<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
|
2011年 09月 29日 |
「フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略」
クリス・アンダーソン(日本放送出版協会)

いまの「無料」が昔の「無料」とどう違うのかすごく勉強になる本です。
中国のコピー商品についてこんな記載がありました。


不正コピーは事実上、中国のすべての産業に及んでいる。それにはこの国の発展状況や法制度も関係しているし、さらに儒教では、他人の作品をまねることは敬意の表明であり、教育の基本になるという知的財産に対する考え方がある(アメリカで学ぶ中国人留学生に模倣の何が悪いのかを説明するのに苦労することは多い。師のまねをすることは、中国では学ぶことの中心にあるからだ)。



そういう考え方もありか(笑

中国で最近感じるのは、もはやドラマの制作費をDVDの販売で回収しようとしてないんだろうなってことです。
テレビ放送とほぼ同時に公式サイトでダウンロードできるようになってるし、著作権をクリアした動画のみアップ(と謳っている)動画サイトも出て来ました。

人手と資金を使ってDVDを製作して販売してもすぐニセモノが出回ってしまうので、いっそネットで無料公開して広告収入を得るほうが取りはぐれがないという考え方なんでしょうか。

こういう割り切り方は中国らしいと思います。
日本だといろいろ反論が出て踏み切れなさそう。

いつもありがとうございます

[PR]
2011年 09月 26日 |
13~15話は霍青老師不登場のため省略。(行動が分かりやすい私)


国民党特務の処長はどうやらゴンチャン党員を逃がしてしまったみたいです。
ものすごい勢いで怒る川島君。
d0127061_1345266.jpg


d0127061_134551.jpg


あ~怖かった。温和な霍叔しか見たことないからびっくりしちゃった。

堅丕(超冷CP)
d0127061_1345943.jpg


d0127061_13451277.jpg




前回エントリー
《刀尖》第1集


いつもありがとうございます

[PR]
2011年 09月 24日 |
もしかして第一話に霍青老師も出てたのでは?とふと思いついて最初に戻ってみました。



冒頭は戦闘シーンの連続で迫力満点。
でも私としては弾薬より振袖の品質に資金を割いて欲しい。(お嬢様たちのキモノが見るからにペラペラなんだもん)

抗リー運動に身を捧げる堅爸と女主役。
しかし上海はリーベン軍の爆撃を受けて仲間たちはちりぢりに。

堅爸
d0127061_132733.jpg



于濱と女主役は大家の坊ちゃん嬢ちゃんなのです。
丕公子初登場
d0127061_1321067.jpg



田舎へ疎開しようとした一家(女性と召使たち)はリーベン軍に誤殺されてしまいます。一人逃げ延びて復讐を誓う女主役。ここで堅爸に助けられてゴンチャン党に加入するらしい。よく分からなかった。

上海の屋敷は国民党軍に襲われ、残っていた男たちも殺されてしまいます。
こんなキャプチャしか取れなかったごめん公子。
d0127061_1321346.jpg



于濱は老爺にとっさに窓から外へ投げ飛ばされて助かった模様。ケガしなかったのかな二階だったけど。
けっこうお金かかったドラマですよね。GXXは資金集めが上手いと思った。

霍叔は1話には登場していないのを確認して終了。切~

前回エントリー
《刀尖》第12集

いつもありがとうございます

[PR]
2011年 09月 15日 |
ここしばらく中国に滞在しても自由時間がほとんどなくて本屋へ行けず、せいぜい空港の免税店でベストセラーを買うしかありませんでした。

今回は久しぶりに数時間空き時間ができたので、ゆっくり大型書店で買い物できて大満足。

店内ではカートを貸してくれて他のフロアにもそのまま持っているシステムになってたので(日本だとカートごとエスカレーターに乗るのは安全上NGな気がする)調子こいてどんどん入れてしまい、あまりの重さにヨロヨロしながらタクシーでホテルに戻りました。(ヘビーすぎて地下鉄に乗るのは無理だった)

重いなーとは思ってたのですが飛行機に乗るとき重量オーバーでびっくり。
でも「全部本なの、中国語勉強するためなの」とお願いしてみたら追加料金なしでOKにしてくれました。
ありがとう~!本当は月餅もかなりあったんだけど、とにかくありがとう××航空、次もまた乗るからね。


