カテゴリ:■英語学習■( 88 )
|
|
2017年 04月 15日 |
Work on Your Accent: Clearer Pronunciation for Better Communication

HarperCollins UK (2012/8/1)
20170415210751


久しぶりに教材のレビュー。
教材はケンブリッジ派だった私ですが、しばらく前にコリンズを好きになってしまい、最近はもっぱらコリンズばかり買っています。

Work on Your AccentはDVD付きで英語の発音を基礎からばっちり教えてくれるようです。
こんなブログを書いてるので英語得意と思われがちなブログ主ですが、紙上談兵タイプなので実際には英語はとても下手なことはお含みおきください。


子音が終わって今日から母音ですが、いいですね、このテキスト。
Lに明るいLと暗いLがあるのは知っていましたが、別々の章で説明してる教材は初めて見た。
Rなんて「発音するとき」「発音しないとき」に加えて、「文章にあらわれないがRが存在するとき」と三章に渡って説明されています。

で、今日から母音なんですが、最初がシュワ/ə/です。
普通aとかから始まると思うのですが・・・独自展開にしびれるぜ。

それで/ə/と/əː/をやったんですけど。
どの発音教材も鏡を見ろ、録音しろと書いてありますが、いままで鏡を見たことがなかった。鏡出すのが面倒で。

でも今回は心を入れ替えて鏡に照らしてみたんですよ。
それで気がついた。

1.唇と歯を離す、ほんの少しだけ。※
2.舌をリラックスさせ、先端を前歯の後ろで自然に休ませる。
3.シュワは形は必要ありません。唇と舌と顎はニュートラルに、自然に。

と説明があるにもかかわらず、お手本の映像の女性は上下とも歯が見えている。
が、鏡に映った自分の口には歯はちらりとも見えない。

20170415210753

20170415210754




歯は・・・見せるべきなのか・・・?
と思って努力したところ、自分の場合はかなり力を込めて鼻に皺を寄せてむき出さないと歯は見えないことが判明。威嚇するニホンザルのような顔になりました。

イギリス人はリラックスしていても歯が剥き出しになる骨格(歯格?)なのだろうか?
そういえば私はベネディクト・カンバーバッチ氏の英語が好きで、彼が喋っているときは一生懸命見つめているのですが、初めて見たときは
「すごく歯をむき出しにして喋ってるなあ」と感心したこと思い出しました。

自分でも歯をむき出しながら発音練習して録音してみたところ、かなりネイティブに近い発音になった気がするのですが、しかし最もリラックスするシュワでこんなに威嚇しながら喋ったら会話とか不可能ですね。

※いま自分でもう一度読んだら「唇と歯を離す」って書いてありますね。
「唇と唇を離す」のかと思ってた。わざわざ歯に言及してある意図は?
日本語の母音の説明をするときに歯のことはまず説明しないと思うのですが、英語では歯も説明するのか?


とても自然に歯が見えているベネディクト・カンバーバッチ氏。うらやましい。

20170415210749


20170415210747


何を驚いてるかというと、英語ネイティブが英語喋るときに前歯が見えることには薄々気づいていたが、自分が英語をしゃべるときに、前歯がまったく見えていないことにはいま初めて気づいてショックを受けているのです。
英会話教室とかも行ったことあるのですが、誰にも
「前歯を剥き出しにしろ!」
と注意されたことがありません。

自分の場合は日本語で喋るときにも前歯はあまり見えないようです。
どうすれば前歯を見せて喋れるのか?出っ歯の人が妬ましい。


[PR]
2017年 04月 09日 |
(自分用メモなのでお構いなく)

今日は二日目にしてすでに重大歴史的イベント連発です。

朗読版の良いところは、メイスターに個人教授してもらってる気分になれるところです。
声が年配男性なのも雰囲気が盛り上がりますね。

前回記事


今日の進み具合:
チャプター9から10まで。

「一万隻の船」

このお話の主役はナイメリア(Nymeria)。
アリア・スタークのダイアウルフの名前でもあります。ドラマ見たときはなんのこっちゃと思いましたが、背景にはこんな歴史物語が。

ロイン(Rhoyne)の人々は迫りくるヴァリリア帝国の脅威に立ち向かおうと兵を集めます。
プリンセス・ナイメリアは反対しますが、多勢に無勢、開戦となりました。
しかしドラゴンを駆使するヴァリリアにはひとたまりもなく、ロイン人は絶滅。
ナイメリアは生き残った女こどもや老人を率い、一万隻の船で放浪。

