カテゴリ:■電視劇・電視節目( 189 )
|
|
2016年 09月 10日 |
(お願い)
自分の頭の整理のためにだらだらと書いています。
小説とドラマがごっちゃになっているうえにネットの不確実情報も入っています。
カタカナ表記や訳語は適当です。
くれぐれも鵜呑みにされぬようお願いいたす。
(お願い終わり)

最初のころはウェスタロスの地理がまったく分からず困りました。
地名と城名と家名の区別がつかなかったころがいちばん苦労したなー。

それに七王国といいながら、七以上の地域があるような・・・?
という疑問は誰もが持つらしく日本語でも英語でも「七王国なのに実際は9あるのはなぜ」という質問がネットにごろごろしています。

七王国というのはいま(ドラマや小説の開始時期)はもう存在してないんですよね。それも最近なくなったわけじゃなく、300年も前になくなっているのですが、いまだに慣習的に七王国の名を使っているのでややこしい。
いまのウェスタロスはバラシオン王家が治めていますが、この王朝は十数年の歴史しかない。その前は300年にわたってターガリエン王朝が支配していました。ターガリエン家はエッソスのヴァリリアという国からやってきて、彼らの母語は古代ヴァリリア語です。

しかし、ここが混乱させられるところですが、ウェスタロスの地名は基本的に英語なのです。
ターガリエン王家はウェスタロスを征服したものの、地名は数千年前からアンダル人が使っていた名前をそのまま使用しているようです。ってことはアンダル人は英語が母語なのか?それともアンダル人もその前の最初の人々の使ってた地名を利用してるとか最初の人々は森の子どもたちの・・・

と考え始めるときりがないのですが、ともあれウェスタロスの地名はかんたんな英単語の組み合わせでできていることが多い。(もちろんアンダル語や最初の人々の言語を作者が英語に「翻訳」したという解釈もありえる)

長々と何を言ってるかというと、あれですよ、あれ


地名にTHEがついてたりついてなかったりする問題


にぶつかってしまうのです。
この疑問には「ホビット」でさんざん悩まされたがいまだに理解できていません。
トールキンの場合はtheがつくのは英語の一般名詞、つかないのはエルフ語(たとえばザ・ロンリー・マウンテンvsエレボール)というルールのようでしたが、GRRMも同じ規則なのでしょうか?

前置きが長すぎて書ききれなくなったので続きは明日。

[PR]
2016年 09月 09日 |
(お願い)
自分の頭の整理のためにだらだらと書いています。
小説とドラマがごっちゃになっているうえにネットの不確実情報も入っています。
カタカナ表記や訳語は適当です。
くれぐれも鵜呑みにされぬようお願いいたす。
(お願い終わり)


(承前)

■ターガリエン家(House Targaryen) (ヴァリリア人)

ウェスタロスに向けて次々に征服者を送り込んできたエッソスですが、栄華を誇っていた帝国ヴァリリアでthe Doomとよばれる大悲劇が起こり、壊滅状態になったらしいです。the Doomがなんなのかはっきり説明されていませんが、火山の大噴火レベルの災厄だった模様。
しかしヴァリリアにも先見の明のある人はいたらしく、ターガリエン家は早めにエッソスを去ってウェスタロスに拠点を築いていました。彼らはドラゴンストーン(Dragonstone)と呼ばれる島を足がかりにウェスタロス征服を開始しました。
ドラゴンストーンはスタニスの居城なんですけど、ご本人は「ターガリエンがどうしてドラゴンストーンを拠点にしようなどと考えたのか誰にも分らない」と吐き捨てるように言ってたくらい何もない岩島です。こんなとこでドラゴン飼ってたのか・・・何食べさせてたんだろう。※※

それはともかく、300年前にターガリエン家のエイゴン征服王がドラゴンを駆使してウェスタロスを攻略。
数千年続いた七王国の戦いに終止符をうって統一王朝を開始しました。秦の始皇帝みたいですね。

ただし領土の人口のほとんどを占めるのはアンダル人。ターガリエン家だけで全土をくまなく支配するのは不可能なので、旧七王国をそのまま地方行政単位として土地の名家を領主に任じて統治させています。
ターガリエン家はエッソスでは多神教を信仰してたようですが、王位についたあとはアンダル人の七神信仰を採用。けっこううまいこと融合してるように見受けられます。
イギリスにおけるノルマン征服ですかね。


