一架钢琴。(方位詞が主語)
×在里面有一架钢琴。

◯旁边是我的卧室。(方位詞が主語)
×在旁边是我的卧室。

◯您里边坐。(方位詞が状語)
×您在里边坐。



ちょっと混乱したのはこの後。
状語の解説に「状語になれる詞と詞組」という項目がありました。



(二)介词结构。介词结构的主要作用是做状语。

(三)名词(时间词、方位词)

我们外边散散步吧。
你里边坐一会儿。

《外国人实用汉语语法》
p.263
第四章 句子成分
第五节 状语
三.可以充当状语的词和词组



方位詞が状語のとき前に“在”が不要なのは、さっきの説明と合致していますね。
でもこの後、また分からなくなってしまったのです。



(十二)方位词组

我们花园里走走。
你们屋里谈吧。
我两点以前在公园门口等你。



どうして最後の例文は“在公园门口”と“在”があるんだろう?
どうしてどうして?としばらく悩みました。

だいぶ考えたやっと気づいたのですが、この例文の方位詞組は“两点以前”なのですね。(“以前”が方位詞)。

じゃあ“在公园门口”は何かというと、これは「介詞結構」。
“公園門口”は方位詞ではなくて普通の名詞なんですね。

方位詞ではない普通の名詞は“在”を使って「介詞結構」にしてあげないと状语として使えないのです。



「介詞結構」の説明を読むとこうありました。



一.介词结构的定义
介词带着宾语结构的词组叫介词结构。介词结构可以表示动作的方向、处所、时间、对象、目的、原因、方式、被动、比较、处置、排除等等。

三.介词结构的用途
(一)做状语。
介词结构的主要作用是在句子里充当状语。

例如:

你们在北京大学学习。


《外国人实用汉语语法》
p.213
第三章 词组
第十节 介词结构




今回学んだことをまとめると

1.方位詞が主語または状語のとき、前に介詞“在”はつけない
2.“在”を使った介詞結構が状語のとき、前に介詞“在”をつける

2.は書いてみると当然すぎてアホみたいですが、1.と2.の区別がついてなかったことに気づいて良かった。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 09月 21日 |
時節柄、しばらくのあいだ語学ネタのみをアップしています。
ドラマや映画の記事を読みに来てくださる方はお手数ですが「こっけいせつ」以降にまたお越しください。

ゴタゴタの早期収束を祈っています。

++++++++++++++++++++++++++++


先日(注1)、中国人の友人からこんな質問を受けました。
「どうして日本人は“真的好吃”って言うの?誰も否定してないのに」

何のことかさっぱり分からず何度も聞き返したところ相手の言いたいことは

「日本人と食事に行くと、食べてすぐ“真的好吃”って言うけど、どうして?
自分はまずいとか否定的なことは言ってないのにどうしてそんなにムキになって美味しいって強調するの?
普通は

A:好吃(美味しい)
B:不好吃(美味しくないよ)
A:真的, 真的好吃!(本当だよ、本当に美味しいよ!)

って流れでしょ?
あと最初から“真的漂亮!”って言うのも理解できない。誰も否定してないのに・・・」

ということのようでした。

最初から“真的好吃”、“真的漂亮”と言うのはルール違反なのか???と辞書を引いてみたのでその結果をメモしておきます。


「中国語文法用例辞典」(東方書店)の“真”の項目にはこうあります。



【形容詞】
(1)本当だ
a.ふつう“的”を付けないで名詞を修飾する。
c.動詞・形容詞を修飾するときは、ふつう“的”を付ける。
我真的不想走,不骗你。
事情真的很顺利。

【副詞】
まったく、確かに:認定を強調する
真不错。
这个工厂真大。



これだけ見ても“真的”と“真”の違いはよく分からないのですが、友人の意見では“真的”を使うと強調になってしまうようです。
日本人は形容詞の“真”(+的)と副詞の“真”をごっちゃにしていて、副詞で形容詞を修飾すべきところを形容詞で形容詞を修飾してしまってるのではないだろうか・・・と思いました。

