カテゴリ:■英語学習■( 85 )
|
|
2016年 06月 17日 |
今年も「CaptureStream」「ダウンロードできない」の検索ワードで訪問くださる方が急増する季節となりました。


でもうちの子はふつうにmp3でダウンロードできてるんだけど?

と思ってソフトのダウンロードサイトへ行ってみたところ、もうソフトを公開されていないようですね。
とてもよくできたソフトだったので残念です。私のような貧乏で怠け者の語学学習者にはありがたい存在でした。

これまで本当にありがとうございました。


高梨IT製作所さんのほうは継続して公開しておられるようなので、そちらにトライしてみるのもよいかもしれませんね。
さっき見て来たら1.1.4がダウンロードできるようです。
win10マシンに入れてみたところ快調に動きました。


みなさんの語学学習が楽しいものでありますように。



7月追記

うちのWIN7マシンで動いてくれてたCaptureStreamもついにダウンロードできなくなってしまいました。
いままでありがとう。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 03月 22日 |
ひさしぶりに読みたいと思った作品が「会員のみ」になっていたので、ここはいっちょ会員登録してみるかと思ったのですが、登録はその場ではできないようです。

まずサイトにアクセスして、招待メールをもらいます。

トップページ右上の
Log in
をクリックすると、
User name:
Password:
のさらに下に
Get an Invitation
というリンクがあります。

ここをクリックして
Emailのところに自分のメールアドレスを入力し
Add me to the listをクリックすると、そのうち招待メールが送られてきます。

だいたいの受け取り予定日が表示されますが、もっと正確に知りたい場合は
Wondering how long you'll have to wait?
のところにアドレスを入れてクリックすると、何人目にリストアップされているか分かります。
私のときは1300人以上行列しててびっくり。

しかしスタッフの仕事は迅速で予定通り翌日招待メールが送られてきました。


[AO3] Invitationというタイトルのメールに登録用アドレスが載ってるのでそこをクリック。
登録自体はごく普通にユーザー名やパスワードを設定します。

年齢条件をクリアし、利用規約を受諾すると登録完了。
が、ここであせってログインしようとしてもまだできないのです。

さらに確認メールが送られてきますので、そのメールに従ってログイン画面にアクセスし、ログインします。

ログイン成功おめでとう!
AO3をゆっくり楽しみましょう。



ログインするとkudoを押したときに自分の名前が載るのでなんだか嬉しい。
ブックマークも作れるので便利。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 11月 01日 |
10月は英語だけ。合計12時間。


<10月のふりかえり>


■Get Rid of Your Accent for Business: Pt. 3: The English Pronunciation and Speech Training Manual (Elocution)
42章まで終了。
/dʒ/と/ʒ/の聞き分けができずちょっと悩んでいたのですが、この本の/ʒ/はフランス語由来の単語ばっかりだったので、なーんだ、鼻声で発音すればいいのかサボタ~ジュとかポタ~ジュとか。と割り切ることにしました。


■日本のことを1分間英語で話してみる
40章まで終了。
トピックの選択は良いのですが、日本語と英語があまりにかけはなれているのでサイトラの練習に使えない。どっちからどっちを訳してるのか分からないが、もっと直訳にしないと誰にとっても役に立たないのではないか。


■日本的事象英文説明300選
11章まで終了。
「日本のことを1分間英語で話してみる」に比べると単語が固め。


■A Practical English Grammar
進んでない。

■「攻略!英語リスニング」
録音がたまっています。

■「実践ビジネス英語」
録音がたまっています。

■BBC Learning English 6 Minute English
録音がたまっています。

■Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary
進んでない。


■中国語
学習を断念しました。(年内断念予定)


<11月の学習方針>

前月に同じ。あせってもしょうがないしね。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 10月 01日 |
9月はめちゃくちゃ英語勉強したでー!!
と思って計算してみたら16時間しかやってなかった。
単純計算で一日わずか30分。あのものすごい努力感はなんの幻だったのか・・・!?


