「実践ビジネス英語」
2015年 03月 29日 |
実践ビジネス英語のテキストをついに買いました。

もう1年くらい聞き流ししているのですが、複数いる登場人物が誰が誰だかさっぱり分からないのです。
主人公はウメムラ・セイジという気弱そうな日本人で、紐約の優良企業で働いている、同僚はアメリカ人ばかりじゃなくてカナダ人やイギリス人やスペイン系?もいるようだ。

同僚はみんな仲良しで、会話の内容は仕事のことだけじゃなく、アメリカでの生活にとまどうウメムラに優しくアドバイスしてくれたりもする。


4月からはちゃんと読みながら勉強しようと思って買ったテキストには当然登場人物紹介が載ってます。もっと早く見ればよかった。
こういう人間関係だったのか。会社の業務内容も初めて知った。(何聞いてるんだ)



恒例勝手に画像紹介。
人物の左右はブログ主の意見とは無関係です(何?)

ポール・ピアソン 44歳
この人副社長やったんか!なんか物腰が柔らかいからもっと下っ端かと思ってたわ、意外に偉いんですね。
よく「わしカナダ人じゃけんアメリカ人の考え方にはついていけん」とぼやいてます。

梅村聖四。
セイジの漢字が「聖四」っていうのにビックリ。シャイな喋り方なので23歳くらいかと思ってたら35歳っていうのにも驚きです。ガルシアに舐められてる感あり。




ケイ・ブレクストン
女の人が複数いるなあとは思っていたのですが人事部長だったとは。

パット・マクミラン 34歳
ロンドン生まれスコットランドの大学出ってどういう設定だ。姓からして先祖はスコットランド人なのだろうか?なぜわざわざグラスゴー(と決めている私)の大学へ行ったんだろう。
パットってことはパトリックかな、なんかアイルランドっぽいな。先祖はアイル(略)
マクミランは出身地の話をするときに「UKでは・・・」って言うんですよ、どうして「イングランドでは」とか言わないのか?と思ってたのですが複雑な事情があるのでしょうか。




ビル・ニッセン 36歳
通販会社みたいな名前だなという記憶しかない。先祖が北欧出身か何かだろうか。
なんか洒落たことを言う人のような気もする。

アリス・コリンズ
ケイとは別人なのか・・・女性はけっこう年配。そのぶん偉いのも面白い。




スティーブ・ライオンズ 51歳
よく出張してるイメージがあるが気のせいかもしれない。

カーメン・ガルシア
ウメムラと恋愛できそうな年回りの女子がこの子しかいないのが気になる。しかしピアソンの秘書なのでボスとできているのかも知れない。




この番組もしウメムラが女の子だったら同僚の誰かと恋仲になるはずですが(決め付け)、主役が男の場合は恋愛禁止なのでしょうか?

人物関係も把握できたことだし、今後はビニエット内カップル化を進めつつ学習したいと思います。
アリス/カーメンの百合展開とかありかな。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]