しかし、そのあと白水社の中国語辞典を引くとこんな記載があってますます混乱します。


真的
【副詞】
1.(「確かにそうである」という話し手の確認の気持ちを示し)本当に、実に、全く≒真、真是
◆“很”は客観的程度の高いことを述べるのに対して“真的”は確認の気持ちを示し、両者を共に用いる場合は“真的”が先に現れる。
要是他们真的来怎么办?
糟糕,真的迷失方向了。
事情真的很顺利。


“真的”って副詞なの?
他の辞書には“真的”が載っていないので品詞が確認できません・・・
(一冊だけ載ってたけどこれも副詞になってた)


ついでに「漢典」の説明は

真的 
确实;可靠。《三国志·魏志·崔林传》:“餘国各遣子来朝,閒使连属, 林 恐所遣或非真的,权取疏属贾胡,因通使命,利得印綬。” 宋 刘宰 《鸦去鹊来篇》诗:“且应除豁见真的,孰恃强梁敢逋负?” 清 宋学法 《张文忠公遗事》:“乃面奏主上,委曲开导,务求真的,乃可正法。”


《魏志》では私の疑問は解決しないのだが・・・


間違ってしまう理由は副詞の使い分けが出来ていないせいでしょうね。
日本語の「本当に美味しい」をそのまま直訳して本当に=“真的”にしてしまうのでしょう。でも日本語の「本当に」は「嘘ではない、真実である」という厳粛な意味ではなく、単に「すっごく」のことですよね。そもそも母語である日本語の把握が甘いのも理由かも知れませんね。



“真”にはこれまでも苦しめられてしましたが、日常会話で質問されるとは・・・意外な伏兵でした。
苦手な語法には必ずどこかで会ってしまうのでしょうか。


苦しんだ過去記事
“真”的!
“写俳句是真难的事情”はヘン? (まいにち中国語応用編 第14課)


副詞の強調程度で迷ったら“很”を使っておくのが無難なのか?というのが結論です。




(注1)
にっちゅう関係が平和だった時代の話です

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 09月 19日 |
時節柄、しばらくのあいだ語学ネタのみをアップしています。
ドラマや映画の記事を読みに来てくださる方はお手数ですが「こっけいせつ」以降にまたお越しください。

ゴタゴタの早期収束を祈っています。

++++++++++++++++++++++++++++

《新漢語水平考試 精講精練》をやって気になってたことがあります。
《新漢語水平考試 精講精練》6 まちがいさがし


6.
×按照自己或者集团的意见,从自身利益出发决定一个人的生命是真危险的
○按照自己或者集团的意见,从自身利益出发决定一个人的生命是很危险的

→程度补语“真”加上形容词不能用于“是...的”句,故可改为“是很危险的”。

《新漢語水平考試 精講精練》
北京語言大学


どうして程度補語の“真”は“是...的”句に使えないのかな・・・
辞書の“真”を見ても文法上の制限は書いて有りませんでした。


「中国語わかる文法」 の副詞のところにはこうありました。


更上一層楼

程度副詞については朱德熙が《语法讲义》において(略)感嘆文を構成する“真、好、多”などの程度副詞は、例えば“真漂亮!”(ほんとうにきれいだ)のような感嘆文を埋め込んで、ד我觉得这件衣服真漂亮”とはいえないし、ד买了一件真漂亮的衣服”ともいえないが、これらの程度副詞を“很、挺、非常”などに変えれば成立する、として、程度副詞間の機能の差異から分類し得ることを示唆している。

195 程度副詞 p298
「中国語わかる文法」
輿水 優, 島田 亜実 (著) 大修館書店


今度中国へ行ったら《语法讲义》を探そう(と毎回決意していって書名を忘れる)

程度副詞にも
真、好、多
很、挺、非常
でグループ分けができるってことなんでしょう。
たぶん普通の中国語のテキストには書いてないんじゃないかな。

と思ったら自分の過去記事にこんなのがありました。

“写俳句是真难的事情”はヘン? (まいにち中国語応用編 第14課)


“真” の使い方が間違っています
“真难” だけなら、文法的には問題はありませんが「“真难的”+名詞」のように連体修飾語の中に“真”を使うことはできません。
(「まいにち中国語」 2010年5月号テキスト)

“真” は話者の気持ち・態度を表す副詞、また「感嘆文」を作る副詞であるため、日本語では「本当に~だ」と言う場合でも、普通の説明描写文・話者が話す内容を直接知らない場合・連用修飾語や連体修飾語の中では“真”を使うことができません。それらの場合は“很”、“非常”などの副詞を使います。
(ゴガクルサイトの説明)