<9月のふりかえり>

■「攻略!英語リスニング」
「ストーンヘンジ」のトピックだったのにけっこう長いことマンハッタンの話題だと思い込んで聞いていた。こんな私にリスニング学習の意味はあるの?(疑問)

■「実践ビジネス英語」
雇用市場は回復傾向だそうです。
俺には恩恵は回ってこないよ・・・why・・・

■Get Rid of Your Accent for Business: Pt. 3: The English Pronunciation and Speech Training Manual (Elocution)
33章まで終了。
この本どこがビジネス用なんだろう?と疑問だったのですが、どうやら例文にビジネス用語がちりばめられているってことらしい。銀行が金を貸してくれない例文が多い。

■A Practical English Grammar
262ページまで終了。3ページほど前進。

■BBC Learning English 6 Minute English
まったく聞かず。もったいない。

■Word Power Made Easy: The Complete Handbook for Building a Superior Vocabulary
英語ネイティブ向けの語彙増強本。なかなか面白いです。
しかし字が細かい。せめてA4サイズで出版してくれ・・・
42ページまで終了。

■日本のことを1分間英語で話してみる
22章まで終了。
筆者は一人ではないのかも知れない。話題によってけっこう文章にバラつきがあるような?
同じ文章中の同じ単語にtheがついたりつかなかったりする現象が頻出する理由を猛烈に知りたい。

■日本的事象英文説明300選
トピック300なんて永久に終わらないだろうと思ったら、各トピックはごく短い文章でした。
ハロー通訳アカデミーのサイトから1000円で購入できるのに、アマゾンで中古品を3万円以上で出品している業者は何なのだろうか・・・騙される人いるのか?


■中国語
学習を断念しました。(年内断念予定)


<10月の学習方針>

前月に同じ。
今月から英会話教室に通ってみようかと思っています。
しかしこんなにも中国化してしまった自分と英語を学ぶ普通の人たちの間で会話が成り立つのか不安。英語以前の問題。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 09月 15日 |
英語の文章を読んでいるとよくplastic bagという単語がでてきます。
買い物をplastic bagに入れたりするらしい。
プラスチックのバッグを持ち運びできるなんてさすがアメリカ人は力持ちやなと毎回感心していたのですが、ふと辞書をひいてみると
「レジ袋」
とありました。

なんだ、ビニール袋のことか。
とちょっとがっかりしたとき、「レジ袋」の横に「ポリ袋」と併記されてるのに気づきました。
私のイメージでは「ポリ袋」というのは「ポリバケツ」に入っている大きくて丈夫なゴミ袋なのですが、「レジ袋」と「ポリ袋」は果たして同じものなのか?


と疑問に感じてネットでいろいろ検索してみたところ、とてもショッキングなことを知りました。


■ポリ袋
ポリエチレンやポリプロピレンを原材料とする袋。
ポリエチレン(PE(Polyethylene))、ポリプロピレン(PP(Polypropylene))はどちらもプラスチックの一種。
ポリエチレンは石油が原料だが、最近では植物由来ポリエチレンも開発されている。
英語のプラスチック・バッグというのは正しい認識なのですね。

東洋製罐のサイトが分かりやすかった
プラスチックの種類


■ビニール袋
ポリ塩化ビニール(vinyl)を材料とした袋。
毒性があるため、現在では食品用には使われていない。

知らんかった・・・ビニール袋ってもはや絶滅していたのですね・・・


しかし塩化ビニールはすでに使われていないというのは分かったが、「ビニール袋」のことを「ナイロン袋」とも呼びませんか?
でも考えてみたらビニールとナイロンって別の物質?


