カナダ英語が苦手?
2015年 03月 25日 |
TOEIC受験のために市販の教材を買いました。
リスニングの模試でとても聞き取りやすいときと、さっぱり理解できないときがありました。

最初は自分のリスニング能力が低いせいだろうと思っていたのですが、もちろんそれも理由の一つなのですが、回答のスクリプトを見るとじゅうぶん聞き取れるはずの語彙や文法。
回答にはネイティブ発話者の出身国が国旗で表されているので、もしや訛りに関係あるのかと不正解の統計を取ってみると、圧倒的にオーストラリアとカナダでした。

オージーが聞き取れないのはまあ仕方ないとしてもカナダ英語も苦手なのか・・・と落ち込んだんですけど、どうも男性のスピーカーだと聞き取れるみたいなんですよ。
女性の声が苦手なのかな?でもこの女性すごく明るくてフレンドリーで感じの良い声なのに。

と気にかけながら模試をやってて気づいたのです。
この声を知っている・・・このイントネーション、この楽しそうなウキウキした口調、仕事を楽しんでる明るい性格のうかがわれるハッピーボイス・・・

テキストの奥付をチェックしてみると、やはりそうでした。
NHKの「攻略!英語リスニング」で朗読している女性です。

そうか!「攻略!英語リスニング」で何を言ってるのかさっぱり分からない・・・と感じていたのは思い過ごしではなかったのか・・・
どうやら私はこの方の喋りを聞き取るのが不得手なようなのです。

あまりにもハキハキして明るい喋り方なので聞き取れて当然のように思っていたのですが、必ずしも明るい=聞き取りやすいではないのですね。
暗くてボソボソした喋り方より聞きやすいとは思うのですが、この方のクルンクルンしたスピード感溢れるイントネーションが苦手だったようなのです。

(声はとてもステキなんですよ、喋り方も好きなんです、ただ聞き取れないの)



いやー意外なところで意外なことが判明して驚きました。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]