カテゴリ:■小説・散文・詩文( 5 )
|
|
2016年 09月 18日 |

(「氷と炎の歌」について盛大にネタバレしています。各自回避お願いします)





いま「氷と炎の歌」の第五部を読んでいるのですが、途中でダヴォスが消えてしまったのでやる気をなくしていたところ、突然ジョン・コニントン(Jon Connington)という人物が表れてスタニス不在のストームランズを襲撃してます。
彼が上陸したのが怒りの岬(Cape Wrath)で、ここはダヴォスの領地があるところなのです。玉葱騎士の留守宅が襲われたんだったらどうしようとハラハラしたのですが、ジョン・コニントンが取ったのはグリフィンズ・ルースト(Griffin's Roost)という城でした。

ジョン・コニントンって聞き覚えがあるけど誰だったっけ?と思ってググってみて分かったのは、彼は狂王エイリスの「王の手」だったということ。
狂王エイリスはタイウィン・ラニスターに捨てられてから4人の王の手を任命していますが。いずれも失敗をしでかして死んだり解任されています。

ジョン・コニントンはロバート・バラシオンが反乱を起こしたあと、鐘の戦い(Battle of the Bells)でロバートを取り逃がしてしまい、王の手をクビになったようです。
戦後エッソスへ亡命、酔いどれになって死んだと信じられていたが、実は生きていて復讐のために戻ってきたってことらしい。
ジョンの失脚後コニントン家は狂王エイリスによって領地のほとんどを召し上げられ、ロバート王の即位後はさらにロードの地位まで失ったようです。

コニントン家はストームランズに所領があるんだからバラシオン家の旗手、つまりターガリエン家から見れば陪臣。そんな地方の小領主でも王の手になれるもんなのですね。手ってロード・パラマウントの独占業務かと思ってたよ。

wikiによるとジョン・コニントンはレイガー太子の親友で、王の手になる前は宮廷に出仕していたようなので、そのときエイリス王の目にとまったのでしょうか。ついでにwikiはジョンはゲイでレイガー太子に恋していたという不必要な情報まで教えてくれましたありがとう。


いやそれで怒りの岬(Cape Wrath)なんですけど、ダヴォスはストームズ・エンド包囲戦でスタニスを救ったあと騎士に任じられて怒りの岬に所領と城をもらっています。ダヴォスの城の名前がわからない。
スタニスはロバートに相談もせずにダヴォスを叙任したような印象を受けるのですが、よくそんなに都合よくすぐ住める城があったもんだと不思議に思っていたんですよ。
もしジョン・コニントンが去った直後の居城だったとしたら、今日から入居OKというのもあり得るのかも。


我ながらどうでもいい話でした。
なおダヴォスは一介の土地つき騎士から始まって、いま(第五部)ではロード・オブ・レインウッド、狭い海の提督、王の手(Lord of the Rainwood,Admiral of the Narrow Sea,Hand of the King)の称号を得ています。スタニスのご寵愛ぶりはエイリスのタイゥインに対する厚情より激しい(当社比)。



さらにすごくどうでもいいが、日本語訳では怒りの岬にケープ・ラスとフリガナが振られてて、見るたびにアメリカーンな気持ちになります。



スコットランドに怒りの岬という土地が本当にあるようです。
Cape Wrath/rɔːθ/
A headland at the north-western tip of the mainland of Scotland.