■バラシオン家(House Baratheon) (ヴァリリア人+アンダル人)

300年わりと平和に(王家内部ではもめてたが国土は平穏だった様子)統治してきたターガリエン家ですが、狂王エイリスというマッドなキングが登場して末期症状を呈するようになります。
エイリスが臣下を虐待したり太子レイガーが家臣の恋人を奪ったりして領主たちの不満が募り、ついにロバート・バラシオンが反乱を起こします。
ドラゴンはだいぶ前に死に絶えてしまったのでターガリエン家には往年の勢いはなく、バラシオン家が王座につきました。しかしロバートの反乱にはいろいろ疑義も多く、王国は波乱がおさまりません。
というところからやっとドラマの第一話「冬がやってくる"Winter Is Coming"」が始まるわけですね。長かった!


これが「バラシオン家のスタニス一世、アンダル人、ロイン人および最初の人々の王、七王国の君主、領土の守護者(Stannis of House Baratheon, First of His Name, King of the Andals, the Rhoynar and the First Men, Lord of the Seven Kingdoms, Protector of the Realm)」という呼称の由来です。最後に「ヴァリリア人の王」とつけないのは遠慮か。


■結婚と遺伝

バラシオン家って王家なのにドラマも小説でもとても影がうすくてあまり説明もされないのですが、けっこう面白い来歴なんですよ。
始祖はエイゴン征服王の異母兄弟オリス・バラシオン(Orys Baratheon)。

ターガリエン家は単独でエッソスから渡来したわけではなく、家来や妻の一族やらも引き連れてきたんですね(当たり前か、でも他のヴァリリア人のことは説明ないから気づかなかった)

ターガリエン家は近親婚の習慣があるせいか、アンダル人との通婚政策はとらなかったようです。あまりお姫様や王子様の在庫がなかったのかもしれない。
しかしエイゴンの将軍としてストームランドを攻略したオリス・バラシオンはArgilac Durrandon王を倒した際に娘のArgalia姫と結婚して領主となっています。
ヴァリリア人が領主になったのはストームランドだけだと思う。オリス・バラシオンはさらにDurrandon家の黄色地に黒い牡鹿の紋章(Sigil)とモットー(Words)"Ours is the Fury"もそのまま居ぬきで使っています。
土地の豪族にとけこもうと思ったのか、それとも私生児で自分の紋章がなかったのでちょうどいいやと考えたものか。

あとターガリエン家は銀髪に紫の瞳とかいうアニメキャラみたいなカラーリングですが、バラシオン家は黒髪に青い瞳が特徴。オリス・バラシオンはあまりターガリエン家の色彩が出ない遺伝子タイプだったのでしょうか。お母さんのDNAが強かったのか?


このオリス・バラシオンがご先祖なので、バラシオン三兄弟(ロバート、スタニス、レンリー)にはターガリエンの血が混じっているのですね。
さらに三兄弟の父方の祖母はターガリエンの姫君なのです。
狂王エイリスの父エイゴン5世には姉妹が複数いたので、妹のひとりがバラシオン家に降嫁したのですね。昔のターガリエンの王は姉妹全員と結婚していたようですが、最近は近親婚のうえに重婚ってどうなの・・・という風潮だったのかもしれません(無根拠)。

※追記
ドラマは原作と設定が違っていて、ドラマではエイゴン5世がロバートたちの祖父になっていますが、原作では曾祖父。降嫁した姫君は原作ではエイゴン5世の娘です。そしてこの結婚がらみでバラシオン家が反乱を起こしたりしてけっこう大変な事件だったと後で知りました。

バラシオン家に嫁いだ姫君が生んだステフォン(Steffon)が三兄弟の父です。
ステフォンと狂王エイリスは従兄弟なんですね。ステフォンは若いころ王城で小姓をつとめ、エイリスとタイウィン・ラニスターと親友になりました(一部にとって大変萌える設定)。
エイリスがタイウィンと仲たがいしたときにはステフォンが次期王の手候補と目されていたのです。しかしステフォンはエッソスからの帰路に難破して愛妻とともに海の底へ・・・。
両親が乗った船が沈むところを幼いロバートとスタニスが目撃するという悲劇のおまけつき。

そもそもステフォンがエッソスに行っていたのはエイリスの太子レーガーにヴァリリア人の生き残りの高貴な姫君を妻として迎えたいといういまさら無茶なクエストのためだったのです。300年もたって生き残ってる姫がいるわけないのですが。
ステフォンは私心なくエイリスに忠義をつくしていたのでしょう。