■ナイロン袋
ナイロン(Nylon)は衣服に使用される石油製品。
価格が高いので家庭用ゴミ袋としては使われないらしい。
ええええ、いままで数十年間ナイロン袋と思っていたあれらはナイロン製品ではなかったのか・・・って冷静に考えれば明らかにナイロンじゃないですよね。

どうやら関西方言らしいです。
そういえば私は合成繊維のことは何でもナイロンと言ってしまう。「・・・(違う、これはポリエステル)・・・」と途中で気づくのですが、ナイロンのほうが言いやすいし。関西人はけっこう何でもナイロンって呼ぶような気もする。

ネットでは「関西の年寄りの言葉」とかあったけど、じつは今日20代の子がナイロン袋と言うのを聞いてしまったの。21世紀に生きるナイロン袋。

「リボンの騎士」にナイロン卿という悪役がいましたが、あれも手塚先生が関西出身だからこそ生まれたキャラクターなのかもしれませんね。



そういえば韓国語を勉強してたとき「ビニール袋はいりますか」みたいな文を練習しました。
「びにる」って発音が愛らしかったので覚えているのですが、韓国でもポリ袋のことを비닐呼ぶようで(無論材料はプラスチックでビニールではない)、間違ってるところに親近感を覚えます。
実際の材料と違う名前で呼んでしまう日用品というのはどこの文化にもあるのでしょうか。
小麦粉をメリケン粉っていうようなもの?



ついでにストッキングもいまはナイロンじゃなくってポリウレタンなんですって。
ナイロン・ストッキングって呼んでたわ・・・間違いだった。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 09月 14日 |
日本のことを1分間英語で話してみる

広瀬 直子 KADOKAWA/中経出版


同内容の本を書店で何冊か見比べて買いました。
この本にした理由は

・字が大きく余白が広い
他の本は小さい字でぎっしり書いてあって読む気がしないのが多かった。

・一章が短い
上と同じような理由なのですが、長いと飽きるし読む気が起こらないので、いちばん短そうな本書にしました。

・紙質がよくて印刷がきれい
しばらく使うテキストなので、手にしたときの手触りとかも重要だと思うんです。

・一分間のくぎりがある
一分で喋れる内容なので、コンパクトにまとまっています。話す長さの感覚をつかむ訓練がしたいのでちょうどいい。


80章あるので、一日一章ずつやる予定。目標は3ヶ月で終了。

一回の流れはだいたい
・日本語を見て英語に口頭で訳出(サイトラってやつ)
・英語を見て答えあわせ
・音声を聞く
・音読
・シャドーイング
・再度日本語を見ながら通訳

以上を気がすむまでやる。(といっても飽きっぽいので30分が限度)


ちょっと誤算だったのが、日本語は英語の直訳ではなく自然な意訳になっていて、私のレベルではテキストのような英語に訳しにくい。
(「出生率が低下している」という英語が「少子化が進んでいる」になってるようなレベルの意訳。しかし出生率低下と少子化は同じではないと思うのですが・・・いや同じなのか?)

それと音声の吹き込みが、NHKの講座やTOEICの教材でよくお世話になるあの方だったのです。こういう教材は音読担当者の名前が載ってないので買ってみないと分からないのが難点。



うーん、この人の声苦手なんだけど・・・大丈夫かなと心配しながら始めたのですが、危惧したほど苦手感はありませんでした。
けっこう落ち着いた読み方だったのもあるかな。
NHKの講座が辛いのはウキウキハッピーな演技が過剰に感じられるせいかも知れません。




この方の読み方が悪いというつもりはまったくないのです。単に好みの問題です。
なにしろ私の女神はマギー・スミスとジュディ・デンチなので、陽気なアメリカーンっぽい声は自分のお手本として受け入れにくい。(アメリカーンじゃなくてカナディアンだが)

こういうムダなこだわりの強さが自分の語学の上達(だけでなくてあらゆる局面での発達)をさまたげているのも分かっているのです。




ジュディ様がトールキンを朗読しておられる動画




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 08月 20日 |
「ホビット」第三部でトーリンがビルボが手に何かを持っているのを見て

"What is that? In your hand!"
(あれは何だ?お前の手の中だ!)

