英国人のユーモアのセンスがわからない
2014年 10月 02日 |
この記事いろいろマズい気がするのでそのうち消すと思うんですが。とりあえず吐かせて。
心の動揺が文章に現れていてまったくまとまりませんでした。




ドワーフのレゴがほしいんです。
しかしもし自分が不慮の事故にあったりしてベッドルームから大量のこびとさんのブロックのおもちゃが発見されたら後に残された人はどんな気持ちになるだろうか・・・と考えるとふんぎりがつきません。
レゴで遊んでるおのれの姿を想像するだに恐ろしい。








そんなある日ドワーフの王様の人がドワーフ勢ぞろいしたレゴの画像をツイートしてたんですよ。
これはうらやましい!!




しかしこの方のユーモアのセンスが私などにはよく理解できないレベルで。
文章の意味わからんわーと思いながら数日たったある日。
ハッシュタグの#hegotaferrarriって「奴はフェラーリを持ってる」って意味なのか?と考えつきました。

Wait till you see Dwalin's wheelsはドワ殿の戦車の話をしてんのかしらね。
バーリンの戦車じゃなかったのか。





王様は他にもレゴの写真をアップしておられます。




これもよく意味が分からずなんだろうと思ってたのですが、またある日ふと
#nobathroomprivacyinereborって「エレボールのバスルームにはプライバシーはない」なのか?
と思いました。


もしかして王様が座っているのは玉座ではなくて中国語で言うところの馬桶?
そしてここはロンリー・マウンテンのお便所?
トイレにまで臣下をはべらせてるのか。西太后みたい。


#takingaloadoffのほうはtake a load off(荷を下ろす)かな?便秘解消でもしたのだろうか・・・
そしてBilly Connollyってひょっとしてダインを演じてる人なの?ってことは右側が鉄の足?


などと脳内でグルグル考えていたのですが、もしやこのレゴはメーカー提供のサンプル写真とかじゃなくて、王様ご本人がご自宅で自分で組み立てたものなのだろうか・・・
と思いついたらどうしていいかわからなくなりました。


こういうのを英国式ユーモアというのでしょうか。
ドワ殿がCurry 4lunch?と返事してるのもドワーフは全員小学生男子かと思わされます。




王様はこんなにお美しい40代男性なのですが・・・
(そういえばこの方のトークってトイレネタが多い気もする)





この人がおうちでレゴの便所とか作って、自分の両となりに戦士ドワーフとくろがね連山王を配置して、自分撮りしてファンに公開してくださっているのかと思うと。
切ないというか英国人はいつまでも少年の心を秘めているというか。



ビリー・コノリーってスコットランド人なんですね。
今年はスコットランド沼。


いやほんとうに吐いてみただけでした。読んでしまったかたすいません。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]