カテゴリ:■英語学習■( 85 )
|
|
2014年 12月 22日 |
「イギリス全土の方言を聞く! まるっとイギリス英語」
イングリッシュジャーナル 2014年 08月号


イングリッシュジャーナルって定期的にイギリス英語特集をやってるようなのですが、この号は方言も紹介されていてちょっと違う切り口が楽しめます。
日本在住のネイティブの自己紹介を聞きながら、ローカル英語が学べるという趣旨。
日本に住んでるせいか、英語教師が多いせいか、あまり極端な訛りではないのでちょっと残念でした。もっと強烈なのが聞きたかった。

スコットランドとアイルランドの訛りも収録されています。
この号で私が理解したところではこんな感じ。(発音記号間違ってるかも)


■スコットランド英語の特徴
・二重母音/əʊ/が長母音/o:/で発音される。
・文末で上昇調が使われる。
・/ɪ/が /ə/となる。
・/aɪ/が/ei/となる。
・/r/を発音する。


■アイルランド英語の特徴
・/ei/が「イー」に近い「エー」になる。
・二重母音/əʊ/が長母音/o:/で発音される。
・文末で上昇調が使われる。
・/r/を発音する。


■北イングランドに共通する特徴
・/ɑː/が/a/で発音される。
・/ʌ/が/u/で発音される。



この動画でスコットランド人が音声認識エレベーターにいくらELEVENと叫んでも分かってもらえないのは
「エレベン」と発音してるせいだったんですね。
(スコットランド英語では/ɪ/が /ə/となるから。標準の発音は/ɪˈlɛv(ə)n /)
Burnistoun S1E1 - Voice Recognition Elevator - ELEVEN!





今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 12月 21日 |
「英語化する世界、世界化する英語」
ヘンリー・ヒッチングズ (著), 田中 京子 (翻訳)
みすず書房

出版社のサイトより


21世紀、地球の共通語として不動の王座を得たかに見える英語。が、その英語は英語が母語でない人々の話すエイゴ、新しいデジタル・テクノロジーやカジュアル化してゆく生活の影響を受けて混ざり合い、姿を変えてゆく。綴りや句読点、文法の絶え間ない変化、語尾上げなどゆゆしき流行……英語はどうなっていくのだろう?
5世紀の誕生以来、「ちゃんとした」英語をつくり、それを固定化しようとする人々の論議は絶えなかったが、英語は彼らのはめようとする枷をするりと抜けだして、形を変えつつ世界にひろがり、生存の道を見つけてきた。あたかも生き物のように。
話され、文字に書かれて人の心へ届き、その思考や行動をも変えてゆく言葉の力。英語の豊かな歴史を縦横無尽にめぐり、その未来像をスリリングに描く異色の英語史。




英語史の本です。すごくぶ厚かった・・・こんな厚い本読んだの久しぶり。
著者はイギリス人なので、現代イギリスの英語事情がとくに面白い。


私が興味を引かれたのはイギリス各地のなまりについて。
容認標準発音という言葉は1774年にはすでにあったそうです。
歴史のある概念なんですね。



ところが、イギリス王室の若い人たちやこんにちの意欲的な政治家たちが、お高くとまっているとか古くさいとみなされないように、目立つ容認標準発音を避けようとしているのは注目に値する。
(略)
今のところ、英語を母語としない人には河口域英語や他の変種よりも容認標準発音のほうが教えられている。しかし、これを変えようという動きがある。容認標準発音を話す人びとがますます減っているとすると、外国人に別のアクセントを教えるほうが実際的な目的からいうと意味があるからだ。確かに英語を母語としない人がちは、イギリスに着いて、彼らが学んできた容認標準発音が、多くのイギリス人に時代遅れとか気恥ずかしいと思われていることを発見して唖然とする。

17 ちゃんと話す
アクセントを聞けばどんな連中かがわかる




容認標準発音って時代遅れなんですね!


