アウトランダー 第7集 網上鑑賞 ① 仲人さんてんやわんや
2014年 09月 22日 |
日曜午後4時くらいに配信されるはずのsohu版。
この週はなかなかアップされず、コメント欄には「削除部分が多くて手間取っているのでは」などと推測が乱れ飛んでました。

けっきょく夜9時に字幕つきで配信。一生懸命翻訳してくれてたんですね。字幕組がたいへんだったのは画面からも汲み取れました、辛苦了!
チャイナ版は47分に短縮されたショートバージョン。どこが削除されたものやら、日本版と見比べるのが楽しみ。


(遠慮なくネタばれ画像ばれしてますのでご注意ください)


■アウトランダー 第7集 "The Wedding"


今回はクレアとジェイミーの結婚式の当夜に、結婚までの経緯が回想として挟まれる凝った構成。
ドゥーガルの出てきそうなところだけピックアップして視聴しました(照常営業)。


ジェイミーを結婚させようと説得するドゥーガル。
時間軸がよく分からないのですが、クレアが「ひとりバチェラーパーティ」で飲んだくれてるころかな?


なんだっけこの台詞?「クレアをレイプするつもりか?」と聞かれて「そんなことするか、説得するんだよ」と答えてるんだったっけ?
第7集のドゥーガルは露悪的なセリフが多くて困惑させられました。


persuasion /pəˈsweɪʒ(ə)n/
【不可算名詞】 説得(する[される]こと)


ジェイミーがぐずぐず煮え切らない。



ドゥーガルにはパーソナルスペースというものがないのだろうか。



that sweet pair of ciochanの意味がよく分からない。
スコットランドにCiochan Beinn Laoigh(通称the nipples of Ben Lui)という山があるようなのですが、それと関係あるんでしょうか?
中文字幕の人は知ってたのかな。



ドゥーガルが刺激的な台詞ばっかり連発するのでジェイミーがかわいそ。



新婚の夜、食べ物を取りに食堂へ降りてきたジェイミーをつかまえるドゥーガル。
中文字幕はすごく婉曲に訳してある。


“Don't think you've thanked me properly for finding you somewhere better to stick your cock than the fillies in the stable.”
というセリフだったようです。

filly/ˈfɪli/
【可算名詞】(4 歳未満の)雌の若馬

フィリって雌馬のことだったんですね・・・

感謝を要求するドゥーガル。具体的には何を求めていたのだろうか?



話はもどって結婚にあたり3つの条件を提示するジェイミー。



アップだったのでキャプチャ取ってみました。



「お前らふたりを殺したほうが簡単だ」と怒るドゥーガル。



中途半端ですが今日はこれで。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]