で、書店では前から使ってみたかった「自分で検索機器」で本を探してみました。
検索はすぐできたんですが、表示された結果の見方がぜんぜん分からず、後ろに並んでた男の子に
「これどうしたらいいの?」
と聞いてみた。おばさんは図々しいね。

青年は親切に「この本はここじゃなくて○○支店にしかない、こっちは4階の△△コーナーにあるから行ってみたら」などと指導してくれたうえに、自分のオススメの作家も教えてくれました。中国の若者は礼儀正しくて優しい。


その後、外国人向けの中国語テキストのコーナーで文法書などを漁っていると、突然
「请问,你是老师吗?」
と声を掛けられました。

声をかけてきたのは若い女性で、知り合いの日本人に中国語を教えてほしいと頼まれたけど、どのテキストを使ったらいいか悩んでいるとのことでした。
私は老師じゃないけど、おしゃべりしながら一緒に入門編のテキストを選んでみました。こういうお手伝いは楽しいですね。

彼女は私が中国在住と思ったらしく、また会ってもらえないかと交際を申し込まれたのですが(違)、残念ながら翌日帰国するのでお断りするしかありませんでした。
しかしメアドくらい交換すればよかった。すごく可愛くて感じのよい子だったのに、もったいない・・・orz


服務員の水準もかなりアップしてて今回はとても楽しく買い物できました。
新刊書について質問したらちゃんと一緒に探してくれたし。(でも「十年砍柴の本」と言ったら「日本の作家?」と言われてしまった)

そして持ってきたバッグをレジで渡したら、中に商品を入れてくれたんですよ!(前の人がやってたので真似してみた)
すごい!数年前なら信じられないサービス!!


積ん読が数千ページ増加しました。なんとか数年以内に読んでしまいたい(遠大な計画)

いつもありがとうございます

[PR]
2011年 09月 14日 |
韓三平導演建党90周年献礼電影《建党偉業》
↑こんなタイトルで損してる気がする。大人の事情があったんでしょうか。

見る前は《建国大業》と同じような国策プロパガンダ映画だと思ってたのですが、あれよりはもう少し映画らしかった。共産党は最後にちょろっと出てくるだけなんです。しかもたいして褒めてない。
ほとんど「国民党のエリートたち」「民国演説精選」「五四運動と大学生」って感じでした。


日本でのこの映画の報道は問答無用で「プロパガンダ・ゴミ映画」って感じですけど、記事書いた人はきっと映画見てないですよね。
決して面白い映画でもオススメ映画でもないけど、記事にする以上はせめて一回くらいは見るべきじゃないかしら・・・
日本人(私も含めて)はあまりにも中国の近代のことを知らないのでもっと勉強したほうがいいなと思いました。
だってあまりに知らないから美化されてるのか矮小化してるのかすら判断できないんだもん。


で、私の一貫した感想は

リウ・イエ図体でかいな・・・

でした


では俳優が出てきた順番にダラダラと
(俳優目当てで見てるのでストーリーは不明、歴史上の人物のことも無知です、間違ったことかいてたらごめんなさい)

(ネタバレというか顔バレしてます)



トップバッター任達華(張謇)。しかしニエユエンの前座みたいだった・・・何の役だったんだヤムヤム。
d0127061_20392343.jpg


聶遠(陳其美)が最初から出ずっぱり。そして最初から陶成章とケンカしてます。さすが血の気の多いズーロン。
(隣でふんばってるヤムヤムが素敵)
d0127061_20392770.jpg


聶遠がダイナマイト男陶成章に脅されてるのをじっと見てるのは張震(蒋介石)か?
d0127061_20442621.jpg


どっかから帰国した馬少驊(孫文)。この人は「孫文俳優」らしいです。しかし陰の薄すぎる孫文。駅で張涵予(宋教仁)に抱擁されたあとすぐ大統領就任。
涵予はハグだけでは済まなさそうな表情で孫文を凝視してて「義兄弟になりましょう」とか言わないかドキドキしちゃったよ公明哥哥。
d0127061_20461856.jpg