ロバートの反乱は単に臣下が王に反旗を翻しただけでなく、若い世代が本家の伯父を殺した事件だったわけです。
この反乱についてはみんなが違う証言をしてて、藪の中みたいになっています。
数百年ずっと助け合ってきた両家に何があったのか・・・真相が語られる日はくるのでしょうか(たぶんこないね)。



そして私以外にはどうでもいいことですが、ダヴォスには息子が7人もいるのですが、六男はスタニス、七男はステフォンって名づけてるんです。どこまでスタニス好きなのダヴォスちゃん・・・
さすがに息子をスタニスと呼ぶのははばかられるのか、原作では「スタニーとステフ」と呼んでましたが。


さらに重箱の隅をつつくような話ですが、スタニスのご先祖のオリス・バラシオンの息子にダヴォス・バラシオンという人物がいるそうなのです。(若死にしてこどもはいなかったのでスタニスの直接の先祖ではない)
この人のことは小説ではなくThe World of Ice and Fireという本で言及されていると聞いております。いつか読んでみたいな(夢。

スタニスは「ウェスタロスのすべての家の兵力を把握している」と言われるほど各家に詳しいので、当然自分の祖先の名前はそらんじてると思う。
はじめてダヴォスに出会ったときの衝撃はいかほどであったろうか・・・運命・・・という単語が心をよぎらなかっただろうか・・・



※※
ブルーレイDVDのおまけに「ウェスタロスの歴史と伝承」という映像がついているらしく、スタニスがドラゴンストーンについて説明する回があるのです。
すごいスタニスらしく文句ばっかりで笑ってしまうの。




[PR]
2016年 09月 08日 |
(お願い)
自分の頭の整理のためにだらだらと書いています。
小説とドラマがごっちゃになっているうえにネットの不確実情報も入っています。
カタカナ表記や訳語は適当です。
くれぐれも鵜呑みにされぬようお願いいたす。
(お願い終わり)


ドラマの「ゲーム・オブ・スローンズ」で楽しいのはダヴォスが登場するたびにスタニスを紹介するところです。(しかし毎回紹介するってそれだけ誰にも知られていないってことか)

紹介パターンはいくつかあるんですけど、いちばん正式なのは「バラシオン家のスタニス一世、アンダル人、ロイン人および最初の人々の王、七王国の君主、領土の守護者(Stannis of House Baratheon, First of His Name, King of the Andals, the Rhoynar and the First Men, Lord of the Seven Kingdoms, Protector of the Realm)」かな?※



最初は聞き流してたんですが、だんだん「アンダル人とロイン人と最初の人々」とかが気になってきて、ウェスタロスに住む人々について自分なりにまとめてみました。ウィキペヂアのほうが詳しくて正しいですのでそちらを読むことをお勧めします。


■森のこどもたち(Children of the Forest)

「ゲーム・オブ・スローンズ」の世界は二つの大きな大陸ウェスタロス(Westeros)とエッソス(Essos)から成り立っています。
主に舞台になるのはウェスタロス。歴史も地理もイギリスっぽいですが大陸なので面積はでっかいらしい。

ウェスタロスにはもともと人間とは違う先住民族が住んでいました。
森のこどもたち(Children of the Forest)と呼ばれる彼らは自然を信仰する種族でしたが実在は証明されていない。人間というより妖精?
イギリスで言えばなんだろう、ピクト人とか?(違う?)


■最初の人々(First Men)

ドラマの時代から一万二千年ほど前にエッソスから最初の人々(First Men)が渡来します。
彼らは先住民族森のこどもたちと戦ったり和解したりしながら次第にウェスタロスを支配。
その過程で森のこどもたちの樹木信仰を取り入れる。
のちにアンダル人がやってくると北のほうに追いやられて古い神々を守って生きるようになります。
スターク家はこの人たちの子孫。ラニスターも女系は最初の人々が入ってるらしい(要出典)。
イギリスにおきかえるとケルトかしら、と思います。

■アンダル人(Andals)

6000年ほど前にまたもエッソスから異民族が渡ってきました。アンダル人はペントスのあたりから来たみたい。
近代的な兵器で武装したアンダル人は最初の人々を北へ追い払ってウェスタロスを支配しました。
彼らが持ち込んだのが七神信仰。そして七つの王国に分かれて数千年間争いを続けました。七が好きなのでしょうか。のちにターガリエン家に統一されて七王国は消滅しますが、地名や家名はいまに引き継がれています。
イギリスでいえばアンダル人=サクソンかと。

■ロイン人(Rhoynar)

ウェスタロスの南端にドーン(Dorne)という国があります。
1000年ほど前にエッソスからヴァリリアの迫害を逃れてやって来たロイン人が建国。
ターガリエン家にも屈せず独立を保っています。
イギリスにおける・・・フン族?ウェールズ???