人工言語についても書かれているのですが、エスペラントなどだけでなく


本書の読者はクリンゴンのことなら聞いたことがあるだろう。それは「スター・トレック」シリーズのために言語学者のマーク・オークランドが作った言葉だ。それから妖精の言葉で、とくに、クウェンヤとシンダリンのことも聞いたことがあるだろう。それぞれフィンランド語とウェールズ語をモデルにした言葉で、J・R・Rトールキンが考案し、ピーター・ジャクソンの映画「指輪物語」で忠実に使われた。

25 「英語を征服して中国を強くしよう」
英語の国際化




キャサリン・テイトがドラマの中で使う英語の話とかもあって楽しめました。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 14日 |
ひきつづき「みちこさん英語をやりなおす」からネタをもらいました。


私がものすごくひっかかる部分でみち子さんはすぐ理解できるのがみち子さんと私の越えられない壁だと思いました。

今日はこれ




先生
「じゃあ、
「あなたは背が高い」
英文では?
「背が高い」はtallです

みち子さん
「えーっと
「あなたは背が高いです」は
文章として、「あなた」と「背が高い」が
イコールで結べているから
「You are tall.」
areがいります、
be動詞が必要です

「みちこさん英語をやりなおす  (am・is・areでつまずいたあなたへ) 」
益田ミリ /  ミシマ社




いやちょっと待ってくれみち子さん。
私は「あなたは背が高い」という日本語を英語に直訳しようとして

× Your height is tall.

という間違った英文を作ってしまったよ。

もう一度考えてみたけど、「あなたは背が高い」をスルっと「You are tall.」に変換できる理由が分からない。

みち子さんは

「あなた」と「背が高い」がイコールで結べている

と言ってるけど、わたしには

「あなたの背(身長)」と「高い」がイコールで結べている

ように見えるんですが・・・主語は「あなた」なのか「あなたの背」なのか?
と考えてみたら、この文章って

「象は鼻が長い」

と同じなんですよね。
私がこどものころには「日本語には主語が二つある」と世界をパニックに陥れていた※象鼻文。
こんなややこしい日本語を例文に英語のBe動詞を説明しようとするなんて大胆です。



あと日本語の構文以外にひっかかった部分は形容詞です。

日本語の「高い」という形容詞は

背が高い

のほかに

値段が高い
熱が高い
気温が高い
山が高い
空が高い

といろんな名詞を形容できる。
しかし英語のtallは人間・木・建物など細長い形状のものの高さにしか使えないようだ。
だから

× The price is tall
× Her fever is tall
とかには使えないのだ。

中国語で考えてみると

你個子(あなたは背が高い)
價收購手機(携帯を高く買い取りします)
燒(高熱を出す)
溫度(温度が高い)
水深(山が高く水が深い。へだたりが遠く険しいたとえ)
高馬肥(天高く馬肥え、騎馬民族が攻めてくる季節になった)

といずれも「高」が形容詞として使える。

なぜ英語だけtallが別建てになっているのか?



それに日本語の構文としては

あなたは背が高い
象は鼻が長い

は同じだが、これを英語で言うと

You are tall.
Elephant's nose is long.

でも象のほうは

Elephant has a long nose.(象は長い鼻を持っている)※※

のほうが英語としては自然なのではないか。

日本語では同じ構文の文章が英語ではBeとhaveに動詞が分かれてしまうのはなぜだろう・・・
tallとlongはどちらも形容詞なのに何が違うのか?


とか考えはじめて収集がつかなくなってしまったのですが、みち子さんはまったく意に介さずどんどん先へ進んでいってしまいました。

俺おいてけぼり。




※私の幼少時にはゴジラが現れたり火星人が来襲したり鳥が凶暴化して人類はよくパニックに陥っていました。

※※象の鼻はtrunkなので
Elephants have a long trunk.
というべきなのか?

