ファーゴ Fargo
2015年 07月 16日 |


しばらく前から見ていたのですが、内容がすさまじくてなかなか進みませんでした。やっと完了。

最初に「これは実話です。人物は仮名です」と出るのでずっとノンフィクションかと思っていたらフィクションだそうです。よかった。

マーティン・フリーマンが事件に巻き込まれるしょぼいセールスマンを演じています。このひと巻き込まれ型ヒーローが本当にうまい。


同僚からも同級生からも妻からも親族からもバカにされきっているうだつのあがらないレスター・ナイガード(マーティン・フリーマン)。
いじめっ子だった元同級生に大人になってもいじめられるレスターは、元同級生のせいで怪我をして病院の外来へ行くが、病院でもないがしろにされる。
待合室でプロの殺人鬼ローン・マルヴォと知り合い、元同級生の殺しを依頼してしまう(本人はそんなつもりではなかったが)レスター。

連鎖的に人がどんどん死んでいくドラマです。
マーティンのパート以外はあまり見てなかったので全体の話はよく分かりませんでしたが(←いつも通り)、面白かった。

愛妻(しかしガミガミ女)を失ったあとレスターがやぶれかぶれで暴力的な態度を取ると、みんなに尊敬の目で見られるようになる。これまで礼儀正しくふるまうほどいじめられたのに、怒鳴ったり殴ったりすると他人が従うと気づいて、俺様キャラに転換するレスター。
変身後のマーティンがすごくかっこいい。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]