大船団のようですが、軍艦ではなく漁船や筏をかき集めたというのがリアル。旅の途中でグレイスケールにかかって命を落とす者も出たりして、さりげなく風土病の説明も。

艱難辛苦の末、ロイン人たちはウェスタロスの端っこのドーンにたどりつきます。
当時のドーンはアンダル人の諸侯がケチな争いを繰り広げる田舎だったようです。
プリンセス・ナイメリアはモース・マーテルと結婚。

船を焼いて不退転の覚悟を示すナイメリア。破釜沈船の故事ってウェスタロスにもあるのね。

ナイメリアの連れてきたロイン人のうち八割は女性でしたが、彼女たちはロインの風習で戦士であり、残りの男たちもエッソスの先進的な技能を伝える工匠でした。
ロイン女性たちもドーン人と結婚し、マーテル家はドーンの覇者となりました。

ナイメリアは三度結婚。三人目はSer Davos Dayneという魅力的な騎士でした。
ダヴォスって人はこのあとリーチとバラシオン家のところにも出てくるのですが、よくある名前だったのでしょうか。
ダヴォスとナイメリアの間には息子がいて、アンダルの慣習ではこの息子が世継ぎとなるはずですが、ナイメリアはロインの掟にしたがってモース・マーテルとの娘に後を継がせます。
ドーンが男女同権の国となったのはナイメリアのおかげだったのですね。


「ヴァリリアの災厄」

エッソスの西半分を支配してブイブイいわせていたヴァリリアですが、おごる平家は久しからず、the Doomと呼ばれる大災害によって忽然と歴史から姿を消します。
その日を予見していたのはAenar TargaryenとDaenys the Dreamerだけだったかも知れないという意味深な文章があるんですが、予知夢でも見たんですかね。
ウェスタロスのドラゴンストーンに前哨基地を築いていたターガリアン家は、the Doomを逃れます。
ドラゴンストーンにthe Citadelを作ったそうなのですが、大文字になっているのはなぜなのか。単に城塞のことか、それともシタデル(学問所)のことなのか。


Thousand Ships
The Doom of Valyria

[PR]
2017年 04月 07日 |

(自分用メモなのでお構いなく)


AudibleでThe World of Ice & Fireを聞き始めました。
ざっと聞いてみたところ、思ったより面白いです(失礼)。
とくに鉄諸島のとこが愉快、隙を見せるとすぐ反乱を起こす鉄人たち、何かというと襲撃されるラニスポート。

しかしやはり耳で聞くだけではよく分からない部分もあり(とくに人名と地名)、テキストがほしいのでkindleも購入しました。アマゾンに貢いでいます。
それと音声版は目次がないので、どのチャプターで何が話題になっているのか分からない。これは不便なのでなんとかしてほしいわ。


今後の進め方の方針:
・まず音声だけ聞く(家事をしながらとかでOK)。
・テキストを見ながら音声を再生。
一日一時間を目標。
気が向いたらシャドウイングやオーバーラッピングを楽しむ。
・翌日同じところを音声だけ聞く(家事をしながらとかでOK)。


今日の進み具合:
チャプター1から8まで。

The World of Ice & Fireはメイスター・ヤンデルがトメン王にささげた歴史書。自分の本を後世の人々に役立てたいという序言が感動的です。

朗読者が二人いるのは、Roy Dotriceが本文を朗読し、Nicholas Guy Smithが注釈部分を朗読しているため。
三国志で言えば陳寿が本文を、裴松之が注釈を朗読してるような感じ。
「氷と炎の世界」自体も後漢(ターガリアン)を滅ぼして天下統一した曹操(ロバート・バラシオン)の時代の史書を陳寿(メイスター・ヤンデル)が司馬懿(タイウィン・ラニスター)に命じられて執筆したと考えれば分かりやすいのでは(→わかりにくい)


森の子供たちのところは、指輪物語で言えばアルダでイルヴァタールと呼ばれる方である、のような壮大すぎる歴史の序章。壮大すぎて絶対寝てしまうわーと思ってましたが持ちこたえました。
最初の人々の部分短すぎて可哀想。

ヴァレリア帝国の勃興からアンダル人が逃げ出してウェスタロスに移住してくるところまで聞きました。エッソスは地理が分からないから何のことかさっぱり。ヴァレリア帝国が悪逆すぎる。

今日聞いたチャプター:
Preface
The Dawn Age
The Coming of the First Men
The Age of Heroes
The Long Night
The Rise of Valyria
Valyria's Children
The Arrival of the Andals



[PR]
2016年 06月 17日 |
今年も「CaptureStream」「ダウンロードできない」の検索ワードで訪問くださる方が急増する季節となりました。


でもうちの子はふつうにmp3でダウンロードできてるんだけど?

