カテゴリ:■英語学習■( 85 )
|
|
2015年 03月 05日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)


「ハンニバル」のスタッフがファンアートを回覧してるとか、キャストがファンフィクションを愛読してるという噂をきくにつけ、こんな荒波に放り込まれたリチャードさんはだいじょうぶかとドキドキしちゃいます。



今日はジョン・キーツの「輝く星」。


7."Bright Star" by John Keats

Bright star, would I were stedfast as thou art—
Not in lone splendour hung aloft the night
And watching, with eternal lids apart,
Like nature's patient, sleepless Eremite,
The moving waters at their priestlike task
Of pure ablution round earth's human shores,
Or gazing on the new soft-fallen mask
Of snow upon the mountains and the moors—
No—yet still stedfast, still unchangeable,
Pillow'd upon my fair love's ripening breast,
To feel for ever its soft fall and swell,
Awake for ever in a sweet unrest,
Still, still to hear her tender-taken breath,
And so live ever—or else swoon to death.



■splendour/ˈsplɛndə/

■eternal/ɪˈtəːn(ə)l/

■Eremite/ˈɛrɪmʌɪt/

■unchangeable/ʌnˈtʃeɪn(d)ʒəb(ə)l/

■swoon/swuːn/



前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"
愛のポエム Day 2 "Sonnet 116"
愛のポエム Day 3 "Annabel Lee"
愛のポエム Day 4 "To Be One with Each Other"
愛のポエム Day 5 "Maud"
愛のポエム Day 6 "To His Coy Mistress"



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 28日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)

「無実はさいなむ」にリチャード・アーミティッジさんが出てました。
・・・ずっと怒ってた・・・




今日はアンドリュー・マーヴェルの「はにかむ恋人へ」。
この詩はトムヒもお気に入りらしい。(無関係)



6."To His Coy Mistress" by Andrew Marvell

Had we but world enough and time,
This coyness, lady, were no crime.
We would sit down, and think which way
To walk, and pass our long love’s day.
Thou by the Indian Ganges’ side
Shouldst rubies find; I by the tide
Of Humber would complain. I would
Love you ten years before the flood,
And you should, if you please, refuse
Till the conversion of the Jews.
My vegetable love should grow
Vaster than empires and more slow;
An hundred years should go to praise
Thine eyes, and on thy forehead gaze;
Two hundred to adore each breast,
But thirty thousand to the rest;
An age at least to every part,
And the last age should show your heart.
For, lady, you deserve this state,
Nor would I love at lower rate.
But at my back I always hear
Time’s wingèd chariot hurrying near;
And yonder all before us lie
Deserts of vast eternity.
Thy beauty shall no more be found;
Nor, in thy marble vault, shall sound
My echoing song; then worms shall try
That long-preserved virginity,
And your quaint honour turn to dust,
And into ashes all my lust;
The grave’s a fine and private place,
But none, I think, do there embrace.
Now therefore, while the youthful hue
Sits on thy skin like morning dew,
And while thy willing soul transpires
At every pore with instant fires,
Now let us sport us while we may,
And now, like amorous birds of prey,
Rather at once our time devour
Than languish in his slow-chapped power.
Let us roll all our strength and all
Our sweetness up into one ball,
And tear our pleasures with rough strife
Through the iron gates of life:
Thus, though we cannot make our sun
Stand still, yet we will make him run.


■while/wʌɪl/

■transpires/tranˈspʌɪə/

■languish/ˈlaŋɡwɪʃ/

■prey/preɪ/

■devour/dɪˈvaʊə/

■languish/ˈlaŋɡwɪʃ/

■roll/rəʊl/


My vegetable love should grow Vaster than empires and more slowってル・グインの短編「帝国より大きくゆるやかに」が取られてるフレーズですね。


前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"
愛のポエム Day 2 "Sonnet 116"
愛のポエム Day 3 "Annabel Lee"
愛のポエム Day 4 "To Be One with Each Other"
愛のポエム Day 5 "Maud"



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 26日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)


今日はアルフレッド・テニスンのモード
20世紀初頭の英国小説を読むと中流階級のお嬢さんたちが暗誦させられていて、強制暗誦させられるつらそう詩という印象しかなかったのですが。

「庭においでよモード」の有名な部分ですが、リチャード氏が読むと声が深過ぎるのでモードが悪魔に誘惑されてるみたいです。




5."Maud" by Alfred, Lord Tennyson


Come into the garden, Maud,
For the black bat, night, has flown,
Come into the garden, Maud,
I am here at the gate alone;
And the woodbine spices are wafted abroad,
And the musk of the rose is blown.