この時の「まいにち中国語」がさっっぱり理解できなかった記憶があります。
陳淑梅老師はたぶんとても重要なことを伝えようとしてくださってたのでしょう。しかし受け手が未熟すぎて2年後の今でも理解できない。


程度副詞については更に学習します(決意)

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 09月 18日 |
張愛玲音読マラソン今日で終わりです。
唐詩マラソンのときは辞書引かなかった(引いてもどうせ使わない漢字ばかりだから)のですが、今回は100%自信のある漢字以外はすべて引いたので、辞書引いてる時間のほうが長く、音読の回数が少なくなってしまったのが残念。

それでも「朗読している内容が理解できている」と朗読してても楽しいものですね。
唐詩のときは何を読んでるのかさっぱり理解できなくて辛かった(←教材の選択を間違っている)


“披霞 pīxiá”が辞書に載ってないのですが、現代中国人にも謎の物体らしく
湖南日報のサイトに披霞追踪という記事がありました。
文中に“电气石,又名碧玺、披耶西、披霞……”とあるので、电气石で検索するとTourmalineのようです。
この散文中の“披霞 pīxiá”はピンクトルマリンだったのでしょうか。

「姑姑」は父の姉妹。
小説《小團圓》では主人公は小さいころに実父(次男)の兄(長男)の養女になったという設定らしく(よく分からなかった)、実の父親のことを「二叔(二叔父さん)」、母親のことを「二嬸(二叔父さんの奥さん)」、「姑姑」のことを「三姑」と呼んでて、読んでて大混乱しました。家族構成が複雑すぎる。


■撇清 piēqīng 掩饰自己与坏事的关系,表示自己清白;辩白;分清
■冲淡 chōngdàn 谦虚淡泊
■唠叨(嘮叨)láodao 闲聊或漫无目的地说个不停
■厌烦(厭煩)yànfán 厌恶;腻烦
■龙钟(龍鐘)lóngzhōng 年老体衰、行动不便的样子。也指潦倒不得志的样子
■清样(清樣)qīngyàng 从最后校改的印刷版上打下来的校样,有时也指最后一次校定、准备付印的校样
■将就 jiāngjiu 对事物不太满意,勉强适应;凑合
■妇女(婦女)fùnǚ 成年女子的统称
■譬如 pìrú 举个例子,打个比方;例如
■挑剔 tiāoti 在细节上过分苛刻指摘
■挑 tiāo 选,拣:~选。~拣。~剔。
■挑 tiǎo 拨弄,引动
■隐(隱)yǐn 藏匿,不显露
■阴(陰)yīn 不露出表面的,暗中的
■名目 míngmù 名称;名义。
■唾珠咳玉 tuò zhū ké yù 言辞高妙优美,形容出言不凡。珠、玉,比喻妙语或美好的诗文。
■喉咙(喉嚨) hóulóng 笼统指咽喉部
■粘附 niánfù 粘性物质附着在别的物体上
■无告(無告)wúgào 孤苦无处投诉。亦指无处投诉的人。
■纳(納)nà 补缀,缝补
■浙沥煞辣 zhè lì shā là
■脆响 cuìxiǎng [声音]∶清脆响亮
■辩驳(辯駁)biànbó 提出理由或根据来反驳对方的意见
■周瘦鹃 zhōushòujuān 现代作家,文学翻译家。原名周国贤。江苏省苏州市人。
■缝(縫)féng 用针线连缀
■缝(縫)fèng 空隙,裂开或自然露出的窄长口子
■复元(復元) fù yuán 复原;恢复健康。
■恹恹(懨懨)yānyān 精神萎靡的样子
■披霞 pīxiá 碧玺又称为电气石,英文名称Tourmaline,是从古僧伽罗(锡兰)语Turmali一词衍生而来的,意思为“混合宝石”。
■冻疮(凍瘡)dòngchuāng 又名冻风。冷风严寒伤及皮肉,气血凝滞而成。多发于手足、耳廓等处
■肿(腫)zhǒng 皮肉浮胀
■衬(襯)chèn 搭配上别的东西:~托。陪~。映~。
■脏 (髒) zāng 玷污,不干净或不纯洁
■脏 (臟) zàng 内脏;五脏六腑
■宕 dàng 放荡,不受拘束
■扇坠(扇墜)shànzhuì 扇柄下端系的装饰物,多用玉石等制成



