アウトランダー S2 E9
2016年 06月 20日 |
アウトランダー シーズン2もいよいよ佳境。

以下遠慮なくネタバレしています。各自回避お願いします。
あとクレアとジェイミーの話はないのでそこはご理解の上お読みください。


画像も勝手にアップしています。おとがめがないといいですね。



■アウトランダー S2 
第9話 "Je Suis Prest"


ブログ主がどれほどエキサイトしているかご覧いただけないのが残念です。

先週クレアとジェイミーがコラムに会ったボウフォート・キャッスルというのはジェイミーの父方の祖父であるLord Lovatのお屋敷だったようです。そこでクランの代表者たちがスチュワート家を支持するかどうか決めたのですね。
フレイザーは支持、マッケンジーは不支持の結果に終わりました。

いま調べて知りましたが、Lord Lovatことサイモン・フレイザーを演じているクライヴ・ラッセルさんはゲーム・オブ・スローンズでブリンデン・タリーを演じている。
ケイトリン・タリーの叔父ブラックフィッシュです。そしてブリンデンの甥エドミュアを演じているのはトバイアス・メンジースさん。愛憎の錯綜するハイランド(とウェスタロス)。
これでもしサムがレンリーのオーディションに受かってたらリバーランドとストームズエンドで大恋愛になって収集がつかなかったかも(想像


話がそれました。
ボウフォート・キャッスルを出発したフレイザー夫妻は、フレイザー一族が結集する野営地へ。
しかしそこにはアンガスとルパートもいたのです。クレアにキスをねだって拒否される可愛いアンガス。


そして、もちろんドゥガルも登場。


マッケンジー一族は戦いに参加しないはずではといぶかるジェイミーに
「コラムと自分の考えは違う」
と簡潔に説明するドゥガル。
兄ちゃんを裏切ったのか・・・マッケンジーの守備は誰がやってるんだろう。



クランから離れてはぐれ狼となったドゥガルとアン&ルパはジェイミーの指揮下に入ります。
ドゥガルが素直に甥の采配に従うのか心配ですね。


ジェイミーは野生児ハイランダーたちを近代的な軍隊に育てようと一生懸命ですが、なかなかうまくいきません。
そこへアパッチ(古語)まで攻め込んできて大混乱。


・・・あの半裸一族は練習の邪魔をするいたずらっ子ドゥガルだったのですね・・・
脚本家はドゥガルをどうしたいのか?


あんのじょう甥っ子に叱られるドゥガル叔父さん。



グレアムさんの色白ぶりにびっくりですが、よく見るとウェストはさらに白いですね。
どんだけ美白なのでしょうか。



指揮官に怒られて反省したのかと思ったらドゥガルは今度はクレアにちょっかいを出しています。
もうみんな忘れてると思うけどシーズン1の最後のほうでクレアにプロポーズしたことを蒸し返すドゥガル。



クレアがジェイミーに話したかどうか探りをいれに来たようです。




クレアにあなたが愛してるのは自分だけでしょ、となじられてしょんぼりするドゥガル。
自分は確かに池に映った己の姿に恋しているが、スコットランドのことはもっと愛している。
正当な王を復位させるためならなんでもすると言い放つドゥガル。




ドゥガルはこのあとどうなっちゃうのかなあ。
原作通りなのか、それともドラマのオリジナル運命が待ち受けているのか。

来週も楽しみです。



[PR]