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 13日 |
「ドクター・フー」に「ターディス TARDIS」というタイムマシーンが出てきます。
(そういえばクリストファー・エクルストンのドクターはターディスの説明をするとき必ずスペリングも言っていたがあれは何だったんだろう)

ターディスは外見は昔の電話ボックスみたいですが、中は広々しています。入った人は「広いね!」と驚くお約束です。
私だったら面積(体積?)よりまず奇妙な機械がたくさんあることに驚く気がしますが、イギリス人にとっては広さが重要なポイントらしいです。

ターディスのoutside


ターディスのinside




で、ドクターが必ず

It's bigger on the inside than on the outside(中は外より大きいんだ)

とコメントするのもお約束なのです。
が、なんですかこの

on the inside

というのは?と最初に聞いたときは驚きました。
私の中学英語レベルでは

on=…の上に
There's a book on the desk. 机の上に本がある.

の段階からいまだに擺脫できないのです。

そのせいで
fly on the ceiling(天井にとまっているハエ)
などという文を見ると、「天井の上にいるハエ」と考えてしまい、天井がぐるりと回って地面になって、そこで蝿が手をする足をするイメージが浮かんでしまって混乱します。


話がそれましたが、on the insideは「中の上に」などという混乱した空間状況ではなくて「内側(に/で/が)」という意味なんですよね。
onが身体感覚的につかめない。頭ではわかってるつもりなんですが・・・


そしてinもあんまり分からないんですよね。
「ホビット」の有名な冒頭の一文

In a hole in the ground there lived a hobbit.

も「地面の中にあいてる地下の穴に住むホビット」なのかと誤解していました。
でもイラストや映画ではむしろ「山腹にうがたれた横穴」です。少なくとも入り口は海抜ゼロより高いところにあります。
この in the groundは「(標高ゼロ地点より低いとは限らない)地表のどこか」と解釈すればいいのでしょうか?

台湾の中文版も私と同様の誤解をしてるのか

在地底洞穴中住著一名哈比人。

と地面の下に穴があるような訳文になってました。




英語の前置詞ってつかめない・・・それだけの記事です。


「中は外より広い」の動画を作ってくれてる人がいた。ありがたい。
Doctor Who- "It's Bigger On the Inside" Montage




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 11月 11日 |
(今日の記事は決して本に文句を言っているわけではなくて、自分と作者の考え方の違いにインスパイアされるところがあったので書いてみました)


「みちこさん英語をやりなおす  (am・is・areでつまずいたあなたへ) 」
益田ミリ /  ミシマ社

ミシマ社のサイトより


「主語ってなんですか?」
「どうして Iのあとareじゃだめなの?」
「aとtheの違い、やっぱりわからない…」

日本語の発想でしか英語をとらえられず、すぐに挫折していた人たちに贈る「英語入門の前に読む入門書」、誕生!
巻き戻しながら、時間をかけて学ぶと、日本語も、人生も、再発見できる!!

アラフォーみち子、今回、家庭教師にしつこく尋ねることを決意。
もう、「わかったふり」はしない。

立ち止まると、勉強は画期的に進む!


主婦でアラフォーのみち子さんが、英語をやりなおすマンガ。
みち子さんがわかったふりをやめて、わからないことはわからないと追求していく姿が爽快。英語学習入門書としても面白いです。

しかし(と言うと思ったでしょ)、みち子さんと私は同じわからない同士なのにわからなくてひっかかる箇所が違うようです。
家庭教師の先生が懇切丁寧に説明してくれる展開なのですが、この日本語の説明に混乱させられる。
私がこの本でいちばんわからなくなったのは、「英語の文法を日本語の例文で説明しようとする」点。

一般動詞とBE動詞の説明を「分かりやすく日本語の例文で」してくれるのですが、

家庭教師の先生
「じゃ、問題
「わたしはテニスです」
「わたしはテニスをします」」

みち子さん
「わたしはテニスをします」が正しいです」

「みちこさん英語をやりなおす  (am・is・areでつまずいたあなたへ) 」






そうか?日本語だと

教師「ではテニスする人と野球する人に分かれて。田中さんはどっちをするの?」
田中「わたしはテニスです」

はじゅうぶん正しい文章なんじゃないでしょうか?

