アウトランダー 第6集 網上鑑賞
2014年 09月 14日 |
sohuの配信は毎周日の午後四時ごろのようです。
字幕版は夜中に更新されるみたい。


(ものすごくネタ&画像バレしているうえに主役カップルの話はほとんどありません、ご注意ください)



■アウトランダー 第6集 "The Garrison Commander"


前回ドゥーガルと楽しくおしゃべりしているところをイングランド兵士に見つかったクレア。
マッケンジーの客分としてイングランド軍の駐屯地を訪問することになりました。



ドゥーガルもついていくようです。この顔かわいい。



お似合い



イングランド軍の駐屯地でロード・トマスだったかロバートだったかに紹介されるドゥーガル。
中尉は意外にドゥーガルのタイトルをぜんぶ正しく覚えていた。



スコットランド訛りやキルトを嘲笑されるドゥーガル。
しかし立派に耐えていた。えらい。



ドゥーガルは別室でもてなされるらしく部屋を出て行きました。

宴会場に変態大尉ランダルが入ってくる。
「下でウォー・チーフのドゥーガル・マッケンジーがビール飲んでたけど?」
なぜイングランド人はウォー・チーフと呼ぶのか?


ランダルは以前にクレアと会ったことを思い出したらしく、まずい雰囲気に。
そこに「イングランド軍がスコットランド人に襲撃された」という報告が入って、クレアは怪我人の手当てに行く。

てっきりドゥーガルが酔って喧嘩してるのかと思ったらぬれぎぬでした。

おとなしく飲んでたドゥーガル。疑ってごめん。



怪我人の処置を終えてクレアが宴会場にもどってくると、ランダルだけが待っていた。



ジェイミーを鞭打ちした日の思い出を語るランダル。
見物人の中にはドゥーガルもいた。



たまにはジェイミーの画像もどうぞ。



変態の苦しみを語る変態大尉。
クレアはうっかり変態に同情してしまう。



ドゥーガルの後ろの人がジェイミーのお父さんらしい。(ととってつけたように)



ランダルは全然後悔なんてしてませんでした。
クレアにも暴力を振るおうとする変態大尉。



そしてここまで見たところで急に字幕版が更新されました。
つながりにくいと思ったら更新中だったのね・・・


ドゥーガルがクレアを救いに飛び込んでくる。
主役ドゥーガルかと勘違いしそう。



しかしマッケンジーは一応イングランドに恭順の立場をとっているので、もめごとを起こすわけにもいかず。
dinna/ˈdɪnə/
Non-standard spelling of don't, used in representing Scottish speech.




引き裂かれる恋人同士みたいなアングルだ。
クレアが尋問を拒めばマッケンジーも犯罪者をかくまったことになると脅される。



たとえウォー・チーフであろうと。



翌日再度出頭する条件で仮釈放してもらったクレア。
水を飲むクレアにナイフを抜くドゥーガル・・・



ドゥーガルはクレアがイングランドのスパイでないとやっと納得したようです。
クレアを保護するにはスコットランド人に国籍変更するしかない。



スコットランド人と結婚すればいいのです。



「あなたと結婚するの?」クレア可愛い。



「あんたのトウモロコシを轢きたいのはやまやまだが・・・」





玉蜀黍ブームですな。


クレアはジェイミーと結婚することになりました。

右側の子は旅の仲間でいちばん若くて可愛い。このあいだドゥーガルに無体なことされてた子。



今回は笑いどころもたくさんあって面白かった。
来週はいよいよ結婚式。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]