という台詞があるんです。ここはどうして

"What is it? "
(それは何だ?)

にならないんだろうと漠然と疑問に思っていたのが偶然見た知恵袋で氷解。

引用させていただきます

What's this? と What is it? の違い

>子供さんの手のひらに「何か}を置いて What is it?

この「What is it?」は「What is that?」です。

日本語だと「それ」と表現されるのが英語でit, that のどちらであるべきかの区別は大人なら「人称代名詞」と「指示代名詞」の違いという文法的観点から緻密に解説できますが、子供に理解させるためには、ちょっと苦労しますね。

this / that :話し手に近いなら「this」、話し手から遠いなら「that」。
英語にはこの2種類しかありません。だから日本語の「それ」もthatになります。
この2つは「何かを指差して示す」ときに使う言葉(指示代名詞)であり、突然使っても構いません。

じゃあ、it って何か?というと、これは「I/we, you, he/she/it, they」の仲間なんです。
つまり「Bob」という名前をhe, 「Jane」をsheで受けるように「すでに話しに出てきた具体的な名詞」の繰り返しを避けて使うのが「it(複数ならthey)」なんです。こちらは「すでに何かの名前が話しに出てきて」はじめて使えます。指差して「What is it?」とはいいません。「it」で示されるものが遠くにあろうと近くにあろうと、そういう距離や位置は関係ありません。


引用終わりました


そうか~そういう違いなんだ~。
トーリンはビルボが何を持っているのか知らないので"What is it? "とはいえないんですね。


そういえばサンディエゴ・コミック・コンでドゥーガルを見つけたリチャード氏が
"Dwalin?...is that you?(ドワーリン・・・あれはお前なのか?)"



とツイートしてました。
そのときにも、どうして"Dwalin?...is it you?"にならないんだろう?と疑問だったのです。
上記と同じ原理なのですね。

Thatは私には使いにくい。



思い出したついでにホビットコンのDVDを見てたらオイン役のジョン・カレンさんが、ドワーフキャストへのお約束質問

「セットから何か小道具を盗みましたか?盗んだとしたら、What is it?(それは何ですか)」

に対して

「盗んだかだと?何てことを聞くんだ。そのうえWhat is it?
What are they?だろ!」

と答えて笑いをとってました。
そのときも「 it の複数ってtheyなのか~」などと中学生以下の感想だった阿呆な私です。
ここでは盗んだ既知のものという流れなのでWhat is that?とは言えないのですね。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 07月 03日 |
「銀河ヒッチハイクガイド」の映画版を見たとき
「こんな話だったかな?でももうだいぶ前に読んだから記憶が間違ってるのかもな」
といぶかしく思ったのですが、スティーヴン・フライの朗読版を聞いてみたら、映画とはまったく違う印象でとても驚きました。
映画版もそれなりに楽しめたのですが、原作のいちばん面白い部分は再現できなかったのですね。

過去記事
「銀河ヒッチハイク・ガイド」映画版DVD観賞



朗読バージョンはAudibleで無料お試しもできるようです。
The Hitchhiker's Guide to the Galaxy


本題ですが、スティーヴン・フライは朗読が本当に上手い。
アーサーの家が破壊される前あたりまでのいちばん笑える部分、文章で読んでももちろん面白いのですが、本物の英国人が喋っているのを聞くと、あの場面の何がそれほど可笑しいのか、日本人にも耳で理解できるところが驚きです。

説明下手ですいません。でも本当にすごい朗読なんです。
そしてスティーヴン・フライが特別に素晴らしいのは、声に嫌なところがまったくないんです。
私だけでなくたぶん誰が聞いても心地よい声なんだと思う。
だってBBCのラジオでスティーヴン・フライが登場するときはツイッターで絨毯爆撃のようにお知らせが投下されるんですもの。BBCラジオどんだけフライ好きなの・・・


Stephen Fryといえば英国の国宝として有名らしく英辞郎には

national treasure
国宝(級のもの)、人間国宝(並みの人)◆英国では特に、女優のJudi Denchやコメディアン・小説家のStephen Fryのこと。



と語釈があるほどです。

ウィキペディアにも


Notable national treasures
Comedian, actor, author and director Stephen Fry, (略) have in several high-brow non-industry-specific publications been referred to as United Kingdom national treasures.