《姑姑语录》

我姑姑说话有一种清平的机智见识,我告诉她有点像周作人他们的。她照例说她不懂得这些,也不感到兴趣——因为她不喜欢文人,所以处处需要撇清。可是有一次她也这样说了:“我简直一天到晚的发出冲淡之气来!”
有一天夜里非常的寒冷。急急地要往床里钻的时候,她说:“视睡如归。”写下来可以成为一首小诗:“冬之夜,视睡如归。”
洗头发,那一次不知怎么的头发狠脏很脏了,水墨黑。她说:“好像头发掉颜色似的。”
她有过一个年老唠叨的朋友,现在不大来往了。她说:“生命太短了,费那么些时间和这样的人在一起是太可惜——可是,和她在一起,又使人觉得生命太长了。”
起初我当做她是说:因为厌烦的缘故,仿佛时间过得奇慢。后来发现她是另外一个意思:一个人老了,可以变得那么的龙钟糊涂,看了那样子,不由得觉得生命太长了。
她读了苏青和我对谈的记录, (一切书报杂志,都要我押着她看的。她一来就声称“看不进去”。我的小说,因为亲戚份上,她倒是很忠实地篇篇过目,虽然嫌它太不愉快。原稿她绝对拒绝看,清样还可以将就。)
关于职业妇女,她也有许多意见。她觉得一般人都把职业妇女分开作为一种特别的类型,其实不必。职业上的成败,全看一个人的为人态度,与家庭生活里没有什么不同。普通的妇女职业,都不是什么专门技术的性质,不过是在写字间里做人罢了。在家里有本领的,如同王熙风,出来了一定是个了不起的经理人才。将来她也许要写本书关于女人就职的秘诀,譬如说开始的时候应当怎样地“有冲头”,对于自己怎样地“隐恶扬善”……然而后来她又说:“不用劝我写了,我做文人是不行的。在公事房里专管打电报,养成了一种电报作风,只会一昧的省宇,拿起稿费来太不上算了!”
她找起事来,挑剔得非常厉害,因为:“如果是个男人,必须养家活口的,有时候就没有选择的余地,怎么苦也得干,说起来是他的责任,还有个名目。像我这样没有家累的,做着个不称心的事,愁眉苦脸赚了钱来,愁眉苦脸活下去,却是为什么呢?”

从前有一个时期她在无线电台上报告新闻,诵读社论,每天工作半小时。她感慨地说:“我每天说半个钟头没意思的话,可以拿好几万的薪水;我一天到晚说着有意思的话,却拿不到一个钱。”
她批评一个胆小的人吃吃艾艾的演说:“人家唾珠咳玉,他是珠玉卡住了喉咙了。”

她说:“爱德华七世路”(爱多亚路)我弄错了当做是“爱德华八世路,爱德华八世还没来得及成马路呢。”

她对于我们张家的人没有多少好感——对我比较好些,但也是因为我自动地粘附上来,拿我无可奈何的缘故。就这样她也常常抱怨:“和你住在一起,使人变得非常唠叨(因为需要嘀嘀咕咕)而且自大(因为对方太低能)。”
有一次她说到我弟弟很可怜地站在她眼前:“一双大眼睛吧达吧达望着我。”“吧达吧达”四个字用得真是好,表现一个无告的男孩子沉重而潮湿地(目夹)着眼。
她说她自己:“我是文武双全,文能够写信,武能够纳鞋底。”我在香港读书的时候顶喜欢收到她的信,淑女化的蓝色字细细写在极薄的粉红拷贝纸上,(是她办公室里省下来的,用过的部分裁了去,所以一页页大小不等,读起来浙沥煞辣作脆响。)信里有一种无聊的情趣,总像是春夏的晴天。语气很平淡,可是用上许多惊叹号,几乎全用惊叹号来做标点,十年前是有那么一派的时髦文章的吧?还有,她老是写着〔犬字偏的〕“狠好”,“狠高兴”,我同她辩驳过,她不承认她这里应当用〔双人偏的〕“很”字。
后来我问她:“那么,‘凶狠’的‘狠’字,姑姑怎么写呢?”她也写作“狠”。我说:“那么那一个‘很’字要它做什么呢?姑姑不能否认,是有这么一个字的。”她想想,也有理。我又说:“现在没有人写‘狠好’了。一这样写,马上把自己归入了周瘦鹃他们那一代。”她果然从此改了。
她今年过了年之后,运气一直不怎么好。越是诸事不顺心,反倒胖了起来。她写信给一个朋友说:“近来就是闷吃闷睡闷长。……好容易决定做条裤子,前天裁了一只腿,昨天又裁了一只腿,今天早上缝了一条缝,现在想去缝第二条缝。这条裤子总有成功的一日吧?”
去年她生过病,病后久久没有复元。她带一点嘲笑,说道:“又是这样的恹恹的天气,又这样的虚弱,一个人整个地像一首词了!”