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 09月 25日 |
何の遠慮もなくネタバレしています。


「時の彼方の再会」 (1~3) アウトランダーシリーズ
ダイアナ ガバルドン、 加藤 洋子(翻訳)


ロマンス小説の良いところは科学的な装置や理論的裏づけがなくてもタイムトラベルできるところですね。
オックスフォード大学史学部シリーズもSFやめてラブロマンスにすればピンポイントでどこへでも行ける。


もう読まなくていいかなと思ったのですが念のために読んでおきました。
最後のほうでドゥーガルの愛人の一人が登場してビックリ。生き残ってたのね。


ジェイミーももう若くなくて、あの純情だった若者が世慣れた中年男になってきてます。
ちゃんとロマンス小説の主人公程度には正統派のイケメンなのですが、ときどき母方の叔父さんたちを思わせる狡猾なところも見せたりして。あと20年後が楽しみ、と思えるかも知れません(私が)。
でもラブロマンスのヒーローなので、おそらくドゥーガルみたいな悪い男にはならないでしょう。残念です(私が)。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 09月 21日 |


Outlander [Kindle版]
Diana Gabaldon

ドラマでドゥーガルが大活躍するのですが「原作こんなだったっけ?」と疑問になってkindle版を買ってしまいました。

ざっと目を通してみましたが、やっぱり原作のドゥーガルはドラマほど台詞も出番もない。
だいたいの流れは同じなのですが、場面が入れ替わっていたり、描写のニュアンスが違っていて、ドラマのほうがかなりイイ男になっています。
そもそも原作はスキンヘッドじゃないしね。ヒゲも強調されてないし。


日本語訳だと表現の仕様がないのですが、原文で読むとハイランダーはすごいスコットランド訛りです。
You didn't know.

Ye didna ken.
になっちゃったりするのです。
日本では翻訳が出ていて本当に良かった。こんなのいきなり読めない。


ぼちぼち拾い読みする予定。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 07月 04日 |
「ドラマ アウトランダー」のキーワードで来てくださった方へ
この記事はドラマ放送前に書いたので内容が頓珍漢なところがあります。
ドラマの感想をお探しでしたら

タグ:outlander

にございます。
が、貴女がお求めの内容とは違うかもしれません。期待させてごめんなさい。

---------------------------------

今日の記事は一見映画『ホビット』と無関係なようですが、私の中では「ホビットAU(平行宇宙)」のカテゴリーに入っています。
何の遠慮もなくネタバレしています。画像は無断転載ですすいませんすいません。


ジェイミーの墓標 (1~3) アウトランダーシリーズ
ダイアナ ガバルドン, 加藤 洋子 (翻訳) (ヴィレッジブックス)

7/25のワールド・プレミアに向けて世界各国で盛り上がってる(らしい)アウトランダー。
第二部を読み終わりました。
このシリーズむちゃくちゃ面白くて、いったん読み始めると止まらなくなるんです。
二日で三冊読み終わってしまった。

「ジェイミーの墓標」ってタイトルはネタバレすぎるんじゃ・・・?まあ200年前の話なので登場人物は現代から見れば全員死んでるし、どっかにお墓もあるんでしょうが。
原題はたぶんDragonfly in Amber。ジェイミーがクレアにプレゼントした琥珀を意味してるんでしょうか。


第二部の冒頭ではヒロインのクレアは現代に戻っています。
戻ってからすでに20年以上たってるらしく、アメリカで医者として成功したクレアがスコットランドで200年前のハイランドについて調査するところから始まります。

現代スコットランドでクレアの歴史探求を手伝う好青年が登場。
好青年はオックスフォード大学の史学部の助教授です。オックスフォード大学の史学部ってタイムトラベル専門なんですか?もしかしてこの好青年が若き日のダンワージーの指導教授になるとかそういうAU展開があるといいな(ない)。


現代部分は冒頭だけで、途中からまた過去のスコットランドの話になります。
今回はフランス宮廷で恋のアバンチュールとかもあってバラエティにとんだ展開になってます。
ブルボン王朝の日常生活はそこだけでもとても面白いのですが、早くスコットランドの話にならないかなーとちょっとじれったかった。
でもドゥーガルがパリまで出張してきてくれたので嬉しい。

スコットランドにもどるといよいよボニー・プリンス・チャーリーがスコットランド独立のために反乱軍を率いて決起します。
のですが、いつのまにか戦闘がはじまってて、ぼーっと読んでたらしばらく気がつかなかった。
ここがメインイベントだと思ってたのですが・・・