For a breeze of morning moves,
And the planet of Love is on high,
Beginning to faint in the light that she loves
In a bed of daffodil sky,
To faint in the light of the sun she loves,
To faint in his light, and to die.

All night have the roses heard
The flute, violin, bassoon;
All night has the casement jessamine stirr'd
To the dancers dancing in tune;
Till a silence fell with the waking bird,
And a hush with the setting moon.

I said to the lily, "There is but one
With whom she has heart to be gay.
When will the dancers leave her alone?
She is weary of dance and play."
Now half to the setting moon are gone,
And half to the rising day;
Low on the sand and loud on the stone
The last wheel echoes away.

I said to the rose, "The brief night goes
In babble and revel and wine.
O young lord-lover, what sighs are those,
For one that will never be thine?
But mine, but mine," so I sware to the rose,
"For ever and ever, mine."

And the soul of the rose went into my blood,
As the music clash'd in the hall;
And long by the garden lake I stood,
For I heard your rivulet fall
From the lake to the meadow and on to the wood,
Our wood, that is dearer than all;

From the meadow your walks have left so sweet
That whenever a March-wind sighs
He sets the jewel-print of your feet
In violets blue as your eyes,
To the woody hollows in which we meet
And the valleys of Paradise.

The slender acacia would not shake
One long milk-bloom on the tree;
The white lake-blossom fell into the lake
As the pimpernel dozed on the lea;
But the rose was awake all night for your sake,
Knowing your promise to me;
The lilies and roses were all awake,
They sigh'd for the dawn and thee.

Queen rose of the rosebud garden of girls,
Come hither, the dances are done,
In gloss of satin and glimmer of pearls,
Queen lily and rose in one;
Shine out, little head, sunning over with curls,
To the flowers, and be their sun.

There has fallen a splendid tear
From the passion-flower at the gate.
She is coming, my dove, my dear;
She is coming, my life, my fate;
The red rose cries, "She is near, she is near;"
And the white rose weeps, "She is late;"
The larkspur listens, "I hear, I hear;"
And the lily whispers, "I wait."

She is coming, my own, my sweet;
Were it ever so airy a tread,
My heart would hear her and beat,
Were it earth in an earthy bed;
My dust would hear her and beat,
Had I lain for a century dead,
Would start and tremble under her feet,
And blossom in purple and red.




前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"
愛のポエム Day 2 "Sonnet 116"
愛のポエム Day 3 "Annabel Lee"
愛のポエム Day 4 "To Be One with Each Other"



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 24日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)


今日は
4."To Be One with Each Other" by George Eliot
検索すると「結婚式用の詩」が大量にヒットします。


What greater thing is there for two human souls
than to feel that they are joined together to strengthen
each other in all labor, to minister to each other in all sorrow,
to share with each other in all gladness,
to be one with each other in the
silent unspoken memories?


■soul/səʊl/

■strengthen/ˈstrɛŋθ(ə)n/

■labor/léɪbə/

■sorrow/ˈsɒrəʊ/

■gladness/ˈglædnəs/

■unspoken/ʌnˈspəʊk(ə)n/

■memory/ˈmɛm(ə)ri/


前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"
愛のポエム Day 2 "Sonnet 116"
愛のポエム Day 3 "Annabel Lee"



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 22日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)


今日は
3."Annabel Lee" by Edgar Allan Poe
ポーのアナベル・リーですね。
Of my darling—my darlingのところはちょっとドキドキしました。





3."Annabel Lee" by Edgar Allan Poe

It was many and many a year ago,
In a kingdom by the sea,
That a maiden there lived whom you may know
By the name of Annabel Lee;
And this maiden she lived with no other thought
Than to love and be loved by me.