她手里卖掉过许多珠宝,只有一块淡红的披霞,还留到现在,因为欠好的缘故。战前拿去估价,店里出她十块钱,她没有卖。每隔些时,她总把它拿出来看看,这里比比,那里比比,总想把它派点用场,结果又还是收了起来。青绿丝线穿着的一块宝石,冻疮肿到一个程度就有那样的淡紫红的半透明。襟上桂着做个装饰品吧,衬着什么底子都不好看。放在同样的颜色上,倒是不错,可是看不见,等于没有了。放在白的上,那比较出色了,可是白的也显得脏相了。还是放在黑缎子上面顶相宜——可是为那黑色衣服的本身着想,不放,又还要更好些。
除非把它悬空宕着,做个扇坠什么的。然而它只有一面是光滑的,反面就不中看;上头的一个洞,位置又不对,在宝石的正中。
姑姑叹了口气,说:“看着这块披霞,使人觉得生命没有意义。”



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 09月 15日 |
《認知與漢語語法研究》

《现代汉语八百词》在比较“过”和“了”时指出,“V了”总是和“现在”相联系,“V过”不一定和“现在”相联系


とあって、どこにそんなこと書いてあるんだろうと気になりました。

《现代汉语八百词》がいま手元にないので日本語版の「中国語文法用例辞典」で“过”を見ると「“过”と“了”の意味上の相違」のところに記載がありました。



(a)“(動)+过”は過去の経験を表すので、必ず過去という時間と関連を持つ。“(動)+了”は完了を表し、必ずしも過去との関連はない。過去に用いてもよいし、現在・未来に用いてもよい。

去年我们游览过长城(去年長城に遊びに行ったことがある:すでに経験したことを表し、過去に属する)
昨天我们游览了长城(昨日、長城に遊びに行った:完了を表し、過去について言う)
我们已经游览了长城(すでに長城を見終わった:完了を表し、現在について言う)
明天的计划是游览了长城再去参观水库(あすの予定はまず長城に行き、それからダムを見学する:完了を表し、未来について言う)


(b)“(動)+过”で表す動作は現在まで持続しない。“(動)+了”の表す動作は現在まで持続することもありうる。

这本小说我只看过一半(この小説を半分だけ読んだことがある:今は読んでいない)
这本小说我看了一半了(この小説を半分読んだ:現在まだ読んでいる)


(c)“(動)+了”は一定の結果をともなうことを表す。“(動)+过”は必ずしもそうではない。

他学了英语(彼は英語を学んだ:マスターした意味が含まれる)
他学过英语(彼は英語を学んだことがある:マスターした可能性も、マスターしていない可能性もある)

「中国語文法用例辞典」(東方書店)




必ずしも「“V了”总是和“现在”相联系」というわけではないようですが・・・

ついでに「中国語文法用例辞典」の“了”の項目(6ページもある)を読んで復習しました。
“了”は何度勉強してもちっとも身につかない。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 09月 13日 |
d0127061_10552637.png

《认知与汉语语法研究》
沈家煊 (商务印书馆 2006年12月1日)



たぶんとても有意義な本だと思うのですが文章が難しすぎて理解できない。
もっとアホにも分かるように書いても何も失うものはないと思うのですが・・・

しょっぱなから「“有界”与“无界”」という無間道のような副題の章でビビります。
ここでは数量詞なしでは成立しない文章について述べられていて、文章が難しくて理解できないものの例文がとても面白い。