しかもジェイミーがフレイザー一族として戦っているので、フレイザーの話ばかりでマッケンジー一族がどうなってるのか分らない!!
とやきもきしてたら途中で合流してきました。


「高い丘!(トゥラッフ・アート)」風の音に遮られ、彼らが丘を登ってくるまで聞こえなかったのだ。「トゥラッフ・アート!」クラン・マッケンジーの“鬨の声”だ。どうやらドゥーガルの部隊の一部が後退を余儀なくされ、教会を目指して登ってきたらしい。
(「ジェイミーの墓標」 ダイアナ ガバルドン)



Tùlach Àrdいつ出てくるのかわくわく期待してたのに・・・退却の掛け声なんて悲しい。


関連記事
マッケンジーの戦いの雄たけび Tùlach Àrd


スコットランド英語ネタでは「ぐずぐず言わないで(ヘイヴァーズ)」というセリフがありました。
学習した単語がすぐに出てくるのでスコッツ英語は勉強しがいがある。

関連記事
〔ほび〕 haver スコットランド英語


今回はコラム兄ちゃんの出番があまりなかった。


ドゥーガルは狡猾で目的のためには手段を選ばず、愛人も犠牲にするようなひどい男です。
でも重傷を負った部下に「イギリス兵ではなくあんたの手にかかって死にたい」と懇願されて安楽死させてあげたりして、良い場面もたくさんもらっています。




第三部でカーロックカローデンの戦いの詳細が描かれるようなのですが、私が読む理由は第二部で終わってしまった・・・
阿弥陀仏~


追記:カーロックじゃなくてカローデンCullodenでした。
Carrockってホビットに出てくる岩山だよ・・・ドワーフ沼は深い・・・



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2014年 06月 22日 |
「ドラマ アウトランダー」のキーワードで来てくださった方へ
この記事はドラマ放送前に書いたので内容が頓珍漢なところがあります。
ドラマの感想をお探しでしたら

タグ:outlander

にございます。
が、貴女がお求めの内容とは違うかもしれません。期待させてごめんなさい。

-----------------------------------


今日の記事は一見映画『ホビット』と無関係なようですが、私の中では「ホビットAU(平行宇宙)」のカテゴリーに入っています。
何の遠慮もなくネタバレしています。画像は無断転載ですすいませんすいません。



時の旅人クレア(1~3)―アウトランダー〈1〉
ダイアナ ガバルドン, 加藤 洋子 (翻訳) (ヴィレッジブックス)

世界的大ベストセラーロマンス歴史タイムトリップ小説「アウトランダー」(Outlander)の第一部を読みました。
日本語訳では「時の旅人クレア」のタイトルで3分冊になって出版されてます。すごいボリューム。続きが20冊くらいあるみたい。

内容の説明

第二次大戦終結直後、従軍看護婦だったクレアは夫とともにスコットランドのハイランド地方で休暇を過ごしていた。ある日、地元の人間に教えられてストーン・サークルを訪れた彼女は、突如異様な感覚に襲われ、意識が混濁する。気がつくと、古めかしい衣裳の戦士たちが眼前で戦いを繰り広げていた。逃げかけた彼女を捕らえた男の顔を見ると、夫にうりふたつ。こともあろうに、その男は夫の先祖だった。クレアは18世紀にタイムスリップしていたのだ!世界中で人気沸騰のロマンティック・アドベンチャー巨編、いよいよ開幕。



↑すごく上手なまとめだなあ感心。この通りの内容です。
ではキャラクターをドラマの画像を勝手に借りてご紹介してみましょう。


■クレア・フレイザー(旧姓ビーチャム) Claire Beauchamp Fraser


われらがヒロイン。
物語は1945年に始まります。戦争中はなればなれだった夫と二度目のハネムーンを楽しむため夫の祖先の土地スコットランドを訪れているときに、18世紀にタイムスリップしてしまいます。

