愛のポエム Day 7 "Bright Star"
2015年 03月 05日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)


「ハンニバル」のスタッフがファンアートを回覧してるとか、キャストがファンフィクションを愛読してるという噂をきくにつけ、こんな荒波に放り込まれたリチャードさんはだいじょうぶかとドキドキしちゃいます。



今日はジョン・キーツの「輝く星」。


7."Bright Star" by John Keats

Bright star, would I were stedfast as thou art—
Not in lone splendour hung aloft the night
And watching, with eternal lids apart,
Like nature's patient, sleepless Eremite,
The moving waters at their priestlike task
Of pure ablution round earth's human shores,
Or gazing on the new soft-fallen mask
Of snow upon the mountains and the moors—
No—yet still stedfast, still unchangeable,
Pillow'd upon my fair love's ripening breast,
To feel for ever its soft fall and swell,
Awake for ever in a sweet unrest,
Still, still to hear her tender-taken breath,
And so live ever—or else swoon to death.



■splendour/ˈsplɛndə/

■eternal/ɪˈtəːn(ə)l/

■Eremite/ˈɛrɪmʌɪt/

■unchangeable/ʌnˈtʃeɪn(d)ʒəb(ə)l/

■swoon/swuːn/



前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"
愛のポエム Day 2 "Sonnet 116"
愛のポエム Day 3 "Annabel Lee"
愛のポエム Day 4 "To Be One with Each Other"
愛のポエム Day 5 "Maud"
愛のポエム Day 6 "To His Coy Mistress"



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]