陶成章は体が悪いのか上海で入院しています。そこへ現れたシスターアサシン、きゃ~張震(蒋介石)よ~!
完璧な女装だが黒い革靴で男とバレてしまう。凄腕の殺し屋。って蒋介石ってそんな人なんですか!?出番ここだけ。これじゃただのスナイパー。
しかも終始マスクしたままなので事前に知らなければ張震と分からない。登場場面にクレジットも出なかったしわざわざ台湾からきて女装してこれだけ?
d0127061_2051873.jpg


そのころ劉燁(毛沢東)は湖南省のコメディアン床屋で辮髪切断中。顔はきれいだけど体はレスラー並に巨大だった。とにかくデカイ。
d0127061_20592497.jpg


侯勇(唐紹儀)。このお帽子の下は辮髪か(萌)
d0127061_2144024.jpg


周潤発(袁世凱)。共和国成立後に皇帝に就任する変な人。天壇の模型まで作っちゃう皇帝マニア。しかしせっかく念願の皇帝になれたのに終始不機嫌そうだった。アンディをねちねち苛める姿が楽しい。
d0127061_2174036.jpg


周一囲(載灃)。溥儀の生父だそうです。ここだけ「蒼穹の昴」。いつまで朝服着てるんだこの人たち。光緒帝は出てこなかった。切~
d0127061_219495.jpg


カメラワークが斬新でアニメのような画面コマ割りになってて爆笑しちゃった。
同じ人物の正面とお尻が二分割されて同じ画面に出たりするの。キュービズム?
d0127061_21115681.jpg


張涵予(宋教仁)には《新水滸伝》で「ひょっとしてこの人演技ヘタなのでは?」と不安を抱かせられましたが、やっぱり良い役者だとわかって安心しました。格好良かった。演説がすごく上手い。
d0127061_21162067.jpg


王学圻(蔡元培)。《十月囲城》では主役(誤)を演じた学圻じいさん、今回も良い感じでした。(ニエユエン出すぎやっちゅーの!)
d0127061_2117564.jpg


《建党偉業》ってもしや「偉大なる国民党」のことなのか?
d0127061_21214499.jpg


公明哥哥・・・
(すいませんついうっかり取れてしまったキャプチャ捨てるに忍びず。やたらにボディタッチが多かった涵予)
d0127061_2127050.jpg


劉徳華(蔡鍔)は袁世凱の前でコオロギ遊びにふけったりしておバカさんっぽい役だったが本当はきっと凄い人なのよね。
鍔èって名前が首を締められてるみたいな発音で聞いてるだけで苦しい。
ユンファとアンディの共演を見るのは「ゴッド・ギャンブラー」以来かも。(懐古)
d0127061_21313974.jpg


三浦研一(日置益)。大野隊長!《狙撃手》で霍青老師を苦しめた大野隊長が!
d0127061_21334567.jpg


馮遠征(陳独秀)。役としてはこの人が一番良かったのでは。見どころたっぷり。
見覚えある顔だなーと思ったら《非誠勿擾》(狙った恋の落とし方)で基友を演じてた人ですね。
ものすごく演技が上手かった。
d0127061_21365990.jpg


王新軍(許崇智)が出ててびっくり。魏延を割りこませるとはGXX工作室営業がんばってるな。
d0127061_21424340.jpg


このあとユンファ軍とアンディ軍の戦闘が長々と続く。
前半のテーマは袁世凱と蔡鍔の愛憎劇だったらしい。

梁家輝(范源濂)。顔を見るだけで嬉しいガーファイ。
《狄仁杰之通天帝国》で見たばかりだけどそれでも嬉しい。王学圻と《十月囲城》名コンビ復活。
d0127061_21501060.jpg


二分割ガーファイ
d0127061_21525447.jpg


呉宇森(林森)。名前がダジャレなのか?一瞬しか登場しなかったよ・・・
d0127061_21553731.jpg


王柏傑(粛子昇)。何の役か知らんがいつも毛沢東にくっついてて可愛かった。
昨日の漢献帝も明日はゴンチャン党。
d0127061_2215348.jpg


このあたりからやっと毛沢東がやる気出して来たと思ったらすぐ消えてしまい、張勲の復職に反対する共和主義者の演説が続く。
カッコいいですね民国エリートの人たち。陳独秀の演説が大迫力。

