愛のポエム Day 2 "Sonnet 116" 
2015年 02月 18日 |
リチャード・アーミティッジさんが朗読する愛の詩を教材に英語の音読練習を行ないます。
一日一詩を10分程度ほど朗読。シャドウイング→オーバーラッピングで読みます。
発音練習なので意味は分からなくてOK。(分かるに越したことはない)


今日は
2."Sonnet 116" by William Shakespeare
シェイクスピアですよ、緊張しますね。


シャドウイングしてて気づいたのですが、love/lʌv/の発音がリチャード氏と自分ではぜんぜん違う。

リチャード氏の/ʌ/の音は長いんですね。ラーブみたいに聞こえる。
私は/ʌ/を長めに発音すると/æ/と区別できなくなるので/ʌ/は短く、/æ/を長めに発音していたのですが、そんなやり方は全然間違ってたようです。まあ間違ってるのは分かってたのですが、どうしたら区別できるか分からなかったもので・・・

BBCの発音教室 Unit 4: Egg, Cat and Cup
でもういちど勉強しなおしました。

/l/の発音も違うんですよね~。
リチャード氏の/l/は明らかに舌先がべったりと歯茎についてる感じ(ファンの方すいません・・・あんなお美しい方をつかまえて・・・)
自分の舌先は根性がないのですぐに歯茎から離れてしまう。




2."Sonnet 116" by William Shakespeare

Let me not to the marriage of true minds
Admit impediments. Love is not love
Which alters when it alteration finds,
Or bends with the remover to remove:
O, no! it is an ever-fixed mark,
That looks on tempests and is never shaken;
It is the star to every wandering bark,
Whose worth's unknown, although his height be taken.
Love's not Time's fool, though rosy lips and cheeks
Within his bending sickle's compass come;
Love alters not with his brief hours and weeks,
But bears it out even to the edge of doom.
If this be error and upon me proved,
I never writ, nor no man ever loved.



■impediment/ɪmˈpɛdɪm(ə)nt/
A hindrance or obstruction in doing something:

■alter/ˈɔːltə/
Change in character or composition

■wander/ˈwɒndə/
Walk or move in a leisurely or aimless way:

■sickle/ˈsɪk(ə)l/
A short-handled farming tool with a semicircular blade, used for cutting corn, lopping, or trimming:

■writ/rɪt/
A form of written command in the name of a court or other legal authority to ac



前の記事
愛のポエム Day 1 "How do I love thee?"




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]