「ドクター・フー」 9代目クリストファー・エクルストン版
2014年 11月 02日 |
Huluに加入したので前から気になっていた「ドクター・フー」を見ています。

「ドクター・フー」というのはBBCの長寿SFドラマ。もう50年も続いてるそうです。
エイリアンがお供を従えて他のエイリアンの地球侵略を阻止するというイギリス版水戸黄門のようなドラマ。

主役の「ドクター」は死んでは新しい肉体によみがえるという設定で、これまでに何人もの俳優さんが演じてるそうです。「ホビット」のラダガストの役者さん(シルヴェスター・マッコイ)もドクター出身。(いま気づいたけどこの人もスコットランド人ではないか・・・)


最初に見たシリーズのドクターの印象がいちばん強くなるので、最初のドクターのことを「自分のドクター」と呼ぶとどこかで読みました。

それならわたしのマイ・ドクターは9代目ドクターのクリストファー・エクルストン(Christopher Eccleston)になりますね。
なぜか北部なまりがあるという設定で(ご本人がマンチェスター出身だからか?)冷淡そうなところが良かったのですが、短命なお方でした。


お供をするコンパニオンはビリー・パイパー演じるローズ・タイラーちゃん。
低学歴低収入の女の子で、アパレル販売員をしながらシングルマザーの母とロンドンの公営住宅で暮らしているときにドクターと遭遇。
おバカさんでガッツがあってとってもキュート。いつもジャージ着てる。可愛くて大好き。
アホで男好きで大笑いのあとにホロリとさせてくれるローズのママも大好き。


9代目ドクターとコンパニオン(お供)のローズ。
(画像勝手に使いました)




なぜかカーディフが舞台になるストーリーがいくつかあって、しかも「カーディフで事件が起こるわけない」とみんなナメてると大騒動になるパターンなのです。
どうしてかと思ったら、このドラマはBBCウェールズ(BBC Cymru Wales)の製作なんですね。地方局でこんなに面白いドラマを作ってるなんてすごい。
女性エイリアンがカーディフ市長になりすまして「どうしてカーディフから地球征服しようかと思ったかって?だってロンドンは誰もカーディフのことなんて気にしてないからよ。あら、ウェールズ人がうつっちゃった。」と自虐的な演説をしたりして面白い。


エクルストンのドクターは、あとからじわじわと来る面白さがあった。
ローズちゃんはほんとに可愛かったな~。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]