(続きます)

※シンプルなのは「ウェスタロスの唯一真実の王(the One True King of Westeros)」って短め。
ファンによる「文法ナチ」という愛称もある。

[PR]
2016年 09月 07日 |


ごぶさたしています。
このような極地のブログをまだ読んでくださっている方もいるので感謝にたえません。
本当にありがとうございます。

何からどう説明すればいいのか分かりませんが、「ゲーム・オブ・スローンズ」に泥沼のようにはまり込んでいます。

おま、このあいだまでホビットホビット言うてたやんけ(その前は水滸伝とか言ってた)くせに・・・と自分でもあきれているのですが、そういうわけでいまは頭の中は「ゲーム・オブ・スローンズ」が目のあたりまで水位が上がってもうあふれそうになってます。

原作は日本語訳が出始めた当時(ってもう20年前!?)に途中まで読んでめでたく挫折。
ドラマも二、三年前にシーズン2まで見た記憶が。
もう一度ちゃんと見たいなーと思っていたところ、葫蘆で配信がはじまったのでアウトランダーを待ちながら見てました。
そしたらアウトランダーのことがすっかり飛んで行ってしまうような状態になってしまったのですね。
まあ葫蘆でうっかりはまってしまった人はたくさんいると思うのでとりわけ奇異ってわけでもないですね。

ところでこのブログを前にも読んだことがある方は、なかなか本題に入らずにぐずぐずしているときは、ああそういうことなんだなと察してくださっていることと思います。
もうただの冷やかしのお客様はお帰りになったころかと思うので貴女の心に聞いてみたいのですが、「ゲーム・オブ・スローンズ」で好きなカップルは誰と誰ですか?


最初のころは何がなんだか分かりませんよね、なんとか家となんとか家のロバートやらメアリやら見分けのつかない名前の見分けのつかない人たちが大量に出てきて。
そのうちお気に入りのキャラクターがぼつぼつとできて、彼女もしくは彼と仲の良さそうな人物とくっつくのかしら、それともただのお友達?とドキドキするようになってきて。

最初にいいなあと思ったのはシェイ×ティリオンでした。
過去を抱えた大人の男女なのにときどきとってもナイーブで。ブロンを交えて旅籠で過去の恋を語り合う場面よかったわ。

その次に良さを感じたのはカリーシとジョラー・モーモント。
美しい女王に忠誠とひそかな恋情をささげる純情中年騎士。
半裸の若い兄ちゃん姉ちゃんがわさわさしてるエッソスでかたくなに長袖長ズボンを通して決して肌をみせないジョラーに中年の意地を見た。

初心者を脱するころにキュンとしたのはタースの乙女と王殺し。
ジェイミーって最初のほうの「俺ってイケメンだろ」といわんばかりのころは鼻について好きじゃなかったのですが、一敗地にまみれて泥まみれになってプライドも尊厳も失ってからの彼はかっこよかった。
ブリアナとのぎこちない恋にじれったい思いをした方も多いのでは。



とこのように多様なカップルの恋愛をとても楽しんでいたブログ主が最後にもう田植え時の水田のごとくはまりこんで身動きとれなくなっているのが

スタニス×ダヴォス

です。


(この項続く)










[PR]
2016年 08月 25日 |
ノートパソコンにDVDドライブがついてないので、イギリスドラマはDVD再生専用機を使って見ていました。
しかし、その再生専用機も歳月とともにだいぶくたびれてきました。
意を決して外付けDVDドライブを買って、今後はノートパソコンで鑑賞しようと。

外付けドライブって初めて買ったのですが、3000円しないのですね。意を決するほどではなかった。


と感嘆しながらつないでみましたところ、ドライブは認識するのですが、DVDを再生できない!
一瞬あせりましたが、いまどきのOSってDVD再生ソフトがついてないんですね。
時代に乗り遅れすぎてました。