と思ってソフトのダウンロードサイトへ行ってみたところ、もうソフトを公開されていないようですね。
とてもよくできたソフトだったので残念です。私のような貧乏で怠け者の語学学習者にはありがたい存在でした。

これまで本当にありがとうございました。


高梨IT製作所さんのほうは継続して公開しておられるようなので、そちらにトライしてみるのもよいかもしれませんね。
さっき見て来たら1.1.4がダウンロードできるようです。
win10マシンに入れてみたところ快調に動きました。


みなさんの語学学習が楽しいものでありますように。



7月追記

うちのWIN7マシンで動いてくれてたCaptureStreamもついにダウンロードできなくなってしまいました。
いままでありがとう。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 03月 22日 |
ひさしぶりに読みたいと思った作品が「会員のみ」になっていたので、ここはいっちょ会員登録してみるかと思ったのですが、登録はその場ではできないようです。

まずサイトにアクセスして、招待メールをもらいます。

トップページ右上の
Log in
をクリックすると、
User name:
Password:
のさらに下に
Get an Invitation
というリンクがあります。

ここをクリックして
Emailのところに自分のメールアドレスを入力し
Add me to the listをクリックすると、そのうち招待メールが送られてきます。

だいたいの受け取り予定日が表示されますが、もっと正確に知りたい場合は
Wondering how long you'll have to wait?
のところにアドレスを入れてクリックすると、何人目にリストアップされているか分かります。
私のときは1300人以上行列しててびっくり。

しかしスタッフの仕事は迅速で予定通り翌日招待メールが送られてきました。


[AO3] Invitationというタイトルのメールに登録用アドレスが載ってるのでそこをクリック。
登録自体はごく普通にユーザー名やパスワードを設定します。

年齢条件をクリアし、利用規約を受諾すると登録完了。
が、ここであせってログインしようとしてもまだできないのです。

さらに確認メールが送られてきますので、そのメールに従ってログイン画面にアクセスし、ログインします。

ログイン成功おめでとう!
AO3をゆっくり楽しみましょう。



ログインするとkudoを押したときに自分の名前が載るのでなんだか嬉しい。
ブックマークも作れるので便利。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 11月 01日 |
10月は英語だけ。合計12時間。


<10月のふりかえり>


■Get Rid of Your Accent for Business: Pt. 3: The English Pronunciation and Speech Training Manual (Elocution)
42章まで終了。
/dʒ/と/ʒ/の聞き分けができずちょっと悩んでいたのですが、この本の/ʒ/はフランス語由来の単語ばっかりだったので、なーんだ、鼻声で発音すればいいのかサボタ~ジュとかポタ~ジュとか。と割り切ることにしました。


■日本のことを1分間英語で話してみる
40章まで終了。
トピックの選択は良いのですが、日本語と英語があまりにかけはなれているのでサイトラの練習に使えない。どっちからどっちを訳してるのか分からないが、もっと直訳にしないと誰にとっても役に立たないのではないか。


■日本的事象英文説明300選
11章まで終了。
「日本のことを1分間英語で話してみる」に比べると単語が固め。


■A Practical English Grammar
進んでない。

■「攻略!英語リスニング」
録音がたまっています。

■「実践ビジネス英語」
録音がたまっています。

■BBC Learning English 6 Minute English
録音がたまっています。

■Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary
進んでない。


■中国語
学習を断念しました。(年内断念予定)


<11月の学習方針>

前月に同じ。あせってもしょうがないしね。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 10月 01日 |
9月はめちゃくちゃ英語勉強したでー!!
と思って計算してみたら16時間しかやってなかった。
単純計算で一日わずか30分。あのものすごい努力感はなんの幻だったのか・・・!?


<9月のふりかえり>

■「攻略!英語リスニング」
「ストーンヘンジ」のトピックだったのにけっこう長いことマンハッタンの話題だと思い込んで聞いていた。こんな私にリスニング学習の意味はあるの?(疑問)

■「実践ビジネス英語」
雇用市場は回復傾向だそうです。
俺には恩恵は回ってこないよ・・・why・・・

■Get Rid of Your Accent for Business: Pt. 3: The English Pronunciation and Speech Training Manual (Elocution)
33章まで終了。
この本どこがビジネス用なんだろう?と疑問だったのですが、どうやら例文にビジネス用語がちりばめられているってことらしい。銀行が金を貸してくれない例文が多い。

■A Practical English Grammar
262ページまで終了。3ページほど前進。

■BBC Learning English 6 Minute English
まったく聞かず。もったいない。

■Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary
英語ネイティブ向けの語彙増強本。なかなか面白いです。
しかし字が細かい。せめてA4サイズで出版してくれ・・・
42ページまで終了。

■日本のことを1分間英語で話してみる
22章まで終了。
筆者は一人ではないのかも知れない。話題によってけっこう文章にバラつきがあるような?
同じ文章中の同じ単語にtheがついたりつかなかったりする現象が頻出する理由を猛烈に知りたい。

■日本的事象英文説明300選
トピック300なんて永久に終わらないだろうと思ったら、各トピックはごく短い文章でした。
ハロー通訳アカデミーのサイトから1000円で購入できるのに、アマゾンで中古品を3万円以上で出品している業者は何なのだろうか・・・騙される人いるのか?


