美女と野獣のエマ・トンプソン
2017年 05月 10日 |
美女と野獣めちゃくちゃ良い映画でした。
アニメより実写のほうが楽しい。

冒頭の白塗り王子の意地悪そうな笑顔がとても可愛かった。
最後のブルーの衣装の王子もキュートだったわ、王子が愛らしいディズニー映画を初めて見た。


最初のナレーターがエマ・トンプソンで物語の世界へいざなってくれます。
主役ふたりのダンス場面もエマ・トンプソンが朗々と歌い上げるテーマソングで盛り上げてくれます。この歌吹き替えと思ったら本人なんですね、びっくり。

そしてエンドクレジットではマッケランを超えてオオトリに名前が出るエマ・トンプソン。往年の必殺シリーズの山田五十鈴のポジション。
すごいです、エマ・トンプソン。


Beauty and the Beastの歌はエンディングでももう一度流れますが、同じ曲なのに発音が違う・・・エンディングのほうはアメリカ英語だった。違うものなんだなあと思いました。



ところでBeauty and the Beastはなぜビーストにだけ定冠詞がついているのでしょうか・・・












[PR]