愛のポエム Day11 "The Dream"
2015年 03月 13日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)


このシリーズすごく聞き心地が良いんです。
もちろんリチャードさんの声が素晴らしいのが主な理由なのですが、もうひとつ背景音楽が無音というのもあると思います。

これが中国語の詩や散文だったら朗読者の声をかき消すような大音量で、しかも雰囲気ぶち壊しのひどいBGMが必ずついてくるところです。
語学学習のためだから仕方がないとガマンしていたのですが、センスのない教材を使って学習するのがいかに辛かったか、英語をやるようになって身にしみます。英語学習って天国。



今日はエドナ・セント・ヴィンセント・ミレーの「夢」

11."The Dream" by Edna St. Vincent Millay

Love, if I weep it will not matter,
And if you laugh I shall not care;
Foolish am I to think about it,
But it is good to feel you there.

Love, in my sleep I dreamed of waking,—
White and awful the moonlight reached
Over the floor, and somewhere, somewhere,
There was a shutter loose,—it screeched!

Swung in the wind,—and no wind blowing!—
I was afraid, and turned to you,
Put out my hand to you for comfort,—
And you were gone! Cold, cold as dew,

Under my hand the moonlight lay!
Love, if you laugh I shall not care,
But if I weep it will not matter,—
Ah, it is good to feel you there!


■laugh/lɑːf/

■care/kɛː/

■awful/ˈɔːfʊl/

■blow/bləʊ/

■afraid/əˈfreɪd/

■comfort/ˈkʌmfət/

■dew/ˈdjuː/

■lay/leɪ/

■matter/ˈmatə/



前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"
愛のポエム Day 2 "Sonnet 116"
愛のポエム Day 3 "Annabel Lee"
愛のポエム Day 4 "To Be One with Each Other"
愛のポエム Day 5 "Maud"
愛のポエム Day 6 "To His Coy Mistress"
愛のポエム Day 7 "Bright Star"
愛のポエム Day 8 "Love's Philosophy"
愛のポエム Day 9 "1 Corinthians 13:4-8"
愛のポエム Day10 "Meeting at Night" by Robert Browning



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]