ハンニバル 第二季 1~3話 網上鑑賞
2015年 04月 08日 |
アウトランダーを見ようとsohuのサイトをチェックしていたら、いろんなドラマがあるのを発見してしまいました。

気になるのが・・・

漢尼拔 第二季 Hannibal S02

冰血暴 Fargo

疑犯追踪 Person of Interest

権力的遊戯 Game of Thrones



どれも最新話まで配信しているようです。
ひと昔前は海賊版DVDを買わなければ海外ドラマなんて見れなかったのに、いまやネットで誰でも無料で鑑賞できるようになってます。中国市場の勢いってすごい・・・

無料で見れる代償に必ず広告が入るのですが、最近ではドラマの内容に合ったCMになってるようです。
英国ドラマを見ようとするとベネディクト・カンバーバッチが出演してる車の広告が流れてきてむしろ嬉しい。

そういうわけで気になる「ハンニバル」のシーズン2をちょっくらのぞいてみました。

第1話 Kaiseki
第2話 Sakizuke
第3話 Hassun

シーズン1ではいちおう犯罪捜査の体裁を取っていたドラマですが、シーズン2ではもはや何のドラマかよく分かんない。(のは私だけか)

前作の終わりにハンニバルに陥れられて連続殺人犯の濡れ衣をきせられて刑務所に収監されているウィル。
そこへ諸悪の根源ハンニバルが面会に来ます。

ウィルはまだ犯罪のことを考えているようです。
以前は犯罪を再現してみたら自分の声が聞こえたのに、いまや脳の中はハンニバルの声が聞こえてくる。



頭のなかはハンニバルでいっぱい。可哀想なウィル・・・



ハンニバルは友情についてなにやら語ってました。意味分からず。
すごく心配してる親友みたいな顔で語るので腹立ちますね。



ウィルは前シリーズの連続殺人犯人はハンニバルではないかと疑っているのですが、誰も信じてくれません。
ハンニバルに裏切られた気がすると本人に訴えるウィル(ハンニバルしか話を聞いてくれないから)



自分を信じていいよとかぬかしよるハンニバル。




娑婆でのびのび暮らすハンニバルは相変わらずお料理も楽しんでいます。
シーズン2は日本料理がテーマだそうで、ウィルの上司が懐石をご馳走になってました。
中国字幕では隅のほうに懐石について注釈もついてて便利。このドラマで初めて日本料理を知る若い中国人とか出てくるんでしょうか。

ハンニバルが人間の脳みそを料理している場面があって「ぎゃーグロいー!」と思ったら、ウニの殻をはずしてるだけでした。気持ち悪かった(笑)

ハンニバルはウィルの上司(名前忘れた)に自分の叔母murasakiについて話すのですが、中国字幕は「紫氏」になってました。時代劇みたいです。

あとどっかの場面でField KABUKIというセリフが出てきて、中国語訳が「歌舞伎之地」になってたんですけど、カブキ・フィールドとは?何ですか?


ウィルが拘留されているあいだに新たな連続殺人事件が発生します。
FBIの韓国女性がこっそりウィルに事件解決させようとしてるみたいです。
ウィルは得意の脳内再現で事件を解き明かそうとするのですが、なにしろ「満脳子都是ハンニバル」なので、犯人がハンニバル、被害者は自分の再現フィルムになってしまって気色悪い。
このドラマはどういう視聴者を狙っているのか?

ウィルの裁判が行なわれる朝。
おめかしするハンニバルと、こちらもスーツを差し入れてもらって着替えるウィル。スーツ持ってるのか。このスーツもしかしてハンニバルが手配してくれたんだったりして。

ここで二人の着替えが交互に画面に出るのですが(何の必要性が・・・)、動作がぴったりシンクロしてます。ネウタイを首にくるっと回す動きまで同じ。


オペラが流れるなか優雅に着替えるハンニバル。中文字幕は曲名まで教えてくれる。dalla sua paceというのはドン・ジョバンニの曲らしいです。



字幕担当者凝り性やな・・・



シャツをズボンにたくしこむところまで見せてくれました



笑うところなのだろうか・・・


最後はハンニバルはお洒落なカフスをつけて、ウィルはお巡りさんに手錠(ハンドカフ)をつけられて完成。


今季の殺人事件はとにかく気持ち悪くて痛い。前シリーズではまだしもミステリのふりをする気があったと思うのですが、今シリーズはジャンルとしては何なのか?サスペンスラブコメ?

中国語としては
occam's broom
奥卡姆掃箒
という言葉が気になりました。

Occam's Razor
奥卡姆剃刀
の派生語のようです。どっちも意味が分かりません。


このシリーズに本当にリチャードさんが出るのか・・・



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]