(6)表示动态行为的处所主语句“主[处所]+动词+着+宾”,其宾语成分排斥数量词。例如,“山上正在架炮”的动态行为(而不是“山上有炮”的静态存在),那么“炮”不能带数量词。

×山上架着两门炮
山上架着炮

其实不仅是处所主语句,表示动态行为的“动词+着”后面的宾语一般都不能带数量词,例如;

×他正吃着三碗饭
他正吃着饭


《认知与汉语语法研究》
“有界”与“无界”




×=不能成立
(×)=不自由的

それでアホなりに考えてたんですけど、大砲の例文は日本語だと

山に二門の大砲を備え付けているところだ
山に大砲を備え付けているところだ

どっちでも成立すると思うんです。でもご飯を食べるほうは数量詞が入ると変かも。

×彼はちょうど三杯の飯を食っているところだ
彼はちょうど飯を食っているところだ


このあと“有定と無定”なんてますます分からない言葉が出てきて難しいのですが、例文を見てて感じたのが、中国語では成立しない文章も日本語だと成立するんですね。たぶん空間や時間の把握方法が日本人と中国人では違うんでしょうね。


本文的目的不在罗列更多的事实,而是想对上述现象和奇特有关现象作出统一的解释。有一种可能的解释,某些句法组合非有数量词不能成立或不自由,那是所有名词性成分“有定”、“无定”的制约。例如;

×倒缸里水 / 倒缸里一桶水 / 把水倒缸里

(×)送学校油画 / 送学校一幅油画 / 把油画送学校

(×)吃了苹果 / 吃了一个苹果 / 把苹果吃了

左列中充当宾语的光杆普通名词“水”、“油画”、“苹果”是有定的还是屋顶的并明确,前面加了数量词才明确为无定的。如果这些成分是有定的,则应用右列的“把”字句来表达。

用有定和无定来解释数量词对句法结构的制约会遇到一些困难。动词后宾语大多是无定的,但也可以是有定的。首先,有些不用数量词不能成立或不自由的句法组合,如果把动词后的宾语换成明确的有定成分反倒变成成立或自由的了,例如;

(×)前面走来老太太 / 前面走来张太太

(×)他吃了苹果 / 他吃了那个烂苹果

(×)我一口气读完小说 / 我一口气读完那篇意识流小说


《认知与汉语语法研究》
“有界”与“无界”



ここの例文も日本語だと

瓶の中の水を空ける
学校に油絵を送る
リンゴを食べる

前からお婆さんが歩いてきた
彼はリンゴを食べた
私は一気に小説を読み終えた

どれも数量詞なしで問題なく成立すると思う。
私には「前から一人のお婆さんが歩いてきた」「リンゴを一つ食べた」のほうが不自然に感じられます。

ここが日本人が中国語を学習するときにいつまでも間違える箇所(私だけ?)じゃないかと。
空間の把握はたぶん身体感覚ともつながっているので、文法を勉強したって簡単に身につくものではないのでしょう。


どの章も有意義なのですが(理解できないが)、「如何处置“处置式”?」は“把”は処置を表しているのか?を追求していて面白い。言われてみれば処置じゃない文も多いですよね。


现在许多人认为把字句是对处置义加以强调,但什么算强调,哪些情形需要强调,不明确也不好掌握,对学汉语的外国学生来更是这样。


如何处置“处置式”?
《认知与汉语语法研究》



外国学生って私のことか(笑

この章で“了”は現在と関連しているという部分があってヒザを叩きました。日本人はつい“了”=過去形と感じてしまいますが、そうじゃないんですね。


我们的解释是,用“V了”比“V过”的主观性强。《现代汉语八百词》在比较“过”和“了”时指出,“V了”总是和“现在”相联系,“V过”不一定和“现在”相联系:

(21)
这本书我只看过一半。(现在不在看)
这本书我看了一半了。(现在还在看)

(22)
学过英语。(现在不一定会英语)
学了英语。(含有现在会英语的意思)