孫文の演説をうっとり聞いてるあなたは張震(蒋介石)!?(なぜクレジットが出ないんだ)
d0127061_2264282.jpg


王力宏(羅家倫)。何の役か知らんがいつも微笑んでいた。せっかくだからインターナショナルでもいいから歌ってほしかった。
d0127061_22125498.jpg


呉彦祖(胡適)。美しすぎる胡適。女学生の憧れの的ひこそ。
しかしエリートの人たちがみんな同じ系統の顔なんですが。監督の趣味か?
d0127061_22153281.jpg


この映画の良いところはエリートの人たちが当時のキーワードを分かりやすく説明してくれるところですね。
初めて「ボルシェビキ」の意味を知りました。ありがとう陳独秀先生!

陳道明(顧維鈞)は《我的1919》でも同じ役をやってましたよね。
d0127061_2227595.jpg


この偉そうな演説は本当にパリ講和会議でぶちかましたんだろうか・・・声は吹替えっぽかった。
d0127061_2242456.jpg


山東半島を日本に取られて怒り狂う中国の民衆たち。
大学生のデモと官兵が対峙する場面は日本人なら天安門事件を連想すると思うのですが中国人はどうなんでしょうね。

愛国心と民族主義が燃え上がっちゃってる大学生たち。
リーホンに「先生の説く春秋の大義はどこにあるんですか!?」と難詰されて黙って学生たちを見渡して、何も言わずに去っていく儒学者の姿が痛々しかった。

開国当時のエリートたちは中国古来の知恵と欧米や日本の近代的な知識を融合させようと苦心してきたのに、西洋社会に失望した若者たちは幼稚な憤激にまかせて無分別な道へ突き進んでいく・・・という話のように見えたのですが・・・
見方によってはウィルソンが中国を共産主義に追いやったとも言える?そしてアメリカはその尻拭いで何十年も苦労すると。

それではここからは美しすぎる陳坤(周恩来)をお届けします。

獄舎でハンストする学生たち。
d0127061_22513781.jpg

監獄に咲く高貴な黒百合
d0127061_22515614.jpg

突然方針を変えて食事や新聞の差し入れを要求する周恩来。
d0127061_2252111.jpg

すべての要求を呑んだうえに年越しはレストランで一緒に食事をしようとデートをとりつける役人。
d0127061_22522575.jpg

周恩来にだけ名前を聞く役人。もう一人の学生はただの当て馬。
「妾はイギリス女王エリザベスじゃ」(誤)
d0127061_22523848.jpg

スト破りをなじる女学生たちに「腹が減っては戦はできぬ、だよ。」としれっと言っちゃう暗黒軍師。
このブラック恩来だけでDVD代20元のモト取った。
d0127061_22525247.jpg


ラスト20分を切ったあたりでやっと中国共産党が成立。あと10分ちょっとでどうしろと。
世界各国をニュースが駆け巡る。

フランスでニュースを受け取る韓庚(鄧小平)。可愛い・・・さすが元Super Junior。
d0127061_23112890.jpg

傍らには周恩来の姿が。周恩来と鄧小平って本当に一緒にフランス留学してたんでしょうか。
わざわざ「男女共学」のテロップを出す制作側の苦労がしのばれる。
d0127061_23114314.jpg

どう見ても「パリで青春を謳歌するブルジョワの子女たち」です。女学生のファッションも小粋。
d0127061_231213.jpg


えーとそれから風光明媚な湖畔で同志たちがインターナショナル歌って、その後の党の歴史はテロップで説明しておしまい。
この映画見て中国共産党って素晴らしい!と感動するのはかなり努力が必要だと感じました。


ここまで長々読んでくださった方ありがとうございます。
少しは楽しんでいただけましたか?