このあとさらに

家庭教師の先生
「じゃあもう一問、
「わたしは日本人です」
「わたしは日本人をします」」

みち子さん
「わたしは日本人です」
「わたしは日本人をします」っておかしいでしょ?」

「みちこさん英語をやりなおす  (am・is・areでつまずいたあなたへ) 」







たとえばクラスで寸劇をやることになって外国人も登場する設定としましょう。

教師「アメリカ人役はこっち、オランダ人役はそっち、日本人役はあっちに立って。田中さんは何役をするの?」
田中「わたしは日本人をします」

正しい日本語ですよね。

「わたしはテニスです」って「ウナギ文」だと思うのです。日本語では「ぼくはウナギだ」は非文ではない。
なのになぜ

英語のBE動詞の説明を日本語の「ウナギ文」の例文を使ってやろうとするのか?

そこが理解できませんでした・・・
たぶん英語の例文を使って英語の文法用語で説明すると読者が逃げちゃうと考えたんでしょうね。


何度も言いますが、本に文句が言いたいのではないのです。
すごく啓発されたのは確かなんです。
この本が日本語文法の本だったらたくさんの外国人がここから学べたと思います。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 09月 30日 |
■カフカ

BBC Radio4 Extraを聞いていたら「カフカの変身をベネディクト・カンバーバッチが朗読する」とCMが流れてました。

Franz Kafka Metamorphosis
Gregor Samsa wakes one day to find himself hideously transformed into a monstrous insect. Read by Benedict Cumberbatch.



エピソード1は10/5(日)00:00から放送。
日曜日の00:00ってことは日本では日曜の朝でいいの?月曜の朝ってことはないですよね?
(再放送は次の土曜日の16:00と思われます。)


2008年放送分の再放送のようです。
たぶん聞いても理解できないと思われますが、時間があえば聞いてみたい。


■「フランケンシュタイン」「コリオレイナス」

そういえばナショナル・シアター・ライヴの「フランケンシュタイン」と「コリオレイナス」が再上映されるんですね。

TOHOシネマのサイトにスケジュールが載ってました。
ナショナル・シアター・ライヴ 『フランケンシュタイン』『コリオレイナス』アンコール上映決定!!



自分用メモ


<上映スケジュール>

【グループ1】 日本橋、市川、川崎、浜北、名古屋、梅田、橿原、天神
10月31日~11月2日 フランケンシュタイン【A】
11月7日~11月9日 フランケンシュタイン【B】 (ベネ怪物)
11月14日~11月16日 コリオレイナス(字幕再監修版)

【グループ2】六本木ヒルズ、南大沢、船橋、横浜、富山、なんば二条
10月31日~11月2日 コリオレイナス
11月7日~11月9日 フランケンシュタイン【A】  
11月14日~11月16日 フランケンシュタイン【B】 (ベネ怪物)

【グループ3】府中、流山、海老名、西宮OS、光の森
10月31日~11月2日 フランケンシュタイン【B】 (ベネ怪物)
11月7日~11月9日 コリオレイナス
11月14日~11月16日 フランケンシュタイン【A】


【A】:フランケンシュタイン博士:ベネディクト・カンバーバッチ、怪物:ジョニー・リー・ミラー
【B】:フランケンシュタイン博士:ジョニー・リー・ミラー、怪物:ベネディクト・カンバーバッチ




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 09月 03日 |


「World Englishes―世界の英語への招待」
田中 春美、田中 幸子 (昭和堂)