因此“V过”只是客观的报道曾经发生一个事件(我吃过野菜),用了完成体的“了”,在叙述一个过去时间的同时还表示出说话人的视角:说话人从“现在”(即说这句话的时刻)出发来看待这个时间,把它跟“现在”联系起来,比如说,因为吃了野菜,现在肚子不舒服,正因为如此,“我吃了野菜”给人以话还没有说完的感觉。“V了”后面可以用状态形容词作补语(加“个”),“V过”不行,这也证明“V了”的主观性比“V过”强:

(23)
偷了个精光 / ×偷过个精光
打了个落花流水 / ×打过个落花流水


如何处置“处置式”?
《认知与汉语语法研究》



「因为吃了野菜,现在肚子不舒服,正因为如此,“我吃了野菜”给人以话还没有说完的感觉。」の部分ではっとしました。
「文章が完結していない感じがする」というのはどんな文法解説書の「了」の説明にも書いてありますが、これまで全然意味が分からなかった。この本でやっと少し掴めた気がします。


と言いつつもやっぱり日本人には

A:我吃过野菜(私は山菜を食べた〔ことがある〕)
B:我吃了野菜(私は山菜を食べた)

どっちも同じに思えるし、「了」のほうは文章が終わってない感じって言われてもアタシ終わってる感じするし~って思えますよね。
どうやったらネイティブの感覚が分かるようになるのかな・・・



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 09月 11日 |
電源プラグが“插座”か“插頭”か思い出せなくていざという時使えません。
“撲落”pūluòと音訳のままにしておいてくれれば良かったのに・・・

といいながら日本語の時は“插座”も“插頭”も、どっちも「コンセント」で済ませてるんですが。


■绕(繞)rào 走弯曲迂回的路
■扑落(撲落)pūluò 英语plug的音译。电器插座。
■啬刻(嗇刻)sèkè 吝啬;刻薄
■丝毫 (絲毫)sīháo 比喻数量极小或很小;一点点
■叠(疊) dié 重复,累积
■钞票(鈔票)chāopiào 纸制货币
■塞 sāi 堵
■瞠目 chēngmù 张大眼睛直视,形容受窘、惊恐的样子
■一溜烟(一溜煙)yīliùyān 形容跑得很快
■懊悔 àohuǐ 因过错而自恨



《家主》

有一次我把一只鞋盒子拖出来,丢在房间的中央,久久没有去收它。阿妈和她的干妹妹,来帮忙的,两人捧了湿衣服到阳台上去晒,穿梭来往,走过那鞋盒,总是很当心地从旁边绕过,从来没踢到它,也没把它拿走,仿佛它天生应当在那里的,我坐在书桌前面,回过头来看到这情形,就想着:这大约就是身为一家之主的感觉吧?可是我在家里向来是服低做小惯了的,那样的权威倒也不羡慕。佣人、手艺人,他们所做的事我不在行的,所以我在他们之前特别地听话。常常阿妈临走的时候关照我:"爱玲小姐,电炉上还有一壶水,开了要灌到热水瓶里,冰箱上的扑落你把它插上。"我的一声"噢!"答应得非常响亮。对裁缝也是这样,只要他扁着嘴酸酸地一笑,我马上觉得我的衣料少买了一尺。有些太太们,虽然也啬刻,逢到给小帐的时候却是很高兴的,这使他们觉得她们到处是主人。我在必需给的场合自然也给,而且一点也不敢少,可是心里总是不大情愿,没有丝毫快感。上次为了印书,叫了部卡车把纸运了来。姑姑问我:"钱预备好了没有?"我把一叠钞票向她手里一塞,说:"姑姑给他们,好么?"
"为什么?"
"我害怕。"
她瞠目望着我,说:"你这个人!"然而我已经一溜烟躲开了。
后来她告诉我:"你损失很大呢,没看见刚才那一幕。那些人眉花眼笑谢了又谢。"但我也不懊悔。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 09月 10日 |
《聴風者》を見てきました


原作は麦家の《暗算》。
風声》《在刀尖上行走》の作者です。
今回は国共内戦が舞台で、悪のリーベン人は登場しないため安心して鑑賞できる予定。


大ヒット中で映画館も《聴風者》一色。





映像も室内美術もとても美しく、視覚的には大満足です。
前半はアクションが多かったのに後半は暗号を解く場面が続いて、やや平坦な展開なのが残念。

中国映画なので当然ですが、最後はゴンチャン党の勝利で終わります。
悲壮な音楽と映像の中で党と祖国のために殉死した戦士たちを賛美するクライマックスを迎えます・・・が、まったくついて行けません(日本人だから当たり前ですね)

