〔ほび〕 ドワーリン The Hobbit: An Unexpected Journey Chronicles II
2014年 12月 07日 |
いや本当にまだ読みにきてくださっている方がいると思うと申し訳なくて各方向に向かって土下座したい気持ちでいっぱいです。
年内ずうーーっとこの調子だと思います。

映画「ホビット」第三部公開にむけてますますトンチキになっているブログ主、今日の記事はクロニクル2についてのうわごとです。
訳文は超適当ですのでお含みおきください。

ブログ主のザ・モウスト・フェイバリト・ドワーフ、ドワーリンのページなんですが、バーリンと隣同士に載ってるのに俳優さんのコメントが長い長い。ケン・ストットさんの5倍くらいある。
グレアム・マクタビッシュさんによると
(すまん長過ぎて箇条書きにしたよ)


・ドワーフが原作で描写が少ないのはむしろ利点。
・製作側と協議のうえ、ドワーリンのキャラクターを決定した。
・ドワーリンはベテランの戦士。
・よけいなおしゃべりはしない寡黙なドワーフ。
・忠誠心を大切にし、敵味方をはっきりさせる。
・ドワーリンとトーリンは幼馴染で、共に最前線で敵と戦うなかで固い友情を築いた。
・ドワーリンはオーリが好き。オーリが家族の反対を押し切ってクエストに参加したことをひそかに賞賛している。戦闘でかばったり旅のあいだ目を配ったりしている。


ドワーリンけっこう喋ってるけどな・・・
グレアムさんはドワーリンがオーリを気に入っているという話をことあるごとにあちこちで拡散しているのはどういうつもりなのか?

その向かいのページにオーリ役のアダム・ブラウンくんがコメントを寄せていて
なんかラブラブすぎて読むのが辛い・・・画像載せておきます勝手に。


グレアムさん



アダムくん



WETAのリチャード・テイラーさんが

グレアム・マクタビッシュはキャラクターの存在感がにじみ出ている見て楽しい俳優だ。


と絶賛しています。

ノーリ役のジェドさんによると

はじめてバグ・エンドで会ったときにドワーリンはノーリをいじめてやろうと思ったが成功しなかった。
ふたりは鶏肉のことで不仲になった。ノーリがドワーリンから盗もうとしたためだ。
それ以降ドワーリンはノーリと目があうと睨みつけるようになった。
(長いので中略)
最終的にはノーリはドワーリンを尊重するようになった。


俳優さんの脳内設定って面白い。


刺青についてタミさんが

ドワーリンの腕のタトゥーは10代のころに入れたせいで頭のものより荒削りだと思う。
頭のタトゥーはもっとあと、髪がなくなってから入れたもので、いくらか洗練されたものになっている。


10代っていうのはドワーフ年齢だと60代くらいかのう?

ドワーリンについてはいろいろコメントが載ってて愛されキャラだと思いました。



ロスでアウトランダーのイベントに出席してるらしいグレアムさん画像勝手に。
次はロスでホビットのイベントらしい。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]