I was a child and she was a child,
In this kingdom by the sea,
But we loved with a love that was more than love—
I and my Annabel Lee—
With a love that the wingèd seraphs of Heaven
Coveted her and me.

And this was the reason that, long ago,
In this kingdom by the sea,
A wind blew out of a cloud, chilling
My beautiful Annabel Lee;
So that her highborn kinsmen came
And bore her away from me,
To shut her up in a sepulchre
In this kingdom by the sea.

The angels, not half so happy in Heaven,
Went envying her and me—
Yes!—that was the reason (as all men know,
In this kingdom by the sea)
That the wind came out of the cloud by night,
Chilling and killing my Annabel Lee.

But our love it was stronger by far than the love
Of those who were older than we—
Of many far wiser than we—
And neither the angels in Heaven above
Nor the demons down under the sea
Can ever dissever my soul from the soul
Of the beautiful Annabel Lee;

For the moon never beams, without bringing me dreams
Of the beautiful Annabel Lee;
And the stars never rise, but I feel the bright eyes
Of the beautiful Annabel Lee;
And so, all the night-tide, I lie down by the side
Of my darling—my darling—my life and my bride,
In her sepulchre there by the sea—
In her tomb by the sounding sea.



■winged/wɪŋd/
Having wings for flight:

■seraph/ˈsɛrəf/
An angelic being

■covet/ˈkʌvɪt/
Yearn to possess

■sepulchre/ˈsɛp(ə)lkə/
A small room or monument, cut in rock or built of stone, in which a dead person is laid or buried.

■above/əˈbʌv/

■dissever/dɪ(s)ˈsɛvə/
Divide or sever (something):


上海のアナベルリーってここから取ってたんですね、行っても見るだけですけどね。豫園にニセモノ売ってるから私はそこで買うけどね。


前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"
愛のポエム Day 2 "Sonnet 116" 



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 18日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)


今日は
2."Sonnet 116" by William Shakespeare
シェイクスピアですよ、緊張しますね。


シャドウイングしてて気づいたのですが、love/lʌv/の発音がリチャード氏と自分ではぜんぜん違う。

リチャード氏の/ʌ/の音は長いんですね。ラーブみたいに聞こえる。
私は/ʌ/を長めに発音すると/æ/と区別できなくなるので/ʌ/は短く、/æ/を長めに発音していたのですが、そんなやり方は全然間違ってたようです。まあ間違ってるのは分かってたのですが、どうしたら区別できるか分からなかったもので・・・

BBCの発音教室 Unit 4: Egg, Cat and Cup
でもういちど勉強しなおしました。

/l/の発音も違うんですよね~。
リチャード氏の/l/は明らかに舌先がべったりと歯茎についてる感じ(ファンの方すいません・・・あんなお美しい方をつかまえて・・・)
自分の舌先は根性がないのですぐに歯茎から離れてしまう。




2."Sonnet 116" by William Shakespeare

Let me not to the marriage of true minds
Admit impediments. Love is not love
Which alters when it alteration finds,
Or bends with the remover to remove:
O, no! it is an ever-fixed mark,
That looks on tempests and is never shaken;
It is the star to every wandering bark,
Whose worth's unknown, although his height be taken.
Love's not Time's fool, though rosy lips and cheeks
Within his bending sickle's compass come;
Love alters not with his brief hours and weeks,
But bears it out even to the edge of doom.
If this be error and upon me proved,
I never writ, nor no man ever loved.