国宝についてテレグラフの記事

Stephen Fry gives some Quite Interesting answers

How do you feel when people call you a national treasure? Answer truthfully.
Well, a part of me is completely delighted. How could I not be? It is a great and touching compliment. But another part is scared stiff. There's no way but down from such a dizzy pinnacle of public regard. Plus, it's not very... edgy, is it?
I mean, no one calls Keith Richards a national treasure and a small part of me wonders why I can't manage to be just a dash more - you know - dangerous. Oh, well. As Clint Eastwood says in Magnum Force: "A man's gotta know his limitations."




国宝の朗読を何時間も楽しめるなんてすばらしい。
どうせ聞き流すならビジネス英会話より国宝の朗読。


■Stephen Fry : animated music video : MrWeebl
人間国宝スティーヴン・フライの歌




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 06月 28日 |
オックスフォード辞書のブログ
をときどき読んでいます。

いつでも複数にする12の単語」とか非ネイティブには役立つ記事がいろいろ。


旧聞に属すのですが、
「2014年OEDに収録された新語」という記事があります。
Oxford Dictionaries update May 2014


スラングもOxford Dictionariesに入ったよというお知らせなのですが、トップバッターが

ship


この解説を読んで始めてrelationshipの省略だと知りました(romantic relationshipの略だという説もあるらしい)

定義は

A romantic pairing between two characters in a fictional series, often one that is supported or portrayed by fans rather than depicted in the series itself:



辞書の解説は分かりやすいですね。
例文が笑える。ていうかいいのか辞書にこの例文。

the thing that I loved about the Mulder/Scully ship was that we knew so much about their characters



本文の説明中にも

fan fiction
Fiction written by a fan of, and featuring characters from, a particular TV series, film, etc.


とかゆいところに手の届く記事でした。

slash
も新語に入った模様。

slash
A genre of fiction, chiefly published in fanzines or online, in which characters who appear together in film, television, or other popular media, are portrayed as having a sexual, especially homosexual, relationship:



あと

omakase
(In a Japanese restaurant) a type of meal consisting of dishes selected by the chef:


という英単語があるらしく、そういえばDworinのfan fictionでスシ食べる場面にomakaseって出てきたわ~。

いやいろいろ勉強になりました。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 04月 02日 |
マーティン・フリーマンがLabourPartyへの投票を呼びかける動画がYouTubeにアップされて話題になってました。

どういう仕組みなのか知らないのですが、最初に出たのがScottishLabourPartyの動画だったのでちょっとびっくり。

The Choice




そのあと普通(?)の英国バージョンも上がってました。

What’s the choice in this election?






もともとデイヴィッド・テナントが出るというのでチェックしたのですが、どどどどこ?と思ったら最後のナレーションがテナントなのだそうです(分からなかった・・・)

スコットランド版は最後のほうに「労働党はスコットランドで生まれた」って言ってるようなんですか、そうなの?と驚きました。
そしてスコッツのほうはすごくスコットランドスコットランド言っててローカライズされてるのが面白い。
テナントのナレーションもより訛ってる気がするが、それは気のせいかも。



イギリスの俳優さんって支持政党をはっきり表明するんだなあと感心したのと、なぜ労働党に投票すべきかの説明がとても具体的で勉強になりました。
マーティンの穏やかで親しみやすい話し方も好感が持てる。
選挙権ないけどあったら労働党に投票しようかなと思うかも知れません。

ここにテキストが一部掲載されてました。

Martin Freeman and David Tennant star in new Labour election broadcast



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]