ネタバレ解説&感想 16 「ホビット 竜に奪われた王国」 エレボール製鋼
2015年 03月 22日 |
トールキン部外者のブログ主が映画「ホビット」を見て分からなかったことを調べながら書いてます。
内容はいいかげんですので本気になさらないでください。訳をつけてみたところもありますが適当です。


今日で最終回です。毎回律儀に読みにきてくださっていたみなさま本当におつかれさまでした。
明日からは通常の語学学習記事に戻る予定です、ご安心(?)ください。


スマウグを誘い込んだものの、製鋼所には火の気がなく(そりゃ百年も操業停止してたんだから・・・)困るドワーフたち。


Dwalin:The plan’s not going to work. These furnaces are stone cold.
(この計画はうまくいかない。溶鉱炉は冷え切っている)

Balin:He’s right; there’s no fire hot enough to set them ablaze.
(その通りだ。ここには溶鉱炉を燃え上がらせるだけの火がない)

Thorin:Have we not?
I did not look to see you so easily outwitted!
You have grown slow and fat in your dotage.
Slug.
Take cover. Go!
(火がない?
お前がこんなにたやすく騙されるとは想像もしなかった。
お前は耄碌して動きが鈍り、肥え太った。
ナメクジめ。
隠れろ、早く)



怒ったスマウグが火を噴いて炉に火をともしてくれましたとさ。
トーリン頭いいな。

ダイエット中に誘惑に負けそうになったときにこの画像を見るといいと思う









Thorin:Balin, can you still make some flash-flame?
(バーリン、まだ炎の弾が作れるか?)

Balin:Aye. It’ll only take a jiffy. Come on!
(アイ、少し時間があれば。さあ、やろう)

Dwalin:We don’t have a jiffy.
(時間は少しもないぞ)

Balin:Where’s the sulfur?
(硫黄はどこかな?)

Dori:You sure you know what you’re doing?
(自分のやってることは分かってるんだよな?)



楽しそうに働くバーリンがとってもとっても可愛い。flash-flameって何かしら。
バーリンの職務って何だったんでしょう?王室の相談役みたいなのかと思ってたのですが、鉱山での労働も受け持ってたんでしょうかね。武術の腕もたつし何でもできる頼もしいバーリン。
そしてドワーリンの安定の突っ込み。

誰も聞いてなくても必ずボヤッキーを入れるドワーリン。ノーリだけが聞いてあげている、優しい。



か、わ、い、い



いやこれ面白すぎるでしょ王様。後ろでドワ殿があきれ顔。







ドワーフたちはスマウグを広間に誘い出します。そこにはスロールの巨大な石像。

Thorin:I am taking back what you stole.
(お前が盗んだものを取り戻す)

Smaug:You would take nothing from me, Dwarf. I laid low your warriors of old. I instilled terror in the hearts of men. I am King under the Mountain.
(お前はわしから何も取り戻せはしないぞ、ドワーフ。お前の兵士たちを滅ぼしてやった。人間の心に恐怖を刻みこんでやった。わしこそが山の下の王なのだ)

Thorin:This is not your kingdom. These are dwarf lands, this is dwarf gold, and we will have our revenge.
(ここはお前の王国ではない。ドワーフの土地、ドワーフの黄金だ。いま我らは復讐をとげる)



石像ではなくて黄金像だったのですね。
きんきらきんのドワーフを見て「わーお」って表情のスマウグちゃん可愛い。

たぶんできあがった黄金像はトーリンも初めてみたのでしょう。
じいさんこんなもの作ってたのか・・・



目がハートになってるスマウグちゃん




しかし黄金の中からキングギドラとなって蘇るスマウグ。


Smaug:Revenge?! Revenge! I will show you REVENGE!
I am fire. I am...DEATH!
(復讐?復讐だと?わしが復讐を見せてやろう!
我は炎なり、我は・・・死なり!)

Bilbo:What have we done?
(ぼくたちは何をしたんだ?)



ここのスマウグのセリフって「我はよみがえりなり、いのちなり(I am the resurrection, and the life)」に似てると思ったけど英語はそんなに似てないか。



スマウグ・ザ・中二病が湖の町へ飛んでいったところでジャジャンとジ・エンド。
続きは第三部でどうぞ。



あ~終わった終わった。
やっぱりDosは面白かったなあ。まさかこの作品の続きがあんなことになるとはねえ、もしかして第二部が完成したころに紐西蘭でスペイン風邪か黒死病が大流行してピーターやらフランやらフィリッパやらハワードやらが全員死に絶えたんだけど観光収入途絶を憂えたNZ政府の悪代官が影武者を立てていやがるWETAに無理やり製作されたのがBoFAという陰謀論を考えてみましたがどうでしょうか。
もしくはあの島嶼国はすでに宇宙人に征服されているのだが、他の国にさとられないためにひとまず映画と羊だけは育てつづけているとか。そういえばNZ航空のCMとかすでに妖精さんの支配下にある国っぽかったよね。



オゴマン最後の見せ場はこの広告だった・・・




自分以外にはまったくどうでもいいことなのですが、第一部と第二部では仲良くカップルでクレジットされていたグレアムさんとアダムくん、第三部ではグレアムさんがピン芸人に出世したため引き離されてしまいました。
おふたりの(名前が)並んだ姿を見れるのもこれが最後。さびしい。







これまでの記事

ネタバレ解説&感想 壱 「ホビット 竜に奪われた王国」 ブリー
ネタバレ解説&感想 弐 「ホビット 竜に奪われた王国」 ビヨルンの家
ネタバレ解説&感想 弐.伍 「ホビット 竜に奪われた王国」 どさまわり旅芝居
ネタバレ解説&感想 参 「ホビット 竜に奪われた王国」 闇の森
ネタバレ解説&感想 肆 「ホビット 竜に奪われた王国」 エルフ王
ネタバレ解説&感想 伍 「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・ハイ・フェルズ・オブ・ルーダウア
ネタバレ解説&感想 陸 「ホビット 竜に奪われた王国」 ドワーフの川流れ
ネタバレ解説&感想 漆 「ホビット 竜に奪われた王国」 魚
ネタバレ解説&感想 捌 「ホビット 竜に奪われた王国」 湖の町
ネタバレ解説&感想 玖 「ホビット 竜に奪われた王国」 マスターとアルフリド
ネタバレ解説&感想 拾 「ホビット 竜に奪われた王国」 助さん角さん
ネタバレ解説&感想 11 「ホビット 竜に奪われた王国」 居残り組
ネタバレ解説&感想 12 「ホビット 竜に奪われた王国」 ドル・グルドゥア
ネタバレ解説&感想 13 「ホビット 竜に奪われた王国」 秘密の扉
ネタバレ解説&感想 14 「ホビット 竜に奪われた王国」  ジ・アーケンストーン
ネタバレ解説&感想 15 「ホビット 竜に奪われた王国」 衛兵所



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]