百度百科の丸写し(便利だなこれ)

中国共产党方面人物  
一大代表演员角色简介
刘烨毛泽东长沙代表
李晨张国焘北京代表,中国共产党首任中央局成员之一,分管组织工作
黄觉李达上海代表,中国共产党首任中央局成员之一,分管宣传工作
黄轩刘仁静北京代表,年龄最小的一大代表
周杰李汉俊上海代表
何平何叔衡长沙代表
谭凯陈潭秋武汉代表
王丹戎董必武武汉代表
张一山邓恩铭济南代表,水族人,唯一的少数民族代表
戚玉武王尽美济南代表,有写为王烬美
佟瑞欣陈公博广州代表
张译周佛海日本留学生代表


其它党员演员角色简介
冯远征陈独秀中国共产党首任总书记
张嘉译李大钊
王学兵包惠僧一大的参与者,受陈独秀指派,带去信件和4点意见
陈坤周恩来
廖凡朱德
于晓光刘少奇
李沁杨开慧毛泽东妻子
周迅(中国香港)王会悟李达妻子
叶璇(美国)李励庄陈公博妻子
范志博蔡畅
董璇向警予
王栎鑫李富春
邓超陈毅
韩庚邓小平
徐海乔瞿秋白
温若寒张太雷
祖峰邓中夏
付辛博高君宇
潘粤明蔡和森

其他党派政治人物
  
同盟会系统人物演员角色简介
马少骅孙中山中华民国国父、首任临时大总统
董洁宋庆龄孙中山第二任妻子
张涵予宋教仁
洪剑涛黄兴
国永振廖仲恺
吴宇森(中国香港)林森
郭晓冬于右任
张震(中国台湾)蒋介石
聂远陈其美
王学圻蔡元培
何显达汪精卫
郭涛陶成章
刘德华(中国香港)蔡锷
王新军许崇智
北洋系统人物演员角色简介
周润发(中国香港)袁世凯中华民国第二任临时大总统及第一任正式大总统
刘文治徐世昌
赵本山段祺瑞
陶泽如张勋
吕良伟(中国香港)吴佩孚
刘仪伟段芝贵
刘利年曹锟
徐 峥徐树铮
冯巩冯国璋
其他政治立场人物演员角色简介
梁家辉(中国香港)范源濂
方中信(中国香港)杨度
刘劲康有为
张家辉(中国香港)梁启超
任达华(中国香港)张謇
范伟黎元洪
陈道明顾维钧
柳云龙蒋百里
王奎荣伍廷芳
侯勇唐绍仪
周一围载沣宣统帝生父,监国摄政王
裘慕远溥仪宣统皇帝,清朝最后一个皇帝
林永健陆征祥
张晞临王正廷

其他国家政治人物
  
演员角色简介
Sergey Barkovski (俄罗斯)列宁苏联国父,布尔什维克党领袖
Vitas(俄罗斯)维金斯基共产国际驻中国代表
Gera Shchenko Andriyan马林荷兰革命家,出席中共一大的共产国际代表
三浦研一(日本)日置益二十一条日本方面签字者

其他社会知名人物
  
演员角色简介
范冰冰隆裕太后光绪帝皇后
刘涛瑾太妃光绪帝妃嫔
赵亮小德张隆裕太后得宠太监
李雪健杨昌济毛泽东岳父,杨开慧之父
Angela Baby(杨颖)(中国香港)小凤仙
余少群梅兰芳
吴彦祖(美国)胡适
刘佩琦辜鸿铭
连凯周作人鲁迅二弟
王柏杰(中国台湾)萧子升
王力宏(美国)罗家伦
车永莉陆小曼徐志摩第二任妻子
白冰庐隐五四时期女作家
王珞丹张若名中国第一位女博士,周恩来初恋女友
李菁袁克定袁世凯长子
包贝尔匡互生五四运动天安门集会和会后游行的主要组织者之一
井柏然谢绍敏五四运动中北京大学学生运动领袖
无名及虚构角色
  
演员角色
爱新觉罗·启星喊冤女
李湘中学老师
姜武殉情男
杨阳殉情女
一真陶成章保镖
杨千嬅(中国香港)香港女青年
方力申 (中国香港)香港男青年
曾志伟 (中国香港)《大公报》记者
胡杏儿 (中国香港)张氏(袁世凯七姨太)