■中国語
学習を断念しました。(年内断念予定)


<10月の学習方針>

前月に同じ。
今月から英会話教室に通ってみようかと思っています。
しかしこんなにも中国化してしまった自分と英語を学ぶ普通の人たちの間で会話が成り立つのか不安。英語以前の問題。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 09月 15日 |
英語の文章を読んでいるとよくplastic bagという単語がでてきます。
買い物をplastic bagに入れたりするらしい。
プラスチックのバッグを持ち運びできるなんてさすがアメリカ人は力持ちやなと毎回感心していたのですが、ふと辞書をひいてみると
「レジ袋」
とありました。

なんだ、ビニール袋のことか。
とちょっとがっかりしたとき、「レジ袋」の横に「ポリ袋」と併記されてるのに気づきました。
私のイメージでは「ポリ袋」というのは「ポリバケツ」に入っている大きくて丈夫なゴミ袋なのですが、「レジ袋」と「ポリ袋」は果たして同じものなのか?


と疑問に感じてネットでいろいろ検索してみたところ、とてもショッキングなことを知りました。


■ポリ袋
ポリエチレンやポリプロピレンを原材料とする袋。
ポリエチレン(PE(Polyethylene))、ポリプロピレン(PP(Polypropylene))はどちらもプラスチックの一種。
ポリエチレンは石油が原料だが、最近では植物由来ポリエチレンも開発されている。
英語のプラスチック・バッグというのは正しい認識なのですね。

東洋製罐のサイトが分かりやすかった
プラスチックの種類


■ビニール袋
ポリ塩化ビニール(vinyl)を材料とした袋。
毒性があるため、現在では食品用には使われていない。

知らんかった・・・ビニール袋ってもはや絶滅していたのですね・・・


しかし塩化ビニールはすでに使われていないというのは分かったが、「ビニール袋」のことを「ナイロン袋」とも呼びませんか?
でも考えてみたらビニールとナイロンって別の物質?


■ナイロン袋
ナイロン(Nylon)は衣服に使用される石油製品。
価格が高いので家庭用ゴミ袋としては使われないらしい。
ええええ、いままで数十年間ナイロン袋と思っていたあれらはナイロン製品ではなかったのか・・・って冷静に考えれば明らかにナイロンじゃないですよね。

どうやら関西方言らしいです。
そういえば私は合成繊維のことは何でもナイロンと言ってしまう。「・・・(違う、これはポリエステル)・・・」と途中で気づくのですが、ナイロンのほうが言いやすいし。関西人はけっこう何でもナイロンって呼ぶような気もする。

ネットでは「関西の年寄りの言葉」とかあったけど、じつは今日20代の子がナイロン袋と言うのを聞いてしまったの。21世紀に生きるナイロン袋。

「リボンの騎士」にナイロン卿という悪役がいましたが、あれも手塚先生が関西出身だからこそ生まれたキャラクターなのかもしれませんね。



そういえば韓国語を勉強してたとき「ビニール袋はいりますか」みたいな文を練習しました。
「びにる」って発音が愛らしかったので覚えているのですが、韓国でもポリ袋のことを비닐呼ぶようで(無論材料はプラスチックでビニールではない)、間違ってるところに親近感を覚えます。
実際の材料と違う名前で呼んでしまう日用品というのはどこの文化にもあるのでしょうか。
小麦粉をメリケン粉っていうようなもの?