18世紀で最初に出会ったのが夫の祖先ランダル大尉。しかし大尉は優しい夫の先祖とはとても思えない変態イングランド人でした。
不審者としてランダル大尉に捕まりそうになったところをスコットランド戦士たちに保護され、マッケンジーの城で暮らすことになります。

第二次大戦中に従軍看護婦だったクレアは18世紀の戦闘に投げ込まれてもてきぱきと怪我人の手当てをしてハイランダーたちの信頼を得ます。
有能で美人、フランス語堪能。
こんな美女が荒くれ男たちと旅をしながら無事でいられるのが不思議ですが、そこはロマンス小説なのでヒロインは無体な目にあうこともなく、むしろスコットランド男たちと兄弟のような信頼関係を築いていきます。
夢のような小説ですね・・・


■ジェイミー・マッケンジー・フレイザー James Alexander Malcolm MacKenzie Fraser


母がマッケンジー兄弟(後述)の姉。いろいろ事情があってマッケンジー一族の城で世話になっている。
赤毛のイケメン戦士。女性の噂も多々。
ランダル大尉の魔の手からクレアを守るため、ヒロインと結婚する。
年下のイケメンとやむなく結婚なんて美味しすぎるストーリー展開です。
しかもジェイミーはバージンだったのです・・・隠し子がいるとかいう噂はガセだったのか。
ロマンス小説って何でもありなんだな・・・とめったにラブロマンスを読まないブログ主は驚愕しました。


■ジャック・ランデル Jonathan Wolverton Randall


スコットランドに駐留しているイングランド軍大尉。
クレアの夫フランクの直系の先祖。
ものごっついサディストでヒロインをしつこく追い回す。
しかし彼の実際のお目当てはジェイミーだった・・・さすが世界的ベストセラーだけあって全方向の愛好者を取り込んだ展開になっています。


■コラム・マッケンジー Colum MacKenzie


マッケンジー・クランの長。マッケンジーの頭脳。
トゥールーズ=ロートレック症候群(侏儒症)で肢体が不自由ながら、深い知性と人間的魅力でマッケンジー一族を支配している。
不具のはずだが奥方との間に8歳になる息子がいる。(この子がまたすごく可愛い)

ドラマではスコットランド俳優ゲアリー・ルイス(Gary Lewis)が演じる。
「リトル・ダンサー」でお父さん役を演じてた方のようです。あのスト破りしてたパパか?


■ドゥーガル・マッケンジー Dougal MacKenzie


コラムの弟。マッケンジーの筋肉。
自由に動けない兄に代わって領地の見回りや兵士の鍛錬を担当している。
ヒロインはコラムに対する忠誠を疑ってたみたいだけど、どうやら本当にお兄ちゃんに忠実なようです。

ただし兄に隠れてスコットランド王家復興運動を援助している(この時代のスコットランドはイングランドに併合されていて、ステュアート王朝の末裔はローマに亡命中)。
コラムは知ってて目をつぶってるんじゃないかなーと思えるのですが、真相はまだ分らない。

ドラマでドゥーガルを演じるのはスコットランド俳優グレアム・マクタビッシュ(Graham McTavish) 。








マッケンジー兄弟の設定がドワーフすぎて萌えすぎて困る。
トレイラーに出てくるとんがり山もエレボールにしか見えない。


Outlander: New Series






私の脳内設定ではドゥーガルが援助しているのはボニ・プリンス・チャーリーではなくて、ステュアート王家の別の王子様。
その王子様は山奥で鍛冶屋に身をやつして妹一家と暮らしながら王座を取り戻す日を待ってるの。
ドゥーガルはときどき出かけていって王子様の二人の甥に武芸を教えてるの。
脳内設定だから何でもOKなの。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]