みなさんどうしてるのかと検索してみたところ、フリーソフトを入れれば再生できるようです。
評判よさそうな
VLC Media Player
というソフトをさくっと入れてみたら、さくっとDVD再生できました。

字幕もちゃんと再生できてよかったよかった。


試しに再生してみた「北と南」

ベイツさーん



トーリンさーーん



そういえばどうしてイギリスのDVDは日本のパソコンで再生できるんだろう?
リージョンコードとかいうものがあったのでは?港台のDVD見るときは苦労した覚えがあるのだが・・・
と疑問に感じましたが、幸い日本とイギリスはリージョンコードが同じなのですね、なんという幸運!
いったいどういう基準で決めているのか?一衣帯水の香港や台湾は別地域に押し込まれているというのに。

といいつつもブルーレイでは日本とイギリスは泣き別れになったらしく、複雑な事情があるようです。
(そのかわり日本はアメリカとくっついたらしい。アメリカ製品なんかいらんのに(個人の意見です))

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 07月 22日 |
Preacherというアメコミ原作らしいドラマにグレアム・マクタビッシュさんが出ているので見てみました。

恒例ネタバレ&画像勝手に



第2話 "See"

現代のアメリカで主役のプリーチャー(字幕では「牧師」)がいろんな超人と戦う話のようです。
(↑おそらく違いますので鵜呑みになさらぬよう)

グレアムさんが演じているのはThe Saint of Killersという役。
過去(19世紀)のパートのようです(まったく話が分かっていない)



The Saint of Killersには病気の娘がいて、薬を買いに町へ行きます。
馬で丸一日かかるほど遠いところにしか売ってないみたい。




クローゼットの武器を持っていこうかなと思ったがやっぱりやめた、って場面ではないかと




ここで初めて顔が画面にでました。
過去パートはセピアカラーでぼんやりした映像なので何がなんだか分かりません。



旅の大家族と出会ってご飯を食べさせてもらってまた別れる。
うざい感じの子デブがなにかとかまってもらいたがるのは伏線か?


第5話 "South Will Rise Again"


やっと薬屋に着きましたが、受け取れるのは明日の朝。
グレアムさんのしょっぱい顔ステキ。




まともな宿もなく、酒場兼娼館で一夜を過ごす。
牧師がエロ小話を語るような背徳的な宿。

ここで女性や子供が虐待されているのを目撃。伏線です。



薬を受け取って帰路につくが、途中で先日の家族連れが町へ向かうところにまた遭遇。




思い直して家族連れを救いに戻るが、ただの杞憂でしたとさ。
子デブ他はぴんぴんして無事でした。
しかしなぜかチンピラたちに殴られるグレアムさん。




気を取り直してふたたび馬上の人となったとたん、酒場にいたプリーチャーに正体を暴露される。
ゲティスバーグの戦い(って何か知らんけど)で、プリーチャーの味方を大量に殺したと糾弾され、馬を殺されてしまう。










馬がなくては家に帰れません。
やむなく徒歩で帰宅したときには妻と娘はとっくにあの世へ行っていた。
クローゼットから武器を出して出奔するグレアムさん。

おそらくこのあとプリーチャーと見れば復讐をしかけるガンマンになるのではないかと。


6話と7話には登場しなかったように思います。
気が向けば続きも見ます。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 07月 19日 |
仕事から帰ったらなにやら海外から封筒が来ていて、開けてみるとグレアムさんのサインだったのでびっくり。



・・・トゥラハーの下に書いてある文字が読めない。





同時に海外からスタニス・バラシオン陛下のfunkoも届いてたので、てっきり請求書かと思いましたがうれしい驚きでした。

せっかくですのでスタニス陛下も記念撮影。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 10月 20日 |



ケン・ストットさん主演のBBCドラマ "Messiah" シリーズ1&2を見ました。
原作つきドラマのようです。英文字幕あり。

にもかかわらず内容がさっぱり分からなかったのですが、連続殺人事件を追うロンドン警察が舞台のようです。
ケン・ストットさんは主役のDCI Red Metcalfe。DCIはDITECTIV Chief Inspector、ミステリ小説では主任警部と訳されてる役職のようです。
ロンドン警視庁なのにあからさまにスコットランド人のMetcalfe警部。

