〔ほび〕 「ル」で終わる地名人名
2015年 01月 13日 |
「ホビット」や「指輪物語」を読んでると、やたらに「ル」で終わる地名や人名がでてきて大混乱します。モルドールとかノルドールとかさ~。
日本語にはrとlの区別がないのでよけいごちゃごちゃに。
トールキンはたぶん綴りに意味をもたせているのだろうなと思ったので、語尾で分けてみました。いつもながら適当です。


<al>ドワーフ語?

マハルMahal:ドワーフを作ったヴァラ。ものづくりオタク。アウレAulëという名だがなぜかドワーフだけはマハルと呼んでいる。
サウロンももともとマハルの管轄だったのが堕落しちゃったんですね。ドワーフもすぐ黄金病にかかったりするし、マハルの手下は誘惑に弱いのかね。炎と黄金が好きなのもマハルの民の共通趣味?


<ar>
地名、神や精霊の名、エルフの氏族名。

アザヌルビザールAzanulbizar:モリアのこと。
アングマールAngmar:魔王の王国。

イルーヴァタールIlúvatar:ミドルアースの創造主。別名エルEru。
ヴァラールValar:ミドルアースの天使みたいな存在。ヴァラールは複数形で単数形はヴァラVala。(←トールキンを読みすぎるとこんなどうでもいい知識が自然と頭に浮かんできて空恐ろしくなってくる)
マイアールMaiar:ヴァラールの下位にいる精霊みたいなもん。単数形はマイアMaia。イスタリはもとはマイアらしいわ。

エルダールEldar:エルフの氏族名。
シンダールSindar:エルフの氏族名。このエルフたちが使っているエルフ語がシンダール語(Sindarin)で、ミドルアースで普及してるのはこのエルフ語らしい。
ヴァンヤールVanyar:エルフの氏族名。金髪。



<il>
エルフの個人名、貴金属宝石刀剣の名。

エアレンディルEärendil:エルロンドとエルロスの父。
エレンディルElendil:アルノールの初代の王。背が高い。
スランドゥイルThranduil:闇の森に住むエルフ。レゴラスのパパ。

ミスリルmithril:モリアで採掘される鉱物。
シルマリルSilmaril:よく知らんがすごいお宝。2015年、このお宝の映画化権をめぐって仁義なき争いが起きる!(予言)
ナルシルNarsil:名剣。サウロンの指を切ったら折れた。修理した後の名はアンドゥリル(Andúril)。


<ir>人間の個人名、エルフの個人名。魔法の道具の名前。

ボロミアBoromir:人間の名前。デネソールの息子。
ファラミアFaramir:ボロミアの弟。
エルロヒアElrohir:エルロンドの息子。エルロンドってけっこう子沢山。
グワイヒアGwaihir:大鷲の王様。

パランティアPalantír:遠方を見ることができる丸い石。


<el>
エルフの個人名、人間の個人名、地名。

ガラドリエルGaladriel:ローリエンの奥方。たまに男になる。
グロールフィンデルGlorfindel:裂け谷の上のエルフ。
エステルEstel:アラゴルンの別名。

ロスゴベルRhosgobel:闇の森近くの地名。ラダガストが住んでいる。


<or>
地域名、王国名、山名、エルフの氏族名、エルフの個人名、人間の個人名。

エリアドールEriador:青の山脈と霧ふり山脈の間にある地域全体。「西ミドルアース」くらいの感じか。
ゴンドールGondor:人間の王国。南方にある。北にあるのがアルノール。「南宋」と「北宋」みたいなもん?
アルノールArnor:人間の王国。北方にある。後にアルセダイン、カルドラン、ルダウアの三国に分裂。晋から韓・魏・趙が独立して三晋になったようなもんでしょうか。
モルドールMordor:サウロンの悪の王国。ゴンドールのお隣さん。なんでこんな近くに悪の帝国を築いたのか?
エレボールErebor:ザ・ロンリー・マウンテンのこと。
ヌーメノールNúmenór:海の中に浮かぶ人間の島。蓬莱みたいなもん?ここに住んでるのがヌーメノール人(Númenórean)、またの名をドゥーネダイン。
ヴァリノールValinor:アマンにあるヴァラールの王国の名。

ノルドールNoldor:エルフの氏族名。黒髪。
ナンドールNandor:エルフの氏族名。シルヴァン・エルフの先祖。

メルコールMelkor:モルゴスの本名。諸悪の根源。
ケレブリンボールCelebrimbor:指輪を作ったエルフ。
フェアノールFëanor:シルマリルとパランティアをつくったエルフ。
デネソールDenethor:ゴンドールの執政の名前。人間。

スロールThrór:ドワーフの名前。(フィンランド語か何か)


<ol>
ホビットの個人名。

スメアゴルSméagol:ゴラムの本名。


<ul>
悪の固有名詞。

ナズグルNazgûl:九つの指輪を手にした九人の人間の王たちのなれの果て。(暗黒語)
ミナス・モルグルMinas Morgul:モルグル谷に建つナズグルの都。モルグルはエルフ語で呪魔とかいう意味らしい。
アモン・スールAmon Sûl:ブリーのそばにある丘。ナズグルが出現する。


<ur>
地名、人間の個人名、精霊。日本語訳では「~ア」ですが、英語で聞くと「ウール」みたいな音。

ドル・グルドゥアDol Guldur:闇の森南西部にある丘
バラド=ドゥーアBarad-dûr:サウロンのアジト。エルフ語。
ルーダウアRhudaur:三つに分裂したアルノールのうち一番東の国。アングマールの属国にされちゃった。

イシルドゥアIsildur:エレンディルの息子。人間。わしサウロンの指詰めたったで。

アイヌアAinur:精霊。ヴァラールとマイアールの前身。


<er>
エルフの個人名。

オロフェアOropher:スランドゥイルの父

ネクロマンサーNecromancer:
Necromancy(降霊術)を行なう人のことをNecromancerというらしいです。本当かな?
ギリシャ語起源の英語でしょうか。英語そのままって珍しいですが、「ホビット」のころは作者もまだあまり語源について気にしてなかったんでしょう。ちなみに発音を調べてみたら/ˈnɛkrəʊmansə/でした。クロウマンサですね。
necromancer:A person who practises necromancy; a wizard or magician:


ミドルアースの地名が分かりにくいのは、エルフ、人間、ドワーフ、ホビットが入り混じって住んでて、どれが誰の土地なのか覚えにくいせいでしょうね。(ファンは覚えてるのでしょうが・・・)
そのうえ、政治体制もバラバラで、王政だったり、共和制だったり、キャラバン生活だったりなのでどこからどこまでが誰の管轄かも分かりにくい。(分からなくてもいいのですが・・・)



地名が似たような語尾で終わるのは英語でもシュロプシャとかバークシャとかエジンバラとかスカバラとか似たような語尾で終わるのに影響されてるんですかね。エリアド州とかモルド郡とか訳してもらえたら分かりやすかったかもね(たぶんそんなことない)。

無関係ですがこのあいだGet Rid of Your Accentをやってて、Oxfordshireの発音が
ˈɒksfədˌʃɪə
と知ってとても驚きました。ックスフォードシャーではなくてクスフェドシェなのですね・・・


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]