〔ほび〕スラインとガンダルフがいつ会ったのかいくら考えても分からない
2014年 12月 09日 |
みなさますいません今日は(今日も)スルーしてください。

『ホビット 竜に奪われた王国』The Hobbit: The Desolation of Smaug略称DoSのEE版(劇場公開版とは違う長いバージョンのことらしい)のDVDを見てるんですが、ドワーフの王様トーリンのお父さんスラインの出番が大幅に変更されてます。
というかもはや違う作品になってる気がするんですが・・・
しかも『ホビット 思いがけない冒険』The Hobbit: An Unexpected Journey略称AUJとつじつまが合わなくなってるし。

第三部に向けてちょっと整理してみました。(かなりうろ覚えで適当に書いています)



<指輪物語 追補編の設定>

TA2770年 スマウグがエレボールを襲撃。ドワーフたちは離散する。
TA2790年 スロールがモリアでオークのアゾグに殺される。
TA2799年 モリア東門前でアザヌルビザールの合戦。アゾグがダインに殺される。
TA2841年 スラインがバーリンとドワーリンを連れてエレボールへ向かい、誘拐される。ドル・グルドゥアに幽閉され、ドワーフの指輪を取り上げられる。
TA2845年 ガンダルフがドル・グルドウアで記憶喪失のドワーフから謎の地図と鍵を受け取る。記憶喪失ドワーフはドル・グルドゥアで死亡。
TA2941年 トーリンとガンダルフがブリーで出会う。ガンダルフはドル・グルドゥアで会ったのはスラインだったと気づく。


<AUJ 劇場公開版>

ビルボの家で:
ガンダルフがドワーフたちの前でエレボールの地図と鍵を取り出す。
どうやって入手したかは語られない。


バーリンの昔話によると:
モリアでアザヌルビザールの合戦時、スロールがオークのアゾグに殺された。
スラインは恐怖のあまり敵前逃亡、生死不明。
トーリンがアゾグに重傷を負わせる。(しかし片腕を失っただけでじつはアゾグは生きていた)


<DoS 劇場公開版>

トーリンがガンダルフとブリーで出会う:
トーリンの話:
スラインがダンランドにいたという噂を聞いて探しに行ったが見つからなかった。
スラインは失踪前にガンダルフに会ったはずだが何を話したのか?
ガンダルフの答:
スラインにエレボールを奪還するようけしかけた。トーリンも奪還すべきだ。

疑問点:
ガンダルフはこの時点で地図と鍵を持っていたと思われるが、いつスラインから受け取ったのか?
スラインはモリアから逃げ出したあとガンダルフのところへ行ったのか?それともモリアへ行く前?
スラインとガンダルフは知り合いだったのか?
ガンダルフはなぜブリーでトーリンを待ち伏せしていたの?


<DoS EE版>

トーリンがガンダルフとブリーで出会う:

トーリンの話:
アザヌルビザールの合戦でスロールがアゾグに殺されたあと、スラインは息子トーリンを救うためDimrill Gate(モリア東門)に突撃した。
スロールはアゾグと戦って敗れたが、遺体は見つからなかった。
スラインは失踪前にガンダルフに会ったはずだが何を話したのか?

ガンダルフの答:
スラインにエレボールを奪還するようけしかけた。トーリンも奪還すべきだ。


ガンダルフがドル・グルドウアで凶暴なドワーフに出会う:
ドワーフはガンダルフの魔法で正気を取り戻す。野生のドワーフの正体はスラインだった。

スラインの話:
アザヌルビザールの合戦でアゾグにドワーフの指輪を取り上げられ、ドル・グルドウアに幽閉された。
しかし地図と鍵の秘密は守り通した。ガンダルフはちゃんと保管してくれているか?

ガンダルフの答え:
地図と鍵はトーリンに渡した。息子さんはいまごろエレボール奪還してるはずだ。

スラインはトーリンがエレボールに向かったと聞いて取り乱す。


疑問点:
アゾグの巣はグンダバドじゃなくてドル・グルドウアだったのか?アゾグがドワーフの指輪の価値を知ってたのはなぜ?そのときすでにネクロマンサーの手下だったの?
ドワーフの指輪を取り上げたのにスラインを誘拐してきたのは何のため?可愛かったから連れ帰ってきたの?
ガンダルフはいったいいつ地図と鍵を受け取ったのかますます分からなくなった。



と考えれば考えるほどつじつま合ってない・・・と思えるのですが、まあもともとガンダルフが記憶喪失のドワーフから受けとったのがエレボールの地図と鍵だったという原作の設定も無理があったわけで、そこをあとから整合性を持たせようとしたけどますますわかんなくなっていったのがアペンディクスとかHOMEなんでしょう。


でもEEのスラインがトーリンをエレボールに近づけるな、誰もエレボールに入ってはいけないとガンダルフに怒る場面すごくよかった。
スラインは父スロールの黄金病をまじかで見て、エレボールの財宝がわざわいを呼び起こすと悟ったのでしょうね。
ロンリー・マウンテンの黄金はドラゴンにくれてやって、龍といっしょに朽ち果てるのが最善だと考えてたのでしょうか。
トーリンがエレボールに入ったら悲劇が起こってしまう・・・スラインの意図を読み違えるなんてガンダルフの馬鹿馬鹿・・・(涙)

イスタリも全知ではないんだなあと思いました。



The Hobbit: The Desolation of Smaug - Extended Edition - Clip 1 - Official Warner Bros. UK


Thrainって日本語訳はスラインかトラインになってるのですが映画の発音はスレインって聞こえる。
それでslainと聞き間違えるんですよ。え、Thrain was slain?ってなっちゃう。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]