シリーズ1ではキリストの弟子の死に見立てた猟奇的な死体が発見される。
このドラマで初めて気づきましたが、キリストの弟子って(自殺したユダ以外)暴力的な方法で殺されてるんですね。
死体が芸術的に飾られていてドラマのハンニバルに似た雰囲気。(あっちが似てるわけだが)

Metcalfe警部は奥さんが聾唖者という設定なので、手話で会話するケンさんが見られます。ラブシーンあり。


シリーズ2はMetcalfe警部が弟と待ち合わせしている場面からはじまるのですが、なぜか弟が通り魔に刺されてしまい、ケンさんが人工呼吸をします。ケンさんは(広い意味で)キスシーンが多い俳優さんです。老若男女とわずキスしています。

ケンさんはこれまで見た作品でいちばん顔と声の調子が良く、ステキな声で部下を叱り飛ばしていました。
警察のミーティングの場面が多いのですが、部下に意見を出させて
「なぜそう思う」
「その理由は」
と矢継ぎ早に質問をとばし、さらにアイデアを出させるケンさんがとてもかっこいい。
優秀な部下は女性が多いのところは「リーバス」に似てますね。男の部下はわりとダメな子ぞろいです。


死体が怖いのと、ストーリー自体もサイコホラーなのであまり好みではなかったのですが、ケンさんがすてきなドラマでした。
続きのDVDは買うかどうか考え中。

原作は「メサイア」のタイトルで日本語訳も出ているようです。有名な作品だったんですね。



アマゾンの説明丸写し。今読んでやっと意味が少し分かった(遅)


Product Description
Psychological thriller starring Ken Stott. Series 1's stories are "The First Killings" and "The Reckoning": after two horribly mutilated bodies are discovered, DCI Red Metcalfe is assigned to the case and plunged head-on into a nightmare. In series 2--"Vengeance Is Mine"--a man is buried alive, and Metcalfe must delve into a serial killer's psyche.

From Amazon.co.uk
The on-screen infatuation with serial killers continues with Messiah, an absorbing, intelligent two-part BBC TV film that's a close cousin to David Fincher's Seven. Based on the novel by Boris Starling (who also co-wrote the screenplay), Messiah follows Detective Chief Inspector Red Metcalfe (Ken Stott) in tracking down someone with a Christ complex in a murder-case involving 12 "Apostles". A fine line is trod in presenting enough horror so as to intrigue, but not so much as to repel. Decapitations, cut out tongues and flayed skin are all masked in shadow or reflection. More attractive to the eye is a strong cast including Edward Woodward as the case's religious consultant and the keeper of Metcalfe's wayward brother and Michelle Forbes as his deaf wife (the actress learnt sign language in six days for the part). Other notables are Ron Berglas as the unemotional expositional pathologist and Gillian Taylforth as the beleaguered wife of corruptible copper Duncan (Neil Dudgeon). With fine supporting work from Frances Grey, Jamie Draven, Art Malik and 25,000 flies, you'll be racking your brains to spot the killer. Expect to jump several times along the way.

On the DVD: a 30-minute behind-the-scenes documentary interviews all the key cast members on their thoughts of grisly imagery and working with one another. The producers have plenty to say on the original script and use of red herrings to distract us. Writer Boris Starling is comically talked to while in make-up as one of the victims. A few (wisely) deleted scenes, text biographies of cast and crew and a gallery of 12 photos round out the extras package. --Paul Tonks --This text refers to an out of print or unavailable edition of this title.


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 09月 23日 |
無学でまったく知らなかったのですが、イアン・ランキンの「リーバス警部」シリーズは有名な警察小説で、日本でも翻訳が出ています。
スコットランドが舞台の暗い作品なので「タータン・ノワール」と呼ばれているそうです。

テレビドラマ版はシリーズ5まで製作されていて、シリーズ1から2ではジョン・ハナーがリーバスを演じています。3から5ではケン・ストットにバトンタッチ。

シリーズ3のDVDを買ったので鑑賞しました。
The Falls(日本語タイトル「滝」)
Fleshmarket Close(日本語タイトル「獣と肉」)

しかしケチって安いDVDを買ったせいか、字幕がついていません。
全員すごいスコットランド訛りで(ケンさんが標準語に聞こえるほどみんな訛りまくっている)、何を喋っているのかさっぱり。