■impediment/ɪmˈpɛdɪm(ə)nt/
A hindrance or obstruction in doing something:

■alter/ˈɔːltə/
Change in character or composition

■wander/ˈwɒndə/
Walk or move in a leisurely or aimless way:

■sickle/ˈsɪk(ə)l/
A short-handled farming tool with a semicircular blade, used for cutting corn, lopping, or trimming:

■writ/rɪt/
A form of written command in the name of a court or other legal authority to ac



前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 16日 |
バレンタイン向けにリチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩をダウンロードしたので、英語学習に活用してみようと思い立ちました。

FREE: Classic Love Poems

収録されている詩は

1."How do I love thee?" by Elizabeth Barrett Browning
2."Sonnet 116" by William Shakespeare
3."Annabel Lee" by Edgar Allan Poe
4."To Be One with Each Other" by George Eliot
5."Maud" by Alfred, Lord Tennyson
6."To His Coy Mistress" by Andrew Marvell
7."Bright Star" by John Keats
8."Love's Philosophy" by Percy Bysshe Shelley
9.1 Corinthians 13:4-8
10."Meeting at Night" by Robert Browning
11."The Dream" by Edna St. Vincent Millay
12."The Passionate Shepherd to His Love" by Christopher Marlowe
13."I carry your heart" by e. e. cummings
14."She Walks in Beauty" by Lord Byron
15."Give All to Love" by Ralph Waldo Emerson


一部試聴できます。
"Sonnet 116"


聞く前は「・・・愛の詩をリチャード氏があのセクスィーな声で読むのなんてとても聞いてらんないわ・・・」と恐れていたのですが、ダウンロードして聞いてみたら思ったほど官能的な声ではありませんでした。
(「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」みたいなのを予想していた、変な予想すぎた)

ファンのかたがたはきっとメロメロになっておられるのでしょうが、私は「口説かれてる」というよりむしろ「説得されてる」ような気分になりました。発音もハキハキしてるし、新商品のプレゼンテーションみたい。(ファンの方すいません・・・)


これはあまり感情移入せずに冷静に音読練習に使えるのでは?とやってみたらけっこう良い感じです。
一日一詩ずつ、2週間ほどで練習してみる予定です。

今日はエリザベス・ブラウニングの"How do I love thee?"
/ð/と/θ/が多用されてるので良い訓練になりました。


1."How do I love thee?" by Elizabeth Barrett Browning

How do I love thee? Let me count the ways.
I love thee to the depth and breadth and height
My soul can reach, when feeling out of sight
For the ends of being and ideal grace.
I love thee to the level of every day’s
Most quiet need, by sun and candle-light.
I love thee freely, as men strive for right.
I love thee purely, as they turn from praise.
I love thee with the passion put to use
In my old griefs, and with my childhood’s faith.
I love thee with a love I seemed to lose
With my lost saints. I love thee with the breath,
Smiles, tears, of all my life; and, if God choose,
I shall but love thee better after death.



■thee/ðiː/ 
Archaic or dialect form of you, as the singular object of a verb or preposition.

■breadth/brɛdθ/
The distance or measurement from side to side of something; width:

■lose/luːz/
Be deprived of or cease to have or retain (something):

■breath/brɛθ/
The air taken into or expelled from the lungs:


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 02月 09日 |
リスニング能力を高めようと英語の天気予報を聞いてみたりしています、無謀ですね。

Met Office(イギリス気象庁)の気象予報担当者の英語が優れていると聞きかじったのでトライしてみました。

UK weather forecast


天気予報士の人は何人かいるようで、ものすごい早口だったりしてリスニングは難しい。

Calum MacCollさんって人がいるのですが、名前からしてスコットランド人かなあと思ったらやはりスコッツでした。バグパイプ演奏するんですって。好きな映画はロード・オブ・ザ・リングですって。可愛いですね。

そして彼の天気予報はものすごく訛っている・・・rrrrrの音が素晴らしい。
こんな訛ってる人でもお天気お兄さんできるのか。

Tuesday's Forecast



勝手にコピペ
bebo.com - Profile from Calum MacColl

Me, Myself, and I
Hi, i'm Calum (the guy with so many middle names). I was born in inverness, however, have lived all my life in Fort William. I play the bagpipes, which earns me a lot of money through competitions, weddings, funerals (etc). I hope to one day compete at the highest level in piping. I am also about to go to uni to study meteorology (no not about meteors, WEATHER!!!) I have been interested in it all my life, and now want a career in it. So maybe I'll be presenting the weather some day.
Music
Love scottish music with good pipe tunes in it. Like wolfstone, guns and roses, green day, chilli pepers (etc)
Films
Lord of the rings and of course the best film ever,