一冊の本で世界中の英語を俯瞰してみようという本。
個々の地域のページ数は限られていますが面白い話題が多かった。

お目当てのスコットランド英語は

語彙
スコットランドで使われる語彙には、その成立のあり方から、多様な言語からの借用語がみられる。たとえば、イングランドの北部方言と共通する単語(bairn=child)、北欧語(lass=girl,kirk=church)、ゲール語(
loch=lake.glen=deep narrow vally,slogan=war cry「スコットランド人の戦場で叫ぶときの声」)、オランダ語(pinkie=little finger)など。
おそらく、世界でもっとも広く知られたスコットランドやアイルランド発の単語は、Yesの意味をもつAye〔əɪ〕~〔aɪ〕で、水兵が上官に“Aye,aye.Sir”などと答える映画のシーンが目に浮かぶ。



そうね、ドワーフがお返事するときもAyeよね。

日本英語

日本語の表現をそのまま英語にしたような、This restaurant is delicious.などは、母語話者でも意味を推定できるかも知れないが、The food here is delicious.やThis is delicious.のほうが、ずっと分かりやすいであろう。


そうか、そうですよね!
でも中国語でも
這家餐廳很好吃(このレストランは美味しい)
好吃的餐廳(美味しいレストラン)
という表現はよくするので、東アジアでは普遍的な用法なのではないかと。英語ではヘンなのか。


中国英語

台湾、香港、大陸と分かれてたのですが、どれがどのメモかわかんなくなった。

文法
とくに時間を表す副詞(句)が明示されている場合、動詞の時制が不適切になりがちである(This morning I tell him to do it.[told])。主語や目的語の脱落がよく起こる(“What do you do in your spare time?” “[ ] Play baseball / [ ] Go to the library / [ ] play some games on computer.”または、“Yes, I like [ ] very much.”など)。
また、一見その逆とも思えるが、主語や付加詞(adjunct)を話題(topic)として文頭に置くことがある(My parents, they have no interst in me. / I think this societry, the people get more and more practical.)。さらに、その線上にあるかもしれないが、とくに強調するつもりはなく、目的語を文頭に置く傾向が見られる(Probably some other kind of jobs I want to try.)。



どこが間違ってるか分からなかった(汗)。
This morning I tell him to do it.→今早我告訴他做。
My parents, they have no interst in me.→我父母他們對我没興趣。
の直訳なのかな。


文法
場所や時間を示す副詞類を主語にしたり(This lake cannnot swim)、目的語さえ主語にすることがある(Tips do not add in the check.[Tips are not added・・・のつもり])。



This lake cannnot swim.→這個湖不能游泳。
を直訳したんでしょうか。
でもこれも日本語でも
この池は泳げません
と池が主語になる可能性はあると思う。


Tips do not add in the check.→小費未加在帳單上。※
でしょうか。
日本語でも
チップは請求額に含みません
とチップが主語になって、しかも受動態でない形式はありえると思う。


語彙
おもに、中国語の語意味の範囲が異なるために生じる英語彙の誤用が挙げてあり、鳥のくちばしをbeakではなく、mouthを使ってしまい、象の鼻をtrunkではなく、noseと言いがちな例、tableとdeskの混同、benchやsofaなどもchairと言う例、などが挙げられている。
動詞では、sendと言ってgive(贈る)の意味、readと言ってstudy(勉強する)の意味、などの例が挙げられている。そのほか、wellを完了の意味表現として、veryを形容詞述語文の言い切りを示す合図として頻用する、などの例が挙げられている。



名詞については仕方ないですよね。象の鼻がtrunkだとこの本読んで初めて知った。

動詞も母語に影響されるのはどうしようもないと思う。
send≠give
我送他一個禮物

日本人も中国語を勉強しはじめてすぐのころは
△我贈他一個禮物
とか古文みたいな文章を作ってしまいがち。

read≠study
我讀大學

これも日本人の中国語だと
×我學大學
とかになりがちですよね。



※「不含小費」のほうがよく見る自然な表現だとは思うけど。


ドワーフの王様のAye.