むしろ追い詰められていく国民党のスパイたちが可哀相で、そっちに感情移入してました。


これは大陸以外で上映されるのかな?
台湾やアメリカで大ヒットするとは思えないのですが、マーケットの対象は中国だけで十分ってことなのでしょうか。

トニーもついにゴンチャン党万歳映画の主役か・・・とちょっと沈んだ気持ちで映画館を出ました。
映画自体は悪い出来ではなかったので、日本でも公開してもらいたいのですが、あのラストでは難しいかも。



映画館でくれたフリーペーパー。
トニー・レオンのインタビューが載ってます。






スキャンしときました

表紙

中身


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2012年 09月 09日 |
于和偉主演のドラマ
宿の近くに果物屋がありまして、店番の兄ちゃんが水果と一緒にダンボールに入れたDVDを売ってたんですね。
そこで買ったDVDです。路上版です。

数日後、また買おうと寄ってみたら、水果と兄ちゃんはいたがDVDのダンボールがない。
どうしたのかと思ったら通りがかりの女の人が
「DVD売らないの?」
と聞いてました(この人も熟客だったらしい)
兄ちゃんは
「不売了(売らなくなった)」
と無奈な表情で答えてました。この“了”は変化の“了”ですね。
たぶん当局の手入れか何かあったんでしょう。中国では刻一刻と状況が変わるので要注意です。

以下とてもネタバレしています


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

主役は于和偉演じる唐季山。

北大荒(黒竜江省あたりらしい)の狩人の息子・唐季山は狩りの途中父を失い(殺人犯は野生のヒョウだった・・・中国にいるのか?)、母の女手一つで育てられ、大学に入る。
そこでやんちゃな袁衛東(劉向京)、潘瑞民(胡健)と義兄弟の関係を結ぶ。

二弟・袁衛東役の劉向京《青盲》で漢文スパイを演じてた人ですね。
袁衛東は他人を陥れるのが好きで、ケチな泥棒です。どうして英雄気質の唐季山が義兄弟の契りを結んだのかよく分からないのですが、袁衛東の自分勝手な性格と唐季山に対するコンプレックスが後のドラマの展開に大きく影響をあたえるのです。伏線がうまい脚本だと思いました。


最初のころの于和偉がダsとかを超えている形象で、もしかしてすごく古いドラマなのか?と不安になりました。





父親に殴られた袁衛東の手当をしてやる唐季山のママ。
泣きながら麺を食べる劉向京がけっこうカワイイ。




潘瑞民の結婚式で酔っ払う唐季山。同じく酔っ払った潘瑞民の妹に愛を告白される。
でも袁衛東も彼女に片思いしているのです。唐季山にライバル意識を燃やす袁衛東。

このドラマのいちばんの長所は于和偉が酔っ払う場面が何度もあるところです。監督は于和偉の見せ方をよくわかっていますね。

(百一回目のプロポーズではありません)



大学卒業後は南方へ行って発展しようというので、シンセンかどっかでそれぞれ仕事をはじめます。
唐季山はソ連の女の子と仲良くなったりして青春を謳歌してました。とにかくモテる役だった。

直接的すぎるアタック




第13集から突然話が急展開。

3人は共同で商売(輸入関係らしい)を始めるのですが、袁衛東が独走して、経営は綱渡り状態に。
袁衛東は資金調達のために唐季山の名義で契約書を偽造(サインも偽造)。
秘密を知った潘瑞民は袁衛東に殺されかけ、植物人間になってしまいます。

唐季山は詐欺罪で逮捕されます。
袁衛東が罪をすべて意識不明の潘瑞民にかぶせたので、唐季山は潘瑞民をかばうために罪を認め、監獄行きに。


どこまでも袁衛東と潘瑞民を信じている唐季山


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


百度百科のコピペ
男人的战争


角色・・・演员
唐季山・・・于和伟
袁卫东・・・刘向京
潘之芸・・・岳跃
杨白羽・・・应采儿
唐母・・・沈丹萍
潘瑞民・・・胡健
李锦昆・・・方子哥


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]