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 01月 17日 |
というわけで楽しく「パーソン・オブ・インタレスト」を見ているわけですが、SNS長者を守るという回で、守られた人物がリース君に
「ここが中国ならあんたは一生俺の保護者だな」
とか言ってました。

リース君は
「さいわいここは中国じゃないからな」
とクールに返してましたが、この「中国のことわざ」、英語のドラマや小説でよく目にするのですがいったい根拠はどこにあるのでしょうか?

ネットでサーチするとヒッチコックの映画の台詞とかがヒットします。
If you save a life, you are responsible for it.とか言うらしい。

英語の智恵袋みたいなサイトで同様の疑問を抱いてる人がいましたが、父母が中国人という回答者は「両親は思い当たることわざはないと言ってる」と答えてました。


それにしても中国人がまず言いそうもないことわざなのが面白い。助けてもらって恩を返すならともかく、助けてやって、さらに一生相手の面倒を見るなんてありえなさそう。


英語で「中国のことわざで・・・」というときって、たいてい儒教社会、官僚制社会では考えつかないようなことわざじゃないですか?西洋人はいったい中国をなんだと思っているのでしょうかね。

中国人がいいそうなのは
「我願来世做牛馬(このご恩は来世で牛馬になってお返しします)」
「一夜夫妻百日恩(いったん夫婦になったらその感情は長くつづく)」
「恩同再造(命を助けてもらうほどの大恩)」
とかでしょうか。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 12月 27日 |
12月30日(火)午後7:00~9:50にBSプレミアムで「ホビット 思いがけない冒険」が放送されます。
三部作の第一部です。

原作は児童文学なので何も考えなくてもそれなりに楽しめると思うのですが、私はこのシリーズ見たときアクションはすごく面白かったけどストーリーと背景がさっぱり分からなかった(第二部から見たからよけい)。

はじめて見たとき(自分が)分からなかったところを考えながら書いてみます。
どうでもいい記事なのでスルーでOKです>いつも来てくださるみなさん
内容はいいかげんですので本気になさらないでください。訳をつけてみたところもありますが適当です。英語訳すのって中国語訳すより難しいですね。

■プロローグ

冒頭に出てくる年配の男性がホビットのビルボ・バギンズ氏。このシリーズのホビットサイドの主人公。
ホビットというのはミドル・アース(この映画の舞台となっている世界)のシャイア(ホビット庄)に住んでいる美味しいものが好きな気のいい種族です。
小柄で脚に毛が生えていていつも裸足です。ぽっちゃりしていて髪はカールしていることが多い。男女ともヒゲはありません。服装はカラフル。
おしゃれ番長マーティン・フリーマンが見事にマルチカラーを着こなしています。

「ホビット」の原作はビルボ・バギンズ氏の若かりし日の冒険の回想録という形式。映画では老ビルボが語る形になっています。
プロローグはなぜ田舎紳士のバギンズ氏が冒険に飛び出していったかの説明。
まずドワーフたちに起きた歴史的事件の説明があります。


■エレボールのドワーフたち

ドワーフの都エレボールは繁栄を極めていました。
ドワーフは貴金属や宝石を愛する種族。愛憎が激しく、嫉妬深い。自分の所有物に対する執着も強く、結婚は一度しかしません。しかも女性が男性の1/3しかいないので未婚率が非常に高く、こどもが生まれにくい種族です(映画とは直接関係ない情報)。
背は低く、がっしりしていて長いヒゲが特徴。
自分たちだけの秘密の言語クズドゥルを使って会話することもあります。

エレボールの王はスロール。息子のスラインと孫のトーリンも宮殿に同居しています。
彼らの先祖はドゥリンというドワーフ。ドゥリンの子孫は長髭族とも呼ばれます。(これは一応映画に関係ある情報)