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 08月 12日 |

Advanced Grammar in Use Book with Answers:
A Self-Study Reference and Practice Book for Advanced Learners of English
Martin Hewings (Cambridge University Press)


Essential Grammar in Use 、English Grammar in Useと進んで、ついにAdvancedにたどりつきました。購入から1年ちょっと寝かせただけで開始できたのは新記録。おめでとうアドバンスドグラマーの女御。※


テキストの形式はこれまでと同じく2ページで1ユニット。左のページが文法開設と例文、右のページがすべて練習問題です。

Advancedなので相当難しいだろうと覚悟して始めたのですが、内容自体はそんなに難しくないです,。
英語の文法形式ってそんなにバラエティのあるもんじゃない※ので当然ですか。(中国語の八股文とかと比べれば)

じゃあどこがAdvancedかというと、たとえばUnit17 May and mightでは、ネイティブはどういう場面でmayを使い、いつmightを使うのか、そのとき彼らの心の中で起きていることは何か、について学べます。そこが上級。
外国人は使い分けできなくても会話は通じるだろうけど、知ってるとネイティブの心の動きを読みやすくなるお得情報が満載。

私にはかなり猫に小判な知識なのですが、いろいろ面白いことが書いてあって英語に関する読み物としても楽しめます。


そうだったのか!と思ったのがUnit3 Past simple and present perfectの
「ニュース報道では最近のできごとの導入には現在完了を使い、そのあとの詳細については単純過去を使うことが多い」
という説明。
現在完了は「なぜそこで完了形?」と疑問を感じることが多いのですが、そういうパターンもあるのか、と感心しました。


練習問題はユニットによってかなり正解率が高いことも、ほぼ全滅のこともあって我が事ながら笑ってしまいます。
まったくできなかったのは未来完了と未来完了進行。ぜんぜん理解できてないんですね。

このシリーズは最初に時制をまとめて学習するので、ユニット10くらいまでがとても辛い。でももう3冊目なのでだいぶ慣れて「ああこの時は過去完了ね」と当たりがつけられるようになってきました。



※この子は「後宮入りしてすぐにお手つきになったラッキーな女御」なイメージ。
うちの後宮にはかわいそうな子(本とか教材とかDVDとか)がたくさんいる。

最近は哈比人(ホビット)の女御のせいで「従此君王不早朝」状態だし・・・ごめんねみんな(>本とか)


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 06月 05日 |
(今日の記事はただの八つ当たりです)


英語の不可算名詞がよく理解できません。
水とか砂とかは数えられないので不可算名詞ってやつです。
何度聞いても文法書の説明が間違ってるとしか思えない。

wikiのMass nounにも典型例としてliquids (water, juice), powders (sugar, sand)が挙げられています。

Mass noun(uncountable noun)
In English (and in many other languages), there is a tendency for nouns referring to liquids (water, juice), powders (sugar, sand), or substances (metal, wood) to be used in mass syntax, and for nouns referring to objects or people to be count nouns.


親切な先生に懇切丁寧に説明してもらっても、地球上の(外宇宙の水や砂は考慮しないとして)水や砂はいくら多いといっても有限なんだから数えようと思えば数えられるのに・・・

イギリス人って根性が足りないんじゃないの?

と思えてなりません。

それに「数えられない」と決めつける前に「もっと数え方に工夫はできないのか?」と考える努力はしたのでしょうか?
中国語だと
コップ一杯の水なら 一杯bēi水
たらいに入ってるなら 一盆pén水
顔に水がかかったら 一脸liǎn水
ひとつまみの水なら 一捏niē水
ひとすじの流れなら 一条tiáo水
いちめんの水なら 一片piàn 水
中国人が「これ数えられないあるよ」と泣き言を言うのを聞いたことがありますか?

イギリス人って工夫が足りないんじゃないの?

