2017年 04月 11日 |
北アイルランドで催行されているゲーム・オブ・スローンズのロケ地めぐりツアーに参加してみました。
ロケ地に行ってみたいなーと思ってる方のご参考になれば・・・と思いレポートしてみます。


Larrybane Headにあるキャリック・ア・リード吊り橋(The Carrick-a-Rede rope bridge)は有名な観光地で、ナショナル・トラストが管理しています。
観光客でにぎわうこの橋から少し離れたところにストームズ・エンドがあるのです。

20170630235948


Larrybane Head


ドラマではストームズ・エンドは野営地しか登場しませんでした。残念です。

王位についたレンリーが馬上槍試合を行った場面のロケ地。

20170701001022

普段は駐車場として使われているようです。

20170701001039

20170701001031

近くに広い草地がありました。スタニスとレンリーの会見はここで撮影されたのかも。

20170701000505

20170701000448

20170701000439



20170701001045


遠くにドラゴンストーン岬(仮称)も見えます。Rathlin Islandだろうか?


20170630235920



この写真はなぜ撮ったのかわからない・・・

20170630235910

(つづきます)


Larrybane Head, County Antrim

20170720130926


20170701000514



20170701001050


ドラマではシーズン2エピソード3で馬上槍試合が開催され、タースの乙女ブリエンが優勝しました。
この世界では鬨の声に地名や城名を使うのですが、マージェリーの「ロラス!ハイガーデン!」のハイガーデンの間抜けさが際立っている。響きが可愛らしすぎる。

GoT ロケ地ツアーシリーズ



[PR]
2017年 04月 10日 |
北アイルランドで催行されているゲーム・オブ・スローンズのロケ地めぐりツアーに参加してみました。
ロケ地に行ってみたいなーと思ってる方のご参考になれば・・・と思いレポートしてみます。

ランチタイムは午後二時ごろです。
お腹が減るので、途中の観光地のパブやカフェでなにかつまんだり、バス内でサンドイッチやフルーツを食べてる人が多かった。

途中Smugglers Innという宿屋を通過しました。ダボスちゃん・・・


20170720114845



Fullerton Inn

おそらくどの旅行会社のツアーもここで昼食を取るのではないかと思います。
事前にバスの中で運転手さんが注文を取るシステム。
おすすめのギネス・パイにしてみました。普通のパブランチですが、けっこう美味しかった。


ランチはツアー代金に含まれていないのでここで食べなくてもかまわないのですが、食事中に他のツアー客と親交を深めることができます。運転手さんにマージンが入るでしょうし、チップと思えば良いのでは。
(いや日本人はこういうところで「ぼったくられた」と気に病む人が多いように思うので・・・)



この店にはGame of Thrones Doors of Thronesの六番目のドアがありました。
普通に店の入り口のドアだったのでちょっと驚いた。


20170630235350

20170630235518


内装もゲーム・オブ・スローンズ。いまとなっては牡鹿の盾が物悲しい。
あれ、右は色が反転していますね。正統なバラシオンの紋章(sigil)は金地に冠をいただいた黒い牡鹿なのですが。

色を反転させた家紋は私生児が使うデザインですが、エドリック・ストームの盾なのでしょうか。スタニスの家紋と並べる意味は?スタニスとエドリックが協力して王座を得る予言?(←バラシオン馬鹿の妄言です)

20170630235512

鉄の玉座あり。座れます。

20170630235501


店内にドラマのスチル写真集(手作り)もあったのですが、みたことのないスタニスとダヴォスのツーショットが混ざってて興奮しました(報告)
(つづきます)


Fullerton Inn, Ballintoy

20170630235354


北アイルランドに10あるスローンズ・オブ・ドア。
それぞれシーズン6のあるエピソードをあらわしているそうです。道理で鹿がないわけだ(悲


GoT ロケ地ツアーシリーズ



[PR]
2017年 04月 09日 |
北アイルランドで催行されているゲーム・オブ・スローンズのロケ地めぐりツアーに参加してみました。
ロケ地に行ってみたいなーと思ってる方のご参考になれば・・・と思いレポートしてみます。


ジャイアンツ・コーズウェイは北アイルランドで最も有名な観光地。
海岸めぐりツアーには必ず入っています。

ガイド兼運転手のパットさん(仮名)の説明によると、古代アイルランドには超イケメンの強い巨人フィン・マックールがいました。対岸のスコットランドには超醜い巨人がいて、二人の戦いのために作られた橋がジャイアンツ・コーズウェイだそうです。
アイルランドにも同じ話が伝わっていますが、あちらではイケメンはアイルランドの巨人になっている。
ここにもスコットランドとアイルランドの意地の張り合いの歴史が・・・


現在ジャイアンツ・コーズウェイはイギリスのナショナル・トラストの管轄になっています。
ジャイアンツ・コーズウェイ自体は無料で見学できる(単なる海岸なので)のですが、なぜかAdmission Fee £10.50と書いた立派な看板が立っています。
聞けばこの10ポンド余はビジターセンターの見学料金だそうで、事情が分からないまま払ってしまう観光客が多いのだとか。
ナショナル・トラストも資金繰りが大変なのかもしれませんが、やり方がいささかセコいですね。


Giant's Causeway

海岸の東側に草地があるんですけど、パットさんは
「ここがレンリーとスタニスが会見したところ」
と言ってた、と思うのですが記憶があやふやです。

思い違いかもしれません。
とりあえずこんな草地でした。

20170630234852

北アイルランドの海岸には広い緑地はあまりないのですが、ここはけっこうひろびろしてて気持よかった。

20170630234833

20170630234826




(つづきます)

