〔学習計画〕 10月の振り返りと11月の学習方針
2014年 11月 01日 |
今日からダウントン・アビー再放送ですよみなさん!(注意喚起)



<10月の振り返り>

ドワーフ沼7ヶ月目、ハイランダー沼4ヶ月目に入りました。
11月は『ホビット 竜に奪われた王国』(The Hobbit: The Desolation of Smaug)のEE版DVDが発売されるので体力づくりに励んでいます。メイキングだけで9時間もあるんですって。



■「攻略!英語リスニング」

柴原智幸先生のテキスト巻頭のお言葉が毎月すばらしいです。


ある武術の大家が、「日本人は教室に来て練習することを練習だと思っているけれども、本来教室は練習の成果をチェックしてもらう場、そこで先生に与えられた課題を次回までに自分でやってくるのが練習だ」ということをおっしゃったそうです。
私も大学の通訳の授業で「教室で『勉強』しちゃいけないよ。教室は『パフォーマンス』と『軌道修正』の場。『勉強』は家でじっくりやって、その成果を見せてください」と言っているのですが、自分の考えがそうは的外れではなかったと知ってホッとしました。



前から課題が与えられてるのに、まったく練習してこず教室で初見って人いますよね。
せっかくのレッスン時間がもったいないなあと思ってしまう。


■NHKラジオ  レベルアップ中国語
「聞く・まとめる・伝える 一挙三得中国語」

陳淑梅先生の新講座。楽しく聞いています。
要点を50文字でまとめるコーナーがとても勉強になる。
口語とちょっと書面調の二種類の例が提示されるところがとくにいいですね。
さらに文語なパターンもあればもっといいのに(ないものねだり)。


■Advanced Grammar in Use
Unit94まで終了。

前置詞の細かい用法とかやってるのですが、本当に豚に真珠です。
ほとんど寝ながら読んでる(悲)。


■Get Rid of Your Accent: Advanced Level
lesson19まで終了。

「センテンスのストレス」と「語調と抑揚」のレッスンがとても難しかった。
inflection(抑揚)はどこでどう上げ下げすればいいのかさっぱり・・・

いまは「4つのP(Power,Pause,Pace and Pitch)」をやってます。
お手本の教材がシェイクスピアの悲劇やワイルドの喜劇でとても楽しい。


■音読練習
《普通話水平測試手冊》
再開。たぶん4周目。作品29まで終了。

Get Rid of Your Accentの例文が面白すぎて、中国語のつまらない文章の朗読が苦痛。
英語をやると中国語がイヤになるので困っています。



<11月の学習方針>


■「攻略!英語リスニング」
続けて聞きます。


■NHKラジオ  レベルアップ中国語
「聞く・まとめる・伝える 一挙三得中国語」
続けて聞きます。


■Advanced Grammar in Use
今月中に終わる予定。
次はA Practical English Grammarを買ってあるのですが、レッスン方式ではなくて文法書だったので、どうやって進めればいいものやら。


■Get Rid of Your Accent: Advanced Level
今月中に終わると思うので次を考えないと。
シェイクスピアの朗読でもやるか(不自量力)。

Get Rid of your Accent for Business, Part Threeがkindle版で出ててとても安い。
しかし音声は別売りらしいのに、日本のamazonにはダウンロードボタンすらない・・・


■音読練習
《普通話水平測試手冊》
4周目。


(おまけ)

12/1にはもうホビットのロンドンプレミア。
マーティンがヒゲ面すぎてとても可愛いホビットと同じ人に見えなくて面白い。
ドワーフの王様はずっと下向いてるのでセリフないのかと思ったら、またもダジャレでしめてました・・・・(倒)


The Hobbit: The Battle of the Five Armies - World Premiere in London - Official Announcement



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]