いつもありがとうございます

[PR]
2011年 09月 06日 |
中国から帰ってきたばかりというのにイギリスネタ連投。(中国に飽きてるのかねアタシ)


BBCのサイトに『SHERLOCK(シャーロック)』 専用のページがあるんです。
SHERLOCK

ここがすごく凝ったつくりで読んでると楽しくてしかたがない。
ちょっとご紹介してみましょう!(誰に)

John Watson's Blog
www.johnwatsonblog.co.uk
スコットランド・ヤードのみなさんも読んでるドクター・ワトスンの個人ブログ。(ドメインも取ってるところが本格的)
ドラマでジョンが書いてるブログですね。
コメント欄にシャーロックや他の登場人物がコメントつけてて楽しい。
A Study in Pinkの記事を読んでいると、実際にドラマで起きたこととは少し違って書かれてるのに気づきます。ドクター・ワトスンって信頼できない語り手だったんですね・・・


Molly Hooper's Diary
www.mollyhooper.co.uk
検視官モリーのブログ。
ブログデザインといい文体といい、イタぎるモリーちゃん。
急にコメントがついててビックリした。あああアナタは!!


Connie Prince's official site
www.connieprince.co.uk
美容のカリスマ、コニー・プリンスのビューティアドバイスサイト。
モリーが美容相談してて大爆笑。
掲示板にシャーロックが書き込みしてるのですが、これじゃ荒らし&釣りだよ・・・ひどいシャーロック・・・


The Science of Deduction

www.thescienceofdeduction.co.uk
シャーロックのサイト「推理の科学」。
ダサダサなタイトル、オカルトのようなデザイン、不親切なページ構成でまったく読む気を起こさせないサイト。
しかも書いてあることがキ☓☓イかヤバい宗教みたい。

我慢して読んでると掲示板も異常な人ばかり集っている。
(たまにスタンフォード君がジョンの告げ口に来たりしてw)

Hidden Messages(隠されたメッセージ)は暗号解読コーナーなのですが、Show Solution(解答を見る)をクリックすると、暗号文が普通の英語に置き換わっていくんです。その書き換えを見てるのがコワイ。しかも正解の文章がこれまた無茶苦茶コワイ。夜中に読んでて泣きそうになった。

そして掲示板のシャーロックの書き込みが
Found. The Bruce-Partington plans. Please collect. The Pool. Midnight.
で終わってるところが背筋がゾゾゾ~っとします。

ドラマも面白いけどサイトも凝っている。BBCで仕事すると楽しそう。

いつもありがとうございます

[PR]
2011年 09月 05日 |
d0127061_2062530.jpg

というわけで『SHERLOCK(シャーロック)』を見ました。

NHKのサイトはこちら→SHERLOCK(シャーロック)|NHK BSプレミアム 海外ドラマ



NHKの紹介文より

いつの間にか古典的な探偵の代名詞となってしまった「シャーロック・ホームズ」。しかし、元来、彼は非常に現代的な男だった。
シャープで気難しく、ちょっとアブナイ男。今、シャーロックがその本来の姿で戻ってくる。
自称「コンサルタント探偵」のシャーロック・ホームズと、元軍医ジョン・ワトソン。シャーロックの頭脳とジョンの現実主義が融合し、複雑な迷路のような謎をひもといていく。
コナン・ドイルの原作を大胆にアレンジした「21世紀版シャーロック・ホームズ」。2010年、イギリスBBCで放送され大反響を呼んだ話題作。

BAFTA(英国アカデミー賞)ベスト・テレビドラマ賞受賞
エミー賞(2011年)ミニ・シリーズ部門 脚本賞、ほか ノミネート中
製作総指揮:スティーブン・モファット、マーク・ゲイティス、ベリル・バーチュー ほか



イギリスのドラマは脚本が良くできてて、ファッションもインテリアもお洒落で、何より日本軍が出てこないので見ていて本当に楽しい。
まさか現代版ホームズがこんなに面白いとは・・・


(以下ネタバレ)