Giant's Causeway, County Antrim

20170717213644


20170630234708

20170630234715


20170630234702


ドラマではスタニスがレンリーに「兄ちゃんハムかよwww」と失礼なことを言われてた場面。
なお原作ではダヴォスちゃんはまだ下っ端なのでレンリーとの会見には出ていません。
というより原作ではこの場面は城代との会見で、このときもうレンリーはいない。

海が見えて、かつ大人数が馬で移動できるロケ地は貴重そうですね。

20170717212816

20170717212824


20170717212835
GoT ロケ地ツアーシリーズ



[PR]
2017年 04月 08日 |
北アイルランドで催行されているゲーム・オブ・スローンズのロケ地めぐりツアーに参加してみました。
ロケ地に行ってみたいなーと思ってる方のご参考になれば・・・と思いレポートしてみます。


ガイド兼運転手のパットさん(仮名)が
「ドラマを見てると、どの国の海岸線も似てるなあ・・・と思いませんか。
それはどの国の海岸も同じ場所で撮影してるからなんですよ」
と言ってました。

「ほら、あの岬はいつも画面に映ってますよね、あれがドラゴンストーンです」
という説明で我に返ったのですが、半分寝てたから夢だったのかも・・・
たしかにどの写真にも映り込んでいる半島(?)があるんですよね。
あとでチェックしてみたらドラマにもよく登場するので、心の中で「ドラゴンストーン岬」とお呼びすることにしました。
しかし場所がわかりません。もしかしてアイラ島なのか?それにしては近すぎる?

仮称 ドラゴンストーン岬

20170630233832


Ballintoy Harbour

前記事と同じ海岸なんですが、ここはパットさん曰く

「ドラマを見てない人には何のことかさっぱりわからないと思うけど
ダヴォスがサラドール・サーンをリクルートした
ダヴォスがゲンドリーを逃がした
メリサンドルが不信心者を焼いた
ところです」


ってことは、ここがドラゴンストーンか!

ろくに下調べもせずにツアーに参加したので、スタニス関係の撮影地は入ってないのだと思っていました。
まさかこんなところでドラゴンストーンに来れるとは!(←そういうツアーなのですが)


あ、この岩見覚えが・・・

20170630233825

20170630233816


ドラゴンストーン岬も見えます

20170630233809


同じ岩ばかりで失礼。しかし岩しかないので・・・

20170630233803


少しばかり砂浜が。後ろにシオンのコーヒーショップ。
アイアン・アイランズとドラゴンストーンはお隣さんでした。

20170630233704


チーム・ドラゴンストーン以外にはどうでもいい浜辺。

20170630233655


これがメリが焼いた場面

20170630233439

(つづきます)


Ballintoy Harbour, County Antrim


20170716214819

 

ドラマではシーズン2のエピソード1でサラをリクルートするダヴォスちゃんをご覧いただけます。

この岩!

20170716230754

20170716230742


後ろに仮称ドラゴンストーン岬も見えます。

20170716230732


「スタニス王が俺の神だ」
ダヴォスちゃんかわいいなー(ロケ地無関係)

20170716230724



シーズン3のエピソード10でゲンドリーを逃がすダヴォスちゃん

20170717000126


20170717000121

20170717000116


まったく無関係ですが、オープニングで俳優の名前の前についてる四角は家紋だといまごろ気づきました。
ドラゴンストーンのところでリアムさんとスティーブン・ディレインが出てくる日はラッキー・デイ。

20170717000137


20170717000131



シーズン4のエピソード2でフロレントを焼くメリ

暗くてなにがなにやらわかりませんが。
すごい風が吹いてるようですが、アイルランドは風が強いので撮影たいへんだろうなと思った。

20170717002719

原作ではセリースの伯父が焼かれたと思うが、ドラマでは兄になっていた。こういう世代の改変がちょこちょこある。

20170717002722



GoT ロケ地ツアーシリーズ



[PR]
2017年 04月 07日 |
北アイルランドで催行されているゲーム・オブ・スローンズのロケ地めぐりツアーに参加してみました。
ロケ地に行ってみたいなーと思ってる方のご参考になれば・・・と思いレポートしてみます。


ベルファストを出発したバスはアントリム州を北上し、最北端まで来ました。
ガイド兼運転手のパットさん(仮名)が

「海の果てにうっすらと島が見えるでしょう?
あれはノルウェイなんですよ」

みんな驚いて「へー、アイルランドって北欧に近いんだね」などと言い合っているとパットさんは

「そんなわけないだろ、あれはただのスコットランドだ」


パットさんにはこのあとも何度も
「言われたことを全部信じちゃだめだ」
と諭されました。
(つまりパットさんにこのあとも何度も騙された)


ゲーム・オブ・スローンズで遠くに青い島影が見えたら、それはエッソスではなくウィスキーで有名なスコットランドの地なのだなと思っていただければ。


Ballintoy Harbour

ここではシオン・グレイジョイが鉄諸島に里帰りしてお姉ちゃんと再会した思い出すだけで恥ずかしくなるあの場面が撮影されました。

20170630233550

20170630233543


シオンの背景の白い建物はセットやCGではなくて、普通の民家でした。
現在はコーヒーショップとして営業しています。

20170630233449


20170630233536


20170630233444


20170630233554

(つづきます)


Ballintoy Harbour, County Antrim

20170716214819



ドラマではこのシーン


20170716221624


20170716221616


20170716221609


キャプチャとるのにもう一度みたがやはり恥ずかしすぎるシオンちゃん

20170716221559



GoT ロケ地ツアーシリーズ




[PR]