「コードネーム U.N.C.L.E.」
2015年 12月 13日 |
見てきました。
何ひとつ知らずに行ったのですが、とても面白かった。
ナポレオン・ソロってこんな話だったのですね。

ヒュー・グラントが意外な役で、しかし寒いジョークがすべりまくっても平気なゴーイングマイウェイなところがイギリス人らしくてよかった。
昔の映画のイギリス人ってこんな変人扱いが多かったと思うのです。


そしてナポレオン・ソロは英語にアメリカ訛りがあまりなくて聞き取りやすくて助かったわ・・・と思っていたら、この俳優さんイギリス人なんですね・・・
なんだか騙された気分。

しかし、 ナポレオン・ソロの上司の人は正真正銘アメリカ訛りでこれこそアメリカ人!と思っていたらこっちもイギリス人俳優でした。どうなってるんだ。



ヘンリー・カヴィルさんはアメリカ英語を表現するのに苦労されたようです

‘The Man from U.N.C.L.E’s Henry Cavill Struggled with American Accent

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]