私が腹立たしいのはこんなに計量能力に乏しいイギリス人の作った数量把握方式がグローバル言語とされていることです。


とか立腹してるときに面白いことが書いてある本を読みました。
「不可思議」という単位が仏典にあるそうです。


この不可思議の原語はアチントヤと言ったが、じつはこのことばは物の単位で最高位を表す位である。(略)
不可思議の数の位についてはヒントとして一つの譬えが教えてくれる。この譬えは仏典に「ガンジス川の砂の数ほど」という表現で頻繁に出てくる。ガンジス川の砂は手に取って数えることはできるが、ガンジス川の砂をすべて数えきることは一生かけてもできないという意味だが、この表現には多生をかけて数え続けると数えきれないとは言えないという意味も含まれている。また、大海の水は容器で一杯ずつ数えながら汲み出せるが、一生かけても数えきれるものではない。と言って多生をかければ数えきれないとは言えない。そのような数を不可思議と言っている。
これらの譬えは不可思議の数の意味でもある。ガンジス川の砂も大海の水も数えきれないとは言っても、まったく不可能ではないと教えている。

「仏教の真実」
田上 太秀 (講談社現代新書)


さすが数学に秀でたインド人の考え方は精密ですね。
ほらやっぱり砂も水も数えられるじゃん、根性だせよイギリス人!とわが意を得た思いです。

私は中国人の話を聞いてて感嘆するのが面倒になったとき(中国人話ながいから)はよく
“哇,好不可思議啊~”(へーすっごくフシギね~)
で締めくくって会話を終了させてしまうのですが、数の単位だったとはね~、好不可思議啊~(←こんな感じ)


漢典には

不可思议(不可思議)  bù kě sī yì
1.佛家语。指思维和言语所不能达到的微妙境界。
2.形容事物无法想象或难以理解。



wiki中文版には

不可思議,是佛教術語,可以是指佛的智慧與神通。另外不可思議也是一數字單位。
元代朱世傑『算學啓蒙』首次記載不可思議這個單位。無量數是那由他(10112)的萬萬倍(10120)。
日本《塵劫記》一書自寛永8年出版首度記載無量大數。 (google的計算系統中設定此數值為1.0 × 1064)




しかし逆にイギリス人が中国語を学ぶときには、「なぜ中国人はいちいち物質の形状(塊か液体か幅広いか薄っぺらいか群れか並んでるかetc)を気にするのか?」と量詞に悩まされたりするんでしょうか。
英語は量詞がないぶん習得しやすい言語なのか?(私にはそうは思えないけど)


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 04月 26日 |
「ホビット」に出てくる
the Lonely Mountain(はなれ山)
(又称 Erebor(エレボール))
にどうして定冠詞theがつくのか悩んでました。

過去記事
トーリン様の名前の発音が難しすぎる そしてthe


ちょうどEnglish Grammar in Useの定冠詞を部分をやってるところだったんです。
テキストには「山の名前にはtheは使わない」って書いてあったので。
(山脈には使う、しつこいけど)

どうしてthe Lonely Mountainにはtheがつくのかな、ドワーフの心のふるさとで唯一無二だから?
とか悩んでいたら

Xenom's English Database

というサイトの
<冠詞に関する覚え書>

に答えがずばり書いてありました。以下引用させていただきます。


Ⅰ 定冠詞を伴いやすい固有名詞

[1](the) 形容詞 (or 固有名詞の形容詞用法)+普通名詞:(例)the English Channel the Ritz Hotel
[2](the) 普通名詞+固有名詞(付置規定):(例)the River Thames (the) Hotel Ritz


・・・なーんだ。

つまりlonleyが形容詞だからtheがつくんですね。
the + Lonely(形容詞)+ Mountain(普通名詞)

もしMount Lonelyだったらtheはつかなかったのでしょう。
Ereborがtheなしなのも同じことですね。

理屈としては
Backinghan palace
にはtheがつかないけど、同じ建物を表すのに
The royal palace
だとtheがつくのと同じかな。



こんなことで何日も悩んでいるアホなブログ主です。

いま悩んでいるのはMirkwood(闇の森)はなぜwoodsじゃないんだろうということです。
そういえばシャーウッドの森も単数か、と思って調べてみたらSherwood Forestだった・・・。woodsじゃなくてForestなのね。 

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]