やむなく小説を先に読んで、再度ドラマにチャレンジしたのですが、ドラマの脚本は大幅にアレンジされているらしく小説とかなり違っていてかえって混乱してしまいました。

話の内容がさっぱり分からない。
そしてケンさんはキュートで素敵ではあるのですが、小説で抱いたリーバス警部のイメージとなんか違う気がする・・・

原作のリーバスはつねにパブに入り浸って飲んだくれているのが魅力なのですが、ドラマでは教育的配慮なのか飲酒の場面自体があまりない。
小説ではリーバスの悲観的な内省ぶりも面白いと思うのですが、ドラマはあまり精神性に重点を置いていないような・・・

台詞がほとんど聞き取れていないので自分が理解できないせいかも知れないのですが、脚本が期待ほどではなかった気がします。
シリーズ4以降は違うのかも。

シボーンがすごくチャーミングなので、機会があれば続けて見たいドラマです。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2015年 09月 12日 |
どうでもいいことなんですが、シーズン3はパソコンで見てました。うちのパソ子さんはしょぼいスピーカーしかついてないのでイヤホンを使っていたのですが、ハンニバルとウィルの台詞がぼそぼそしてて聞こえづらいので音量レベルを上げて聞いてると、とつぜん爆音のような効果音が入って聴力をやられそうになります。
しかたないので外付けのスピーカーの安いやつを買ってみたら、台詞がはっきり聞こえて話もちょっと分かりやすかった気がします。スピーカーってすごいですね(時代遅れ)


(以下ネタバレはあまりしてませんが意味不明な記事です)



第13話 The Wrath of the Lamb


ついに終わってしまった。
このタイトルは羊たちの沈黙に続ける予定だったのでしょうか・・・悲しい。


レッド・ドラゴンのことを私は心のなかでダラハイドと呼んでいたのですが、ハンニバルは親しげにフランシスと呼びかけていました。フレンドリーです。

途中から急にカーアクションドラマになって驚き。
銃をかまえるダラハイドのポーズが決まりすぎていて素人と思えません。
服装もMI5のアンダーカバーみたい。


第13話の後半はスピード感があってとても良かった。
シーズン3は最初の数話のヨーロッパ篇があまりにスロー展開であきらめた視聴者が多かったのではないかと思います。最初から第13話くらいのペースでスピーディに進行してたらもうちょっと視聴率もあがったのかもと感じました。


ラストはハッピーエンドだったのか?
ウィルの奥さんと息子はどうなったんだろう・・・





After Francis reveals he's the Red Dragon, Reba tries to appeal to his humanity, but the Dragon is fully in control. He makes sure Reba understands where she is, then asks her to remove the key from his neck and lock the front door. The Dragon warns Reba not to try to flee, but she does so anyway. When she runs out the front door, the Dragon is waiting for her. He brings her back to the bedroom, pulls out a shotgun and makes Reba feel it. Francis asserts that he doesn't want to see Reba hurt by the Dragon, so instead, he pours gasoline all around them and ignites the room with a match. Realizing that he can't bear to see Reba burn, the Dragon shoots himself in the head. After the shot goes off, Reba drops to the ground and combs through what's left of the man she loved until she finds the key. She manages to crawl to the front door and escape.

At the hospital, Reba is visited by Will, who asks her to recount what happened. He comforts her concerns about attracting a monster by assuring her there is nothing wrong with her and that Francis' actions could be construed as him trying to stop his murderous impulses - thanks to her.

Will breaks the news of the Dragon's death to Hannibal, who says he's disappointed for Will. Will came all this way and didn't even get to kill someone, aside from Dr. Chilton. Will brushes off the accusation, saying he came back to stop the Dragon and the Dragon stopped. Hannibal wonders if Will can even return to family life now, noting that it will never be the same. He additionally asks Will to think of him when things get maddeningly polite. But Will puts an end to Hannibal's mind games when he reminds him that he only turned himself in because Will rejected him. And with that, Will leaves.

As he enters his hotel room, Will is ambushed by the Dragon, very much alive and armed with a chloroform-soaked handkerchief. When Will comes to, he's still in the room, restrained but otherwise unharmed. The Dragon and Will forge a bond by trading stories about being betrayed by Hannibal. Will says Hannibal is the one person the Dragon truly needs to change. The Dragon agrees, saying he'd like to meet Hannibal. He asks Will how that can be managed.