ついでにストッキングもいまはナイロンじゃなくってポリウレタンなんですって。
ナイロン・ストッキングって呼んでたわ・・・間違いだった。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 09月 14日 |
日本のことを1分間英語で話してみる

広瀬 直子 KADOKAWA/中経出版


同内容の本を書店で何冊か見比べて買いました。
この本にした理由は

・字が大きく余白が広い
他の本は小さい字でぎっしり書いてあって読む気がしないのが多かった。

・一章が短い
上と同じような理由なのですが、長いと飽きるし読む気が起こらないので、いちばん短そうな本書にしました。

・紙質がよくて印刷がきれい
しばらく使うテキストなので、手にしたときの手触りとかも重要だと思うんです。

・一分間のくぎりがある
一分で喋れる内容なので、コンパクトにまとまっています。話す長さの感覚をつかむ訓練がしたいのでちょうどいい。


80章あるので、一日一章ずつやる予定。目標は3ヶ月で終了。

一回の流れはだいたい
・日本語を見て英語に口頭で訳出(サイトラってやつ)
・英語を見て答えあわせ
・音声を聞く
・音読
・シャドーイング
・再度日本語を見ながら通訳

以上を気がすむまでやる。(といっても飽きっぽいので30分が限度)


ちょっと誤算だったのが、日本語は英語の直訳ではなく自然な意訳になっていて、私のレベルではテキストのような英語に訳しにくい。
(「出生率が低下している」という英語が「少子化が進んでいる」になってるようなレベルの意訳。しかし出生率低下と少子化は同じではないと思うのですが・・・いや同じなのか?)

それと音声の吹き込みが、NHKの講座やTOEICの教材でよくお世話になるあの方だったのです。こういう教材は音読担当者の名前が載ってないので買ってみないと分からないのが難点。



うーん、この人の声苦手なんだけど・・・大丈夫かなと心配しながら始めたのですが、危惧したほど苦手感はありませんでした。
けっこう落ち着いた読み方だったのもあるかな。
NHKの講座が辛いのはウキウキハッピーな演技が過剰に感じられるせいかも知れません。




この方の読み方が悪いというつもりはまったくないのです。単に好みの問題です。
なにしろ私の女神はマギー・スミスとジュディ・デンチなので、陽気なアメリカーンっぽい声は自分のお手本として受け入れにくい。(アメリカーンじゃなくてカナディアンだが)

こういうムダなこだわりの強さが自分の語学の上達(だけでなくてあらゆる局面での発達)をさまたげているのも分かっているのです。




ジュディ様がトールキンを朗読しておられる動画




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 08月 20日 |
「ホビット」第三部でトーリンがビルボが手に何かを持っているのを見て

"What is that? In your hand!"
(あれは何だ?お前の手の中だ!)

という台詞があるんです。ここはどうして

"What is it? "
(それは何だ?)

にならないんだろうと漠然と疑問に思っていたのが偶然見た知恵袋で氷解。

引用させていただきます

What's this? と What is it? の違い

>子供さんの手のひらに「何か}を置いて What is it?

この「What is it?」は「What is that?」です。

日本語だと「それ」と表現されるのが英語でit, that のどちらであるべきかの区別は大人なら「人称代名詞」と「指示代名詞」の違いという文法的観点から緻密に解説できますが、子供に理解させるためには、ちょっと苦労しますね。

this / that :話し手に近いなら「this」、話し手から遠いなら「that」。
英語にはこの2種類しかありません。だから日本語の「それ」もthatになります。
この2つは「何かを指差して示す」ときに使う言葉(指示代名詞)であり、突然使っても構いません。

じゃあ、it って何か?というと、これは「I/we, you, he/she/it, they」の仲間なんです。
つまり「Bob」という名前をhe, 「Jane」をsheで受けるように「すでに話しに出てきた具体的な名詞」の繰り返しを避けて使うのが「it(複数ならthey)」なんです。こちらは「すでに何かの名前が話しに出てきて」はじめて使えます。指差して「What is it?」とはいいません。「it」で示されるものが遠くにあろうと近くにあろうと、そういう距離や位置は関係ありません。


引用終わりました


そうか~そういう違いなんだ~。
トーリンはビルボが何を持っているのか知らないので"What is it? "とはいえないんですね。


そういえばサンディエゴ・コミック・コンでドゥーガルを見つけたリチャード氏が
"Dwalin?...is that you?(ドワーリン・・・あれはお前なのか?)"



とツイートしてました。
そのときにも、どうして"Dwalin?...is it you?"にならないんだろう?と疑問だったのです。
上記と同じ原理なのですね。

Thatは私には使いにくい。



思い出したついでにホビットコンのDVDを見てたらオイン役のジョン・カレンさんが、ドワーフキャストへのお約束質問

「セットから何か小道具を盗みましたか?盗んだとしたら、What is it?(それは何ですか)」

に対して

「盗んだかだと?何てことを聞くんだ。そのうえWhat is it?
What are they?だろ!」

と答えて笑いをとってました。
そのときも「 it の複数ってtheyなのか~」などと中学生以下の感想だった阿呆な私です。
ここでは盗んだ既知のものという流れなのでWhat is that?とは言えないのですね。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]