■エルフたち

近所のマークウッド(闇の森)にエルフが住んでいます。王様はスランドゥイル。
エルフは背が高く、髪が長く、気取った歩き方です。ヒゲがないのでつまらない。
殺されない限り自然死はしません、永遠に生きるらしいです。
エルフが登場すると高貴な感じの女声のコーラスが流れてくるので、すぐ分かります。
ドワーフも強欲ですが、エルフも宝石に目がなく、かつて首飾りの加工料金をめぐってドワーフとエルフのあいだで大戦争が起こったほどです。五十歩笑百歩。


■スマウグによるエレボールの略奪

エレボールにはたくさんの財宝が蓄えられています。
その財宝に惹きつけられてドラゴンのスマウグが襲ってきます。
スマウグが登場するときの音楽は耳障りな金属音。ガムランを使っているそうです。

財宝を守ることしか考えていないスロール王に代わって、息子のスラインと孫のトーリンがドラゴンに立ち向かいます。
このときの「ドウベガー!」という叫びがクズドゥル(ドワーフ語)です。
叫んでいるトーリン王子がドワーフ側の主人公。彼のシンボル・カラーは青と銀です。よく長髪が風にそよいでいるので覚えやすいと思います。特殊メイクで気づきにくいかも知れませんが、演じている俳優さんはものすごい美男子(という古風な表現をしてみたい)です。

城壁でトーリンと会話してるドワーフがバーリン。
トーリンとは曽祖父が兄弟同士(だっけ?)の親戚関係で、後にはトーリンの相談役兼語り部になります。


逃げ惑うドワーフはエルフに助けを求めますが、スランドゥイルは援軍を出しませんでした。
(スランドゥイルははるか昔の戦いでドラゴンと戦ったことがあり、もう係わりたくないと思ってるらしいと第二部でほのめかされますが、この時点ではただの卑怯者に見えます)

エレボールを追い出された流浪のドワーフたちは生活のために人間の町で肉体労働したりと苦労を重ねます。
ドラゴンに略奪され、エルフに裏切られ、人間に見下されたドワーフたちは世界のすべてを敵だと感じています。


■バースディ・パーティ

というのがビルボ・バギンズ氏が生まれる前のドワーフたちのエピソードでした。
で、場面は老ビルボとフロドの会話に戻ってきます。
この日は老ビルボのバースディ・パーティが行なわれる予定です。
「ロード・オブ・ザ・リング」ファンなら「旅の仲間」冒頭のパーティの日だというのがピンとくることでしょう。私はファンじゃないので分かりませんでしたが。


■ガンダルフ登場

ここで話は60年前、冒険が起こった当日に戻ります。
老ビルボが退場し、若いビルボが同じ屋敷バグ・エンドでパイプをふかしている場面に変わります。
ホビットのテーマはオーボエ(かクラリネット?)の素朴で懐かしさを感じさせる田園調のメロディです。



この世界の時間軸は
A.大昔:ドワーフがエレボールを追い出され、辛酸を舐める歴史上のできごと。

B:若ビルボの冒険物語。Aから百年後くらい???

C:老ビルボの誕生日。Bから60年後。ビルボは回想録を書きながらガンダルフを待っている。「ロード・オブ・ザ・リング」が始まる日。

それが映画では
C、A、B、A、B・・・(最後にふたたびC)
と進んでいくので私にはよく分からなかった・・・

なお、原作の小説には「B:若ビルボの冒険物語」の部分しか書かれていません。

と、プロローグだけで力つきました。
続きはまた今度。

ドワーフの歴史を詳しく知りたい方は「指輪物語」とか「シルマリルの物語」に記載があります。
過去記事
部外者のためのドゥリンの一族の歴史(地図つき) ①
にもダレダラと分かりにくく書きました。


ものすごく見にくい地図ですが
①ドワーフの都エレボール
②ドワーフが流浪のすえに落ち着いたエレド・ルイン
③ホビットの住むシャイア






今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]