ホビット BOFA EE ジャムバッグを狙え!
2015年 12月 01日 |
今日は月初で例月なら学習進捗報告の日なのですが、いまブログ主はそれどころではない。

もしかしてブログ主の学習状況をチェックするためにわざわざ来てくださった方がいたらごめんなさい。
これも縁と思ってホビット三部作も見てくださいね(勧誘)。





廃人のごとくBOFAのメイキングDVDを見てます。
EE(追加された場面のことらしい)の中にドワーフたちが山羊の戦車で敵と戦うシーンがあって、バーリン、ドワーリン、フィリ、キリが多頭戦車をあやつって縦横無尽に戦場を駆け巡ります。

で、戦ってるところにトロルが襲ってくるのですが、そこでの会話、ドワーリンにトロルを矢で射ろと言われたキーリがどこを狙えばいいのか聞く(うろ覚えで失礼)

Dwalin: Aim at its jambags!(やつのジャムバッグを狙え!)
Kili: It doesn't have any jambags!(あいつはジャムバッグなんて持ってないよ!)


いやここキーリの表情がモンティパイソンみたいで大爆笑なのですが、さらにメイキングが収録されていてそれがまた輪をかけておかしい。

ドワーリン役のグレアム・マクタビッシュが経緯を説明してくれてました。
この場面は監督が脚本家からできたての脚本を受け取って、その場で読み上げて演技に入ったようです。
で、監督に"Aim at its jambags!"と言うよう指導されたドワーリンとキーリは大喜びして収録。
ランチタイムにグレアムさんは脚本家のところへ行って「すごくいいセリフだね」と伝えた。
脚本家に「どのセリフ?」と聞かれて「ジャムバッグだよ最高!」と答えたグレアムさんだったのですが、じつは脚本に書かれていたのは

yambag

だったというオチなのです。


yambagというのは普通の辞書に載ってませんが、オンラインのUrban Dictionary

には

scrotum; nutsack; fleshy, often hairy, pouch containing the testes.


と語釈があります。
(あああこのブログにこんな言葉がのってしまうとは)


非ネイティブにとってはジャムバッグだろうがヤムバッグだろうがピンとこないのは同じなのですが。


しかしこのエピソードのポイントはそこではない。
そこではなくて、重点はグレアムさんがそんなこともわざわざ脚本家に感想を伝えに行くような人だということなのです。

脚本が面白くてすごく良いと思ったから昼休みに脚本家を探しに行って「最高だね」と伝える。
グレアムさんのそういう暖かで友人を大切にするビッグなハートがあらわれているエピソードではありませんか。

そんなグレアムさんが演じているドワーリンだからトーリンも安心して背中を預けられるんだなあと思いました。
EEのメイキングは宝の宝庫です。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
by xiaoq | 2015-12-01 21:58 |