When Jimmy and Brian get ahold of the Dragon's body, they confirm what Will already knows: it's not the Dragon's. Rather, it likely belongs to a service station attendant who was reported missing. Brian, Jimmy and Jack agree that the Dragon staged Reba's interactions with the key around his neck so she would believe it was him dead on the floor. To capture the Dragon once and for all, Will proposes that they get the Dragon to come to them... with Hannibal as the bait. The Dragon wants to kill Hannibal in order to absorb him, become more than him. Jack can arrange for Hannibal to be taken into federal custody. Then, they fake an escape.

During his last session with Bedelia, Will admits, however, that he has no intention of seeing Hannibal caught a second time. This is his becoming, bringing an end to Hannibal. Bedelia is infuriated by Will's recklessness, saying he might as well just slit their throats and be done with it. But Will stands firm and advises Bedelia to pack her bags - meat's back on the menu.

When next Alana sees Chilton, he is being treated inside a glass chamber. She tells him she came to visit because she wanted to be reminded of what Hannibal is capable of. Chilton knows better; he's actually an example of what she and Will are capable of. After visiting Chilton, Alana speaks with Hannibal. She lays out Jack and Will's plan and explains that the Dragon is still alive. Furthermore, Alana promises Hannibal that if he cooperates, she'll ensure that his books, drawings and toilet are returned. Hannibal wonders why Alana would support such a plan when his escape, if it were to become permanent, could lead to her death. When Alana doesn't back down, Hannibal eventually gives in - but with the stipulation that Will ask him to participate himself. Alana, meanwhile, takes Hannibal's threat to heart. On the day of his planned escape, she, Margot and their son depart the Verger estate.

Hannibal is only too happy to see Will have to retract his goodbye and ask for his help. Will explains that the Dragon once expressed interest in meeting Hannibal, so after the escape, Hannibal is to send a message to the Dragon and arrange a meet-up. The Secret Service has lent the FBI a rendezvous point that has never been used before. Its isolated location should be able to convince the Dragon he is not walking into a trap. The day of the escape, two armed guards join Will and Hannibal in the back of a truck while a pair of cop cars drives in front of and behind the truck. During the drive, a third cop car pulls up alongside the escort: it's the Dragon. He shoots the driver of the first cop car, sending it careening into the truck. As Will and Hannibal are tossed about, the Dragon shoots their armed guards and the passengers of the cop cars. When Will and Hannibal emerge from the wreckage, the Dragon is gone. Hannibal hops behind the wheel of the driveable cop car and offers Will a lift. He hesitates just for a moment then gets in.

Hannibal brings Will to a house on the edge of a cliff, where he once brought Abigail and Miriam Lass. That night, Hannibal and Will come clean about the real intention for the escape, with Will admitting that he intends to watch the Dragon "change" Hannibal. He also confesses that he's not sure he'll be able to save himself and "maybe that's just fine." Will then reveals that the Dragon is watching them. Hannibal says he knows just as the wine bottle in his hand shatters as a bullet passes through it. The glass window behind Hannibal shatters, too, and Hannibal drops to the ground as the Dragon, gun raised, enters. He crouches down on the ground and removes a camera from his pack; he's going to record Hannibal's death.

Will watches Hannibal, while still sipping his wine, and reaches for his weapon. But he's too slow for the Dragon, who pounces on Will and stabs him with a knife through the cheek. The Dragon tosses Will's body into the backyard, where Will pulls the knife from his cheek and stabs the Dragon in the leg. It doesn't slow the Dragon, however, who removes the knife and again stabs Will. Before he can finish him off, Hannibal jumps on the Dragon's shoulders. The Dragon tosses him off easily, sending him flying across the yard. As the Dragon walks toward Hannibal, Will retrieves the knife and stabs the Dragon in his side. Blood pours from the Dragon and he drops Hannibal, whom he had been choking. When the Dragon again turns his attention to Will, Hannibal picks up a nearby axe and slashes the Dragon's leg. The Dragon falters just long enough for Will to stab the other leg. Working together, Hannibal and Will finish off the Dragon. When Hannibal again climbs on the Dragon's shoulders, Will slashes his stomach while Hannibal bites a chunk of flesh from his neck. As Hannibal and Will fall to either side of the Dragon, he collapses and dies, with the blood pooling beneath him forming dragon wings for the final time.

Severely beaten and bloodied, Hannibal and Will embrace with what little life they have left. Hannibal declares, "This is all I ever wanted for you, Will. For both of us." Will, with his head pressed against Hannibal's chest, tightens his grip around his friend, wrapping his arms around his shoulders. For his last act, he flings himself and Hannibal over the edge of the cliff.


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]