アウトランダー 第5集 網上鑑賞
2014年 09月 07日 |
9月6日は世界ヒゲの日だったそうです。グレアム・マクタビッシュ氏は「ヒゲと飲みに行く」とツイートしておられた・・・いいなあヒゲ。


(ものすごくネタ&画像バレしているうえに主役カップルの話はほとんどありません、ご注意ください)



■アウトランダー 第5集 "Rent"

今週は「ドゥーガル・マッケンジー徴税の旅」をお届けする。

ドゥーガルは肢体の不自由な兄コラムに代わって徴税のために領地を回っています。
治療師がいると便利だからという理由でクレアも連れて行かれます。
クレアが行くなら当然ジェイミーも我らは夜明けに出発せねばならぬと旅立つ。


けっこう大人数で旅行するハイランダーたち。
馬に乗って美しいスコットランドの風景の中を進みます。

画像勝手に使いました。




しかし途中でオークやゴブリンに襲撃されないかドキドキしちゃう。



馬上で歌うハイランダーたち。
リードボーカルはドゥーガルだった。歌えるのね!




黄色笑話を披露するドゥーガル。
みんなとっても楽しそう。




だめだよ子供も聞いてるのに。




ヤンキーすわり可愛いドゥーガル。
今日は謎の字幕が出てた。




昼は徴税、夜はスコットランド独立の資金集め。
ジェイミーがイングランド軍につけられた傷を見せて同情を買う作戦。

とつぜんドゥーガルが甥のシャツをびりびり破くのでかなりびっくりしました。
同じシャツを繕って着てるという設定なのですが、毎晩破っては繕い破っては繕い・・・



ドゥーガルがアジ演説をするところは「どぅべがー!」な感じの演技だった。
ホビットでトーリンが言ってたような台詞をグレアム・マクタビッシュ氏が喋ってるのが興味深い。


路上ではスコットランド人がイングランド人にいじめられたり殺されたりしている。




現代でマッケンジーの叛乱の史跡を見たことを思い出すクレア。
ロード・オブ・ザ・リングでモリアが出たとき並のショックだった・・・。




俺のイチオシカップル。




自分以外にこのカプを推してる人を見たことがない。なぜ?




イングランド軍に出くわしたときのドゥーガル。ドワーフが憑依してる。




ドワーフ時代(参考)





ウィキのOutlander (TV series)を見ると4話と5話はBrian Kellyというディレクターが担当しているようなのですが、この人の回はドゥーガルの出番が多いので嬉しい(でも脚本家は違うのでたまたまかもしれない)。
5話は酒場でクレアが侮辱されて、マッケンジーたちが怒って乱闘騒ぎを起こす場面もあって楽しい。

でもクレア(と視聴者)はハイランダーたちが望みのない戦いに向かってることを知っているので切ない。
ホビットの第三部待ちだけでも精神的に辛いのにアウトランダーも辛いわ・・・


じつはドラマ化にぜんぜん期待してなかったのですが、どんどん面白くなってきます。
逃げることしか考えていなかったクレアがだんだん旅の仲間になっていくところがすごく良い。



■グレアム氏がepisode5について語ってます。
ジェイミーのシャツを引き裂く場面の撮影に苦労したお話をされているようです。

'OUTLANDER': GRAHAM MCTAVISH DISCUSSES EPISODE 5


■Episode 5予告編
Outlander Season 1 Episode 5 "Payment of Rent" Webclip



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]