2話で登場したチャイナガールは広東語を喋ってましたが、シャーロックホームズものに出てくる中国人はカントニーズという了解事項があるのだろうか・・・
(しかし欧米のドラマで「東洋の邪教団」が出てくるとやる気を失うのは私だけか?しかもそれを言うなら「白蓮」やろ、導師はくまきんきんに決まってるやろ!と思っちゃう)

あの暗号もなんだか見たことあるなーと思ったら、昔は香港の露店なんかによく書き付けてありましたね。大陸でも使うんでしょうか。

wikiを見るとあれは蘇州碼子というものらしいです。シャーロックは「ハンズー(漢字)」だと言ってましたが、ハンズーじゃなくてシューズー(数字)ですね。

追記:
シャーロックが言ってたのは「ハンズー(漢字)」ではなく「ハンジョウ(杭州)」でした。聞き間違いを訂正します。はずかしー




蘇州碼子又稱花碼、番仔碼、草碼、菁仔碼是一種傳統在中國民間流行的數字,產生於中國的蘇州。現在這種數字在中國大陸及台灣幾近絕跡,但在港澳地區的街市、舊式茶餐廳及中藥房偶而仍然可見。香港公共小型巴士曾以此標示車資價錢。香港小學數學課程中將之稱為中國古代數字,並於小學六年級教授有關用法。(維基百科)



画像も勝手に転載ごめん
d0127061_1804288.png



日本語吹替えでちょっと見てみたのですが、どうしても違和感があって無理に英語で見たらやはり話がよく分からなかった(悲)
字幕が出せるらしいのですが、うちの機械では設定できないみたい(悲悲)
シリーズ2が出たらまとめてDVD買おうっと。ケースブックも出るみたいだし。


と思ってたらBBCのサイトからTHE BLIND BANKERのスクリプトをダウンロードできるんですって。
BBCは太っ腹だな。それとも英語で世界支配するつもりなのか。

THE BLIND BANKER

SooLinのセリフで「ジージュー」って何!?というところがあったのですがスクリプト見て判明。


SOO LIN
Only he would do this. Zhi Zhu.
JOHN
What?
SHERLOCK
It means ‘The spider’.



なーんだ蜘蛛zhīzhūですか・・・
「え?記住?嫉妬??」ってなってた。
私zhichishirijiqixi苦手なんですよ(みなさんご存知ですね)

っていうかシャーロックが「spider」言うてるやろ(>自分)
これを「spy」と聞いてしまってさらに「スパイだ???間諜?敵人?漢奸?」(←そこまで言ってない)ってなってたんですねー、ベネディクトさん語尾ははっきり発音してくれたまえ(しかしすごいアホ>自分)


でもスーリンの言ってることって本当にわかんなかったわー。こんなこと言ってたのね。

SOO LIN
You know this mark?
SHERLOCK
It’s the mark of a Tong.
JOHN quizzical.
SHERLOCK
An ancient crime syndicate. Based
in China.
SOO LIN
Every foot soldier bears the mark -
every one who hauls for them.



何でしょうかね「Tong」って?「彤」?(ドラマ違い

(追記)
いまひらめきました。これは「党」の広東語読み「dong2 」を無気音で表記してるのでは!?


さらに追記:
「堂」 tong4 でした。


SOO LIN
I was fifteen, living back in
China, in the Yellow Dragon City.



黄龍市?鎮かな?
ボーダーを越えて香港へ行ったと言ってるので広東省の出身でしょうか。(福建だったら海峡を越えるだろうし東北なら朝鮮半島へ逃げるかなーと思って)
シンセンに石龍ってとこがあるが・・・

そして最後のセリフのところこうなってるのですが

SOO LIN
(Breathless, terrified)
Pin yin. Liang. Liang. Qing!


「涼涼請」?それか蜘蛛の本名が「亮」で「亮亮請」(孔明のワナ)
でもこの場面実際には「だいごー、てぃんねい・・・」って言ってたぞ・・・大哥聴你?(意味不明)


いやまあどうでもいいことなんですが、中国語のことになるとついムキになっちゃう。

関連エントリー
「シャーロック・ホームズと絹のストッキング」DVD鑑賞
很黄很暴力的《福爾摩斯》


いつもありがとうございます

[PR]